エホバの証人研究

エホバの証人について真面目に研究するサイト

1975年, 統治体名言

1975年 – F.W.フランズによる特別講演

「ものみの塔」 2014年5月 一般用 3ページ

宗教指導は,人々に警告して信者を集めるために,世界的な惨事を予告することがあります。

上記のものみの塔の記事が示すように、ものみの塔の初代会長から始まる歴代の宗教指導者のほぼ全員が特定の年代や期間を指摘して世の終わりが近いことを予言してきました。

以下はその一つの例で、1975年当時に協会の副会長であったフレデリック・フランズの特別講演です。フレデリック・フランズは当時の会長であったネイサン・ノアと共に世界中を旅行して特別な講演を行いました。

これは20番目の訪問都市であるロサンゼルスで行われた講演の内容です。

主題:1975年の意義はなんですか?
What is the Significance of 1975?

講演者:フレデリック・フランズ(ものみの塔協会の副会長)

録音:1975年2月10日 場所:ドジャー・スタジアム ロサンゼルス

 

franz1975講演の内容

英文と日本語訳

前書き

講演の内容は1時間以上あるため、一部を省略して全体を15分ほどにまとめています。省略した部分は「区切り」という文字を入れてわかるようにしています。

講演ここから

In Romans chapter thirteen, verse eleven, he says,’Brothers, you know the season, that it is already the hour for you to awake from sleep because now your salvation is nearer than at the time when you became believers.’

And all of us know no matter how long we have been dedicated and baptised, now, in this year of 1975 we are nearer to our salvation than at the time when we first became believers – that is absolutely certain!
(loud applause)

But the big question is this: Is this year, 1975 the final year, the last year, for the ingathering of the ‘other sheep’?

Now, we’re all interested in that, and as we went around the world and stopped in the various countries – this is our twentieth stop here in Los Angeles – and we enquired among the brothers what they’re talking about locally among themselves, what they’re interested in. We found that, just like you here, they also were interested in this current year of 1975

– what does it signify for God’s people? Is it the year, the final year, the last year, for the ingathering of the Other Sheep, before the Great Tribulation breaks and reaches its climax in the battle of the Great Day of God the Almighty at Armageddon?

Is this the year which will lead right on into the establishment of the reign of the Lord Jesus Christ?Well, how are we to view this year? And what are really valid expectations with regard to its occurrences? What is to be expected?

People not only among ourselves are interested in this, but also, just this afternoon, John Dart, the religious editor of the Los Angeles Times telephoned and expressed an interest in this year, 1975, as to what the vice-president or the president believed about it.

So they’re interested in 1975 outside as well as inside of the organisation.

ローマ13章11節で述べられています。「あなた方は時節を…今がすでに眠りから覚めるべき時であることを知っています。…今や,わたしたちの救いは,わたしたちが信者になった時よりも近づいているのです」

わたしたち全ては献身とバプテスマからどれだけの時間が経過していたとしても、今、この1975年という年になり、信者になった時より自分たちの救いが近くなっていることを知っています。これは絶対に間違いがありません!
(大拍手)

しかし重要な質問はこれです。まさにこの年、1975年が最後の年になるのか?ほかの羊が集められるための最後の年になるのか?

これにわたしたちは皆、関心があるでしょう。我々は世界中を周り、数々の国で話をしてきました。ここロサンゼルスは20番目の都市です。そしてこの件について地元の兄弟たちがどのように話しているのかを確かめてきました。彼らがどのように関心を払っているのかも知りました。我々が見出したのものは、恐らく皆さんが考えてることと同じでしょう。彼らもこの1975年という年に関心を持っていました。

「これは神の民にとってどんな意味があるのだろう?この年は最後の年になるのだろうか?ほかの羊を集める最終的な年なのか?大患難が勃発しハルマゲドンにおける全能者なる神の大いなる戦争の最高潮になるのか?この年が主イエスキリストの支配が確立するまさにその時なのだろうか?」

それで、わたしたちはこの年のことをどのようにみなすでしょうか?起きる出来事に本当に正当などんな期待が持てるのでしょうか?何を期待できるのでしょうか?

