ログインしていません。

返信

メッセージを書いて送信してください。
オプション

戻る

トピックレビュー(最新表示)

投稿 in USA
2024年07月15日 07:52:09

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
144年来の謎がついに解けた 144-year-old mystery finally solved

彼らは、「ソドムとゴモラで死んだ人には復活の希望があるのか?」という質問に対する答えをついに見つけました。

はい (ものみの塔 1879 年 7 月 1 日、8 ページ)

いいえ (ものみの塔 1952 年 6 月 1 日 p.338)

はい (ものみの塔 1965 年 8 月 1 日、p.479)

いいえ (ものみの塔 1988 年 6 月 1 日、p.30-31)

はい (永遠に生きる 1982 年版 p.179)

いいえ (永遠に生きる 1989 年版 p.179)

はい (洞察 Volume 2 1988 p.984)

いいえ (黙示録 - その壮大なクライマックスは目の前 1988 p.273)

一体どうやって知ることができるのでしょうか?わかりません。 (2023年 年次総会)
***

コメントを紹介します。

#1 常に嘘をつき続ける、人間が作った欺瞞的な組織は最悪です。良識的で、合理的で、客観的に考える人なら、これらすべてを認識しながら、神のものであると主張するこのような詐欺的な組織に留まり続けることができるでしょうか?

#2 未だにJWに固執している人々は騙されることを望んでいます。

#3 ソドムとゴモラについて。ハイかイイエが、恐ろしいほど何度も変わったことを、私は知りませんでした。「私たちは常に小児性愛者を守ります」以外に、彼らがこれまで真剣に言ったことで、180度が変わっていないことが何かあるのでしょうか?

#4 これが組織が目指す方向だとしたら、私はちょっと感心する。

「分かりません」というのは、ほとんどの質問に対する最も正直な答えであり、特に宗教においてはそうです。

誰から聞いたのか、正確にはどうなのかは忘れましたが、私はこれを信仰の定義として使うのが好きです。

信仰とは、本当に確信できないことについて確信していると嘘をつくことです。

#5 ところで、謝るべきでしょうか?

いいえ(年次総会、2023年)

#6 何千年も前の架空の物語の登場人物が生き返えるか、誰がそんなことを気にするだろうか?

JW の指導者たちは、常に自分たちの教義の力、自分たちの聖霊の力を、このようなくだらないもので誇示しようとしてきました。

#7 その「新しい光」はウィンカーだったようです!!

#8 「新しい真実の見方は、決して以前の真実と矛盾することはない。 『新しい光』は古い『光』を消すことはなく、むしろそれに加えるのだ…」 シオンのものみの塔 1881 年 2 月

投稿 in USA
2024年07月08日 09:32:30

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
皆さんの最高の「最悪の日曜日の講演」を教えてください...私が始めます。  Give us your best "worst Sunday talk" stories...I'll start.

おそらくパンデミック中に「訪問」講演者が講演した時(完全にズームのみでした)で、彼は中東旅行で撮った写真のスライドショーを見せてくれました。謙虚に、自分が訪れた聖書関連の場所をすべて自慢していました。彼はそれを自分の講演のテーマにうまく結び付けていたとは思いません。この馬鹿がどうして長老に任命されたのか不思議に思ったのを覚えています。彼は良い話し手でさえありませんでした。とにかく馬鹿でした。笑。

その時、私はまだまじめなJWでした。
***

コメントを紹介します。

#1 訪問講演者が「清い民はエホバを敬う」という話をしました。

彼は講演の中で、聴衆の中に座っていた妻と二人の娘が家をきちんと掃除していないと激しく非難しました。

私は長老の一人に、誰かが何かすべきかもしれないと伝えたところ、その長老は私を非難し、私が話を間違って聞いたに違いないと言いました。

#2 ある兄弟が話をしました。彼は私たちの親しい友人だったのですが、女性について、エホバに栄誉をもたらすことについて話し、もちろん、慎み深さについて語っている聖句など、くだらないことを話しました。

そして、なぜ女性は自然なままでいられないのか、髪を染めたり、ハイライトを入れたり、化粧したりするのをやめなさいと言い始めました!!! 私は笑いそうになりましたが、結局、笑ってしまったようで、みんなが振り返って私を見ました。でも、私が笑ったのは、彼の奥さんがちょうど髪にハイライトを入れたばかりだったからで、もちろんみんなの目が奥さんに向けられていました。彼女は顔を真っ赤にして、とても恥ずかしがっていました…ははは。

#3 訪問講演者が台本から外れて、ひげについて激しく非難しました。数日後、統治体の最新情報が発表されました。

#4 講演の後、講演者は「何が真実だと確信させたのですか?」と質問されました。彼の答えは「父のベルト、両親が私に良い手本を示してくれたこと、両親はいつも私がエホバの証人と付き合うようにしていたこと。」でした。それだけです。35年以上長老をしている人が挙げた3つの理由です。

私は正直、自分の耳が信じられませんでした。彼は3代目のJWで、35年以上長老でしたが、彼がJWこそが真理だと確信したという3つの理由は、どの宗教で育った人でもあり得るものです。ということは、この組織にエホバの手が働いているという証拠はなく、エホバが実際にこの組織を選んだという証拠も全くないということです。

最初の理由はおそらく冗談だったかもしれませんが、それでも彼の最初の答えでした。たとえそれが笑いをとるためだったとしても、いくらか真実があります。

#5 私は48年間、たくさんのバカバカしい話や愚かなコメントを聞いてきました。しかし、最悪だったのはパンデミックとズームの時でした。ある長老が言いました。「統治体が手を洗って消毒するように教えてくれたことに、私たちはみんな感謝しているのではないでしょうか」??(彼らは、統治体が私たちをパンデミックから無事に救ったことも自慢していました。)

#6 ある講演者が世の中がいかにひどいかを延々と語り続けたのを覚えています。最初の 5 分だけ「真理」を知ることの素晴らしさや、神の王国がいかに必要かなどと話しました。その後40 分ほど、犯罪や災害など、ありとあらゆる悲惨なことについて話しをしました。本当に気が滅入りました。

JWは世の中のあらゆるネガティブなことに焦点を当てていますが、JW内部のネガティブなことを持ち出すと、「なぜネガティブなことばかりに焦点を当てるのですか? 良いことが見えないのですか?」と言われます。うーん……。

#7 つい最近、訪問講演者が創造と科学、そして宇宙の素晴らしさについて話してくれました。私はアマチュア天文学者のようなもので、宇宙などに関する科学的な資料をたくさん読んでいます。講演者は、時代遅れの情報か、まったく間違った情報を延々と話していました。周りを見回すと、多くの人がすべてを事実として受け止めています。このように誤った情報を持っている人が権威ある地位にいるとは驚きです。

#8 ある長老が集会に遅れ、人々は彼を待っていました。彼は電話をかけ、もうすぐそこに着くので、歌と祈りを始めてくださいと言いました。彼は急いで来ましたが、すでに皆は静かに座っていました。

彼はステージまでの小さな階段でつまずいてよろめきました。そして倒れると同時に、大きなおならをしました。完全な沈黙・・・。

一人の まじめなJWが立ち上がり、「もう始められます。開始の合図がありましたから。」と叫びました。人々はこれを聞いて大声で笑いました。

長老は恥ずかしさのあまり、ただ踵を返して王国会館を去りました。その日、話はありませんでした。

#9 数年前、私たちの会衆に、結婚して何年も経ち、家庭を持つ訪問講演者が来ました。家族は誰も同行していません。彼は壇上に上がると、女性や自分の妻を激しく非難し、自分の妻をひどく辱めました。結婚や女性に関する彼の話が全体的にひどいものだったことは言うまでもありません。

興味深いことに、私たちの会衆には、そんなくだらない話に耐えられない人たちがいました。私たちの会衆の長老たちは、彼の会衆の長老たちに連絡し、私たちの会衆で彼が講演するのはもう歓迎されないと伝えました。そのことに関して、その兄弟たちには称賛を送ります。

#10 講演者は、動物が新体制で永遠に生きられない理由について話した後、「動物は愛を感じることができません。あなたの犬はただ幸せではあってもあなたを愛しているわけではありません。私たちは神の似姿で作られているので、愛は人間だけのものです」と言いました。

本当でしょうか。正直に言うと、私の犬は多くの人よりも私を愛していると思います。

これは私が気に入らないJWの見解の1つです。彼らは通常これを「本能」のせいにしますが、実際には多くの動物が仲間の喪失を悼み、複雑な社会構造と言語を持っています。

投稿 in USA
2024年07月01日 08:48:13

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
絶望    The desperation

組織は今、まさに底辺を掘り進んでいる。

私は過去 1 年間、かなり効果的にJWから離れてきました。野外奉仕は行っていません。妻を満足させるために集会に出席することもほとんどありません。他のJWとの接触はゼロです。

ですから、今日、今度の大会のボランティアとして「選ばれるという特権を得た」というメッセージを受け取ったときの私の驚きを想像してみてください。

どうやら私は模範的で資格があるようです。

疑問に思っている人がいるかもしれませんが、私は出席しません。

組織がどれほど絶望的な状況か、ただただ笑える。
***

コメントを紹介します。

#1 ボランティアに選ばれました...???...笑!!...

それはボランティアではありません。今では、それほど奇妙な命令に従うことが求められています。

組織 は縮小しており、さらに悪化するでしょう。

人が去っていくのを見ると、さらに人が去っていきます。

#2 カナダのオンタリオ州の私の地域では、地域大会のシーズン中、ボランティアの募集が頻繁に行われています。

でも、個人的に招待するとは思っていませんでした。

#3 私も同じです!もう 6 か月近く活動していませんし、それ以上長い間直接誰とも会っていません。その間、私の様子を尋ねる連絡をくれた人は一人もいません。しかし、プログラムの前後にトイレ掃除をしてくれる模範的な姉妹を探しているので、私にボランティアの機会を与えたいとのメッセージを受け取りました。

悲しいことに、本当に人を助けることが大好きだったのに、今年は目を回すくらい忙しくて、返事すらできませんでした。

掃除するには模範的でなければならないのですか?  ばかばかしい。

#4 ああ、私も同じ状況です。そして、なんと、2年間奉仕をしていないのに、また警備の特権を得ることになります。私の会衆の長老たちが、私が模範的だと勧めてくれたということです!

階段の警備をするつもりです(笑)。スマホを見るのには最適です。

#5 私の義理の弟は大会の清掃を担当する長老ですが、ボランティアが足りないと嘆いていました。

#6 組織が大人にボランティアに選ばれたと告げるなんて信じられません。文字通りボランティアの部分が否定されます。最近はひどいです。

#7 私が長老だった時は模範的という言葉があらゆることに使われていました。もちろん、誰もその意味を知りませんでした。長老たちが言う場合は何でも意味していました。

組織はまだ「模範的であるべきだ。」と言っていますが、基準があまりにも下がってしまったので、単にバプテスマを受け、批判的ではないという意味になっています。

#8 組織は信者を愛と優しさで扱うべきだったと思います。組織が群れを殴り倒してきた年月は終わりました。名声と権力を愛する一部の信者は残るでしょうが、本物の信者は大挙して去っていきます。組織は自らの手でそうしたのです。

組織は30~40代の兄弟たちを本当に台無しにしました。長老ではない兄弟たちで、この宗教のために働きたい人はあまりいないと思います。

投稿 in USA
2024年06月24日 08:28:16

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
これが私を怒らせます This is what pisses me off

週半ばの集会で、誰が迫害を指揮し扇動するのかについて話し合いました。もちろん統治体は、メディアや政府を利用しているのは「宗教的反対者」だと主張しています。ここに問題があります

1.他のほとんどの宗教は JW については何も考えていません。

2.JWはメディアから特別ひどい扱いを受けていません。メディアはJWを悪い光で描くためにそこにいるのではありません。申し訳ありませんが、統治体、あなたたちは忌避、児童性的虐待、聖書の完全な誤解と誤った表現によって、自分自身にそのようなことをしてしまいました。

3.政府は単に迫害するためにJWを選び出すことはありません。 JW が禁止または迫害されている土地では、数え切れないほどの他の宗派も禁止または迫害されています。繰り返しますが、JWは特別に選ばれたグループではありません。

4.集会では「近いうちに刑務所に入れられ、追放されることが分かっている」というコメントが出た。本当ですか?とんでもない、ここはアメリカです。彼らは宗教を禁止しているわけではない、中国が侵略してアメリカを共産主義政権に変えない限り、そんなことは起こらないだろう。 落ち着いてください。
***

コメントを紹介します。

#1 刑務所に収監されているJWは200人にも満たないが、中国の「再教育」収容所で組織的に強姦や拷問を受けている何十万人ものイスラム教徒は、迫害を受けていないことを幸運に思っているに違いない。

#2 基本的には恐怖ポルノです。迫害の幻想を作り出す。統治体の言うことを聞いて従えば、彼らは私たちを守ってくれるでしょう。平信者をコントロールするための卑劣な戦術です。

#3 目が覚めた今、私はメディアや政府がJWたちに「迫害」(責任を問うことのおかしな言い換え)を十分に行っていないという結論に至った。

#4 国連が世界中のすべての宗教を禁止するという彼らの予言はばかげています。国連にその権限が与えられることは決してありません。

しかし、そうそう、ひょっとしたらJWは 80 年代初頭に迫害理論を推進したのでしょうか?母が私たち3人の子供たち(全員5歳未満)に、私たちが逮捕されて拷問され、もしかしたら殺されるかもしれないと話していたのを覚えています。

#5 私が覚えている限り長い間、迫害を恐れていた母が本当に残念に思います。母は現在68歳ですが、自分がかなりの愚か者であることにまだ気づいていません。特に、JWが迫害され、刑務所に入れられているビデオを見ているときはそうです。

また、JWの看板をあちこちに掲げてどうやってロシアで生きていけると思いますか?それは当局に迫害を求めているようなものです。

#6 そう、「サタンが今すぐあなたを食い荒らすだろう。」と、JWは信者たちにオオカミが玄関にいる様子を思い出させるのが好きです。彼ら全員がいつも落ち込んで怖がっているのも不思議ではありません。

#7 私がJWだったときでさえ、アメリカやイギリス、そしてヨーロッパのほとんどの国でJWが逮捕されるという事態が起こるのだろうかと疑問に思っていました。

信教の自由は米国の根幹にあるのです。

投稿 in USA
2024年06月17日 08:32:49

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
JWの子供たちは親にとってトロフィーに過ぎません  JW Children are nothing more then trophies to parents

小さな子供がマイクを持ってコメントしているのを見るたびに、理由はわかりませんが、いつもとても腹が立ちます。私には兄弟がたくさんいるので、他の子供たちがコメントをする理由がわかります。それはすべて、子供がコメントできるようになったという親の「得点」を稼ぐためです。実際には、親が言ったことを繰り返しているだけで、「エホバは善い方です」といった程度のものです。子供がコメントするのはかわいいことだとわかっていますが、それでもそれを見るたびにとても腹が立ちます。

彼らがしたいのは、自分の子供が他の子供と比べてどれほど優れたJWであるかを誇示することだけです。

「うちの子がコメントしてくれました。」

「わあ、うちの子がマイクを渡してしいます。」

「私の子供は演台に立って聖書を読みました。」

「なぜあなたは○○のようにできないの?」

「○○がこれをやっていているのに、あなたはやっていない。」

「私の子供はあなたの子供よりも優れています。なぜなら、私の子供はより良いエホバの証人だからです。」

そして、ほとんどの場合、子供たちはマイクで自分が何を話しているのかさえ知りません。彼らは両親を満足させようとしているだけです。

私は子供の頃とても洗脳されていましたが、大人になり、自分の頭を使うようになって、その問題点を理解できるようになりました。子供たちが将来疑いを持ち始めたときに直面するであろう問題に巻き込まれるのを見るのは本当にうんざりです。

JWの親たちが子供たちを愛しているとは思えません。子供たちが行動を起こした瞬間に、荷物をまとめて家を出されるからです。本当にそれは私を悩ませます。

親たちは子供たちがどれだけ幾つかの単語を繰り返すことができるかを自慢するためだけに子どもたちを使用します。
***

コメントを紹介します。

#1 私は集会中にコメントするようにいつもひどい脅迫を受けていました。それは拷問であり、いかなる形であっても特権ではありませんでした。

#2 子供が言うように言われた一言か二言のコメントをすると、親は『真理』の中で子供たちを育てるという素晴らしい仕事をしたと称賛されます。

#3 お金を払って子供にコメントしてもらった家族を知っています。

#4 理解できない話をするために、6 歳のときに強制的に伝道者になりました。ため息をつきます。

#5 母がささやきながら答えを言い、私に手を上げるよう強制するのは私にとって拷問でした。私は母がささやいていることを聞こえないふりをして、「え?」と言い続けていました。質問が終わるまで。

#6 私もかつてはJWの親の一人でした。簡単に言えば、私は子供たちの人生をコントロールするのではなく、子供たちの夢をサポートするためにそこにいることに目覚めました。これには数年かかりましたが、その過程で「真理についての真理」も学びました!

#7 JWの親から積極的な支持を得る唯一の方法は、会衆のために何かをすることです。彼らはあなたの趣味、情熱、教育、仕事、または非JWとの友情を決して奨励しません。

ベテル・オーケストラで演奏しない限り、楽器を習うことを「誇りに思う」とは決して言わないでしょう。あなたが組織のためにアートを作らない限り、彼らはアートを学ぶことを「誇りに思います」とは決して言いません。

彼らは、「何かを望んで、それを実現するために努力したあなたを誇りに思います」とは決して言いません。なんてめちゃくちゃな教育方法なんだろう。

#8 ある友人との会話が決して忘れられません。彼女と彼女の兄弟全員がコメントしました。私はしませんでした。彼女は私に身を乗り出し、「コメントしてください、あなたのお父さんが誇りに思うでしょう。」と言いました。私は彼女に、父が私を誇りに思うかどうかは気にしていないと言いました。当時私は17歳でした。

ありがたいことに、私には過度に干渉的な親も、非常に「真理」に忠実な親もいませんでした。

#9 コメントするのが大好きだったのを覚えています。私は父に下線を引いてくれるように頼みます。私たちはまったく準備をしていませんでした。父は、私が声に出して読み上げられるものをただ選んで、それから私は興奮して手を挙げてコメントを読みました。時々、母は、短いコメントを私たちに読んでもらうために書いてくれました。マイクに向かって話すのが楽しかったです。

コメントするのは好きだったけれど、何かをしなければいけないというプレッシャーを受けるのは最悪でした。

投稿 in USA
2024年06月10日 08:06:48

アメリカの掲示板の投稿を紹介します。

***
昔のことを思い出しました。あなたが行った最もばかげた伝道の方法は何ですか?  Memory unlocked. What's the most ridiculous form of preaching you did?

私にとってそれは「駐車場での証言」でした。人々が店から出るのを待っていて、食料品を車に片付けようとしている見知らぬ人に話しかけるのです。
***

コメントを紹介します。

#1 私には開拓者の友人がいて、その人は実際には本当に賢い人だったのですが、一緒に伝道に行ったときのことを覚えています。彼女の自己紹介は「おはようございます。私たちはアンケートのようなものをやっていて、人々にこう尋ねています。『世界を変えるために何か一つ変えることができるとしたら』どこがいいでしょうか?」

私たちは調査を行っているわけではなく、回答を書き留めたり、データをまとめたりしていなかったので、とてもばかげていると感じました。彼女は嘘をついていた。

#2 真夜中の駐車場での証言、バス停…同じくらいひどいですが、夜です。

#3 午前5時にガソリンスタンドで証言。人々はちょうどガソリンを入れて仕事に行こうとしていたので、私たちは彼らの邪魔をしなければなりませんでした。とても恥ずかしい。

#4 廊下でガン患者や医師に声をかけまくる狂信的なJWたちと一緒にガン専門病院へ行ったことです。一人の医師はため息をつき、彼らを拒否し、当然のことながら私たちの存在にイライラしているようでした。本当に不快な気分で、その場にいたくありませんでしたが、仲間からの圧力が強く、仲間を喜ばせることに膝まで浸っていました。

#5 車で走り回り、車の窓から古い雑誌を配る「クルージング」というものをよくやっていました。人々を何度も怖がらせたので、巡回監督は私たちの会衆にそのようなことをやめるように言いました。当時私は子供でしたが、バス停に立っているときに、車が二車線を横切り、急ブレーキを踏み、世界滅亡についてのパンフレットを渡されたら、どれほど不安になるか、想像もできませんでした。(笑)

#6 母はクリスマスの日に私たちを戸別訪問させました。いつもとても恥ずかしかったです。人々は家族と一緒に食事をしたり祝ったりしていました。うーん。

#7 ひどい嵐の中、戸別訪問……。あるいは、あなたが 6 歳で、気温が摂氏マイナス12度以下の中西部で、父親がドアの前で 30 分間口論や会話をしても、中に入れてもらえないとき。

#8 小学3年生の頃、クラスメートの両親の1人が亡くなり、母が私に、愛する人を失ったことについてのパンフレットをクラスメートに渡すよう説得したことを覚えています。生まれながらにして洗脳された子供でしたが、私は母親にそんなことは絶対にしないと言いました。8歳の私の頭脳は、なぜそれが間違っていると感じたのかを言葉で説明できませんでした。

#9 私は野外奉仕グループに向かうバスの中で時間を始めるために証言していました。誰も興味を示さなかったため、その後、私たちは黙って座っていなければならなかったのは本当に恥ずかしかったです。

スーパーマーケットの駐車場での証言も行いました。それはとてもぎこちなく感じたので、数回しかやりませんでした。店長が来て私を追い出すのではないかと心配していました。

投稿 in USA
2024年06月03日 08:33:27

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
少なくとも部分的に新型コロナウイルスのせいで目覚めた人はいますか?  Does anyone else attribute their waking up, at least in part, to COVID?

正直なところ、もし新型コロナウイルスが発生していなかったら、私は今JWたちとどのような関係にあったのか分かりません。過去 4 年間はぼんやりとした日々でしたが、まるで宇宙が「今は休憩だ、ゆっくりしてください」と言っているかのように、とても自然に感じました。そしてその休憩の最中に、私は休憩が自分にとってどれほど切実に必要なことなのか、神は冷酷で律法主義的な方法で崇拝されなければならないと考えることがどれほど有害であるかを知りました。

誰もがそれぞれの時代にそれぞれの旅をしてきたことは知っていますが、私と同じように組織から去った人が他にもいるかどうか、非常に興味があります。

私がいかにJWから去ったのか。

2019年6月 – JW活動で疲れ果てているが、まだ幸せなJW。他の人たちとニューヨーク州北部の「もっと必要な場所」へ移動

2019年10月 - 疲れきった。まだJWだが、会衆の合併のせいで悲しい。

2020年1月〜2月 – JW活動は半休止状態だがJWのボランティアとしての活動は継続中(ウォーウィックに行く)

2020年3月12日 – 奉仕の監督が、その夜の会議はキャンセルされ、当面は奉仕に出ないようにというメールを送信(疲れきったJWはどれほど安心しただろうか)

2020年から2021年初頭 - まだ義務を感じているが、奉仕のために手紙を書いたり、見知らぬ人に電話したりする気にはなれず、Zoomで集会に参加。

2021 年半ばから 2023 年半ばまで - もうJWのことは気にしていない。集会にはあまり出席していませんが、いつか戻ってくるだろうとまだ思っています。

2023 年半ばから現在:  JWから去る。カルトのハムスター回し車からついに離れた。
***

コメントを紹介します。

#1 新型コロナウイルス自体ではなく環境です。

何か本当におかしいのではと私が思い始めたのは、妻から、トニー・モリスはもう統治体のメンバーではないと聞かされたことと、妻の妹がウェブサイトでその告知を見たが、数日後には消えてしまったことでした。

これについての詳細はウェブサイトで見つけることができず、彼の朝の礼拝ビデオが全てなくなっていることに気づきました。 "どうしたの?"と私は不思議に思いました。消え去った統治体のリーダーがいるということに、本当に心が痛み始めました。とても秘密主義で、ウェブサイトに載っていたのにその後はすぐ消したことも、気に入りません。

また政府資金による援助プログラムの悪用の問題がありました。悪用は支部からの指示ではなかったことがわかりましたが、パンデミック中に私たちに提供された食料ボックスには政府の公式書類が入っていませんでした。私たちは2回、地元での公開講演と巡回監督の講演を行い、これらの備えはエホバがご自分の愛ある組織を通して与えられたものであると述べました。あたかも全額が災害救援基金から出たものであるかのように聞こえました。

それから年次総会が開催されました。ジェフリー・ウィンダーが統治体は自分たちが下した間違った決定については後悔していない、なぜなら彼らはそれが神から出たものだとか、神が修正してくれると考えているからだと語った後、私はレイ・フランツの「良心の危機」を読むことに決めました。

#2 2016年に、私は虐待的な母親の家を出て、世俗的な男性と(引っ越した後)公然とデートしたとして、初めて排斥されました。しかし、私はとてもJWを信じていました。出席しなかったとしても、JW Org のすべてのコンテンツを視聴し、集会に備えて勉強しました。自分のことをJWだと呼び、他の人たちに非公式の証言をし、JWに戻るつもりだと話していました。

2018年 あの人と結婚し、復帰願いを提出します。長老たちは、私が開拓者だったため、もっと長く罰せられる必要があるとして、拒否しました。

2019年 もう一度手紙を提出しましたが、当時車を持っておらず、会衆の負担になるという理由で再び拒否されました。

2019年、新しい会衆での3回目の手紙(私はその後隣町に引っ越していました)。手紙は承認されましたが、発表するまでに6か月かかりました!!!!!!!!!

2020年、彼らは私たちに野外奉仕をやめるよう言いました、これまで私たちを妨げるものは何もなかったかのようだったのに、一体これは何ですか?政府の言うことを突然気にするようになりましたか?

決め手となったのは、夫が私を虐待するようになったことから、コロナ禍で勇気を出して夫を追い出すことにしたのですが(実際、夫は暴力行為で逮捕されました)、長老たちから、釈放されたら夫を連れ戻さなければならないと言われたことです。

私は、夫は私を殴り、私の命を脅かし、お金をくれず、ポルノを見ながらセックスしようとしない、と私を非難したことを長老たちに話しました。

しかし、長老たちは、彼はあなたを入院させるほど暴力をふるっていない、あなたには保釈の費用を支払う余裕がある、そして夫の行為はどれも不正行為ではない、と言いました。

そこで私はデートしたりタトゥーを入れたりしたことを認め、2度目の排斥処分を受けました。

コロナ禍で伝道や集会を行わなかったことで、私の信仰は打ち砕かれ、離婚問題で死んだのです。

私は長年開拓者であり、結婚前は、忠実な独身JWで、二重生活はなく、外国語の会衆で、全てを正しく行ってきましたが、些細なことで裏切られたと感じました。その後、組織を辞めたときに付き合っていた男性と結婚しました!

2023 年に旧友が亡くなった後、私は勇気を出して「背教者の情報」を調べてみました。とても楽しかったですし、何年も前にやっていればよかったと思いました。

#3 私は逆で、ちょっと疑い気味のJWでしたが、パンデミックが始まるとハルマゲドンが怖くなり、JWの活動に熱中するようになり、何事にも手を差し伸べるスーパーJWになりました。最近目が覚めたのですが、今やめるのは大変です。パンデミックの最中に宇宙が与えてくれたチャンスを生かせればよかったと思います。

#4 パンデミックの前は目が覚める寸前でしたが、仕事や集会、その他の活動の合間にじっくり考える時間はありませんでした。いくつかの深刻な疑念を抱いていましたが、会議に参加すると、人々はとても親切で協力的なので、私は疑念を抑圧しました。会衆の人たちのことを完全には信じていなかったとしても、それでは「他に何があるのか」というような心境でした。

しかし、パンデミックの間、私はプレッシャーを感じることなく、JWについての研究をすることができました。私はシャツとネクタイをしてZoom会議に参加していましたが、ズボンは履かず、コーヒーマグにウィスキーを入れていました。 2020年3月以来王国会館に行っていません。

#5 疑問を抱いていましたが、JWのことをする以外に何も知りませんでした。新型コロナウイルス感染症が発生し、私たちが罪悪感なくJWの活動に「行く」必要がなくなったとき、それは素晴らしい気分でした。

また、私は外国語の集会に出席していましたが、家にいるなら母国語である英語で集会や大会を聞いた方が良いのではないかと思いました。うわー、理解することに集中する必要がなく、ただ聞いているだけなのに、ひどくばかげているように聞こえました。それは5歳児に話しかけているようでした。

統治体と長老たちは、私たちが彼らに質問する時間や能力を持たないように、誰もが無知で忙しいことを望んでいます。ただ聞いて、従って、祝福を受けてください。考える必要はありません。

#6 私のタイムラインです。

2019 年 8 月から 12 月 - ハムスターの回し車のようなJW活動で疲れきっていますが、それでも幸せな JW。地下鉄のカートの開拓者でした。

2020年1月 - 地下鉄のカート奉仕中に、見かける人は皆、JWでなければすぐにハルマゲドンで死ぬだろうという考えに苦しんでいました。

2020年2月-自分が信じていることすべてに疑問を持ち、数か月前に持っていた信仰をもてるように神に懇願しました(笑)。JWをやめた古い友人の手紙を調べ、1975年、607bc、レイ・フランツを調べます。実際に、カート奉仕や集会から家に帰る途中、信仰の欠如のために車の中で泣いてしまうこともありました。嘘を信じているのではないかと疑問に思いました。

2020 年 3 月 - パンデミックが発生し、これこそが私たち全員が待っていた終わりだと信じ、私の信仰は回復しました。 JWのハムスターの回し車、再び。

2020 年 6 月 - 私のいとこが不慮の事故で亡くなりました。葬儀での彼の兄弟の扱い方は、私に大きな認知的不協和を引き起こしました。完全に目覚める前で、JWに疑問を持つようになりました。

2020 年 7 月~2021 年 7 月 - パンデミックが長引いて、物事が正常に戻りつつある兆候が見られるようになった頃で、ハルマゲドンはありませんでした。私は複数の奉仕グループを指導し、絶えず講演を行っていましたが、終わったらすぐにカメラをオフにしていました。手紙は 1 通も送っていません。コメントもしていません。

2021 年 10 月 - ようやく『良心の危機』を注文して読むことができるようになりました。 3日で全部読んで完全に目が覚めました。

2021年12月 - 排斥され、JWを去りました。

#7 組織は、常に医療は個人的な選択であると主張しているにもかかわらず、新型コロナウイルスワクチンを強く推進しました。私は混乱しました。

奉仕活動として手紙を書くことで際限なく時間を無駄にする代わりに、聖書のトピックを調べ始めたところ、ものみの塔が多くの点で聖書の教えに一致していないことがわかりました。

また、組織のあらゆるレベルの男性たちがいかにナルシストで管理統制マニアであるかにも気づきました。私の脳は壊れました。私は神経症になりかけました。しかし、今は、かつてないほど自由で幸せだと感じています。

今でもエホバを信じていますが、JWは決して神に導かれたり祝福されたりしたことのない、人間主導の破壊的なカルトであると確信しています。そこから離れれば離れるほど、キリストのくびきの真の軽さを実感し、JWがいかに抑圧的なファリサイ派の組織であるかを実感しています。彼らがJWの活動を中止し、統治体によるアップデートを開始したことに感謝しています。それによって私と私の家族はJWの組織がどれほど偽善的であるかを知り、彼らの支配から自由になることができたからです。

投稿 in USA
2024年05月27日 08:39:05

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
カートのゾンビたち  Cart Zombies

私が働いているエリアには、3 台のカートが非常に近接して配置されています。私はここで3年間働いていますが、彼らは毎日欠かさずここにいます。しかし、この3年間、誰も彼らに近づくのを見たことがありません。なぜだろうといつも疑問に思っていました。

ゾンビ: 全員が完全にゾンビのようにカートのそばに立っていました。彼らがカート奉仕を絶対に嫌っているのは間違いありません。 2人から4人の人が、何時間も、毎日、一日中立ったまま、お互いに会話もせずに空中を見つめているのを見ると、このことに気づきます。少なくとも ドアからドアの奉仕では、誰かがドアを開けるときに作り笑顔を浮かべ、これを楽しんでいると人々を欺きます。しかし今では、誰もがカートのそばに立っているJWを無制限に見ることができ、JWがこの仕事を嫌っていることがわかります。これは誰にとっても魅力的なことではありません。

服装: 姉妹たちが主にカート奉仕をしています。彼女らの服装はJWが「抑圧的な宗教」であることを周囲に示します。普通の女性が 80 年代の花柄の長めの服を選ぶのは珍しいことです。寒い冬の日、普通の女性たちは着飾った暖かい服装ですが、カートの姉妹たちは震えています。これは誰にとっても魅力的ではありません

目標: 女性にも野心があり、目標や夢があります。この地域は、高価な車に乗る女性の多い、とても裕福な地域です。彼女らはレストランに座って、値段を気にせず、好きなものを食べて、楽しんでいます。他のほとんどの人はそのような人生を望んでいます。もしJWでなかったら、ただカートの前で生気を失って立ち尽くすために、素晴らしい車や素晴らしいすべての生活を放棄するなど決して考えないでしょう。これは誰にとっても魅力的ではありません。

この宗教が女性の自由と経済的自立を妨げていることは、毎日このカートの前を通る多くの人々にとって明らかです。

恐ろしいメッセージ: 店にいるとき、「強盗が 50% 増加」という新聞の見出しを見ることほど不快なものはありません。ストレスになって眠れなくなるから読みたくないです。わざわざ兵士や崩れかけた建物が表紙に描かれた「我々は終わりの日にいるのか」と書かれた雑誌を読みたい人がいるでしょうか。 JW ですら、この精神的に疲れるような雑誌を読んでいません。これは誰にとっても魅力的ではありません。

とにかく、これらは私の観察です。カートがなぜこれほど惨めな失敗に終わるのかについて、あなたの意見を聞かせてください。
***

コメントを紹介します。

#1 JWたちは、通行人に話しかけてもらうような魅力的な見た目ではありません。彼らは会話を始めるために人々と視線を合わせようともせず、ただお互いにおしゃべりして時間を数えたいと思っていることがわかります。

カートのJWを見るのは本当に違和感があります。私は特に高齢の人たちが凍えるような寒さの中で立ったり座ったりするのを見るのが嫌いです。彼らが病気になるのではないかと心配です。2つの会衆の2人のJWがカート奉仕中に意識を失いました。

#2 それは、要求された奉仕時間を黙って稼ぎたい人にとっては快適な仕事でした。カート奉仕に「不適格な人」は通りをとぼとぼと歩き回り、ドアのところで家の人と対峙しなければなりませんでした。

今では、「不適格な人」はボックスにチェックを入れるだけで、自分が何をしたのか、何をしなかったかを誰にも知られずに済みます。一方、「特権を持った」カートゾンビは、自分たちが申し込んだものから逃げられないことを知っています。

#3 私は認定カートゾンビです。私たちが狂っているように見えるので、誰も私たちに近づきません。気温が30℃度くらいの日には、同情のような目で見られますが、カート奉仕している人は皆、「ウェブサイトにアクセスするよう人々を案内しました。」といいます。

#4 何年も前のギリシャでは、年配のJWが雑誌を高く掲げて通りに立っていました。他のJWは彼らを臆病者と呼び、戸別訪問する勇気がないとして批判していました。今では突然、彼らはカートのそばに立って賞賛され、戸別訪問は忘れられています。

私たちはかつて使徒 5章42節を使って,家から家へ伝道することが正しい方法であることを証明していました。そのような日々は過ぎ去りました。私はここに5年住んでいますが、JWに会ったのは一度だけです。

#5 私は人間や動物の苦しみ、不正義、腐敗、地球の破滅などの世界情勢を懸念している一人です。私は答えを求めています。しかし、JWのカートに惹かれることは決してありません。なぜなら、カートにいるJWたちは率直な議論を好まないからです。JWは難しい質問や困難に直面したくないのです。私はJWにすぐに嫌われてしまうでしょう。JWは私に彼らのつまらないウェブサイトを教えようとするだけでしょう。

最近、チャーリー・カークや彼のような人のビデオをたくさん見ました。たとえ彼らの主張に同意できないとしても、彼らが大学のキャンパスやその他の場所にブースを設け、挑戦を歓迎するという点には評価せざるを得ません。彼らは恐れることなく人々と関わります。それはJWとは逆です。JWは逃げます。

世界の状況や人間の苦しみについて心配しているとき、「神が解決してくれる。」というのは答えではありません。人々は今日飢えていますが、今日どうやって人々を養うのか知りたいのです。神が100年後に何をするかは興味がありません。

#6 カートが登場したとき、これは大きなアップグレードだと思いました。これで人々をイライラさせる必要はなくなり、希望に応じて私たちのところに来られるようになりました。しかし 3年間、カート奉仕をしましたがで、誰もJWに近づくのを見たことがありませんでした。JWの考え方から抜け出すまで、その理由がわかりませんでした。

#7 カートは証言ではありません、確かにそれは簡単ですが、それはJWを弱虫の臆病者にしてしまいます。準備するものは何もありません。ただ行ってそこに 1 ~ 2 時間立っているだけです。誰かが質問したら、ウェブサイトに誘導するか、荷物をまとめて立ち去ります。

この挑戦の欠如が、カートのJW全員をゾンビのように見せる原因です。

#8 私は歩きやすい大きな街に住んでいますが、いつもの散歩ルートの隅にカートが置かれています。面白いのは、通りを挟んで反対側の角にサイエントロジーのテーブルがあることです。私はそこをカルトコーナーと呼び始めました。彼らが話しているのを見たことがあるのは、仲間同士の会話だけです。彼らの出し物は、魅力も興味をそそるものではありません。

投稿 in USA
2024年05月20日 08:15:05

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
私は長老を遠ざけるためにボックスにチェックを入れているだけです - ここには同じようにしている人が何人いますか?  I only check the box to keep the elders off my back - How many here also do that?

文字通り、伝道者アプリを開いてチェックボックスをオンにしてアプリを閉じるだけです。長老たちは何も連絡してきません。長老たちはここ一か月間、私が戸別訪問をしているのを見ていません。

もし長老たちから電話があれば、私は非公式の証言をたくさん行っているとだけ伝えます。

もちろん、JWの家族がいるからJWでいるだけです。

皆さんはどうですか?
***

コメントを紹介します。

#1 それは長老たち自身が戸別訪問をもうやらないからです。彼らはグループを率いて出かける時間になると姿を消すことがよくあります。

#2 少し前に「車の窓を下ろして『エホバ』と叫べば、その月は証言したことになる。」というコメントを見ました。

私は窓を下ろしません。それはカウントされますか?

#3 私の Facebook に JW. org へのリンクを投稿することはカウントされますか?

#4 開拓者は朝一番に窓を開けて「エホバを讃美します。」と叫ぶことから奉仕時間を数え始めます。

#5 約6か月間「真理」について誰にも話していませんが、はい、ボックスにチェックを入れています。

#6 私は2年間ZOOMだけで、集会に出席していないのですが、そうしています。私は長老たちからそれについてのメールを受け取ったことはありません(笑)。

#7 同じ。「奉仕報告が必要です」というメッセージが送信されて来ないように、ボックスにチェックを入れるだけです。1年間奉仕していません。

#8 あえて言えば、JWの50%は長老たちを遠ざけるためだけに奉仕に出かけていました。チェックボックスになったので、そのボックスにチェックを入れるだけです。

#9 これが統治体がこれを行った理由です。誰も報告を止めなければ,統計上JWの数は減りません。あくまで私の見解です。

#10 私は、チェックボックスにチェックを入れたり、あらゆる種類の報告を提出したりすることをやめました。人々が言うことは真実です。組織はあなたが与えた権限と同じだけの権限をあなたに対して持っています。

私は家族や友人の前では普通に振る舞っており、ほとんどの人は私が1年以上伝道に出ていないこと、ほとんどの集会を欠席しており、約10か月間コメントしていないことを認識しています。でも、私は幸せなので、彼らは私をどうすればいいのかわかりません。私は、「励まし」を必要とする悲しく落ち込んだ人という固定観念には当てはまりません。正確には避けられているわけではなく、もしかしたら忘れられているような感じで、それは私にとっては問題ありません。すごくぎこちないけど、同時にちょっと楽しいです(笑)。

投稿 in USA
2024年05月13日 08:18:07

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
長老や奉仕の僕から言われたことで最も腹立たしいことは何ですか?  What’s the most mildly infuriating thing an elder or MS has said to you?

今ではただの滑稽なだけのものが 2 つ思いつきます。

1つ目は、牧羊の呼びかけの最中で、私はちょうどJWから消滅し始めていた時で、ずっと前に目覚めていました。私は家族にJWについての研究結果を送っていたのですが、長老たちは私が背教者なので、送ったものを読むのをやめるよう私の家族に忠告しました。

長老たちとの話で、私はその週のものみの塔の記事と jw.org で見つけたものとの間の食い違いについて、非常に鋭い質問をしました。それは彼らが使用した参考文献に関するものでした。

二人の長老は気まずそうに笑い、そのうちの一人がこう言いました。「そんなことよりも会衆への愛に焦点を当てるべきだと思います。妻はそこまで難しく考えていないので、あなたもそう考える必要はないと思います。」

私があまりにも唖然として話すことができなかったと言うのは控えめな表現です。特に私はこの長老の妻と親しかったのですが、その妻は非常に聡明な女性でした。彼は自分自身をより明るく光らせるために彼女の炎を消しただけです。

しかし、彼らをつまずかせたときの満足感は、私にとって決して古くなりません。

2つ目は、ありがたいことに両親が大学進学に好意的だったということです。移民の家族の出身である両親にとって、自分たちを養うことは重要であり、大学はゴールデンチケットでした。

私が看護を専攻するために4年制大学に入学するつもりであると話し始めたとき、批判が殺到しました。数人でピクニックテーブルを囲んでいたとき、ある長老が私に高校卒業後の計画は何なのかと尋ねました。私が彼にそう言ったところ、彼の答えはこうでした。「看護なんて馬鹿げている。楽園ではそんなことは必要ないのですから!」

この長老とその家族は裕福でした。彼らはカーサービスのチェーン店を経営していました。幸いなことに、私は生意気だったので、「エホバがおそらく資本主義のファンではないことを考えると、経営者も必要になるとは思えません」と答えました。

そのためテーブルの人数は減りましたが、少なくとも私は残りの食事を安心して楽しむことができました。
***

コメントを紹介します。

#1 私が初めて王国会館で深刻なパニック発作を起こし始めたとき、ある長老が私を励ますために一緒に奉仕に出かけないかと誘いました。

私は長老に、幼児期の、性的、言語的、感情的なひどい虐待体験を話しました。

彼は私を見てこう言いました。

「そんなことが自分に起こったと信じているとは残念だ。」

#2 18歳のとき、私は新しい地域の新しい会衆に引っ越しました。私が髪を真っ赤に染め、微妙に黒のローライトを入れていたところ、ほとんど面識のない長老がやって来て、「そんな髪で楽園に行けると思いますか?」と尋ねました。私の答えはこうでした。「エホバは髪の毛ではなく、心を見ておられると思います。」

#3 組織が、車椅子に乗っている、障害を持っているなど、困難な状況にもかかわらず開拓者として活動している人々についての作り話をするたびに、長老はいつもそれらの「模範例」を使って全員にもっと積極的に奉仕するよう促しました。JWハムスターホイールのたわごと。

彼はいつも、「障害があってもそれができるのなら、言い訳はできない。健常者なのだから、エホバのためにもっと努力する必要がある」と言いました。

#4 10代の頃は黒いスーツと黒いシャツを着て集会に行きました。集会が終わった後、長老が私を脇に引き寄せて、「黒は反抗的な色だ」と言いました。私の家族はジャマイカ人で、彼の言ったことを母に話すと、母は長老を追い詰め、彼の人種差別について叫びました。長老がうめき声を上げて謝罪している間、誰もが話すのをやめて耳を傾けた。

#5 父はかつて長老だったのですが、会衆の他の長老たちと対立して辞任しました。父はみんなと話すのをやめました。それはひとく気まずいことでした。長老たちの多くは家族ぐるみの友人でしたが、全く会話をしなくなったのです。

私が大きくなったとき、長老の一人が私の所に来て、父が仕事で多くの化学物質を吸い込んだため、明確な思考ができていないのではないかと言いました。

今でも、なぜ父が他の長老と不仲になったのか全く分かりません。しかし、父が多くの化学物質を吸い込んだことが原因ではないことはわかっています。

この長老とこの会話の後、私はすぐに集会に行くのをやめました。

♯6 私が消防士として行った人命救助の仕事は重要ではないと言われました。私は長年にわたり、さまざまな窓拭き業者(*長老のこと)からこのことを聞いてきました。

投稿 in USA
2024年05月06日 19:28:15

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
JW とJWが高齢者をどのように扱うか JWs and how they treat the Elderly

私の母はまじめなJWで、1年前に健康状態が悪化し始めるまで、会衆で非常に活発に活動していました。

私はバプテスマを受けていますが、引っ越し、家族や会衆から離れるとすぐに出席をやめ、JWの教えを信じていないことを母に言いました。

母は依然としてZoomで集会に参加し、野外奉仕として手紙を書いていました。

母は1、2年前から認知機能が低下しています。私は母との接触を制限されており、仕事で忙しかったので、そのことはすぐには気づきませんでした。

会衆の兄弟姉妹たちは母の衰えをよく知っていながら、私や近くに住むJWではない母の兄弟に連絡を取ろうとは決して考えませんでした。

JWたちは母の認知機能の低下を完全に利用しました。母は会衆に多額の寄付をしていました。ある兄弟は母に中古車を買ってもらい、別の兄弟たちは母の家の草刈りをしていて、母に通常の料金よりも高い料金を請求したり、家の周りの物と仕事を「交換」したりしていました。それは公正な取引とは程遠く、詳しく説明したくありません。

ついに形だけのJWである姉妹が電話をしてきて、何が起こっているのかを教えてくれました。その後、母が脳卒中を起こして入院し、2人の兄弟が病院に来て母と一緒に大々的に祈りをしましたが、その後、母のいわゆる友達は誰も母に電話をかけたりメールを送ったりしなくなりました。

母はリハビリ施設に入っているのですが、私が母の様子を見に行くと、誰も母の様子をチェックしたり、見舞いに来ないことに非常に腹を立てていました。

母の友人のJWに電話したところ、その女性のJWは非常に否定的な態度で、「もう行けない」と答えしました。

私は彼女に、母は枯れた井戸のようなもので、もう母と関わっても何の利益も得られませんからね、と皮肉を言いました。そのJWの女性は動揺して電話を切りました。

JWたちが高齢の信者をこのように扱うのは本当に悲しいです。私はショックを受けるべきではないのでしょうが、悲しいです。

(追伸)私の亡き父は敷地内に工場を所有していましたが、多くの高価な機械が工場から行方不明になっています。

母は機械類を売却するためにオークションを開催する予定でした。私はオークション会社からの書類と機器の推定価格の表を持っています。
***

コメントを紹介します。

#1 認知症の女性から車を買ってもらったり、異常に高い賃金で仕事を請け負ったりすれば、少なくともそれは詐欺であり、訴訟の可能性があると思います。JWには刑務所に入れるべき人が山ほどいる。

#2 今は想像しているだけですが、会衆全体に質問してみてもいいでしょう: 「私の母のものを盗んだ人を知っている人はいますか? 私たちは彼女が強盗に遭ったのではないかと本当に心配しています。」すると、次のようになります。

「これについては報告も調査もしないでください。」

「なぜ?私は母のことが心配で、彼女のものを探しているだけです。どうしてこれを警察に通報しないの?!」

「まあ...ほら...彼女はええと..会衆の一致というものを知っています...これを調べないでください!」

#3 もしあなたのお母さんが経済的虐待を受けていたら、私は弁護士と警察に相談するでしょう。そこからは何も起こらないかもしれないが、何かが起こるかもしれない。

卑劣なハゲワシ

#4 私ならあなたのお母さんの会衆の責任者が誰であるかを調べて、法的措置をとると脅すでしょう。あなたのお母さんが高齢者で、特に認知機能が低下している場合、あなたが説明したことは高齢者虐待とみなされます。

私は現在、年老いた両親と接しているので、高齢者がいかに簡単に利用されてしまうかを理解しています。

#5 高齢のJWが健康上の問題を抱えたとき、突然、排斥された成人の子供たちを介護に使っても大丈夫になるのです。面白いですね。個人的な経験です。

#6 私の町に93歳の姉妹がいます。彼女は家に閉じこもっていますが、ほとんど誰も彼女に会いに来たり、電話をかけたりしません。彼女は定期的に私に連絡したり、チャットしたりしてくれます。彼女は私がもう集会に行かないことを知っていますが、彼女には他に電話をかけられる人がいません。私は彼女に雑用代を請求しない唯一の友人です。

#7 群れに貢献できないなら、私たちはあなたを置き去りにするだけです。エホバの愛ある組織については以上です。

#8 JWたちは私の叔父さんにとってハゲタカのようでした。私の弟と私が介入するまで、叔父を搾り取っていました。JWたちは不当に低い金額で叔父の家を買い取ろうとしていました。私たちは彼らに消え失せるように言いました。私たちは、JWたちが叔父に納得させた価格の 3 倍で叔父の家を売ることができました。JWは真の正直なクリスチャンですよね?

#9 70年代初頭からほんの数年前まで様々な会衆に出席してきました。高齢の信者に関心を持って手助けする人もたまに見かけますが、それはかなり稀でした。障害のある信者や病弱な信者も忘れ去られます。

投稿 in USA
2024年04月29日 08:09:40

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
なぜJWはものみの塔の教えを否定するのでしょうか?  Why do PIMIs deny WT teachings?

これに気づいたのは私だけでしょうか。あなたはJWが間違っていると思う理由について、配偶者や両親と話し合うために、論点を頭の中で準備しておきます。勝利は敵の沈黙なので、あなたは彼らが沈黙するだろうと予想しますが、現実はJWの教えを完全に否定することによってあなたを驚かせ、沈黙させます。

「私たちが高等教育を受けられないとは一度も言っていない」

「いつ彼らは質問できないと言ったんだ?」

「世俗的な友人がダメなんて誰が言ったのでしょう?あなたには世俗的な友人がいたでしょう。」

そして、私はそこに座って、「この人たちは集会での話しを本当に聞いているのだろうか、それともただボーとしているだけなのか」と疑問に思います。使徒ペテロのように、彼らの日々の教えをきっぱりと否定するのです。
***

コメントを紹介します。

#1 統治体は「提案」がルールであることを知っています。エホバの証人もこのことを知っています。しかし、彼らは、これらの「提案」に従うことを選択しているという嘘に安心感を持ち、それがルールであることを指摘されるとその嘘を繰り返します。

#2 それは、ものみの塔が三人称で慎重に発言を作成し、曖昧であるためです。 「あなたは高等教育を受けられないでしょう」と言う代わりに、彼らは高等教育を受けて信仰から離れた他の人の話であなたを楽しませるでしょう。

彼らは本当に上手なんです。「沈みゆく世界で私たちは本当に高等教育を受けたいのですか?もちろんそうではありません。」のような発言は、人々にそれが指示ではなく自分の信念であると思わせるのではないかと思います。

#3 「...を選択した人もいます。」
「...するのが賢明でしょうか?」
「真のクリスチャンは……?」

彼らは、すぐに物議を醸すようなことを言うわけではありませんが、期待を明確にし、それに従わせることを周囲の圧力に任せます。

彼らは自分自身について話すとき、この種の言語を芸術に変えます。 「あなたたちは私たちを神に任命された指導者として尊敬すべきです。」のような大胆な発言は、「私たちは統治体をどのように見るべきですか?確かに私たちは彼らを神に任命された指導者として尊敬したいと思います。」のようなものになります。

#4 JWは自分たちの主張が間違っていることを知っていて、それを恥じているようです。私が彼らとどのように会話するか知っていますか?私は彼らに○○をしたらどうなるかを尋ねます。

たとえば昨日、あるJWは自分たちは野外奉仕に行くことを強制されていない、それは真実ではない、と言っていました。それで私は単に、もし彼が2、3か月野外奉仕に行かなかったら長老たちはどう反応するだろうかと尋ねました。彼の唯一の答えは、「そんなに長い間野外奉仕を休むつもりはないので、何が起こるか分からない。」です。

#5 彼らは確かにものみの塔に下線を引き、簡単なコメントを準備しますが、実際に勉強する人はほとんどいません。彼らには実際に何かを考える時間もエネルギーもありません。

かつて、より良い、より有益な家族研究を行う方法についてアドバイスを求めたとき、何人かの長老たちから、「私たちと同じように、jw orgで好きなものを見てください」と言われたことを覚えています。

つまり、彼らはJWの教えを否定しているのではなく、最も基本的なこと以外はJWの教えが何であるかをほとんど知らないということであり、それは問題にはなりません。ただ服従し、奉仕するだけです。

#6 私の叔母の話です。

叔母の孫(当時9歳)は、「進化と高等教育は悪であり、悪魔から来たものです」と言ったのです。

叔母は孫を正そうと「それは悪いことではありません。多くの人がエホバを知らないので信じていることが違うだけです。そのような発言がどこから出てくるのか理解できません。」と言いました。

当時私は 半信半疑のJWだったと思いますが、心の中で「冗談ですか?長老たちはいつも演壇から、すべてがどれほど邪悪で、邪悪で、邪悪なことか、特に高等教育は私たちがそれを求めるべきではない、と大声で言っていますよ。」と叫びました。同じ会衆にいて、彼女の孫は集会で聞いたことを言っただけです。

#7 もしあなたが日曜日の集会に出席していて、記事のイラストを見たら、あなたは、この人たちがどんな空想をイラストに込めているのか、すぐに理解するでしょう。これは、組織が大声で言わずに何かを教えるために使用する方法です。

ひげを生やしているのは、世俗的な非JW、つまり酒に酔った麻薬中毒者や叫び声を上げている愚か者だけです。悪いJWたちはサッカーの観戦で時間を過ごし、配偶者と一緒に暴力的な映画を鑑賞し、パーティーをしています。世俗的なスタイルではない良いJWは、より謙虚で行儀が良いものとして描かれています。

このイラストについて「私たちはそんなことは言っていない」と言うのは無理があります。

投稿 in USA
2024年04月22日 08:54:32

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
子供なのは一度だけです。ものみの塔はそれに代わるものを約束はしていません。 You only get to be a child ONCE. No promise Watchtower has made will replace it.

この言葉を一度聞いたことがあるのですが、今でも心に響き続けています。いつもそれについて考えています。子ども時代は一度だけです。

週末の朝は、アニメを見たり、好きなシリアルを食べたりする代わりに、奉仕活動に出かけました。誕生日や祝日は無関係で(でも、一年中プレゼントはもらえるはずでした。多分)、他の子供たちとの交流、チームスポーツ、楽しいクラブに参加すること、普通の若い恋愛も無関係でした。両親はカルトに人生を捧げたので、貧乏すぎて子供を楽しい旅行に連れて行くことができません。

たとえ楽園の地球で永遠に生きることが本当だったとしても(ネタバレ…そういうことはありません)、子供時代は決して戻ることはありません。ですから、子供たちにあなたができる最高の子ども時代をすごさせてください。
***

コメントを紹介します。

#1 これは重要な投稿です。なぜなら、イエスは子供たちに、すべてを捨てて一緒に伝道しなさいとは言わなかったからです。それは基本的には児童労働です。

JWはイエスの「子供たちを私の所に来させなさい」を「子供たちにものみの塔カルトを強制しなさい」と誤って解釈しました。

#2 私は、私が望んでいたすべてのことができるように娘を育てることで、私が望んでいたけれど決してなれなかった子供に敬意をあらわそうと努めています。そして、私がイライラした日や、疲れ果てた日でも、娘が何かをしたいと思ったら、「分かった、そうしょう」と言えるエネルギーを見つけるように努めています。土曜日の朝にはシリアルを食べて、アニメや YouTube を見て、私が子供の頃、そうことがいかに稀であったかを娘に話します。

娘が感じる喜びと経験を私も経験することで、自分の子供時代を癒しています。やり過ぎているかもしれないけれど、娘と一緒にあらゆることを祝うことができてとても幸せです。

#3 最悪だったのは、会衆に私と同じ年齢の子供が一人もいなかったこと、そして私はシングルマザーと祖母の一人っ子だったということです。とても孤独な子供時代でした。 18歳で組織から離れて自分の人生を築いたのは幸運だったけれど、子供時代はとても暗くて孤独な時期だった。

#4 過去に生きる必要はありませんが、過去が存在しなかったわけでもありません。私はJWの他の仲間と比べて、「まとも」な子供時代を過ごしましたが、騙されたことも確かに知っています。

「まとも」というのはかなり相対的なものです。私はとても頑丈な体だったので、手やベルトによる通常の「殴打」は効きませんでした。母はプラスチック製のトイレのパイプを使って私を殴りましたが、そうするとミミズ腫れが残り、皮膚が裂けてしまいます。私は今でもこれをJWの他の仲間と比べて「まとも」だと呼んでいます。

#5 JWに生まれた子供たちは 6 世代にわたり、職業やスポーツを追求しないように奨励され、基本的に「楽しみ」が限られてきました。全ては終わりが近づいているという理由からです。いい加減にしろ。

#6 大人になってからこの宗教にハマった愚かなJWの親たちは、決して実現しない幻想のために自分の子供の子供時代を犠牲にしたことを決して理解しないでしょう。真のナルシスト。

#7 JWが私たちから奪った子供時代を少しでも取り戻そうとするのに遅すぎるということはありません。私は40歳になったばかりですが、妻が小さな誕生日ケーキと風船をくれたので泣いてしまいました。

パーティーは苦手です。私は19歳でJWを離れましたが、「世俗的な友人」を作ろうとすることは、あまりにも苦痛でした。

とにかく、子供の頃は誕生日なんてなかったので、家を出てからは毎年妻と一緒に誕生日を祝うことができて、今でもとても幸せです。

#8 誕生日などの「重要な日付」を思い出せません。その概念が失われています。私は他人を祝うことも誇りに思うこともできません。私が試したことを信じてください。私は今年40歳になるので、生まれて初めて誕生日を祝いたいと思っています。でも、その方法がわからないからそうしません。何も感じずに頑張りすぎて、おそらく惨めになるだけでしょう。

自分のお祝いであれ、他人のお祝いであれ、何か特別なお祝いに直面すると、心の中で死んでしまったように感じます。歳を重ねるごとに良くなってきましたが、もし私の若い両親がドアをノックする「親切な」人々によってこのカルトにリクルートされなかったら、どんな人生だったのだろうかと今でも思います。

#9 土曜の朝、父は私と弟をベッドから引きずり出して一緒に奉仕に行っていました。私たちは8歳と10歳でした。会衆にいた姉妹が父に、「彼らはただの子供で、子供時代は一度きり。」と言いました。それは長老である父をとても怒らせました。父はそれを聞きたくなかったのでしょう。私たち子どもは無償の労働力でした。この JWの考え方は他に類を見ないものです。

#10 現在34歳ですが、この組織のせいで幼少期に抱いたトラウマが今でも残っています。虐待的な母親と相まって、私の精神状態は急速に悪化しました。愛されているという感覚がなく、適切なコミュニケーションができず、社交的な輪がありません(会衆内にもありません)。昔は最悪だった。私には今、自分の娘がいる。娘にそんなことが起こるのは絶対に許さない。

#11  43歳の私は、4歳の娘を通して、自分自身の失われた幼少期の経験を生きているような気がします。ここ数年で初めて旅行を経験し、娘のために誕生日パーティーを開き、学校にカップケーキを持って行き、娘が「普通の」子供であることを見ました。娘に楽しい機会をプレゼントするのは本当に癒しの経験です。子どもの私はとても寂しかったです。

#12 「一年中プレゼントがもらえるよ!」と言っていたのは私の家族だけではなかったとは知りませんでした。誕生日やクリスマスの時、誰かからの心のこもったプレゼントを断らなくてはならないことで、ばかばかしいほど傷つきました。私にプレゼントするために時間とお金を費やした人たちが、断られてどれほど傷ついたかは、想像することさえできません。

#13 妻は二人の娘たちを集会に行くよう強制し、娘たちを王国会館に引きずり込みました。私はすでに妻の宗教には入らないことを選択していたので、その間家にいてテレビを見ていました。

二人の娘は集会に行くより、私(父)と一緒に家にいて、おもちゃで遊びたがりました。ある日、娘が妻に、もうその宗教には関わりたくないと言いました。すばらしい!彼女は6歳でした。妻は激怒し、娘の服を脱がせて浴槽に放り込みました。私は娘たちとおもちゃで一緒に遊びました。

公園のすぐ隣に住んでいたので、よく遊び場に連れて行きました。私は娘たちを、同年齢の子供たちを対象にした全てのスポーツイベントに登録しました。バスケットボール、サッカー、野球など、子どもたちを忙しくアクティブにさせるものなら何でも。私の妻はどの試合にも一度も来ませんでした。

妻の行動が娘たちの感情に与えた衝撃は、妻と娘たちの間に厄介な亀裂を生み出しました。母と娘の関係は完全になくなり、私は両親の援助を受けながら一人で二人の娘を育てなければなりませんでした。

#14 私と友人たちは20代までずっとひどいJWで、隠れて高校生や大学生がすることすべてをするという二重生活を送っていたことをうれしく思います(笑)。結婚したらみんなJWやめました。私もそうでした。今では結婚生活もやめ、一人です(笑)。少なくとも、私はやれることはすべてやったと言わざるを得ません。

復活希望しない
2024年04月18日 00:45:11

①復活した1,090億人の食事は、時間になると天からマナが落ちて来てブロイラーの様な食事模様が浮かびます。
②復活したら地上で永遠に暮らすのであれば、食べなくても死ぬ事は無いのでは?(食べないと死んじゃう永遠の命では困ります)
③排泄は、復活したらみ使いの様になるらしいので(生殖器も無いので出ないのかな?)1,090億人が穴を掘って排泄していたら・・・
※すべては白馬に乗って現れるイエスが考えてくださると思います(馬のウ○○も拾ってね)

投稿 in USA
2024年04月15日 07:47:16

アメリカの掲示板にあった投稿を紹介します。

***
楽園…それとも Paradise…or is it

楽園の解釈についてずっと考えているんですが、どうして楽園なのかよくわかりません。

今 -「新しい世界」に入るために、伝道し、重労働し、迫害と大艱難に耐える。

その後-どこに住むか、何をするかを割り当てられ、1000年間懸命に働き、説教し、教え、その後また大艱難が続く。

それは本当に楽園とは思えません。
***

コメントを紹介します。

#1 彼らが楽園がどのようなものであるかについての非聖書的な仮説を私たちに話し、それは世界規模のベテルのようだと言ったとき、私はベテルにいたのですが、私の心は凍りつきました。

私はベテルが大嫌いでしたが、少なくとも「この事物の体制」では、いつでもそこを出て、どこかで平和に暮らすことができます。それが世界規模になると聞いたとき、最初に思ったのは、逃げ場はないだろうということで、次に考えたのは、もしかしたら宇宙に住めるかも。

#2 私もベテルにいましたが、多くのベテル奉仕者は、自分たちはすでに楽園に住んでおり、ハルマゲドンの後にはそれを拡張するだけだという考えを持っていました。JW の楽園に関する考えは神権的共産主義のようなものであり、JW はソ連と同様に無能な官僚的全体主義です。

#3 私が子供の頃、私たちは車で走り回って、楽園で住みたい家を指差しました。公平を期すために言うと私たちはかなり貧乏でした。そして夢物語は素晴らしかった。

#4 まあ、あなたは明らかに理解していません。パラダイスはギリシャ語の「北朝鮮」に由来しており、文字通りには「微笑まなければ、偉大な指導者があなたをサイコロよりも小さく切り刻んでしまうだろう」という意味です。

#5 地球上には1170億人が住んでいたと推定されています。

ハルマゲドンで殺害される80億を差し引くと。これで、1,090億人が復活する必要があります。1,090億人の人々が復活したときに世話をするJWは800万人だけです。

復活した1,090億を800万JWで割る = 13625

1 JW ごとに 13625 人が復活します。見守り、食事を与え、衣服を与え、教える。覚えておいてください。これらの人々は何も持たずに現れています。彼らはすでに死んでいます!

つまり、今あなたの家には 13625 人が来ていることになります。あなたが結婚している場合は 27250 人、家にいる JWの子ども 1 人につきさらに 13625 人です。

この人たちはお腹が空くでしょう!

他の JW に助けを求めることはできません。どのJWも同じ問題を抱えています。

13625 人の世話をする必要があります!!

#6 1,170億人が復活するとしたら、この人たちは一体どこに住めばいいのでしょうか?私がJWにそう尋ねると、彼らは混乱して私を見て、エホバなら何でもできると言いました。

#7 聖書を普通の本のように読み、そこに登場する神の性格を知ったら、神の支配下で生きたいとは思わないだろう。そこは指導者があなたの考えを読むことができる北朝鮮です。恐ろしい。

温かくて抱きつきたくなるような、光り輝くひげを生やした父親の姿は、聖書には登場しません。嫉妬と怒りに満ちた神は、主に死という形で復讐と報復を楽しんでおり、率直に言って不快な存在です。

#8 私は自分自身の楽園の夢を実際に持ったことはありません。試してみましたが、うまく行きませんでした。しかし、私の母は非常に明確な楽園の夢を持っていました。

母は私たちが当時住んでいた家と同じような家を建てるつもりでした。母は石鹸職人になるつもりでした。母はまた、馬に引かれた小さな荷車に乗って世界を旅するつもりでした。

母は「現在の楽園」についてどう思っているのだろうか。母はそれを受け入れてしまったのだろうか。(彼女のためにそうならないことを願っています。)私にとってそれは確かに楽園のようには聞こえません。

Board footer