エホバの証人研究

エホバの証人について真面目に研究するサイト

研究資料

エホバの証人 日本の統計 2016年-jw.orgから

エホバの証人公式サイト(jw.org)に年鑑が公開されており、現時点では2015年までの日本のバプテスマ数(新規入信者数)が公開されています。過去30年のバプテスマ数の推移は以下のようになります。

過去30年間の日本のエホバの証人のバプテスマ数

バプテスマ
1986 10,184
1987 9,007
1988 9,644
1989 10,792
1990 11,287
1991 12,286
1992 12,578
1993 12,829
1994 12,067
1995 11,335
1996 11,620
1997 10,301
1998 6,975
1999 5,064
2000 4,285
2001 4,258
2002 3,929
2003 4,636
2004 3,956
2005 3,835
2006 4,021
2007 3,986
2008 3,806
2009 3,502
2010 3,268
2011 2,892
2012 2,787
2013 2,545
2014 2,435
2015 2,160

これをグラフにすると以下のようになります。

bap1986-2015

1993年には12,829人の新規バプテスマがありましたが、現在は1年で2,000人を切るほどの数字になろうとしています。これは実に30年前と比べて16.8%に減少したことを示しています。

同じ数値のプロポーションをわかりやすく表現すると以下のように「じょうご型」になります。

bap1986-2015jyougo

バプテスマの減少が意味すること

このような減少は深刻な問題を予想させます。日本では「ベビーブーム」と呼ばれる時代と少子化の時代の差が大きいため現在人口の高齢化が問題になっています。それでも出産数は1970年代と比較すると50%ほどです。それに比べてエホバの証人のバプテスマ数の減少はピーク時に比べて16.8%にまで落ち込んでおり、比較するならその深刻さは容易に理解することができます。

1990年前後のピークで誕生したエホバの証人は現在では中高年の層になっているはずです。ですから高齢化は今後さらに進み、それに伴うエホバの証人全体の減少が顕著になってくると考えられます。

統計から見えてくること

日本のエホバの証人のバプテスマ数の推移をみると、一度1974年に最初のピークを迎え、その後前述のグラフに出ているように1990年代初めに2回目のピークを迎えました。これらのピークの背景を考えると、最初のピークは1975年に終わりが来るという主張と関係があることは容易に理解できます。2回目のピークにも同じような要素があります。「1914年の世代が過ぎ去る前」に終わりが来る(塔92 5/1 7ページ)という教えがあり、1990年代のピークはその”預言”の成就への期待が後押ししていたと考えられます。しかしいずれの預言解釈も偽りの解釈であることが明らかになりました。そのような教理に影響を受けるエホバの証人の増加は「神の祝福」とは無関係なものと言えます。

現在、エホバの証人の統治体は油そそがれたクリスチャンの二つの重なる世代が過ぎ去る前に終わりが来ると主張し、緊急感を持って活動に励むよう信者に促しています。しかしこのような方法で組織を維持していくことには無理があります。少なくとも日本においては状況はかなり深刻なものであることを統計は示しています。

記事の終わり

 

 

 

 

6 コメント

  1. アバター

    高山隆次

    いつも大変公平な見方で記事を提供してくださり感謝いたします、私は現在77歳です、過去32年にわたるエホバの証人としての人生に見切りをつけ、昨年10月に断絶いたしました、人生の一つの区切りとして、「ある断絶した元エホバのエホバの証人の独り言」として、ブログをアップいたしました、お恥ずかしい文章ですが、ご高覧いただければ幸いです。

    • アバター

      caleb

      コメントありがとうございます。アドレスが書かれていませんでしたが。「ある断絶した元エホバのエホバの証人の独り言」け検索してブログを見つけました。読ませていただきます。

  2. アバター

    通りすがり

    ベビーブームや終わりが来るとの連動していることはきょうみぶかい。

  3. アバター

    匿名

    時々拝読させていただいております。元2世の者です。
    現在は40代も後半に入り、妻と息子と一軒家を抱え、仕事に奮闘の日々です。

    私が今維持しようとしている家や仕事(仕事上の地位なども含め)は、エホバの証人時代では到底理解されなかった、或いはともすれば非難の対象ともなった筈です。

    母親が先に入信したのです。それが1970年頃と聞いてますので、1971年に私が生まれた時点で「2世」の運命が決まっていたわけです。

    書けば長くなるので詳細は控えますが、幼少時代からこのような躾をされたり、深夜まで王国会館などに連れ回された経験は、成長過程に於いて「かなり深刻な」影響があったと思います。
    同年代の2世の子達にも組織を脱会したあとに精神を病んだり、暴力団組織に出入りするようになったり、家庭崩壊し行方不明になったりと、とても幸せとは言えない顛末を迎えている人がいました。

    記述されているデータ通り、私の母親は1974年にバプテスマを受けたそうです。
    また、子供時代からエホバの証人の子供として育てられた私は、学問に励んで進学するよりも、来るべきハルマゲドンに備えいち早くバプテスマを受けるように1988年辺りから執拗に母親や、会衆の長老などから言われたものでした。

    結局、私は奉仕活動(伝道)にも殆ど参加せず、エホバの証人2世としてバプテスマを受けることはありませんでした。
    学校では嘲笑の対象にされ、放課後にクラスメイトと遊ぶことさえも許されず、親に口答えすれば激しい体罰、高校進学すら苦言をいただき大学などとんでもないと。

    同級生の2世の子で、中学卒業後は通新制高校に進み、昼間はもっぱら伝道活動、夜はコンビニでバイト、そして海老名へ成員として行くことが夢だと言ってる子がいました。
    会衆からは、これこそエホバの証人の模範たる子だ、とでも言いたいのでしょうか、しきりにその子と比較して私に”助言”と言う名の苦言を言ってきます。

    これに耐えられず私は20歳で一切の活動をやめ、親に相談もなく組織を去りました。以後27年間、母親の死去のとき以外は彼らと一切の関係を断ってました。

    「またいつでも戻ってきてくださいね、一緒に学びましょう」と言った手紙も数通。それも読んだらすぐに捨てました。

    子供が自分の意志で決めて、自分で将来を描くってことが出来なかった。私は何とか仕事にありつき、今の仕事を維持するため身を粉にして働きます。学歴がないので精神仕事、体力仕事になりますが、私が果たせなかった夢を息子に託したいです。
    私もあと30年も経てばこの世を去るでしょう。生きた証を残して、息子に夢を叶えてほしいです。

    工学系に進みたいと言ってきました。国立大に行きたいと。だったらそのために父親である私は彼の夢を叶えるため働きます。親が子供に恐怖を与えて、親の言うとおりに動くようにコントロールしてはいけないのです。私の母は65で他界しましたが、母は許されない大きな罪を犯したと思ってます。死後、遺骨の在り処も知らされておりません。
    私もあの母親から生まれたことを恥だと思って、残りの人生を生きようと思っております。

  4. アバター

    匿名

    同じ境遇の30代です。私の10代も今思えば不幸せでした。子供を巻き込まないで欲しい。選択は無く強制。親に感謝はしていますが、この宗教には嫌悪感が残ります。

  5. アバター

    匿名

    私も、同じような生い立ちです。
    気づいた頃には、全てを失ってました。
    家族をも、失いそうな状況です。

コメントを残す