わたしたちの間だけで関心がもたれているのではありません。ちょうど今日の午後にロサンゼルス・タイムズ紙の宗教担当のジョン・ダート氏から電話がありました。1975年について知りたいと関心が示されました。協会の会長や副会長が何を信じてるのか教えてくれと。

それで1975年に対する関心が、組織の中だけでなく外にもあるのです

— 区切り —

So then, we see that we have now something with which to deal in this matter of determining just where we are on the stream of time, and how near we are to the bringing to utter destruction this old wicked system of Satan the Devil and thereafter the binding of the Devil himself and of all his angels, the demons. This kingdom of God and of his Christ is specifically stated to be a thousand years in length.

And we can be sure that those thousand years have a definite starting point and definite terminal point. It’s not a period of a thousand years that begins at an indefinite time in the future. But it has a definite date for it to begin,
just as the American government dates itself from a certain year so that we can calculate from the date of the beginning of the Millennial Reign of the Lord Jesus Christ and know when it is going to end.

では、わたしたちは時の流れの中のどの位置にいるのかを見定めるという問題が残されています。そして悪魔サタンのこの邪悪な世の完全な滅びがどこまで近づいているのか、そしてその後、悪魔とその使いたちである悪霊たちを縛る時と神とそのキリストの王国、特にその千年統治がいつ始まるのか知る必要があります。

そしてわたしたちは、その千年統治が特定の時から始まり、特定の時に終わることを確信することができます。千年間は不特定の時から始まるのではないのです。むしろその始まりには明確な日付というものがあるのです。それはちょうどアメリカ政府にも特定の年があるようなものです。それで主イエスキリストの千年統治の始まりの日付をわたしたちは計算することができますし、いつ終了かも計算できるのです。

— 区切り —

Well then, the big question for us now to determine is this:

if we’ll go to this red book here, Everlasting Life in Freedom of the Sons of God, which is headed Chart of Significant Events From the Creation of Man to the Year 7000 Anno Mundi, we find there a chart and we turn to page 31 through 35, seven thousand from the creation of man. And the first item on the list is dated 4026 before our common era and the item is the creation of Adam in the early autumn of that year. Not a January the first of that year, 4026, but in the early autumn of that year; so that we measure the years from autumn to autumn.

And then if we turn to page thirty-five we are startled to see the year 1975 where we actually are. And, what does it say with regard to 1975?
It says the end. Now notice this – the end of the sixth one-thousand year day of man’s existence in early autumn.

And then it carries us on beyond that, beyond this year. The next date is 2075, a thousand years from now. And what does it say regarding that?
The end of the seventh thousand year day of human existence in the early autumn.

Now that’s all it says about 1975.
(audience applauds)

And that’s all we can say to John Dart, the religious editor of the Los Angeles Times, or anyone else there out in the world who wants to know what we have published regarding this critical year.

We know it’s a critical year, we know we’re near something

– but we’re not saying
(audience applauds).

We are well-along in this year 1975. I don’t mean that we are here July, or rather, February the tenth, just a little over one month in 1975.

No, but I mean we’re well-along in the Bible-year 1975.

We know that nations and organisations have their years by which they make a tally of their operations and of their accomplishments and of their expenditures or they make up their budgets for the coming year; like the United States has a fiscal year, which I believe begins in July, not January the first.

それで、考えなくてはならない大きな質問はこれです。

「神の子たちの自由における永遠の命」の赤い本を見ることができます。その31ページから35ページを見ると年表が載せられています。そこには7000年の創造の歴史、人間の創造からの重要な出来事が掲載されています。そして最初に日付は紀元前4026年となっています。そしてアダムの創造はその年の秋のはじめ頃となっています。それは4026年の1月1日ではありません。そうではなく、その年の秋のはじめ頃、それは年は秋から秋からで計ります。

そして35ページを見ると、ちょうど現在の1975年という年が出てるのでハッとするでしょう。それで1975年について何と書かれていますか?それは「終わり」です。ここに注目してください。秋のはじめ頃に人類の存在の6番目の千年の終わりという点です。

そしてこの年の次は、ずっと先の年になります。次の日付は2075年(*1)、今から千年先です。それは何を意味してるのでしょうか?それは7番目の千年期が、その年の秋のはじめ頃に終わるということです。

(*1 2975年の間違いであると考えられます)

はい これが1975年についての全てですよ
(聴衆からの拍手)

これがロサンゼルス・タイムズ紙の宗教担当ジョン・ダート氏に話せる全てですよ。我々がこの重要な年代について書いてきたことを知りたがる世の中の人たちに対してはそれだけです。

わたしたちは、それが重要な年であることを知っています。何かが近づいてることを知っています

しかし、わたしたちは何も言っていません。
(聴衆の拍手)

1975年になってから時がたっています。でもまだ7月にもなっていないですね。今は2月10日です。1975年がひと月と少し超えたところです。

それは聖書的な1975年に到達しているという意味ではないのです。

わたしたちは知っていますよね。世の中の組織では運営上の決算とか収支とか、どれだけ目標を達成したとかの基準や予算を年度に区切って考えることを
アメリカの場合は「会計年度」のように普通は1月1日ではなくて7月に始まります。

— 区切り —

So, the Bible-year does not start with this man-made commencement of the secular year on January the first.

But it is a lunar year and just as it says here in this book, in that chart, the creation of Adam was in the early autumn of the year.

それで、聖書的な年というのは世俗のカレンダーのように1月1日から始めるのではありません

それは太陰暦であり、この本の年表が示すようにアダムの創造は秋のはじめ頃を起点としているのです

— 区切り —

Now, our enquiries around the world of the brothers as to what they’re expecting to occur between now and the end of 1975 has revealed that some are very sanguine about matters in the near future and they’re expecting the Great Tribulation to occur and the destruction of Babylon the Great

and the annihilation of all the political systems of this world and then the binding of Satan and his demons and their abyssing to occur before this year is ended, this year 1975.

And immediately thereafter the thousand-year reign of the Lord Jesus Christ to begin.So they expect a great deal and they’re venting their views to their brothers and sisters in the congregations and raising their expectations very, very high indeed.

Well now, we’re not saying that by the end of this year, 1975, all these things cannot take place, God cannot bring all these things about.
He can, he’s almighty and this Omnipotent One can bring this about in a hurry if he wants to do so.

But, in view of what the scriptures inform us, are we warranted in expecting so much to occur by September the fifth of 1975?

Does September the fifth, at sundown, when the year nineteen hundred and seventy-six will begin – lunar-time, mean that it is time for the thousand-year reign of Jesus Christ to begin? And, accordingly, does it mean that we are six thousand years advanced into the seventh day, the seventh creative day of Jehovah God, his rest-day, his Sabbath Day?

Does it mean that? No, not according to this book and what’s been published since. And why do we say that?

Well, all this book says is that 1975 marks the end of the sixth one thousand-year day of man’s existence. Well, that period of time, those six one-thousand year days which man has survived until now began when? They began on…ON the sixth creative day of Jehovah God. They began when Adam was created, the first man.

さて、我々は世界中の兄弟たちに、今から1975年の間に起きるどんなことを期待しているのか聞いて回りました。彼らの中には近い将来について、
とても熱意をもっていることがわかりました。彼らは期待するには、これから大患難が起こり、大いなるバビロンが滅び、この世の政治体制の全てが消滅し、サタンとその悪霊たちが縛られて葬られることが、この年が終わるまでには起きると考えています。まさに1975年のうちにです

それから直ちに主イエスキリストの千年統治が始まると考えています。彼らはかなりの期待を持っています。そして彼らは会衆の兄弟姉妹たちにその見解を遠慮なく出します。そして非常に高い期待が膨らんでいます。

さて、我々は1975年が終わるまでに、これら全てのことが起きることはない、とは言っていません。すべてのを成し遂げることを神ができないなどと言いません。神なら出来ます。神は全能なのです。そして力ある方はあっという間にこれを成し遂げることができるでしょう。もし神が望まれるなら。

しかし、聖書がわたしたちに伝える点を考えると1975年の9月5日までにそれほどのことが起きると確実に期待できるでしょうか?9月5日の日没から始まる太陰暦の1976年が幕を開けるまでにイエスキリストの千年統治が始まるのでしょうか?

それはつまり、わたしたちは自動的に神の安息の休みの日であるエホバ神の創造の第七日のちょうど6000年目にいるという意味になりますか?

そういう意味でしょうか?それは違います。この本やその後に発行されている本の述べる点はそうではありません。なぜそう言えますか?

この本が述べているのは1975年で人類の生存の6000年が終わるという点です。それは期間を述べているのです。では人類が生きてきた第六千年期はいつ始まったのでしょうか?それはエホバ神の第六の創造の日の期間内です。それはアダムが創造された時に始まりました。

— 区切り —

Thus it becomes apparent that there was a time interval between the creation of Adam and the creation of Eve. And it was first with the creation of Eve that the sixth day ended because there is no record in the Bible that God created anything earthly after he produced Eve.

それゆえ、アダムが創造された時とエバが創造された時の間には隔たりがあることがわかります。第六の日が終了したのはエバの創造されてからです。なぜならエバが造られてからは神が地上で他の何かを造られているという記録はないからです。

— 区切り —

Now, if it was just a month after Adam’s creation, then six thousand years from Eve’s creation would still end in this secular calendar year of 1975 – it would end in October. If it was two months after Adam’s creation, then it would end two months after September the fifth – in November. If it were three months after Adam’s creation, then the time interval would end in December,

それで、もしそれがアダムの創造から1か月後であるなら、やはり世俗のカレンダーでいう1975年のうちにエバの創造から6000年が経過することになります。それは10月になるでしょう。それがアダムの創造から2か月後であるなら、それは9月5日から2か月後、つまり11月です。もしアダムの創造から3か月後なら、時間的な差により12月ということになります。

— 区切り —

So, it can come quickly within a short time after the terminal day of the lunar year, 1975, and we should not jump to wrong decisions on that account,

and say, ‘well, the time after September the fifth, 1975, is indefinitely long and so it’ll allow for me to realise my human aspirations, getting married and raising a family and kids or going to college for a few years and learning engineering and finding a fine position as an engineer, a civil engineer, or electrical engineer or some other prominent fine-paying job.

No, the time does not allow for that, dear friends. The time is short, the Apostle Paul says in First Corinthians chapter seven and verse twentynine – the time left is reduced!

それで、太陰暦の1975年が終了してから短い期間の間に起こりえます。このことから、わたしたちは間違った決断をすべきではありません。

「じゃあ1975年の9月5日から結構な時間があるのだから、わたしの希望を叶えることができる」などと言うべきではないのです

「結婚して家族や子供をもうける、大学に数年通って技術を学ぶ、技術者や土木技師の良い仕事を見つけよう、電気技師や他の高収入の職を得よう」などと言うでしょうか?

それは駄目です!そんな時間はありません。友たちよ時は短いのです。使徒パウロはコリント第一の7章29節で言っています
「残された時は少なくなっている」のです!

 

 

 

この世界的に行われた講演については 良心の危機 日本語版 269ページでレイモンド・フランズによって言及されています。

レイモンド・フランズは、この講演を聞いた後に統治体のメンバーからも不安の声もあがったと述べています。

驚くのは「統治体の会議で不安の声が聞かれたのはこの時が初めてだった」ということです。

それまで少なくとも5年以上の間、1975年について期待を高め「家や資産を売って」開拓奉仕を行うことを勧めていた人たちが1975年の2月になって初めて会議にて不安を口にしたのです。

何が不安になったのでしょうか?

それは兄弟たちが「家や資産を売って」取り返しがつかないことになっていることではありません。

統治体は雑誌や王国宣教で長年語られてきたこを知っていたはずです。

彼らが不安になったのは、1975年の時点でも協会側がこの年について断定的な予言のようなことを語ってしまっていることであり、自分たちに責任の矛先が向けられることを恐れたのです。

協会はこの件について現在にいたるまで一切謝罪していません。

後にこの時代を説明する際に、「ふるい分け」を行う出来事としてエホバの責任のもとに行われたかのような言い方をしています。

 

記事の終わり

2 コメント

  1. しなの

    >次の日付は2075年、今から千年先です。

    これ間違いですよね?

    • カレブ

      ご指摘ありがとうございます。
      翻訳時に気が付きませんでしたが。その通りですね。
      どう考えても「百年先」です。

      が これは講演者の原文のままなので、
      本文には注記を載せるだけにしておきます。

      ありがとうございました。

コメントを残す