ログインしていません。

#626 2017年07月11日 17:00:57

鬼太郎
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

まさに、JW教理・信条そのものです。
創世記から啓示の書まで、一貫したメッセージがあり、全ての生活 生き方 様々な物事に対する対処法まで、全ての回答が
聖書にはある、、、、そう信じこんでいました。

オンライン

#627 2017年07月13日 14:59:41

ジョエル
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

今日の護教論は、何を弁護しようとしているのか、まさに弁護するものがはっきりしていないし、その手段についても不明瞭なのである。さらに付け加えるならば、その営みにまったく尊厳というものを感じられないし、しかもそれは押しつけがましいのである。おそらく正しくよいことをしていると思っているのであろう。しかし彼らはキリスト教宗教をジャンクな製品のように考え、社会のあらゆる諸問題のための万能治療薬であるかのように、この宗教の効能を自慢している。



アドルフ・フォン・ハルナック~1899~1900年の講義より



押しつけがましいという考えを押しつけとるやないかい

#628 2017年07月22日 17:31:35

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

#625の続きです。
第二章 聖書について
「最近の批評学の健全な研究成果」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rDIIwKuX7ePjlgx3

オフライン

#629 2017年07月30日 16:55:41

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

#628の続きです。
第二章 聖書について
「ポストモダンの時代思潮に立ち向かう」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rDCCb12HRXi-OhNC

この記事で「御霊(みたま)」という語句が出てきます。
JW流に言うなら「霊(れい)」ですね。
最近、「御霊」という言葉に触れるようになり、
40年以上前文語体聖書で研究を始めたり、
古い賛美の歌の本には「御霊」という言葉が
使われていたのを思い出しました。
「御霊」と聞いて「幽霊」のことかと思ったものです...。

オフライン

#630 2017年07月31日 16:52:36

萬燈
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

ラハムさん

中澤氏によるライト元ダラム大聖堂主教の神学の解説、いつも掲載ありがとうございます。
福音派(やそれに近接するグループ)の認識改革への氏を含め着手されておられる方の貢献は大いに評価されて然るべきものだと思います。
その問題意識と現代人の(潜在的に)求めるところの接点を見据えておられると思います。

この度のテーマに少し触れるなら、「真理」とはすなわち「イエス」と「聖霊」とシンプルにまとめられますね。

まあ、「御霊」とも言われますね。
改革派教会の礼拝の頌栄541♪にはじめはびっくりしました。
「父御子みたまおおみかみに ときわにたえせずみさかえあれ」

オフライン

#631 2017年08月01日 17:28:58

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

萬燈 さんの発言:

ラハムさん
まあ、「御霊」とも言われますね。
改革派教会の礼拝の頌栄541♪にはじめはびっくりしました。
「父御子みたまおおみかみに ときわにたえせずみさかえあれ」

萬燈さん、コメントありがとうございます。
頌栄541って、三位一体を歌っているようですね。
父・子・聖霊が大御神だって意味でしょうか。
JWだったらびっくりだと思います。

ところで、最近わたしは考えているのですが、
聖書の正しい読み方とか、
正しい解釈ってあるんだろうか、っていくことなんです。
あたらしいトピック立てて、資料提供し、
皆さんがそれぞれご自分で考察できるようにしてみたいって、
思案中なんです。どうしようかと思っています…。

編集者 ラハム (2017年08月01日 17:29:51)

オフライン

#632 2017年08月01日 20:09:34

てつてつ
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

ラハムさん こんにちは あんまり深刻に考えないで軽い気持ちでとりあえずやってみたらよいのではないでしょうか 自分はちょっと信仰失ってしまったので多分あまり参加しないと思いますけど cry

オフライン

#633 2017年08月07日 17:42:58

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

JWサロンに出席した折、
地域大会でお弁当などと引き換えるため
使用されていたチケットが話題に乗ぼりました。
偶然ですが、わたしはそれを保管していたのです。

もう30年以上前のことですが、
古くは1978年の国際大会から使用されていたものです。
このようなものも集金のためあったという証拠として、
JW同窓会掲示板に紹介しようと思います。
1978年のことを知っている方は
JW歴40年以上ですからそうとう古参ですね…。

1978年国際大会チケット
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjaZvPIxaLwzJqkK

編集者 ラハム (2017年08月07日 18:30:24)

オフライン

#634 2017年08月07日 17:46:22

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1978年国際大会宣伝用シール

自動車の前後に張り付けて、大会に注目させたもの。
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjVckRadPDi5IwsR

オフライン

#635 2017年08月07日 17:51:19

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1978年国際大会用バッヂ

言わずと知られているバッヂです。
会衆の集会のときでないと入手できませんでした。
バッヂは大会会場では手に入れられないと
厳重に言われていたことを思い出します…。
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjKUBKr8-w7HrjtT

オフライン

#636 2017年08月07日 17:52:55

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1979年地域大会用チケット
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjRMld7G7ikawwus

オフライン

#637 2017年08月07日 17:54:04

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1979年地域大会用バッヂ
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjDY4ipD_yN72ayw

オフライン

#638 2017年08月07日 17:59:53

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1980年地域大会会場案内図(二ページあります)
横浜・花月園競輪場
当時のお弁当や喫茶のメニューも記載されていました…。
兄弟・姉妹たちが早朝5時から集合して調理していました。
「自発」奉仕などと体よい名称だったけれど、
ある中学生は「自殺」奉仕だとたぶん冗談ですが、
よく声高にしゃべっていましたよ。
今になって振り返ると
「自殺」奉仕のほうが正解だったかも…。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rjcGhiLdlFGOE3r8

編集者 ラハム (2017年08月08日 05:56:35)

オフライン

#639 2017年08月08日 13:48:14

iris
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

ラハム さんの発言:

1978年国際大会宣伝用シール

自動車の前後に張り付けて、大会に注目させたもの。

皆さん御自分の自動車に貼り付けて宣伝なさったのでしょうか?

当時は、御近所やお知り合いの方に自分がエホバの証人であることを積極的に知らせたい人が多かったですか?
個人差もあるとは思いますが、雰囲気的にはどうだったのでしょうか。

オフライン

#640 2017年08月10日 08:28:57

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1980年地域大会用チケット
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjNvRErgGrS-6CV2

オフライン

#641 2017年08月10日 08:30:05

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1981年地域大会用チケット
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rjFOUfiRlVrf2daL

オフライン

#642 2017年08月10日 08:31:24

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1982年地域大会用チケット
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7ri_SLhtuZOWnX_tb

オフライン

#643 2017年08月11日 15:39:07

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

iris さんの発言:
ラハム さんの発言:

1978年国際大会宣伝用シール

自動車の前後に張り付けて、大会に注目させたもの。

皆さん御自分の自動車に貼り付けて宣伝なさったのでしょうか?

当時は、御近所やお知り合いの方に自分がエホバの証人であることを積極的に知らせたい人が多かったですか?
個人差もあるとは思いますが、雰囲気的にはどうだったのでしょうか。

国際大会宣伝用シールですが、自動車の前後に張り付けて
大会を公に知らせる目的があったことは事実です。
ある人が通常持ち歩く聖書カバーに張り付けていたのを
わたしは見たことがありました。
このシールの目的は大会に出席する途中で
仲間を見分けることも視野に入っていたし、
駐車場に入るときもJWの自動車かどうかを見分けました。

irisさんがおっしゃるように積極的に自分がJWであることを
知り合いに知らせたい人もいたでしょう。
大会に招待するパンフレットも保管してありました。
公式的には大会を広く知らせることや、
自分がJWであることを知らせることは望ましいことでした。

この大会に限ったことではありませんが、
わたしは自分がJWであることを
知り合いに伝えることには少なからず抵抗がありました。
なんだか恥ずかしさもあったようです。
気持ちの点では知らせる義務を感じていたのですが、
心の奥底では隠しておきたい感情もあったのです。

複雑な心境でした…。

オフライン

#644 2017年08月12日 15:59:42

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

#629の続きです。
第二章 聖書について
「寛容のない『愛』は聖書の愛ではない」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rC8x1uQ5YdjTPz0u

現役時代を振り返るとこの記事に示されているように
JWの世界がいかに不寛容さで満ちていたのか、
まざまざと思い知らされました。
やはり、そこから飛び出し、
自分を取り戻すことができつつあるのは
とても幸福な一面だと思います…。

オフライン

#645 2017年08月13日 19:06:16

iris
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

ラハムさん、お返事ありがとうございました。

また、興味深い記事もありがとうございます。
おそらく、カレブさんをはじめとして、ここでキリスト教のことを悪い宗教だと思っている方々は、キリスト教というのは不寛容な宗教だと思っているのではないかと思います。
最近までの多くのキリスト教の態度は、まさに不寛容なものでしたから、それも仕方のないことです。

しかし本来のキリスト教は、不寛容になってしまったユダヤ教を厳しく批判したイエスの精神を受け継ぎ、「愛は寛容にして慈悲あり(一コリント13章4節)」と教えているはずです。
自分はクリスチャンであるとお考えの証人の皆さん、このことを忘れないようにしましょう。

ちなみに私は高校を卒業するときに、この13章4〜7節(文語訳)を学校の文集に書きました。
その頃はキリスト教のことなどほとんど何も知りませんでしたが、これこそが神の愛であり、私たちの目標とする姿勢であると思う気持ちは今も変わりません。

オフライン

#646 2017年08月13日 22:35:23

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

(#633~)
わ~アーカイブだ、バッジが黄ばんでるのも時代を感じさせますね~。
あったあった、30円✕10枚のチケットシート。あれ、運営資金の前借りでしたね。
私も1976年からのプログラムとバッジ、ファイルブックに入れてずっと持ってます。

が、一昨年でファイルがいっぱいになったのを機に、保管するのをやめました。分厚くなったその束をしげしげと見て、「こんなに時間が経っちゃったんだなぁ、新しいファイル買って、それもいっぱいになるまで待ち続けるのかなぁ」と思ったらゲンナリしてしまったのです。その直後の引越のときにどこにしまったか分からなくなってしまいました。この自宅のどこかにはあるはずですが……

もう収集の意欲は湧きません。20年いや、もっと前くらいから会場名と講演者名が載らなくなり、全国どこの大会もまったく同じことしか書いてませんから。ってことは、昔は大会ごとにちがうレイアウトのプログラムが刷られていたんですね。古いプログラムに載っている講演者名を眺めていると、「この兄弟、早くから出てたな」「あの人もこの人ももう死んじゃったな」みたいな “追悼” の気分になったものです。

「大会プログラムもPDFで手に入ります、会場に紙製のもありますが、できるだけ電子版をご利用ください」と発表されています。会場入口で案内部門がプログラムを手に「おはようございます、ようこそ」とにこやかに出迎える光景は、省かれるべき「ムダ」とみなされたのでしょうか。まぁエントランスをできるだけ閉じて冷房をよく利かすためには有効であるのは確かですが(笑)

>宣伝用シール

これを私は覚えていないのですが、「ポスター」なら受け取りました。自宅が持ち家や自分の自由になるところに住んでいる成員に勧められていたのですが、例えばウチはちょうど住宅街のブロックの角っこで、通るクルマや歩行者からよく見えるいい感じのブロック塀に囲まれていたので、未信者の父にOKをもらって大会ポスター(選挙ポスターサイズ)を大会前2週間くらい貼ったのです。あまり何年もは続きませんでしたが、何かトラブルでもあったのかな?

#647 2017年08月14日 16:29:15

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

iris さんの発言:

ちなみに私は高校を卒業するときに、
この13章4〜7節(文語訳)を学校の文集に書きました。

わたしも高校生の頃、文化祭で発表される詩集に
新世界訳からですが、コリント第一13章の愛の定義を
引用したのを覚えています。

irisさんが引用された文語体はわたしも所蔵していて、
きょう、その部分を読んでみました。
JWの聖書では「愛は辛抱強い」ですが、
文語訳などでは「愛は寛容であり」が多いです。
「辛抱強い」と「寛容」の違いをうまく説明できませんが、
寛容のほうが意味が深くて広いような気がしますね…。

どちらも人間として大切な特質ですね…。

編集者 ラハム (2017年08月14日 16:30:26)

オフライン

#648 2017年08月18日 13:56:09

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1,000時間奉仕者 さんの発言:

(#633~)
私も1976年からのプログラムとバッジ、
ファイルブックに入れてずっと持ってます。

1,000時間奉仕者さん、コメントありがとうございます。
1,000時間奉仕者さんってけっこう古いんですね。
二世だったと思いますから、
おかあさんが若いころから組織に交わっていたのでしょう。
わたしも探してみたら1976年巡回大会のプログラムがありました。
東京の狭山スキー場で開かれたのです。
東松山東京大会ホールは改装中だったと思います。
暑い初夏で炎天下の中での大会でした。
炎天下に各王国会館から折りたたみいすを運び、
並べて使っていたようです。
今から考えると雨天だったらどうしたのだろうって思います。
この巡回大会が初めての参加でした。
さがすと、その夏の東京競馬場での-東京・府中-ですが、
プログラムも保存してありました。

1,000時間奉仕者さんが言われるように各プログラムを
扱う人たちの個人名が印刷されています。
そのようなこともあったという証拠に
スキャンしてアーカイブし、
掲示板で見られるようにしてみたいと思うのですが、
それは法律上どう判断されるのかわからないので
ちょっと躊躇しているところです。
わたしの手書きで出席者も記録しています。

宣伝用シールですが、もう一枚シールがあります。
それは名刺サイズで「JW エホバの証人」と印刷され
何に使う目的だったか、どうしても思い出せません。
どなたかご存知でしょうか。

ポスターも記憶しています。
よくよく宣伝していたなあと思うのですが、
いつの間にかなくなってしまいましたね。

現在、脱塔中の1960年代半ばからJWと交わり始めた
男性と交友があるのですが、
脱塔後の付き合いとしていちばん古い人ですね。
この掲示板利用者ではわたしたちもけっこう古いです。
1957年バプテスマの女性は当時500人だったと言っていました。
1960年ごろは1,000人、
1963年ごろは3,000人、
1970年ごろは10,000人、
1977年は40,000人、このときバプテスマだったので、
はっきり覚えているのです。
人生最大の間違った選択の実行でした。

50年代や60年代の人たちは掲示板に
ほとんど出ないだろうなあ。

オフライン

#649 2017年08月19日 15:11:18

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

1,000時間奉仕者 さんの発言:

(#633~)
もう収集の意欲は湧きません。
20年いや、もっと前くらいから会場名と講演者名が載らなくなり、
全国どこの大会もまったく同じことしか書いてませんから。
ってことは、昔は大会ごとにちがうレイアウトのプログラムが刷られていたんですね。
古いプログラムに載っている講演者名を眺めていると、
「この兄弟、早くから出てたな」
「あの人もこの人ももう死んじゃったな」みたいな “追悼” の気分になったものです。

1978年国際大会のプログラムの表紙と裏表紙です。
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rkSE7YZnXofS4VQw
ほかの年代のプログラムと違い、中綴じの小冊子になっています。
表紙と裏表紙を含めて20ページになります。

1,000時間奉仕者さんが話されたように大会ごとにレイアウトが
異なるプログラムになっています。
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rkVtTFX5-nt9pWsb
亡くなっている人もけっこういるんでしょうね。
ずいぶん手間暇かけて制作されていますね。
東京・大井競馬場に出席しました。
手書きの数字は午前と午後の出席者数です。
お盆の時期で、天気はよく、青空と白い雲を仰いで、
秋の近いのを感じたことを思い出します…。

編集者 ラハム (2017年08月19日 15:16:41)

オフライン

#650 2017年08月19日 15:19:30

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会~酸いも甘きもわたしのJW人生~

もう一枚出てきたシールです。
年代ははっきり思い出せません。たぶん1979年ごろかな…。
何に使ったんだろう…。
https://1drv.ms/i/s!AvwG6dj2GBi7rkbbVnCCJ-twwTRZ

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer