ログインしていません。

#1001 2017年01月15日 17:42:27

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

ラハム さんの発言:

わたしも全部ひらがなだと非常に楽ですが、
たぶん、そうなると文章に意味を理解するのが
非常に困難になると思います。
日本語には句読点があり、まだ理解しやすいですが、
新約聖書を書いたギリシャ語は句読点もなく、
ひらがなをただ連続で並べたようなものだったので、
間違いが入り込みやすく、正確に理解するのが、
非常に難しいそうです。
一度ひらがなだけの長い文章を読んでみると
よく理解できると思いますよ…。
漢字は素晴らしい文字だと思います…。

まさに、どの国のどの言語も
複雑なものごとや、感情、出来事の様子、イメージなどをスムーズに伝えることができるように
時間をかけて練り上げられてきたようです。

ただ、ちょっとビックリ!
世界は広いですね。
文字を持たない言語、というものも数などは把握されていないものの
存在しているそうです。

「言語に文字がないと表現が散漫になるのではないかと考える向きもあるが,これはむしろ逆であることが多い.言語に文字がないからこそ,表現に一定の形式を与え,コミュニケーションを確かなものにしようという意識が働く.なぜアジアやアフリカの言語に民話が何千とあり,また諺も2,000も3,000もあるのか考えてみよう.例えば諺というのは,社会の英知をコンパクトに表現したものであるが,そこには韻を踏んだり対句を用いたりとさまざまな形式が導入されている.
〔中略〕文字言語は,さまざまなものを文字の代わりに用いることがある.例えば,人名や地名は出来事の記録媒体として機能することは世界の多くの地域でみられる.例えば,アフリカなどでは「葬式」という名前は,親族が死んで喪に服しているときに生まれた子供,「戦争」は戦いがあったときの子供,「道」は母親が産科に急いだのだが間に合わず道で産んだ子供といった具合である.これらの名前は個人を他の個人と区別するだけでなく同時に命名者(これは主として子供の親)にとって重要な出来事を,子供の名前の中に記録しているのである.また隣人に対して,あたかも手紙を書くようにメッセージを子供の名前に託したものも多い.
このように,無文字言語そして無文字社会においては,文字がないからこそ豊かな口承文芸が発達しているのである.そして文字の役割が大きくなればなるほど,口承文芸が衰退していくことは今,我々が目にしているとおりである.」 (梶 茂樹 「無文字言語」 『世界民族百科事典』 国立民族博物館(編),丸善出版,2014年.186--87頁)

オフライン

#1002 2017年01月15日 17:52:28

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

上の投稿の引用文の下の部分、何か思い当たることはないでしょうか?

そう、旧約聖書の地名、何かが起こった場所名、人名などは、
まさにその時の出来事と関連づけて付けられていることが多いですよね。
後刻、いくつかの文字系統図をUPしたいと考えていますが、
以前にも他のトピでお伝えしたように
ヘブライ語は比較的新しい言語(これはちょっと不適切な表現かも・・・確実なのは「文字の完成が」ですね)なのです。

それは、
・実際に聖書として成立した文書類は紀元前8世紀以降(聖書学者一般)
・陶器などにヘブライ語が刻まれている遺物が発掘されるのは紀元前9世紀以降に急増(長谷川修一・考古学者)
と一致しているのです。

ヘブライ語という文字を持たなかった(基本、遊牧民でしたしね)ユダヤ人だったからこそ
記憶の助けとして、出来事と関連付けた命名をしたのかも知れませんね。

編集者 ささらほーさら (2017年01月15日 20:09:26)

オフライン

#1003 2017年01月15日 18:29:51

てつてつ
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

だからこそ前10世紀ごろのソロモンの栄華はなかったみたいですね cry

編集者 てつてつ (2017年01月15日 21:36:32)

オンライン

#1004 2017年01月15日 20:44:07

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

シュメール人やエジプト人の初期の文字の話しの前に
文字系統図を少しUPしておきます。

文字と言っても、他の考古学同様すべてが残っているわけでも
すべてが発見されたわけでもありません。
発掘された証拠や口承などから古代の文字使用状況などを手繰り寄せたりもするのでしょうね。
それで、学者によって多少の差異が生じるようです。
それでも、大まかな「流れ」そのものには共通のものが見受けられますので参考にはなると思います。

エジプト文字からの流れ
1484480449_-iloveimg-converted.jpg
1484480500_-iloveimg-converted.jpg


もう少し全体的な流れ
1484480545_2-iloveimg-converted.jpg


大切な点は、ヘブライ語(ヘブライ文字)が文字群の先頭にはないということです。

(つづく)

オフライン

#1005 2017年01月16日 16:33:02

さやか666
ゲストユーザー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

十戒の石版の文字はヒエログリフって事でOKなのかしら

異教テイストが入ってるから駄目かな

#1006 2017年01月16日 16:50:29

鬼太郎
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

ささらほーさらさん JW教理ならヘブライ語が最初の言語であるはずですから、、、、。
文字群の先頭はヘブライ語でないと都合が悪いですね。
綻びが多すぎます。

オフライン

#1007 2017年01月16日 18:14:51

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

こんばんは。

今日は、文字年表という代物を掲載しておきます。
先日もお伝えしたように、何しろ古い古い過去のことですから
学者によって諸説あるようですが、大まかな流れを確認する参考になると思います。

・ルイ=ジャン・カルヴェ版
前30000年頃 [陰画手像]
前4000年頃 スサ(現イラン)で土器に書いた文字が現れる
前3300年頃 メソポタミア南部で絵文字が現れる
前3100年頃 エジプト聖刻文字成立
前2700年頃 シュメールの楔形文字成立
前2500年頃 スサで楔形文字が原エラム文字にとって代る
前2300年頃 インダス川流域で「原インド文字」が現れる
前2200年頃 プズル・インチュチナク王の原エラム文字碑文
前2000年頃 シュメールの首都ウル陥落。以降,メソポタミアではアッカド語が共通語として使用される
前1600年頃 原シナイ文字
  地中海で線文字A成立
前1300年頃 ラス・シャムラ(現シリア)のウガリット文字
  古代中国で甲骨文字成立
前1000年頃 フェニキア文字成立
  同じ頃アラム文字、古ヘブライ文字成立

前8世紀 ギリシア文字、エトルリア文字、イタリア文字成立
前6世紀 ローマ字成立
前3世紀 カロシュティー文字、ブラーフミ文字成立
前2世紀 ヘブライ文字成立
前1--1世紀 中国で漢字が完成
1世紀 最古のルーン文字碑文
3世紀 コプト文字、原マヤ文字成立
4世紀頃 漢字、朝鮮半島に伝来
  グプタ文字成立
  ゴート文字、アラビア文字成立
5世紀頃 漢字、日本に伝来。オガム文字成立
  アルメニア文字、グルジア文字成立
7世紀 チベット文字成立
8世紀 ナーガリー文字成立
9世紀 グラゴール文字成立(その後キリル文字となる)
11世紀 ネパール文字成立

ルイ=ジャン・カルヴェ 著,矢島 文夫 監訳,会津 洋・前島 和也 訳 『文字の世界史』 河出書房,1998年.


・ロビンソン版
氷河時代(紀元前25,000年以降) 「始原文字」の時代。絵文字的コミュニケーション。
紀元前8000年以降 中東で粘土の「トークン」が計算に使われる。
紀元前3300年 イラクのウルクで、シュメール人が粘土板に記号を刻みはじめる。
紀元前3100年 メソポタミアで楔形文字の使用が始まる。
紀元前3100年~3000年 エジプトでヒエログリフの使用が始まる。
紀元前2500年 パキスタン/北西インドにインダス文字が発生。
紀元前18世紀 クレタ島に線文字Aが出現。
紀元前1792年~1750年 バビロン王ハンムラビの治世。ハンムラビ法典が石版に刻まれる。
紀元前17世紀~16世紀 パレスチナで、最古のものとされるアルファベットが誕生する。
紀元前1450年 クレタ島に線文字Bが出現。
紀元前14世紀 シリアのウガリットでアルファベット的な楔形文字が使われる。
紀元前1361年~1352年 エジプト、ツタンカーメン王の治世。
紀元前1285年頃 カデシュの戦い。ラムセス2世とヒッタイト軍の双方が勝利を記す。
紀元前1200 卜骨の甲骨文字から漢字ができはじまる。
紀元前1000年 地中海沿岸地方でフェニキア・アルファベットの使用が始まる。
紀元前8世紀頃 北イタリアにエトルリア・アルファベットが出現。
紀元前650年 エジプトでヒエログリフからデモティックができる。
紀元前600年 中央アメリカでマヤ文字(絵文字)の使用が始まる。
紀元前521年~486年 ペルシア王ダレイオスの治世。ベヒストゥーンの碑文(楔形文字解読のカギとなった)が刻まれる。
紀元前400年 イオニア・アルファベットが標準のギリシア・アルファベットになる。
紀元前270年頃~232年頃 北インドでブラーフミ文字とカローシュティー文字により、アショーカ王の勅令が石柱に刻まれる。
紀元前221年 秦王朝の漢字改革。
紀元前2世紀頃 中国で紙が発明される。
1世紀 死海写本がアラム/ヘブライ文字で記される。
75年 楔形文字の最後の碑文が記される。
2世紀 北ヨーロッパにルーン文字が出現。
394年 エジプトのヒエログリフによる最後の碑文が記される。
615年~683年 メキシコでパカル王が古典期マヤの都市パレンケを支配。
712年 日本最古の歴史文学『古事記』完成(漢字で書かれている)。
800年以前 中国で印刷技術が発明される。
9世紀 ロシアでキリル・アルファベットが考案される。
1418年~1450年 挑戦の王世宗の治世。ハングル・アルファベットが考案される。
15世紀 ヨーロッパで1文字ずつの可動の活字が考案される。
1560年代 ユカタン半島でディエゴ・デ・ランダがマヤの「アルファベット」を記録する
1799年 エジプトでロゼッタ・ストーンが発見される。
1821年 アメリカ先住民セコイヤによりチェロキー族の「アルファベット」が考案される。
1823年 エジプトのヒエログリフがシャンポリオンにより解読される。
1840年以降 ローリンソン、ヒンクスらによるメソポタミア楔形文字の解読。
1867年 タイプライターの発明。
1899年 中国で甲骨文字の刻まれた卜骨が発見される。
1900年 エヴァンスによるクノッソスの発見と線文字A, Bの同定。
1905年 シナイ半島のセラービト・エル・ハーディムでピートリーが原シナイ文字を発見。
1908年 クレタ島で「ファイストスの円盤」が発見される。
1920年代 インダス文明の発見。
1940年代 電子計算機(コンピュータ)の発明。
1948年 ヘブライ語がイスラエルの公用語となる。
1953年 ヴェントリスによる線文字Bの解読。
1950年代以降 マヤ文字の解読。
1958年 中国のピンイン導入。
1980年代 ワードプロセッサの発明。文字が電子化される。
2012年12月23日 マヤ歴で現在の大サイクルが終わる日。

・ ロビンソン,アンドルー(著),片山 陽子(訳) 『文字の起源と歴史 ヒエログリフ,アルファベット,漢字』 創元社,2006年.

オフライン

#1008 2017年01月16日 18:39:24

てつてつ
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

ささらさんすごいです

オンライン

#1009 2017年01月16日 18:56:53

ラハム
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

よく調べてくださいました。
ありがとうございます。
わたしは漢字の意味するところが大好きなのですが、
現在の多くの日本人が漢字が中国から
もたらされたことをほとんど意識しないで、
自分たちの意志と感情の表記文字として、
独自の文化として取り入れて、
あらゆる表現に使っているところがすごいと思います…。

オフライン

#1010 2017年01月16日 20:25:02

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

さやか666 さんの発言:

十戒の石版の文字はヒエログリフって事でOKなのかしら

ヒエログリフもいいけど、もっと前の純絵文字だったら標語みたいで楽しいよね。

ヒエログリフの日本語仮名対応表貼っておくね。
「なんじ殺すなかれ」とか書いてみてね。

1484565822_hierog1.jpg

オフライン

#1011 2017年01月16日 20:52:11

良い子
ゲストユーザー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

ささらほーさら さんの発言:

そう、旧約聖書の地名、何かが起こった場所名、人名などは、
まさにその時の出来事と関連づけて付けられていることが多いですよね。


ヘブライ語という文字を持たなかった(基本、遊牧民でしたしね)ユダヤ人だったからこそ
記憶の助けとして、出来事と関連付けた命名をしたのかも知れませんね。


ヤコブはやがて、神によって「イスラエル」と改名されることになります。「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」(創世記32:28)

聖書において最初にヤハウェ名を持った人物は、モーセの母「ヨケベデ」(ヤハウェは栄光)です。その後、ヨシュア、ヨエル、ヨシヤなどの人名が現れます。
ヨシュアは「ヤハウェは救い」という意味です。ギデオンの子供のひとりヨタムの名は「ヤハウェは完全である」という意味です。

少なくとも、出エジプトが書かれるまで、聖書の神には固有名詞が無かったか、エル(エロヒム)という名前だったのではないでしょうかね。

#1012 2017年01月18日 19:08:27

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

さて、先日の文字年表で文字の歴史に関する投稿は終わり・・・と思った方が多いと思います。

確かに、年表だけを眺めてみても
ヘブライ文字はかなり新しい文字の部類に入るわけです。
どう考えてみても
「バベルの塔の崩壊と共に多種多様の言語、そして文字が世界中に広がった」という聖書の説はあり得ないわけです。

わたし自身、文字の歴史に足を踏み入れてみて
はじめてその奥の深さを知りました。
いや、まだよくは理解しきれていないのが現実なのですが・・・。

未だに解読できていない文字群や
これから発見されるのを待っている遺構などもあるわけです。
それらに思いを馳せてみただけでも
人類の歴史が数千年~1万年程度のものではないことが窺いしれるのではないでしょうか。

いずれにしても、それら世界中の言語とその歴史については
直接は聖書の内容とか歴史、信憑性とは関係がなさそうなのでこの場で論じることは控えようと思います。
それでも、実は世界中の言語や文字は思いのほか複雑に絡み合い、関係しあっていることもまた確かなようです。


そういった情報の中で、今回から「ヘブライ語」(死海写本に用いられていた古典ヘブライ語と近年復活して使用されている現代ヘブライ語)へのルーツに限定して
その歴史(フェニキア文字からの変化説と、主流とは離れたもう一つの説)についてまとめてみたいと思います。

みなさんもご存じのように、古典ヘブライ語は一部の地域を除いて、第2次ユダヤ戦争(西暦131- 135)の時期にはほとんど使われなくなり、アラム語がそれに替わって使用されていました。ユダヤ人はこの時パレスチナから追放されて世界各地に離散しました。そしてそれは、19世紀末まで続きます。ユダヤ人は移住した先で二つの言語を作ります。一つはスペイン地方に逃れた人々はスペイン語もどきの日常語ラディーノを、ライン川の西に住んだユダヤ人はドイツ語もどきのイディッシュを作りました。その後も、ヘブライ語に関しては様々な逸話があるのですが、ひとまずは、フェニキア文字からヘブライ語になるまでを簡単に追ってみたいと思います。


いくらか前に、絵が文字の役割を果たしていた時代について書きました。
それは、シュメールでもエジプトでも共通だったようです。
最古の粘土板は、バビロンとペルシャ湾の間にあるユーフラテス川下流のウルクから発掘されました。紀元前3300年くらいの物のようです。まだ、単純な数と商品がそれとわかるような絵文字です。それでも、そういった標準化され、様式化された絵文字が使われているということは、それまでにもっと単純な「絵」から試行錯誤の時代があったことを窺い知ることができます。
これらの初期の粘土板には、すでに1500の異なった絵文字と象徴があり、それぞれが1個の具体的な対象を表していたことがわかっているそうです。
紀元前3700年頃、より多くのことを伝えたいとか、曖昧さをなくしたいという願いを実現するため、音と象徴(絵文字含む)を体系的に統合して、1つの文字体系の「記号」が作り上げられたとのことです。結果、シュメール語はほとんど単音節(1つの語根につき1音節)で、非常に多くの同音異義語ができました。(英語ならば、to、two、tooのような感じ)

ところで「判じ絵」ってご存知でしょうか?
日本でも江戸時代を中心にクイズ的に楽しまれたようです。
たとえば、立っている子供の絵=こたつ。ガマ蛙が茶を立てている絵=茶釜。

シュメール人もそのような感じで、誰もが知っている図を組み合わせて文を作ったそうなのです。
(まあ、本当はもう少し「複雑」な接頭辞とか接尾辞とかも関係しているのですが、難しいので割愛して(テヘペロ)・・・)
紀元前4000年紀の初期から3000年紀にかけて、ほとんどが絵文字だった文字事情が、紀元前2600年までには、約800の絵文字と表象と記号だけで著すことができるようになっていったのだそうです。

「文字の歴史」の著者であるスティーブン・ロジャー・フィッシャーは
「メソポタミアのシュメール人は、ひととおりの標準化された絵文字と象徴―ノッチから書字版に至る長年の発展の純化物―から、その後の人類にとって最も用途の広い道具になるものを編み出した。したがって、おそらく他の文字体系と書記法はすべて、6000~5700年前にメソポタミアに誕生したこのひとつの原型―体系的音標綴字法―の派生物なのであろう」と書いています。

また、こうも語っています。
「文字は『意図的に作り上げられ』なければならないものであって、生じた社会的必要によって決まる長い過程を必然的に伴う。」

「絵」からもっと複雑な内容を伝えるための文にしていくため
体系化された「文字」と変化する過程について
わたしの文章より分かり易そうなサイトを見つけました。
参考にしてくださいね。

http://contest.japias.jp/tqj14/140391/j … /birth.htm

(つづく)

編集者 ささらほーさら (昨日 19:46:25)

オフライン

#1013 昨日 19:45:35

ささらほーさら
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

あんまり読みたい人はいないかも知れませんが
先日はシュメール人の文字について簡単に書いてみました。

今日はエジプトでの文字の進展、そしてヘブライ語について見てみましょう。

紀元前3400年には、アビドス(カイロから南へ500kgほど行ったところ)で「判じ絵」式で読める、
十分に発達したヒエログリフが使われていたとのことです。
文字を研究しているスティーブン・ロジャー・ウィッシャーは、シュメール人の考え出した「判じ絵」が
より効果的な統治方法を探していた上エジプトの支配者たちに影響を与えたのだろうと考えているようです。
それは、情報の保管と管理に好都合な伝達手段だと評価された・・・ということを意味しているわけですね。

そして、エジプト人は紀元前3000年紀には、既に子音を表現する方法、
すなわち古代エジプト「子音アルファベット」を作り上げていました。
ところが、このアルファベットは伝統を重んじる国民性やら神官やらの影響で
エジプトではそれ以上の発達をみることはなかったようです。
代わりに、当時エジプトの配下に置かれていたセム系民族に広がり
後にそちらの方でより発達したアルファベットとしての「日の目」を見ることになります。

スティーブンさんはシュメールとエジプトで練り上げられていった文字文化が後々世界中に広まって行ったことについて
完全な文字の概念はシュメールで起こったかも知れないが、われわれの使用している書記方法は
われわれが「文字」と呼んで使う記号のいくつかでさえも、
つきつめれば創始者である古代エジプト文字の子孫なのである」
と書いていました。
なんだか、わかったようなわからないような・・・(#^.^#)。

でも、この2大文化から生まれた「体系化された文字」が
(他の文化や民族も含めた)国の興亡と共に広がったり時には消えたり
(実際に征服した国が被征服国の文字を廃止なんてこともあったようです)・・・
影響し合ってより機能的で効果的な多くの文字体系を形成したようです。


さて、紀元前1050年頃、そういったアルファベット(子音しか持たない)からなるフェニキア文字が
地中海沿岸を中心にフェニキア語の表記のために用いられるようになりました。
フェニキア人は海洋商業民族だったため、
商業のための移動と共に近隣に文化的な影響をも及ぼし
これが後に、アラム文字やカナン文字へと派生してゆくのです。

そして、アラム文字は更にヘブライ文字とアラビア文字の起源となり
もっと後にはインド亜大陸、および遠い地域の何百もの文字の起源ともなったようです。

そうですね。
やっとこの辺でヘブライ文字が誕生するわけです。

紀元前8~7世紀には、アラム語は古代の近東で最も広く使われる言語
すなわちその地域全体の国際語となり、
ペルシャ帝国(紀元前550~330年)の公用語となりました。
それはペルシャ帝国の崩壊後も生き残り、
3世紀までに新しい書記法に変化してアラビア語などに分かれていきました。

ヘブライ文字もまた、アラム文字から生まれた文字ですが
紀元前850年頃に、古ヘブライ文字が宗教において使用され始めたことが確認されています。
(長谷川修一さんの記述と一致しています)
その後、バビロン捕囚によって世俗用には使用されなくなり
その捕囚期間には線形ヘブライ語である「アブジャド」が使われていました。
また、アラム文字の変種としてサマリア文字も生み出されていました。

後に「死海写本」が発見されたことにより
紀元前1世紀までにヘブライ文字が標準化されていたことがわかっています。


そんなわけで「聖書には真実の歴史が書かれている!」と信じている方々には気の毒な限りですが
世界中の文字の多くは(中国語、日本語などは今回「度外視」しています)
シュメールエジプトの文化から生まれ、育ってきたものです。

初めに書いたように
ノアの日の洪水が今から約4400年ほど前である(と計算できる)なら
それよりも100~200年後にバベルの塔の崩壊と共に世界中に言語が散っていった・・・とする記述は
やはり「創作」と言わざるを得ないでしょう。
シュメール人とエジプト人
約5000~5500年前には、ただ絵を描いただけではなく
伝達手段としての文字体系の基礎を作り上げていたのですから。

それは、それよりも遥か古代(まだ文字がない時代)には
口頭による意思表示=言葉が話されていたことをも意味するのではないでしょうか。
1484822718_img_1668.jpg

編集者 ささらほーさら (昨日 21:31:47)

オフライン

#1014 昨日 19:52:15

てつてつ
メンバー

Re: ノア洪水を示す証拠はありますか?

ささらさんありがとうございます

オンライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer