ログインしていません。

#1076 2020年08月09日 16:27:42

言いたい
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

大野教会行きました さんの発言:

仰天さんが別スレでラハムさんの投稿を引用しています。

ラハム さんの発言:

わたしは15年以上オフ会には参加していません

ラハムさんが脱塔したのは2004年、オフ会によく参加していたのはそれ以前。
ラハムさんらしい逃げ口上ですね。これで誤魔化せると考えていらっしゃる。

大野教会でのラハム(本名OOO)さんの評判は特に女性からは****でした。最近は来てないようですよ、まさか出禁?


元・エホバの証人同窓会・聖書を理解するためのヒント…。#155
マルコ(=野の花)さん 今日 00:37:26


掲示板に「ラハムさん、メッセージを送ってますが読んで下さい、お願いします。
新しい登録名は***です」と書けば良かったのですね。


表現似てる この人もマルコ(=野の花)さんかな
探したらいろんな名前が出てきそう ラハムさんに対する執着心がすごすぎる
贈り物をするほど仲良くしていたのに言う事を聞かないから
可愛さ余って憎さ100倍の状態になってるのかな

#1077 2020年08月09日 16:33:40

言いたい
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

ガッツだぜpart2 さんの発言:

>ラハムさんへ

言葉を選んでと申し上げたのは、「何にも言うな」という意味ではなくて「やけになって書かなくていい事まで書いて、これ以上自分を傷つけて頂きたくなかったから」です。人間誰しも尊厳があります。最後のプライドまで傷つく必要がないと思います。それは守られるべきです。

ところで、あのトピは続けられますか?それとも別トピを立てられますか?別トピではラハムさん自身の感想をお聞きしたいと思いますし、何だったら私の聖書関連書籍のレビュートピで、一緒に聖句について感想を書いていきませんか?
聖句に真摯に取り組んでいらっしゃるアノニマスさんもいらっしゃるし、いろんな方向から(様々な聖書)からのアドバイスも頂きたいと思います。図々しいお願いですが、今のところ私は共同訳、アノニマスさんはおそらく新世界訳なので別約も知りたいです。自分で買えばいい話なのですが(笑)。その時に感想も頂けるとありがたいのですが。
いつぞやのように、ラハムさんが紹介された中澤牧師の神学論から拝借した事もあります。
私は聖書関連書籍トピでは、一応、神学?的観点から、聖書の背景トピでは民族学その他の観点から聖書を調べたいと思っています。よろしくどうぞ。



優しいガッツさんの仰る通りだと思います

#1078 2020年08月09日 17:40:41

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

言いたい さんの発言:
サカガミ さんの発言:

初めまして、ずっとロムしていました。大野教会に時々出席しています。一度だけお見掛けしましたよ。〇〇〇さんのことは いろいろ聞きました。驚きました、爆笑ですよ。見かけによらないんですね、ここではラハムさん。

ラハム さんの発言:

返信についてのわたしの方針です。

わたしが質問に答えようとしない理由ですが、

間違った情報も含まれていると思いました。
わたしは15年以上オフ会には参加していません。


大野教会のサロンでタニタクミさんと会いましたよね。
JW組織のことや掲示板に集まる人たちのことを話て盛り上がりましたよね。
質問者さんでなくても これをオフ会と呼ぶ人たちいますよ。

中沢牧師の本の紹介がようやく終わりましたね。今度はIMさんのブログの紹介なんですね。
他人の褌、いや失礼、ラハムさんご自身の現役の覚醒を促すようなものはありませんか?
これも不必要と感じる質問ですかww




これも マルコ(=野の花)さんの投稿かな

それは違うと思います。
彼女は、わたしの知りうる限り、大野教会に来ていません。
わたしは彼女の顔を見たことがあります。

ここでいうサロンというのは、集会場空間のことで、
JWサロンというのは、集会名です。
ちょっと紛らわしいですね。

オフライン

#1079 2020年08月09日 17:47:35

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

言いたい さんの発言:
ガッツだぜpart2 さんの発言:

>ラハムさんへ

言葉を選んでと申し上げたのは、「何にも言うな」という意味ではなくて「やけになって書かなくていい事まで書いて、これ以上自分を傷つけて頂きたくなかったから」です。人間誰しも尊厳があります。最後のプライドまで傷つく必要がないと思います。それは守られるべきです。

ところで、あのトピは続けられますか?それとも別トピを立てられますか?別トピではラハムさん自身の感想をお聞きしたいと思いますし、何だったら私の聖書関連書籍のレビュートピで、一緒に聖句について感想を書いていきませんか?
聖句に真摯に取り組んでいらっしゃるアノニマスさんもいらっしゃるし、いろんな方向から(様々な聖書)からのアドバイスも頂きたいと思います。図々しいお願いですが、今のところ私は共同訳、アノニマスさんはおそらく新世界訳なので別約も知りたいです。自分で買えばいい話なのですが(笑)。その時に感想も頂けるとありがたいのですが。
いつぞやのように、ラハムさんが紹介された中澤牧師の神学論から拝借した事もあります。
私は聖書関連書籍トピでは、一応、神学?的観点から、聖書の背景トピでは民族学その他の観点から聖書を調べたいと思っています。よろしくどうぞ。



優しいガッツさんの仰る通りだと思います

ガッツさん、ありがとう。
わたしも道理をわきまえていると思います。
でも、この状態で収束させると、
誤った印象で終わってしまうのです。
不公平な裁判劇で終わらせたくないのです。
わたしの愛する、愛してくれている
恋人以上婚約者未満の彼女のためにも引き下がれません。

いつぞやは一生懸命感想書いてくれたのに、
返事しなくて、ごめんなさい。
ほんとうに申し訳ない。
わたしが納得できるところまで行ったら、
聖書の話題に必ず戻します。

オフライン

#1080 2020年08月09日 17:53:28

めぐママ
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

言いたい さんの発言:
大野教会行きました さんの発言:

仰天さんが別スレでラハムさんの投稿を引用しています。

ラハム さんの発言:

わたしは15年以上オフ会には参加していません

ラハムさんが脱塔したのは2004年、オフ会によく参加していたのはそれ以前。
ラハムさんらしい逃げ口上ですね。これで誤魔化せると考えていらっしゃる。

大野教会でのラハム(本名OOO)さんの評判は特に女性からは****でした。最近は来てないようですよ、まさか出禁?


元・エホバの証人同窓会・聖書を理解するためのヒント…。#155
マルコ(=野の花)さん 今日 00:37:26


掲示板に「ラハムさん、メッセージを送ってますが読んで下さい、お願いします。
新しい登録名は***です」と書けば良かったのですね。


表現似てる この人もマルコ(=野の花)さんかな
探したらいろんな名前が出てきそう ラハムさんに対する執着心がすごすぎる
贈り物をするほど仲良くしていたのに言う事を聞かないから
可愛さ余って憎さ100倍の状態になってるのかな


そうかもしれない。
でも  そう言われると全部そうかもしれないです。
メンバーでよく知っている人としか 会話をしないので わかりませんでした。

オフライン

#1081 2020年08月09日 17:58:04

めぐママ
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

言いたい さんの発言:
ガッツだぜpart2 さんの発言:

>ラハムさんへ

言葉を選んでと申し上げたのは、「何にも言うな」という意味ではなくて「やけになって書かなくていい事まで書いて、これ以上自分を傷つけて頂きたくなかったから」です。人間誰しも尊厳があります。最後のプライドまで傷つく必要がないと思います。それは守られるべきです。

ところで、あのトピは続けられますか?それとも別トピを立てられますか?別トピではラハムさん自身の感想をお聞きしたいと思いますし、何だったら私の聖書関連書籍のレビュートピで、一緒に聖句について感想を書いていきませんか?
聖句に真摯に取り組んでいらっしゃるアノニマスさんもいらっしゃるし、いろんな方向から(様々な聖書)からのアドバイスも頂きたいと思います。図々しいお願いですが、今のところ私は共同訳、アノニマスさんはおそらく新世界訳なので別約も知りたいです。自分で買えばいい話なのですが(笑)。その時に感想も頂けるとありがたいのですが。
いつぞやのように、ラハムさんが紹介された中澤牧師の神学論から拝借した事もあります。
私は聖書関連書籍トピでは、一応、神学?的観点から、聖書の背景トピでは民族学その他の観点から聖書を調べたいと思っています。よろしくどうぞ。



優しいガッツさんの仰る通りだと思います


その通りですね。   ガッツさんは アザミさんたちに酷い事を書かれても  やりかえしませんでした。  わたくしも 言ってもわからないのだからと 諦めていました。
ガッツさん   聖書について 探求してくださいね。
わたくしは お盆が近いし、これから 家族の用事も増えるので 反応はなくても あなたの頑張りを見てきましたので。

オフライン

#1082 2020年09月13日 15:47:18

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

誰かがこう言うのを聞いたことがある。
JWはきれいに去ることのできない組織だって…。
実際、家庭聖書研究に応じて、
JWとしてバプテスマを受け、長年組織で
人生を費やすことになった人はこれの深い意味が理解できるはずだ。

わたしが、研究に応じて、ものみの塔の教理を理解し始めると、
その基準があまりにも高すぎて研究をやめようかと思ったことがあった。
あまりにも、厳しく感じたので、ものみの塔のいう楽園が来てから、
勉強を再開しようかと真剣に考え始めていた。
正式なJWになることは世界一難しいと思っていた。

だが、これは非常にずるい考えだと気が付いたので、
多少は変だと思いながらも、家庭聖書研究を継続していた。
そして、その術中に陥り、JWになってしまったというわけだ。
もちろん、最初は仲間になれたということで、
一種の興奮状態に浸っていたのだろう。
何も変だと感じなくなっていて、
自分がJW組織を去る日が来るなんて想像もできなかった、
排斥になる人、背教者の話、未信者と結婚する人、
そのような人たちがけっこう周りには大勢いることが分かってきた。
だが、このように素晴らしい真理、絶対実現する預言、
愛ある組織などの実際が、その人たちはどうしてそのような、
聖書に不忠実な行動をしてしまうのか、わたしにはまったく理解不能だった。

でも、それは夢から覚めて現実がわかるまでのことだった。

それから20数年のときが流れて、
わたしにも、JW組織を去る決断が迫られるようになった。
しかしながら、この去るということが、
JWになることよりも非常に困難であることに気づくようになった。
簡単に、脱会届、JW流に言うなら断絶書を提出して、
普通の未信者に戻ることを宣言しただけでは、
研究生以前の状態に戻ることができない。
要するに、ものみの塔について何も知らなかった、
世の人に戻ったと認められないことになっていたのだ。

JWを去る方法は三つ考えられる。
1.自然消滅
2.排斥される
3.断絶届を提出する

この二番目は自分から去るというよりは、聴聞会にかけられ、
ふさわしくないと判断された場合、破門されるということだ。
強制退去だから、自分から「やめる」というよりは
「やめさせられる」という表現がぴったりだろう。
そうであっても、それをチャンスにせいせいして、
組織を去ることにしようという人もいる。

どの方策を選択するのかは各自の自由だ。
ものみの塔の方針では、排斥と断絶は同じ扱いになっている。
断絶者や排斥者とはあいさつしてはいけない。
偶然ながら道や商店で出会うことがあったとしても、
顔を背けられることになる。

断絶した人物が言っていた、
「これはけっこうきつい!断絶しなければよかった」って。
人によっては、後悔ひとしおである。
であっても、家族関係がなければましな方なのだ。

家族関係には大きな亀裂が生じるかもしれない。
ほんとうに忠実なJWは自分の息子や娘とも絶縁状態になる。
いや、ならせられるというべきだろうか。
会話どころか、電話やメール、手紙なども拒絶されることがある。
村八分ならまだましな方で、現実には村十分状態になってしまう。
徹底した拒絶状態なのだ。

わたしとしては、組織で大きく傷ついていた。
これ以上霊的・精神的に自分を傷つけないようにしようとした。
障害ある身で、偶然かつての仲間の助けが必要になるかも…。
利己的で偽善的だといわれようとも、
できる限り自分の保身を第一にすることにし、
自然消滅の道を選択することにした。
これは今でも正解だと思っている。
ひっそり組織を去ろうとした。

こうなってみると幸運というべきなのだろう。
わたしには、家族もいない、親戚関係にもJWはいない。
わたし一人で決定できた。
ただ、父にはJWを去ろうとしていることを話したが、
やめたければ、やめればいいといってくれただけだった。

最近、ほいさんという、現役二世長老が参加している。
その書き込みを読む限り、彼は尊敬でき誠意を感じさせてくれる。
内部事情にも通じているので、組織の現状を知る助けになる。
非常に貴重な存在だと思う。
彼は現役で高齢のご両親のために現状を維持している。
人には文字に表せない事情があるものだ。
参加者にはそれをわからない人もいるようだ。
自分の事情をぜんぶ説明するなんて、とうてい無理なことだ。
彼にも苦しみや葛藤もあるだろう。
もっとみんなが温かく見守ってやってほしい…。

わたしとしては、
彼が偽善者だといわれてもいい、利己的だといわれてもいい、
それでも、彼は自分と自分の家族をぜひ守ってほしい。
できるなら、会衆の仲間も…。

自分を大切にできる人こそ、
他の人も大切にできるということを、
みんなが知ってほしいと願う…。

オフライン

#1083 2020年09月26日 16:21:04

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

わたしの場合、
家族や親族にJW関係者のいないことは非常に幸いだった。
だが、親身になってくれた人や仲が良かった人に、
どのように事情を説明すべきかという問題は残ってしまった。
特に心を痛めて悩ましかったのは、
わたしの研究司会をしてくれた姉妹のことだった。

事情を知ってしまえば、カルト宗教に呼び入れてくれた
手先になってくれた人物だから気にする必要はない、
という意見もあるかもしれない。
彼女にはわたしと同年代の一人息子がいて、
彼はJWの研究生にもならなかった。
だから、わたしが研究生として進歩してくると、
「あんたがうちのむすこだったらなあ」と
事あるごとにわたしに言っていたことを思い出す。
わたしからはほとんど出版物の寄付を受け取らず、
なんでもほしいものは与えてくれていたと思う。
また、研究は彼女の家に通っていたが、
行くたびにおやつなどもたくさん出してくれた。

わたしが大会ホールでバプテスマを受けるときだって、
男性の更衣室まで来てくれて、着替えをサポートしてくれた。
普通だったら、女子は入室を拒絶されるだろう。
でも、母親と間違われたのかもしれない。
あとあとになって、異性の研究生は同性の司会者に交代すべき、
だというような雰囲気になったと思うが、
この当時は誰も咎めたりはしなかったのだ。
古き良き時代というべきだろうか、
あるいは、わたしが障害者だったので、
なにも心配する必要を感じなかったのかもしれない。

とにかく、善意で親切にしてくれたわけだから、
このもと司会者に自分がJWを去るなんてとても言い出せなかった。
失望させることには間違いない。

大正生まれの高齢者を不必要に失望させるわけにはいかない、
ということをはなはだ強く感じたことを覚えている。
高齢で目もほとんど見えないようだった。

だから、わたしは事情を説明しないことにした。
ひとつ幸いだったのは、同じ会衆でなかったことだし、
距離が離れているので、わたしから訪問しなければ、
状況を知られないような状態だったことだ。

それで、非常に心苦しいことだが、
現役を装うことにした。
現在でも、彼女の所属していた会衆で、
わたしのことを知っている人たちに出会うと、
わたしが、現役を続けていると思われているのだ。

このようにして、時間の経過とともに安らかな状態で、
ひっそり、シェオールに下ってもらえるよう待ち続けた。
失望させるよりもいいと思った。
たぶん、最善だろう…。

近所で、この人がシェオールに下ったと聞いて、
わたしのJW人生に一区切りついたことを知り、
大きな安堵を得ることができたのは、幸いだったと思う。

オフライン

#1084 2020年10月20日 06:02:04

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

ぬりんせ さんの発言:

初めて投稿します。
母親が80年代から現役のエホバの証人で、
僕も若い頃に少しだけ聖書研究生をしていた時期があります。
韓国在住の者です。数か月前にこの掲示板を知り、興味深く読ませてもらっています。
韓国の元JWのサイトで、「良心の危機」日本語版全文が読め、保存もできるので、
参考になればと思いリンクを貼っておきます。
http://www.jw.or.kr/_Dn/

貴重な情報だと思いました…。

オフライン

#1085 2021年07月12日 16:26:56

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

友人からの連絡でものみの塔オンライン・ライブラリーで
1969年と1968年ものみの塔誌の全文が読めるようになったのを知りました。
彼も注目していましたし、わたしも注目することですが、
1968年11月15日号に掲載されている記事、
「1975年を待ち望むのはなぜか」を心ある人は読んでほしいのです。

わたしはこの号の二つの記事を30年以上前に読み、
うっすらとそして漠然と1914年からさかのぼったBC607年が
1914年から逆算された年代かもしれないことに気が付き始めてしまったのです。
現在は製本版のものみの塔誌がかなり出回っているので読めるチャンスは多いのですが、
30年以上前は古参のJWにわら半紙の雑誌を借りてコピーするしかありませんでした。
わたしは製本版を現物の証拠物件として保管しています。

ものみの塔ライブラリーCD版、あるいはDVD版もあるのですが、
長らく日本語版では1970年までの収録でした。
ここにきて、1960年代の記事を読めるようにした理由はよくわかりませんが、
自分でJWの教義を確認したいという人にはぜひ自分の目で確認し、
頭と心で考えてほしいと思います。

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer