ログインしていません。

#1 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年11月19日 09:32:13

相談者 さんの発言:

水泳選手であった老女ベルは、水中に飛び込み牧師を救うが心臓発作に襲われ、息を引き取るのです。

わたしもこのシーンは覚えています。
この映画を見ていてすごいなあと思いました。
でも、船がさかさまになるなんて本当にできるのかなって思いました。
見たのは、JW現役時代ですね。

#2 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年11月19日 08:16:42

N/T/ライトとは誰か
第一部・ライトの経歴と著作
『聖書批評学の学者から「根本主義者」と見なされ無視』です。
どうぞお楽しみください。p06
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rAFAMzMVmHzL3v34

JWに関わったものとして「神学」と聞くと
なんだかバビロン的なニュアンスを感じ取って胡散臭いような気がするのですが、
次の7ページの説明では、神学というのは
「神と歴史と被造世界のすべてを扱う学問」と説明されています。
JW流に言いかえるのであれば、
「神と歴史と創造物の世界をすべて扱う学問」ということで、
なにも心配するようなことではないということになります。

#3 Re: 親睦・相談 » 「キリスト者の自由を求めて」の情報交換 » 2018年11月17日 16:16:38

ラハム さんの発言:

その別刷りの印刷物をもらった覚えがあります。
後日倉庫を探そうと思います…。

その別刷りの印刷物というのは
「目ざめよ!」誌、1982年12月8日号のことです。
「エホバの証人 外科的、倫理的挑戦」という記事が
別印刷で会衆にて配られたのです。
倉庫を探してみたら、輸血拒否の資料集のファイルに保管されていました。
内容はもちろんオンライン・ライブラリーと同じでしょう。
でも、現物ですから説得力は大きいと思います。
くっきり見られるよう画像ファイルにしておきます…。

表紙 https://1drv.ms/u/s!AvwG6dj2GBi7gdRsqTnQThpQp-0IRQ
p23 https://1drv.ms/u/s!AvwG6dj2GBi7gdRtcE_R5669xDAYpA
p24 https://1drv.ms/u/s!AvwG6dj2GBi7gdRu4a9yCUss_ILOvA
p25 https://1drv.ms/u/s!AvwG6dj2GBi7gdRvRlEpkzwf-mW2gA

#4 Re: 親睦・相談 » 「キリスト者の自由を求めて」の情報交換 » 2018年11月14日 19:39:12

カレブさん、おっしゃるとおりです。
貴重なサポートをありがとうございます。
友人の連絡で先ほど現物の製本を見つけ読み直しています。

実はきのう…、
倉庫が暗くてよく見えなかったのと、
(倉庫は電気が通っていませんので)
大事な論点なので読者からの質問ばかり探していました。
自分で思い込みが禁物だと書きながらの失態です。
英文のライブラリーを確認してからにすればよかったです。

さて、該当する日本語版ですが、
1965年2月15日号104-107ページでした。
大見出しは、職業と良心
副見出しは、血を避ける、自分で決定する、でした。

製本を切り取ることは避けたいので、
元気が回復してからコピーし、
PDFファイルなどに変換し、公開しようと思います。

#5 Re: 親睦・相談 » 「キリスト者の自由を求めて」の情報交換 » 2018年11月14日 05:58:25

第9章303ページ脚注に引用されている
英文ものみの塔1964年11月15日号の日本語に該当する
ものみの塔誌をきのう探してみたのですが、見つけられませんでした。
1960年代は製本をめくりながら探すので、根気が必要です。
再度挑戦です…。

#6 Re: 親睦・相談 » 「キリスト者の自由を求めて」の情報交換 » 2018年11月13日 08:06:51

ラハム さんの発言:

一つ目の情報として191ページ脚注4についてです。
英文版目ざめよ1982年6月22日号25ページの
日本語版に該当する記事がないと記載されていますので、探してみました。
そうしたところ、1982年12月8日号23から25ページのようだと発見しました。
英語が十分理解できる方は真偽を確認してほしいです。

上記について訳者にご連絡したところ、
そのとおりであることが確認できました。
公開のファイルも修正してくださるということでしたが、
その修正も確認できました。
その「目ざめよ!」の記事は下記のURLから閲覧できます。
https://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/101982452


その別刷りの印刷物をもらった覚えがあります。
後日倉庫を探そうと思います…。

#7 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年11月12日 16:17:06

N/T/ライトとは誰か
第一部・ライトの経歴と著作
『1世紀のユダヤ教の解釈と終末論に保守派から批判』です。
どうぞお楽しみください。p05
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7q3_6GQmLvk6Hkxsy


最近「神学」という語を多く聞くようになってきました。
ものみの塔だけから聖書の知識を得ていたときは
神学なんてほとんど聞きません。
でも、考えてみればものみの塔の聖書解釈や独自の教義は
「ものみの塔の神学」という表現がぴったりだと思います。
「良心の危機」や「キリスト者の自由を求めて」で
レイモンド・フランズが説明していることを読んでみると、
一世紀当時のパリサイ人も負かせるような規則集で満ちていました。
会長のフデリック・フランズは組織における
唯一の光の発光源であり、学者だったことが示されています。

#8 Re: 親睦・相談 » 「キリスト者の自由を求めて」の情報交換 » 2018年11月12日 14:48:37

樋口訳の「キリスト者の自由を求めて」第9章には
著者のフランズが使用した英語訳聖書が記号で記載されています。
英文版「キリスト者の自由を求めて」では
最初の頁のほうの記載されていましたので、
日本語表現に書き換えてみました。
これを日本語表現で読んでみると
長年ものみの塔出版物を閲覧してきた方たちは、
さまざまな出版物に表記されていたのを思い出すでしょう…
以下、英語版からの引用です。

この本に優先的に使用した聖書翻訳の略号である。

ASV American Standard Version アメリカ標準訳
AV Authorized (King James) Version 欽定訳(ジェームズ王訳)
JB The Jerusalem Bible エルサレム聖書
LB The Living Bible リビングバイブル
NAB New American Bible 新アメリカ訳
NEB The New English Bible 新英語聖書
NIV The New International Version 新国際訳
NRSV The New Revised Standard Version 新改訂標準訳
NW The New World Translation 新世界訳
PME Phillips Modern English フィッリプス現代英語
RSV The Revised Standard Version 改訂標準訳
TEV Today's English Version 今日の英語聖書

#10 親睦・相談 » 「キリスト者の自由を求めて」の情報交換 » 2018年11月11日 17:53:09

ラハム
返信: 9

レイモンド・フランズの二冊目の著書、
「キリスト者の自由を求めて」あるいは「クリスチャンの自由を求めて」の
情報交換場所にしたいと思いました。
このタイトルは英語を翻訳すると上記のような表現になるようです。
ここでは「キリスト者の自由を求めて」の統一でいかがでしょうか。

てつてつさんがこの掲示板に貴重な情報を書き込んでくださいました。
わたしは知りませんでしたので、さっそくダウンロードし読んでいます。
無料で閲覧できるのは第9章です。
タイトルは「血液と命-律法と愛」です。
現役JWは貴重な命を生き永らえさせるため、ぜひお読みください。
一つ目の情報として191ページ脚注4についてです。
英文版目ざめよ1982年6月22日号25ページの
日本語版に該当する記事がないと記載されていますので、探してみました。
そうしたところ、1982年12月8日号23から25ページのようだと発見しました。
英語が十分理解できる方は真偽を確認してほしいです。
間違っていたらぜひ教えてください。
訳者はプラス3か月を基準にしているようですが、
実際探してみると手前だったりずいぶん先立ったりします。
思い込みは禁物でしょう。

情報できる方はぜひ参加してください。
よろしくお願いします。

#11 Re: 総合フォーラム » ここが変だよJW » 2018年11月03日 15:39:57

JWは女性信者が圧倒的に多いので結婚できない確率は非常に高いです。
では、男性信者は希望すれば必ず結婚できるのかというと、
それもあてになりません。このわたしがそうだったからです。
どのように祈っても、どのように努力してもでした…。
祈り倒して結婚できた人は祈りがかなえられるんだと主張できますが、
祈り続けても希望が実現しない人は、やっぱりだめなんだということになります。
JW組織で、あるいは日本の法律でも一夫多妻が承認されないかぎり
女性信者の多くが結婚できるようにはならないでしょう。
もう、40年近く前ですが、年頃の娘がいる未信者のおとうさんは、
そこまで言うのなら、協会が結婚相手をあっせんしてくれればいいのに
といっていたというのを聞いたことがあります。
年頃の娘がいるおとうさんの親としての悲痛な叫びでしょう。
気の毒なぐらいです。残念ですが、
その娘たちが結婚できたかどうかはわかりません。

この掲示板でもたぶんてつてつさんだったと思いますが、
コリント人の手紙でパウロが言った「主にあるものとのみ」結婚しなさいという
助言は翻訳が間違っているということでした。
要するにものみの塔の解釈は間違っているのです。

それで、この助言の本来の意味を理解して、それに従った行動ができれば、
配偶者を選択する道が広がると思います。

でも、JWを去って選択の道がかなり広げられても、
わたしの場合のように配偶者に恵まれないこともあるのですから、
世の中は非常に難しいものだというのが実感です。

やはり、この世は不条理なのでしょうか…。
わたしにはわかりません。

#12 Re: 総合フォーラム » とりあえず書き込み用 » 2018年11月02日 14:55:21

acuma-satan さんの発言:

https://ameblo.jp/lilac39/

JWとして過ごした人の人生をブログにしてあるぞ。

一度、見てやってくれ。

毎日読んでいますよ。
わたしと同じ年齢で、同じころJWを過ごしたようです。
JWになったのは数年先輩のようです。
共感が持てています。
続きを楽しみにしています。

#13 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年10月28日 16:26:41

三太郎 さんの発言:

肉体の死によって個が消滅するとしたら、
我々の存在や日々の営みに、一体何の意味があるのでしょうか。
次の世代に命を繋いで、
役目を果たして終えるのが生命というものなのでしょうか。
7,80年の人生とはいえ、
せっかく蓄積したものを無に帰すことに
何の意味があるのだろうかと考えたくなります。

わたしは三太郎さんのこの意見はもっともであろうと思います。
脱塔して、もうじき丸15年になりますが
それらの件に関して、ずっと疑問に思っていました。
15年近くなり、やっと落ち着いて物事を考えられるように
なってきたと感じています。
ですから、聖書も含めて他の宗教に述べられている、
死生観も考察の対象にできるようになりました。
一度にはとても書ききれませんので、
時間と体力の許すときに自分なりの考えを述べてみたいと思っています…。

#14 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年10月28日 15:58:36

N/T/ライトとは誰か
第一部・ライトの経歴と著作
『国教会の出世コースを辞し、研究と執筆に専念』です。
どうぞお楽しみください。p04
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rARwGNN71SLoLGGw

#15 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年10月19日 14:36:30

ラハム さんの発言:

中野っちさんのブログに元執筆委員の報告が出ています。

上記の記事の続きが掲載されました。
「豪州の執筆委員が覚醒に至った経緯」というタイトルです。
https://ameblo.jp/nakanokatsuhiro/entry … voritemail

信者も文献もまったく都合よく利用されているなあと思います。

#16 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年10月17日 17:20:27

中野っちさんのブログに元執筆委員の報告が出ています。
https://ameblo.jp/nakanokatsuhiro/entry … 08391.html
ものみの塔や目ざめよ!の記事を執筆するために
どのようの情報を収集し、どのような手順で執筆されるのかという
通常のJWでは知りえない内容です。
また、執筆委員自身もどのように自分自身を欺いているのかという、
非常に興味深い記事です。
ぜひ、お読みください…。

#17 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年10月15日 16:35:45

ルツさんも1,000時間奉仕者さんもお元気そうで何よりです。

お二人の書き込みにお葬式のことが話題になっていました。
わたしも三年前父がなくなり葬式の意義について
深く考えさせられるようになりました。

現在から数えると20年前にも母が亡くなっているのですが、
その当時わたしはガチガチのJWだったわけです。
当然のことですが、仏式の葬儀には参加しませんでした。
その様子を見て父はわたしに向かい、
「お前はいい死に方をしない」と言っていたのです。
それ以来、その言葉はわたしの心に刻まれ、
父の言う「いい死に方」ってどのような死に方なんだろうと
考え続けるようになったのです。
それから十数年の歳月が流れて父も死にました。
わたしは脱塔していましたので、
このたびは何でもありの状態になったのです。

でも、ここで直面した父の死に方は
果たしていい死に方だったのだろうかとずっと考えてきました。
答えは出ていません。
いい死に方ってどのような状態か聞いておけばよかったですね。

父の場合、わたしから見て弟や妹、いとこなどに
看取られて息を引き取ることができました。
自宅にいることを強く希望していた人でした。
それは実現できたわけです。

しかしながら、最後の数年間、兄とはトラブル続きで
警察沙汰になったこともありました。
父の財産のことで兄が奪うのではないかという
半分は事実の妄想にとりつかれるようになってしまいました。
あまり細かいことを書くわけにいきませんが、
父は心配事を抱えて亡くなることになったと思います。
果たしてそのような亡くなり方がいい死に方なんだろうか。
わたしの疑問はずっと続いています。

また、JWは死んだ人を崇拝するとかしないとか
枝葉末節の細かいことにとらわれすぎているように思います。
最近のわたしは葬式というものは死んだ人のために行うのでなく、
生き残った人たちのために行っているという考えです。
霊魂などが存在しているかどうかはわかりません。
現実を見ている限り死んだ人は何もできなさそうです。
葬式から益を得ているようにも思えません。
荼毘に付されて墓から戻った人もいないです。
そのようになった人から死んだ状態について聞くことも不可能なようです。
可能なら聞いてみたいのですが…。

生き残った人たちは死んだ人と現時点では永久に別れます。
それを葬式という行事ではっきり認識し、受け入れ
心の整理を始めるのだろうと考えています。
伝道の書にもあるのですが、
生き残った人たちは自分の人生を振り返る
良い機会にもなっているのでしょう。
四十九日、三回忌、七回忌、十三回忌…、と徐々に間隔が開いていきます。
こうして徐々に別れを告げ悲しみもうっすらしてくるわけです。
自分の生き方も反省が進んでいくわけです。
良い点も思い出せるでしょう。

たぶん、
お葬式というのは生きている人のためにあるのだと思うのです。
亡くなった人のためではなくて…。

#18 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年10月15日 15:52:07

相談者さんもラッピーさんもとても楽しいですね。
もっとたくさん、書き込みを読んでみたいものです。
わたしも子どもでしたが「デンスケ」のことは覚えがあります。
でも、お二人のほうがちょっと先輩でしょうか。
話は変わりますが、デンスケと聞いて、
昔あったソニーからだったかな同じ名前のテープレコーダーの
あったことを思い出しました。
高校生だったからとても高くて買えませんでしたが…。

大会ごとにテープレコーダーを持ち込みよく録音して
聞き返していましたが、さっぱり記憶に残りませんでした。
摩訶不思議な現象だったと思います…。

#19 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年10月13日 16:27:19

N/T/ライトとは誰か
第一部・ライトの経歴と著作
『「聖書の権威に服して歩む者」に感動し、学問の道へ』
どうぞお楽しみください。p03
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rACEA1U1A3KmHDCR

#20 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年10月09日 16:40:30

相談者さんが自然消滅か排斥か断絶かわかりませんが、
先日、脱塔者を援助する集まりに出席していた、
断絶組の兄弟が話してくれたことがあります。
それは訪問してきた現役さんに
「自分はもとJWの長老で断絶した」というと目の色を変えて
帰ってしまったそうです。それ以来誰も訪問してこないということでした。
出席していた現役さんの話では、区域カードに赤い印ではっきり
訪問しない家がわかるようになっているそうです。

ですから、訪問があったときにもう来ないよう宣言すれば、
誰も来なくなると思うのですが、いかがでしょうか。
ただし、世の常で住んでいる人は入れ替わりますので、
それを確認しようとするぐらいはあるかもしれません。

#21 Re: 総合フォーラム » ここが変だよJW » 2018年10月09日 16:27:29

つい先日脱塔者を支援する集まりに出席したのですが、
その記事がやり玉に挙げられていました。
たくさん聖句が並べられて、JW自身が知力を活用して、
調査しようとするのを妨害しているというコメントがありました。
聖書には「すべてのことを確かめよ」という言葉があるのですが、
それは考慮されていないということでした。
わたしも自宅に戻り、記事を読んでみたのですが、
まったく組織に都合いい内容ですね。

現役時代も思ったものです。
どうして自分の知力で考えようとしないのかなあって。
それが、組織から嫌われているって知ったのは後のことでした。
自分で考えるっていちばん人間らしいことですが、
それをある意味根扱ぎにされているのは気の毒なことです。
現役さんが目ざめることを願っています…。

#22 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年10月05日 17:39:30

N/T/ライトとは誰か
『ポスト・モダン社会に「聖書的な福音」を発信』です。
どうぞお楽しみください。p02
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7q34127hdMbrgrhc3

-ポスト・モダン-
主体・進歩主義・人間解放などといった啓蒙の理念に支えられた近代主義の原理を批判し、
脱近代をめざす思想的潮流。建築の領域から流入した概念。-大辞林 第三版

#23 Re: 総合フォーラム » ここが変だよJW » 2018年09月28日 17:59:00

貴重な情報をありがとうございます。
真の宗教を標榜する組織の恥ずかしいところです。
こういうことを「破廉恥」というのでしょう。
それを信じてしまった自分もすごく恥ずかしいです。

#24 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~ » 2018年09月23日 19:11:37

人間というのは、そのとき得ている情報や心情によって
同じものを見てもまったく別物に見えると思います。
わたしが現役信者だったらその大会ホールの上空写真を見ても、
そのような建物なんだぐらいだったと思います。
なにも感じないだろうと思うのです。
いまはネットからそれが何を意味しているのか知りましたから、
「プロミデンスの目」という認識です。

もう、50年ぐらい前です。
週刊「少年キング」という雑誌がありました。
そこに「エリート」というマンガが掲載されていました。
巨大な目玉の宇宙人が登場します。
「アルゴール」という名前です。
科学を極め不老不死で宇宙最古の生命という設定です。
神ではないと言っていたと思います。
彼が三人の地球人と接触するのです。

プロミデンスの目の画像を見てこの話を思い出しました。
このマンガの作者はこれを模写したんだろうって…。

#25 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年09月22日 18:13:56

これもほぼJWのことですね。
医師を苦悩させ退職に追い込むとは…。
JWは自分の良心をしきりに主張します。
医師の良心を考慮したことがあるのでしょうか。
もし、あす突然統治体が輸血拒否は聖書的根拠がない、と発表したら、
現役の皆さんは、それでも、これまでの良心に忠実でありたいから、
断固として輸血拒否を貫くでしょうか。

もし、それでも輸血拒否を貫徹したらまっとうなJWとして
エホバとイエスからお褒めの言葉をいただけるでしょう。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20 … 2/?from=yh

Board footer