紀元前4026年から紀元前2370年まで地球が巨大な天蓋に覆われ地球全体が温暖だったという話

「ものみの塔 1968年10月15日号」はアダムの創造からノアの洪水まで地球全体が温暖であったと教えています。その「温室内の効果」は世界中の植物が雨が千年以上降らなくても生きていけるほど水蒸気で満たされた状態です。エホバの証人だけではなく、「若い地球創造論者」を含めた一部のクリスチャンも同じような事柄を信じています。そのように信じるのは創世記の物語を文字通りの史実としてとらえているためです。

ものみの塔1968年10月15日p611

確かにそのとおりです!」という表現に意気込みを感じる。原理主義的なクリスチャンはとんでもない主張でも気合で乗り切ることが多い。

では「ものみの塔」が述べている過去の気象変動の話は本当なのでしょうか?以下に示す客観的な証拠からすると全くの偽りであることが理解できます。

客観的なデータ

別の記事「地球規模の洪水はなかった-氷床は語る」の中で数十年の調査の結果、地球規模のノアの大洪水は完全に否定されてしまったという点を指摘しました。ここではそれらのデータがどのくらい客観的なものなのかを示したいと思います。

氷床の年代のカウントは単に目で見て1年分をカウントしていくだけのものではありません。以下はグリーンランド氷床の中の水(氷)に含まれる18Oの値をグラフにしたものです。18Oとは酸素の安定同位体と呼ばれるものの一つで、周辺海域の水温が高いとグリーンランドに降る雪の中に18Oが多く含まれるようになります。このため冬に降り積もった雪とそれ以外の季節に振った雪との間で明確な差ができます。下のグラフでは紫の帯の縦の破線の部分が冬を表しています。このグラフでは10メートルの間に19の年縞(ねんこう)が存在することを示しています。

上のグラフに表されているように十分な積雪量を記録している場所では18Oの測定によって正確に毎年のレイヤーを識別することができます。例えばグリーンランドのDYE-3という場所では年間56センチメートルほどの積雪(表面は1メートルほど積もる)があるため8000年分の深さまで安定同位体のデータによってレイヤーが識別できています(*1)。今回問題になっている「ノアの大洪水」は4300年前ほど前の出来事とされていますから年代で大きな誤差が入る余地がありません。

*1 Centre for Ice and Climate – コペンハーゲン大学 – 「安定同位体データによる氷床コアの年代確定について」 http://www.iceandclimate.nbi.ku.dk/research/strat_dating/annual_layer_count/ice_core_dating/

ノアの洪水にいたるBC2370年まで正確にたどる

前の記事」では氷床の年代を火山噴火の記録とシンクロさせてることができていると指摘しました。そこでは過去900年間のデータのみ紹介しています。しかし追跡可能な年代は900年分だけではありません。以下のグラフは2500年前までの火山性硫酸塩含有量を表しています。

図:グリーンランド(上段)および南極(下段)の火山性微粒子、そして木の年輪の成長率(中段)の比較

https://www.researchgate.net/figure/280714137_fig1_Figure-1-New-ice-core-timescale-of-Greenland-ice-core-NEEM-NS1-topand-Antarctica-ice

このグラフを見ると紀元前425年頃(グラフの左端の”-425″)にすべての折れ線に大きく影響を与えているポイントを確認できます。

ギリシャの歴史家トゥキディデスはイタリア南部シチリア島のエトナ火山噴火によってカターニア地方に大規模な災害があったことを記録しています( Thucydides 3.116)。ヒエロニムスのエウセビオス年代記(jerome-eusebii_chronici_canones_fotheringham_1923.pdf)はこの噴火をオリンピアード第88期の第3年の出来事として記録しています。これは紀元前426/425年を意味しており、グリーンランド氷床の大規模噴火の跡と一致しています。

図:エウセビオス年代記。オリンピアード第88期第3年「エトナ火山の噴火」

これによって少なくとも紀元前425年までは大きな誤差が認められないことがはっきりします。ではこの紀元前425年からノアの洪水の時代とされる紀元前2370年までの氷床の記録をさかのぼってみましょう。そこに気象の劇的変動の跡はみられるでしょうか?以下のグラフはグリーンランドのDYE-3(先ほど8000年分までほぼ正確に年代をたどれると指摘した場所)の1年毎の氷床の厚さをグラフにしたものです。

エトナ火山噴火からノアの大洪水までさかのぼると氷床の厚さは規則性をもって圧縮されていきます。表面近くは1メートルほど雪が積もっています。それが100メートルの深さになると半分の50㎝になります。そしてBC425年は深さ924メートルになり年縞は27㎝の厚さです。さらにBC2370年は深さ1367メートルになり年縞は15㎝の厚さになります。アダムが創造されたとされているBC4026年(ものみの塔による)は深さ1558メートルの地点であり、やはり特別大きな気象変動は見られていません。

神が証拠を隠蔽したのか?

では「ものみの塔」が主張するようにノアの洪水によって大変動が起きて、その年を境に世界中が急速に冷え、グリーンランドで大量の雪が降り、現在3000メートルほど堆積している氷床が紀元前2370年のノアの洪水以降に出来たものであると仮定しましょう。

その仮定で推論するなら、エホバは1サイクルで降る積雪量を前後の目盛りとピッタリ合うように調整し、しかも1年に夏と冬の繰り返しサイクルを目盛りを意識しながら何回も起こさせたことになります。つまり大規模な環境変化が起きながらも、それが起きていないかのような、綺麗な層を作り上げるように隠ぺい工作を行ったということになります。

しかも彼らは以下の記述にあるように世界中に「巨大な激浪が荒れ狂い」、グランドキャニオンのような大峡谷が「何日かのうちに」できるような大災害が起きたと述べているのです。

ものみの塔1968年10月15日p613

グランドキャニオンのような1200メートルもある地層と渓谷が「何日かのうちに生じ」、世界中を「巨大な激浪が荒れ狂い」ながら、グリーンランド、そして南極だけに証拠が残らないように隠ぺいしたと本当に信じられますか?

 

記事の終わり