ログインしていません。

#426 2020年02月14日 20:53:08

ガッツだぜpart2
ゲストユーザー

Re: 聖書・その背景を考える

聖書は人のための書。例えば、中東では温暖地方と違い、葉物からビタミンを採るのは難しい
と思われ。しかし、デーツなどはよく育つ。デーツのような果樹は砂漠では貴重なビタミン源。
創世記の知恵の実のくだりは、砂漠の貴重なビタミン源を専有すること、現代では買い占めに相当
する事を戒めるような話からヒントを得て書かれたかもしれない。
葉物野菜、水、果樹が豊富な土地では、直感的に知恵の実に関しては伝わりにくかったと思われ。
これは風土を考えなければ、様々な道徳的、倫理的価値観が生まれ、時に紛争の元になりかねない。
血の掟、穢れた生き物に関しても、寄生虫、細菌による伝染病や風土病を防ぐためのものだと思われ。
昨今ではMARSのような中東の肺炎、SARSを見るに、確かに穢れた生き物を食しなければ良かったのでは
と思う。つまり、聖書は砂漠の知恵であり、知識の集積であったと思う。
問題は、それに道徳的な意味を与えこじつけた事。砂漠地帯においては、聖書に対して、いたずらに無闇な狂信と
拒絶は危険でしょう。

#427 2020年02月14日 21:04:42

ガッツだぜpart2
ゲストユーザー

Re: 聖書・その背景を考える

聖書をありのままに読み、他人の観念に縛られない事をお勧めします。例えばレビ記の祭司の服装についても
ハエの特性を考慮すると、なるほど、ハエを寄せ付けないようにしているなと思える部分があります。
祭司の服の染料や服の模様。ハエが嫌う成分が使われていたり、ハエが認識できないような模様が使われたりして
いるようです。インディゴ辺りをググってみてください。
メンヘラチックに神を求めても何も得られないでしょう。人はそれぞれ感性が違う。ただ、どんな書物にも
それを書かせる背景や風土があります。

#428 2020年02月14日 21:16:04

ガッツだぜpart2
ゲストユーザー

Re: 聖書・その背景を考える

知恵の実について補足すると、全てを採って食べてはならないという部分が重要だと思われ。
一つだけ残しておきなさい。この精神は砂漠を生き抜く知恵と思われ。そういう戒めのような
ものをヒントに書かれたのだろうと思われ。最近の水買い占め、マスク買い占め騒動を見るに
そう思われる。もっとも仕方無い部分もあるのですが・・・
種籾まで食べ尽くさない精神でしょうか。そういう背景を元に寓話的に書かれたと言えばスッキリする
でしょう。

#429 2020年02月17日 22:54:03

ガッツだぜpart2
ゲストユーザー

Re: 聖書・その背景を考える

さて、旧約聖書で、穢れているとされる生き物の中に野兎がいたような・・・
実は野ウサギ肉にはこんな恐ろしい罠があるそうです。
ウサギ飢餓
たんぱく質摂取過多によって中毒死するようですね。コウモリといい、ヨーロッパウズラの毒性についても
聖書に書かれていましたが、穢れているとされている生き物には理由があるようです。
何だかんだ裏話を見つけていくのも一つの聖書通読かも。
終わりの時を数えるだの、カルトな方向で聖書を論じることの馬鹿げたこと。イエスが
終わりの日がいつなのか父のみぞ知ると説かれた言葉が見えて見えないのかという事ですね。
つまりものみの塔が終わりの日を知っているという事自体、自分たちが神と同格だと宣言している
事になります。
これを悟らずに他者批判を繰り返してきたのがJW、どんなに綺麗な言葉で飾っても、上から目線で語っても
小馬鹿にしても、皆同じ穴のムジナ。でも、生き方を見直す事もできる。
生き直すのも元気で活力が残っているうちですね。

#430 2020年02月20日 17:46:49

ガッツだぜpart2
ゲストユーザー

Re: 聖書・その背景を考える

本当に嘆かわしことです。新型コロナウィルスの保菌者(今は陰性かもしれないが)の
可能性のある500人が横浜という大都市で、何の措置も取られず、一般客と同じ
横浜駅を使い、各自解散しました。中には、着替えもせず、直行で寿司を食べに行く
者もいたそうです。周辺の住民の皆さんの心配する声が後を絶ちません。しかし
金持ち優先のこの国、諸外国で取られている14日間隔離という当然の措置も取らず
解き放ってしまいました。沖縄でも北海道でも愛知県でも東京でも九州でも犠牲者は
増えています。今の状況は武漢の初期の頃に似ているように思います。
ここで、聖書のあまりに厳しいと思われる病気の者に対する厳格な処置が思い出され
ます。結局、中途半端な人道意識が、取り返しのつかない犠牲を生む事がある
という事を思い知らされます。この国は奇しくも滅んでしまった古代ユダヤ王国に
そっくりです。このようにしてユダヤ王国は滅んだのでしょう。
自分勝手な年配の方々はもう少し精神的に成長して頂きたいと心から願います。
もちろん、優しく思いやりに溢れる我慢強い年配の方の事は一切含みません。

#431 2020年02月21日 01:06:08

めぐママ
メンバー

Re: 聖書・その背景を考える

世を嘆く 気持ちの時は 空を見上げてましょう。昼なら 青空に雲
夜なら  満天の星  忠実な証をする 月

オリオン座のペテルギウスが小さくなっています。 もうじき 爆発して無くなるそうです。 今見えている 光は650年前の光
たったらもう爆発は起きているの? 計算が 難しい!

オフライン

#432 2020年02月22日 16:36:42

ガッツだぜpart2
ゲストユーザー

Re: 聖書・その背景を考える

聖書は病気の治療法が書かれていない。一番欲しい情報なのですが。当時もmersのような
流行病があったと思うのですが、病人の隔離法だけ。基本、病気は免疫で治せ、後は運と
いう事でしょうか。

それにしても、現天皇陛下、一般参賀も無しで、国民に誕生日を祝ってもらえない、何か
理不尽です。消毒の毎日も面倒なので、早いところコビット終息してもらいたいものです。

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer