ログインしていません。

#251 2018年06月12日 21:44:47

三太郎
ゲストユーザー

Re: 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか

irisさん こんばんは

子供にとっては、お父さんがいてお母さんもいるというのが自然な姿だと思います。
聖母マリア崇敬への流れは、バランスが取れていて、ある意味正常かもしれませんね。

日本の場合だと、国産みの神であるイザナギ、イザナミを差し置いて、天照大神(女神とされる)が最高位の神であり皇祖神でもあるわけですが、例えば伊勢神宮にお参りに行って、天照大神を母親として慕う日本人はほとんどいないと思います。もっとも天照大神は太陽を神格化した神ですから、女神というよりはそっちの認識のほうが強いのかもしれませんね。

しかしよくよく考えてみると、日本人は神を父親、もしくは母親に準えるということをあまりしないような気がします。
やはり、八百万の神といわれるように、万物や万象を神格化して畏怖・畏敬の念を抱くのが日本人の神概念なのでしょう。
この概念のルーツは、縄文時代のあらゆる生き物、あらゆる無機物に霊が宿るとするアニミズムにあるといわれています。
日本人だからというわけではありませんが、個人的はこっちのほうが神概念としては自然であり、窮屈感がないと感じます。
いい加減な神様も結構いるし。(笑)

#252 2018年06月16日 12:41:06

iris
メンバー

Re: 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか

みなさまこんにちは。
三太郎さんコメントありがとうございます。

日本ではいろいろな神仏が共存していますね。
神話に出てくる神々、万物に宿る神々、仏教から生まれた(広義の)仏たち…
このような多様な神仏に囲まれているのは、ほんとうに幸せなことだと思います。

神話に登場する神さまたちは、とても人間くさくて親しみが感じられます。三太郎さんのおっしゃるとおり、いい加減な神さまもたくさん。

国産み神産み、岩戸隠れ、八俣遠呂智、因幡の白兎、海幸山幸…
日本の神話を知らない方がいらしたら、ぜひ読んでみてくださいね。ユダヤの神話より面白いかも。

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer