ログインしていません。

#1 2018年06月24日 13:21:47

背教者
ゲストユーザー

背教者がエホバの証人を擁護するウェブサイトを開設している真実

皆さん。「新世界訳 ― エホバの証人の聖書」という、宮原崇という人が開設しているウェブサイトをご存知の方も多いでしょう。

この人は自分はエホバの証人であると言っています。

しかし彼は自分のウェブサイトを更新するのに、いつもエホバの証人を辞めた人(背教者)やエホバの証人の反対者の人が作ったウェブサイトや本を見て(読んで)いるのです。

これは何かおかしくないでしょうか。

ものみの塔聖書冊子協会では、エホバの証人を辞めた背教者と呼ばれる人々のウェブサイトを見ることや本を読むことを、固く禁じています。

それなのに彼は、それらを見たり読んでいるのです。

エホバの証人を擁護するウェブサイトに掲載するのならば、それらを見たり読んでも良いのでしょうか?

この人は間違いなくエホバの証人でしょう。

そうであるならば、ものみの塔聖書冊子協会は、彼がエホバの証人を辞めた背教者と呼ばれる人々の、ウェブサイトを見ることや、本を読むこと黙認している(認めている)のです。

ある意味彼は、完全にエホバの証人の人々から見れば背教者です。

新世界訳聖書を擁護するためならば、はっきり言って完全に背教者である人を許して(黙認して)いる「ものみの塔聖書冊子協会」。

皆さん。何かおかしいと思いませんか?

#2 2018年06月24日 14:08:27

背教者
ゲストユーザー

Re: 背教者がエホバの証人を擁護するウェブサイトを開設している真実

http://biblia.holy.jp/

このサイトです。

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer