エホバの証人研究

エホバの証人について真面目に研究するサイト

統治体名言

エホバの証人の統治体 – 一覧

現在の成員

以下は現在の統治体の成員の名称です。カッコ内の年は統治体に任命された年を表しています。

  1. ゲリト・レッシュ – Gerrit Lösch (1994-)
  2. サミュエル・F・ハード – Samuel Herd (1999-)
  3. スティーブン・レット – M. Stephen Lett (1999-)
  4. デービッド・スプレーン – David H. Splane (1999-)
  5. ジェフリー・W・ジャクソン – Geoffrey Jackson (2005-)
  6. アンソニー・モリス3世 – Anthony Morris III (2005-)
  7. マーク・サンダーソン – Mark Sanderson (2012-)

現在の統治体の成員は「統治体の援助者」から選ばれています。統治体は「油そそがれた者」だけから選ばれることになっていますが,1992年のものみの塔誌では援助者は「おもに大群衆の中から」招かれていると説明されています。彼らがいつどのように「油そそがれた」のか,さらには油そそがれると何が違うのか,それらの疑問に対する説明は載せられていません。

*** 塔92 4/15 31ページ 発表 ***
統治体の各委員会,すなわち人事,出版,奉仕,教育,執筆各委員会の会合に参加するよう,おもに大群衆の中から何人かの援助者を招くことが決定されました。こうして,それら各委員会の会合への出席者数は,7ないし8人に増えます。

「忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか」 
それは,キリストの臨在の期間中,霊的食物の準備と分配に直接かかわる,油そそがれた兄弟たちの少人数の一団で構成されています。 … 忠実な奴隷を構成する油そそがれた兄弟たちは,終わりの日を通じて世界本部で一緒に奉仕してきました。
塔13 7/15 20–25ページ – ものみの塔―2013

死去した成員

  • ガイ・ピアース – Guy H. Pierce (1999-2014)
  • セオドア・ジャラズ – Theodore Jaracz (1974–2010)
  • ジョン・バー – John E. Barr (1977–2010)
  • ケアリー・バーバー – Carey W. Barber (1977–2007)
  • ダニエル・シドリック – Daniel Sydlik (1974–2006)
  • アルバート・シュローダー – Albert D. Schroeder (1974–2006)
  • ミルトン・ヘンシェル – Milton George Henschel (1947–2003)
  • カール・クライン – Karl F. Klein (1974–2001)
  • ライマン・スウィングル – Lyman Alexander Swingle (1945–2001)
  • ロイド・バリー – William Lloyd Barry (1974–1999)
  • ジョン・ブース – John C. Booth (1974–1996)
  • ジョージ・ギャンギャス – George D. Gangas (1971–1994)
  • フレドリック・フランズ - Frederick William Franz (1944–1992)
  • マーティン・ポエツィンガー – Martin Pötzinger (1977–1988)
  • グラント・スーター – Grant Suiter (1938–1983)
  • ウイリアム・ジャクソン – William K. Jackson (1971–1981)
  • ネイサン・ノア – Nathan Homer Knorr (1940–1977)
  • チャールズ・フェケル – Charles J. Fekel (1974–1977)
  • ジュン・グロー – John O. Groh (1965–1975)
  • トーマス・サリバン – Thomas J. Sullivan (1932–1974)

 

辞任した成員

  • エワート・チティー – Ewart Chitty (1974–1979)
  • レイモンド・フランズ – Raymond Franz (1971–1980)
  • レオ・グリンリース – Leo K. Greenlees (1971–1984)

 


 

参考資料

 

・2012年 マーク・サンダーソン

*** 塔13 7/15 26ページ 統治体の新しい成員 ***

2012年9月5日の水曜日の朝,米国とカナダのベテル家族に,エホバの証人の統治体に新しい成員が加えられたことが発表されました。マーク・サンダーソン兄弟です。同兄弟は,2012年9月1日から,統治体の一員として奉仕しています。

サンダーソン兄弟は,米国カリフォルニア州サンディエゴでクリスチャンの両親に育てられました。バプテスマを受けたのは1975年の2月9日です。1983年9月から,カナダのサスカチワン州で開拓奉仕を始めました。1990年12月には,米国で開かれた宣教訓練学校(現在の,独身の兄弟のための聖書学校)の第7期のクラスを卒業し,1991年4月,カナダのニューファンドランド島の特別開拓者に任命されました。代理の巡回監督としても奉仕し,1997年2月にカナダのベテルへ招待されました。2000年11月には米国支部へ移動し,最初はホスピタル・インフォメーション・サービスで,その後は奉仕部門で働きました。

サンダーソン兄弟は,2008年9月に支部委員のための学校に出席し,その後フィリピンの支部委員の任命を受けました。2010年9月,再び米国での奉仕に招かれ,統治体の奉仕委員会の援助者として働きました。

・2005年 ジェフリー・W・ジャクソン,アンソニー・モリス(3世)

*** 塔06 3/15 26ページ 統治体の新しい成員 ***
統治体の新しい成員
テレビ画面を通して結ばれている米国とカナダのベテル家族は,2005年8月24日,水曜日の朝,胸の躍るような発表を聞きました。エホバの証人の統治体に,2005年9月1日付で新たに二人の成員―ジェフリー・W・ジャクソンとアンソニー・モリス(3世)―が加えられる,という発表です。
ジャクソン兄弟は,1971年2月から,オーストラリアの一つの州タスマニア島で開拓奉仕を始め,1974年6月にジャネット(ジェニー)と結婚しました。そのすぐ後に二人は,特別開拓者として奉仕するよう任命されました。そして,1979年から2003年までは宣教者として,ツバル,サモア,フィジーといった南太平洋の島国で奉仕しました。ジャクソン兄弟姉妹は,それらの島で奉仕していた時,聖書文書の翻訳にも大いに貢献しました。ジャクソン兄弟は,1992年からサモアの支部委員として,また1996年からはフィジーの支部委員として奉仕しました。そして2003年4月に,ジェニーと共に米国のベテル家族の成員となり,翻訳サービス部門で働くようになりました。その後まもなくジャクソン兄弟は,統治体の教育委員会の援助者となりました。
モリス兄弟は,1971年に米国で開拓奉仕を始めました。そして,その年の12月にスーザンと結婚し,二人は長男のジェシーが生まれるまで4年近く開拓奉仕を続けました。その後,二人めの息子ポールが生まれました。モリス兄弟は,1979年に正規開拓者として再び全時間奉仕を始めました。子どもたちが学校に上がると,スーザンも開拓奉仕を再開しました。モリス家は米国のロード・アイランド州やノース・カロライナ州の必要の大きな所で奉仕し,ノース・カロライナ州にいたころモリス兄弟は代理の巡回監督を務め,息子たちも正規開拓奉仕を始めました。ジェシーとポールはそれぞれ19歳の時に米国支部で奉仕するよう招かれ,モリス兄弟は巡回奉仕を始めました。その後2002年に,モリス兄弟と妻スーザンもベテルに招かれ,8月1日付で新たに割り当てられた奉仕を始めました。モリス兄弟は,パタソンの奉仕部門で働き,後に統治体の奉仕委員会の援助者となりました。
統治体には,新たに加わったこの二人のほかに,C・W・バーバー,J・E・バー,S・F・ハード,M・S・レット,G・レッシュ,T・ジャラズ,G・H・ピアース,A・D・シュローダー,D・H・スプレーン,D・シドリックがいます。統治体の成員は全員,油そそがれたクリスチャンです。

・1999年 サミュエル・F・ハード,M・スティーブン・レット,ガイ・H・ピアース,デービッド・H・スプレーン

*** 塔00 1/1 29ページ 統治体の新しい成員 ***
ペンシルバニア州のものみの塔聖書冊子協会の年次総会が1999年10月2日の土曜日に行なわれ,その締めくくりに思いがけない発表が行なわれました。その場に出席していた人および電話回線によって話を聞いていた人の,合計1万594人は,エホバの証人の統治体に4人の成員が加えられたことを聞き,胸を躍らせました。それらの新しい成員とは,サミュエル・F・ハード,M・スティーブン・レット,ガイ・H・ピアース,デービッド・H・スプレーンであり,すべて油そそがれたクリスチャンです。
● サミュエル・ハードは1958年に開拓奉仕を始め,1965年から1997年まで巡回および地域の奉仕を行ないました。その後,妻のグロリアと共に米国のベテル家族の一員となりました。兄弟は奉仕部門で働いてきましたが,奉仕委員会の援助者としても奉仕していました。
● スティーブン・レットは1966年の12月に開拓奉仕を始め,1967年から1971年まで米国のベテルで奉仕しました。1971年10月にスーザンと結婚し,特別開拓奉仕に入りました。1979年から1998年まで巡回監督として奉仕し,スーザンと共に1998年の4月から米国のベテル家族の一員となっています。兄弟は奉仕部門で働いてきましたが,教育委員会の援助者でもありました。
● ガイ・ピアースは子どもを育て上げた後,妻と共に1982年4月から開拓奉仕を始めました。1986年から1997年まで巡回監督として奉仕し,その後,妻のペニーと共に米国のベテル家族の一員になりました。ピアース兄弟は人事委員会の援助者として奉仕していました。
● デービッド・スプレーンは1963年9月に開拓奉仕を始めました。ギレアデの第42期生で,アフリカのセネガルで宣教者として奉仕し,それからカナダで19年間,巡回奉仕を行ないました。1990年以後は妻のリンダと共に米国のベテルで奉仕してきました。兄弟は奉仕部門と執筆部門で働いてきました。1998年からは執筆委員会の援助者でもありました。
現在の統治体は,新しい4人の成員に加えて,C・W・バーバー,J・E・バー,M・G・ヘンシェル,G・レッシュ,T・ジャラズ,K・F・クライン,A・D・シュローダー,L・A・スウィングル,D・シドリックで構成されています。世界中の神の民の活動を監督し,その民の霊的な益のために奉仕し続ける増員された統治体を,エホバが引き続き祝福し,強めてくださるよう,わたしたちは祈ります。

・1994年 ゲリト・レッシュ

*** 塔94 11/1 29ページ 統治体の増員 ***
エホバの証人の統治体の増員を図るため,現在奉仕している11人の長老に1994年7月1日付で新たな成員が一人加えられました。その新しい成員はゲリト・レッシュです。
レッシュ兄弟は1961年11月1日に全時間奉仕を開始し,ものみの塔ギレアデ聖書学校の第41期のクラスを卒業しました。同兄弟は1963年から1976年までオーストリアで巡回および地域の奉仕を行ないました。そして,1967年に結婚し,後に妻メレテと共に,ウィーンにあるオーストリアのベテル家族の成員として14年間奉仕しました。4年前,二人はニューヨーク市ブルックリンにある協会の本部に移り,レッシュ兄弟は執行部事務所で,さらに奉仕委員会の援助者として奉仕してきました。同兄弟はヨーロッパの野外で様々な経験を積んでおり,ドイツ語,英語,ルーマニア語,およびイタリア語が分かるので,統治体の業に貴重な貢献をすることでしょう。


辞任

・1980年 レイモンド・ビクター・フランズ

 

*** 宣 80/9 4ページ 発表 ***
統治体の成員の一人であったレイモンド・ビクター・フランズ兄弟は1980年5月22日から統治体およびブルックリン・ベテル家族の成員から離れたことをお知らせします。

・1979年 エワート・C・チティー

*** 鑑80 381ページ 神権的に有用な器 ***
統治体の機能は六つの委員会によって果たされています。それは,司会者の委員会,および執筆・教育・奉仕・出版・人事の各委員会です。昨年,エワート・C・チティーが辞任したため,現在のところ,統治体の成員は17名です。

2 コメント

  1. サンマ

    コメントを残すに名前とEメールが残ってしまってますが、バグですか?

    • JWSTUDY

      それはお使いのブラウザの cookie という仕組みです。
      バグではありませんし、他の人にはEメールは見えていませんのでご安心ください。

コメントを残す