ログインしていません。

#76 2017年04月05日 00:44:37

カレブ
Administrator

Re: 聖書と誕生日について

Soraさん

>カレブさん、あなたの主観やレッテル貼りの内容が増えていますよ。

レッテル張りというよりも
出来るだけ具体的に事例をあげるため
ものみの塔の引用やスキャンとかを張っているつもりです。

サイト全体にわたってわたしは単なる主観ではなく
事実に基づく内容を提供するように心がけています。

Soraさんはエホバの証人の信者として
組織に対する批判を受け入れるのは難しいと思いますが
以前はSoraさんのように考えていた人が
西暦前607年や他の教理の明確な間違いを理解して考えを変えています。

>誰かが何かをしたことに、後から非難や否定を投げかけるのは容易いですが、幸せですか?

こういう質問も一つ一つ答えること期待されてるのですよね。
答えは、ものみの塔の間違いを指摘すること自体は
わたし個人の幸せとも不幸とも影響はあまりありません。

>本当に建設的なこと、ポジティブなことにご自身の時間や能力を使われたらいかがですか?

わたしにとってはこのサイトで指摘していることは一般的な見地で
ポジティブとかネガティブとかの基準で測られるものではないと思います。

少し前にも説明しましたが、わたしが ものみの塔の偽りを指摘するのは
エホバの証人が他の教会の偽りを指摘しようとすることと動機は重なる部分があると思います。

幸せを願ってくださりありがとうございます。

ぜひサイトの中の情報をじっくり調べてみてください。

オフライン

#77 2017年04月05日 01:04:33

Sora
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

Adminさん

私は批判的な情報も全て統合した上で、やはり信じているのですよ。

鬼の首を取ったかのように607年、607年と繰り返しますが、考古学的なものは判断に幅が出て当然です。あなたが引用していない、JW側を裏付ける研究者も世界には多数います。

また一部分を切り貼りしたスキャンをアップしても恣意的な結果をもたらすだけでしょう。
私があなたの過去の発言の不用意な文章だけをきりはりして、Adminさんはどうしょうもない人間だと示すものを作ることもできるわけです。



サイトの中身を調べるよう私に提案してくださいました。

私もあなたにご提案したいことがあります。

聖書の理解では、私とあなたは相入れることはないでしょう。

でも人類が普遍的に受け入れることのできる良書がありますよね。
「7つの習慣」
「人を動かす」
など。
誰もが認める良い本です。

こういう良書をしっかり読みこなしても、
あなたは今しているように
このサイトの運営やJWへのレッテル貼りにご自身の時間を用い続けるのか、試してみてください。


どうぞご自愛ください。
ありがとうございました。

#78 2017年04月05日 01:30:53

カレブ
Administrator

Re: 聖書と誕生日について

>鬼の首を取ったかのように607年、607年と繰り返しますが、考古学的なものは判断に幅が出て当然です。
>あなたが引用していない、JW側を裏付ける研究者も世界には多数います。

「あなたが引用していない、JW側を裏付ける研究者も世界には多数います」

具体的に誰ですか?

わたしが知る限りJWの”研究者”以外は皆無です。

誕生日の話題からはそれますが、
別スレッドでも良いのではっきりさせましょう。

恐らくその討議によって Soraさんの目が開けるかもしれないですし
閲覧しているエホバの証人の方々もとても関心あると思いますので
ぜひ一緒に考えてみましょう。

オフライン

#79 2017年04月05日 09:57:36

ワーゲン
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

607年に関する考古学的証拠、私も関心があります。
もしこのサイトで提示されている以外の有力な証拠があるならご教示いただけないでしょうか。
これは決して冷やかしではなく、先入観のない客観的な情報を欲するが故のお願いです。

少し話がそれますが、私は現在仕事でアジアの某国にいるので、中国や韓国の方と接する機会が多くあります。
実際に接してみると、多くの方々に対して、日本のメディアが報じるようなネガティブな印象は持ちません。しかし、それと同時に、日本=悪者ということを「真理」だと信じる人が一部にいることも事実です。
彼らにとって、日本=悪者という先入観は絶対的なものであり、それを支持する証拠には非常に精通しているものの、自身の主張と相いれない証拠には頑なに目を瞑ります。
確かに、日本がかつて行った歴史的暴挙は否定できない事実ですが、これをもって日本の、ひいては日本人のすべてを否定されるということのやるせなさは、日本人であればお分かりいただけると思います。

話を戻しますが、古代エルサレムが滅びたのがいつなのか、考古学的証拠はその多くが客観的なものであり、(607年を信じる信じないにかかわりなく)先入観に左右されないものです。
そういう意味を込めて、考古学的証拠や研究発表の提示を頂ければ助かります。

#80 2017年04月05日 10:43:47

つぶやき次郎
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

つぶやきシローだと芸人さんと同じ名前だから変えます。だれも見てないと思うけど。

この方は、jwの教えは絶対的な真理ではないと認めていますね。
絶対的な真理ではない教義、あるいは組織に命をかけるなんて自分にはできないなー。

#81 2017年04月05日 11:26:38

ラッピー
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

Soraさんへ

お疲れ様です。
もう、議論は終わりましたか?

私も現役です。

Soraさんも熱心 に活動されている事と思います。

Soraさんのような方は会衆に時々います。

よく調査し、考え抜かれた注解を必ずする姉妹です。
長老よりも一目置かれます。

残念ながら、会衆の大半の人はSoraさんほどよく調査し考え抜いてはいません。

とりあえず、やってはいけ無いことを固く守り、集会に出席して一回は注解し、最低週一奉仕に出る。
それだけやってれば、楽園に行ける。という程度です。

非信者と議論する能力ないです。

だいたい奉仕に出ても、議論吹っ掛けられることほとんどないです。
私も「論じる」の本から随分割り当てを作りましたが、現場で論じあったことはほとんどありませんでした。(皆無ではありませんが)    27年になり、開拓もやりましたが。
もちろん、何十年も開拓やっている人は別でしょうが。

Soraさんはその能力のゆえに議論したい気持ちはわかりますが、背教者との議論は無駄ですし勧められていませんので、おやめになった方がいいです。

それよりもあなたが仰る、「一部の狂信的」エホバの証人の家族と論じあって、それは狂信的だから止めるように、諭してください。世の人の誤解を招くと。

私の経験から結論するとエホバの証人はほとんど狂信的ですし、狂信的に形作られていきます。
そして「人生を搾取され」「不幸の押し売り」になります。
ほんと、良く言ったものです。

#82 2017年04月05日 11:30:50

mm
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

恐れ入りますが、わたくしも、607年を支持する公的な資料を知りたいと切に願う一人です。
忠実で思慮深い奴隷である統治体を統治体たるものとしている、1919年の起点となる暦と認識しているゆえです。

#83 2017年04月05日 17:10:37

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

Sora さんの発言:

鬼の首を取ったかのように607年、607年と繰り返しますが、考古学的なものは判断に幅が出て当然です。あなたが引用していない、JW側を裏付ける研究者も世界には多数います。

わたしもJW側を裏付ける研究者の名前を知りたいです。
ぜひ、607年を裏付ける歴史的根拠となる
学術的な資料の出典をご教示ください。
よろしくお願いいたします…。

オフライン

#84 2017年04月05日 20:43:16

鬼太郎
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

これは真面目なお願いです。是非BC607年を裏付ける資料等を教えて下さい。
この掲示板 このサイトを閲覧する方々の全てが知りたいはずです。
仮にBC607年が本当に正しいならば受け入れます。

オフライン

#85 2017年04月05日 21:49:28

ささらほーさら
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

上の方々と同意見です。

ここに集う方々の多くは、かつてカール・オロフ・ジョンソンが
B.C.607年説を支持する確たる証拠が皆無であることを「詳細な論文」にして協会に送ったことや
結果的に、協会が何の「根拠」も挙げることなく彼を「排斥」したことを知っています。
ですので、確かな情報があるのであればご提示お願いいたします。

わたしとしては、確かな根拠があるなら
協会は彼の誤りを親切に正しただろうし
後々の資料にもその根拠を載せただろうと思っていましたので・・・。

オフライン

#86 2017年04月06日 16:12:13

つぶやき次郎
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

組織やレイモンド・フランズが血眼になって探しても見つからなかった証拠があるのかなぁ。そのような証拠があるんだとしたら、WTとしても願ったり叶ったりだよね。ぜひ、教えてほしいな。

#87 2017年04月06日 18:12:01

モトシモベ
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

soraさん、音沙汰がありませんね。

重箱の隅つつきや揚げ足取りではなく、みんな真面目にBC607の根拠を知りたがっていると思います。
やりとりは楽しかったですし、熱量が高いsoraさんの投稿は貴重なので、また登場していただきたいものです。

#88 2017年04月06日 18:45:33

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

人間としての誠実さは、
自分の話したことに責任を感じて、
その質問に対してまっとうな答えをすることに
表現されるべきだと思います。
自分が語ったことが、たとえ間違っていてもです。

Soraさんがご自分のことを誠実だと思われるなら、
あなたの発言に対し声を上げている脱塔組に対して、
ご返事くださることを期待しています。

不都合なことに返事をしない
JW統治体のようではありませんように…。

編集者 ラハム (2017年04月06日 18:46:49)

オフライン

#89 2017年04月07日 07:34:46

ささらほーさら
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

Soraさん、どうしちゃったのでしょうね?

Sora さんの発言:

鬼の首を取ったかのように607年、607年と繰り返しますが、

B.C.607年問題は、JWにとっては大切な「根幹」ですよ。
これが崩れたら、組織の主張も統治体の存在も全部「無意味」「虚空」のものになるのです。
実際には、これを自覚できているJWは少ないのですけど・・・。


Sora さんの発言:

考古学的なものは判断に幅が出て当然です。

ことB.C.607年問題に関しては、幅が出る余地はないです。
しかも、証拠って考古学的な証拠だけではありませんし・・・。


とても残念に思うのは
JWは、繰り返し「最高の教育が施されている」「正確な知識は重要である」と刷り込まれています。
そうするうちに、これだけ強調しているのだから
協会からの情報はすべて「正確に違いない」思い込んでしまうところです。
それで、研究生のうちはそれなりに「事実確認」をしていた人でも
そのうち自分で確認をしなくなる点です。


Saraさん、どうぞご自分で調査してくださいね。

オフライン

#90 2017年04月07日 08:56:40

yangmask
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

ささらほーさら さんの発言:

協会からの情報はすべて「正確に違いない」思い込んでしまうところです。
それで、研究生のうちはそれなりに「事実確認」をしていた人でも
そのうち自分で確認をしなくなる点です。

上記の意見は極めて的を射ていると思います。多くのJWが少なからずそのような傾向にあると言わざるを得ませんね。

しかし、私は、排斥者として、組織が提供する資料とは全くの別ルートで、西暦前607年説について考察しました。それはそれ、これはこれです。信者が盲信的なのと、JW組織の見解が間違っているというのとは、また別問題ですからね。

先日、西暦前607年説に関する投稿をしたんですが、どういうわけか、未掲載となっており・・・??? 何かのミスなら、再投稿しますが、カレブさん、よろしいですか?

#91 2017年04月07日 10:12:07

現役僕
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

お久しぶりです。いろいろと整理が付きもう現役僕ではありません。
開拓もおりましたし、集会にも行っていません。
私が、こうした決定をしたのも西暦前607年問題についてこのサイト、また他の資料を研究した後、やはり教えられてきたことは間違っていた(自分がこの組織を信じて費やしてきた人生を考えると受け入れがたい事実ではありましたが)と確信したからです。

家族はまだ組織にとどまって(組織を信じているわけではない)います。親族とのつながりもあり私自身は幽霊部員のような形です。

西暦前607年はエホバの証人の教理の根幹と言って間違いないものです。
そこを覆されて(もちろん他のおかしな教理についても考えたうえで)組織にとどまり続ける必要はないと判断しました。

しかしながらsoraさんは、JW側を裏付ける研究者も世界には多数いますと言われた、、、
私も、そんな証拠や権威者、また考古学上の証拠があるならぜひ知りたいです。
少なくとも、私の周りにいる巡回監督、長老達に答えはありませんでした。
soraさん、ぜひ教えてください。お願いします。

#92 2017年04月07日 10:27:36

てつてつ
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

現役僕さん整理ついてよかったですね kiss

オフライン

#93 2017年04月07日 12:22:33

カレブ
Administrator

Re: 聖書と誕生日について

yangmask さんの発言:

先日、西暦前607年説に関する投稿をしたんですが、どういうわけか、未掲載となっており・・・??? 何かのミスなら、再投稿しますが、カレブさん、よろしいですか?

yangmaskさん
投稿はわたしの判断で削除しています。
再投稿は不要です。

Soraさんと他の人の間で話題になっている点から話題をそらすものになりますのでご遠慮ください。

もし何か主張されたいのであればご自分の掲示板かサイトで投稿してください。
http://jbbs.shitaraba.net/study/12834/


あと ヤングさんにお願いなのですが
東京から離れてしまってから ヤングさんの投稿の新鮮さがなくなっているように思います。
また”東京ぶらりヤングの旅”みたいなものは作れないでしょうか?

あと数年前から期待しているのですが
前にヤングさんが述べられていたように支部を訪問する企画はないのでしょうか?
それを実況中継みたいな投稿があること期待していたのですが。
計画はないですか?

タイトルは”突撃!エビナの晩ご飯”というのが良いと思います。

オフライン

#94 2017年04月07日 18:31:06

てつてつ
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

多くの信者が良心的兵役拒否をしています。

について自分の意見です
http://www.ootaabc.com/newpage23.html

オフライン

#95 2017年04月08日 00:55:47

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

1914年や1919年や西暦前607年などの深い考察については、怠惰な単なる一読者の私がどうのこうの言う立場にはおりません(ただ、あんな危なっかしい資料を2号に渡って掲載した「塔」2011/10~11月号のあの連載には素人の私にも穴だらけであることがバレバレで、“なんでこんな疑惑の記事を協会はわざわざ記事にしたんだろう?” という思いが拭えませんでした)。あまりに抜けが多くて、不信感を募らせる効果しか及ぼさないんじゃないか、と。あれを読んで信仰と組織への信頼が強まったという現役さんに今まで会ったことがない。

それよりなにより、イエスの生誕年です。

日本の世界史の圧倒的大多数は、イエスの生誕を「西暦前4~6年」としている教科書が多いのです。それを前提としてすべての出来事が解説されています。

これでは、学校で “証言する” ときに「12月25日はキリストの正確な誕生日ではないんです」みたいな論理は通用しません。学校の図書館には西暦前4~6年説をベースにした資料しかありませんから、「あなたの言う西暦前2年とやらを裏付ける根拠を示しなさい」と先生に言われたら、協会の出版物を見せるしかないわけです。当然、却下。イエスの宣教期間も没年もすべて狂ってきます。説得力はありません。

困った私は、巡回訪問中の監督に「学校の教科書はそもそもイエスの生誕年を西暦前2年にしてないので困っているんですよね~」とため息を漏らしたら、にこやかに「よく調べてるね、そうなんだよね~」でおしまい! 何の追加資料もフォローも励ましもありませんでした。

いま想像するに、あの時点で巡回監督は20年以上先に記事になる可能性のある “穴” に薄々気づいていたんじゃないでしょうか。

小難しいことは何も必要ない。手元にある日本語の資料(協会製であれ世俗のものであれ)だけでもコツコツ当たれば、K・O・ジョンソン兄弟が進言した「1914年はヘン!」という結論を導き出すには十分だったのかもしれません……

>Soraさん

いずれにしてもここまで大風呂敷を広げたからには何らかの投稿があって然るべきだと思いますよ。前607年を支持する数多くの考古学者の実名のリストが。そして彼らが協会のご用学者でないことを証明する何らかの裏付けが。

最後に誕生日:

幼少期に母親から教わった身としては、バースデーケーキがなかったりプレゼントがなかったことは始めっからのことでしたので、苦痛でも何でもありませんでした。ま、どんちゃん騒ぎは別として、ささやかにキャンドルを吹き消すことに神経質になる必要があるんでしょうか(Make a wish! はヤバいかも)。もうすでに「過去の風習の意味合いが忘れ去られてしまった乾杯や婚約指輪」と何ら違いはなくなってしまった、と考えるのが妥当と思います。

#96 2017年04月08日 08:50:45

ささらほーさら
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

おはようございます。

1,000時間さん、婚活は順調ですか?
今時、過去に「数人と同棲もしくは半同棲済み」の方は普通ですよ (笑)
(当然、本人は何も問題視していませんから結婚してから発覚したりする)


1,000時間奉仕者 さんの発言:

幼少期に母親から教わった身としては、バースデーケーキがなかったりプレゼントがなかったことは始めっからのことでしたので、苦痛でも何でもありませんでした。

その辺が男の子と女の子では相当違います。
我が家でも(男2人、女2人)誕生日のお祝いが問題になっていたのはいつも女の子です。
男の子2人が誕生日のことで苦痛になっている様子は見受けられませんでした。
(彼らにとっては、むしろバレンタインデーが問題でした。)

その点、女の子は
黙っていてもクラスメートや一緒に登校する子からプレゼント&(当時は)カードが来る。
彼女たちの誕生パーティに招待される。
学校では毎月、その月生まれの子供たちの誕生会がある。

気持ち的に全く「拒否」できる子ならいいのですが
「羨ましくて仕方がない」娘にとっては毎回が苦痛なわけですから・・・。
親からの・・・というより、
どちらかというと
苦痛的には、同世代のイベントという点で疎外感が強かったみたいですよ。

編集者 ささらほーさら (2017年04月08日 08:52:14)

オフライン

#97 2017年04月08日 22:36:02

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

ぐさっ! >ささらさん

過去、したことのないアプローチとかを試みてはいるんですけどね~、こればっかりはなかなか……

「ホステスさんのいるようなお店に絶対行っておくべきだ!」という地元の友人に引っ張られて、足を運んだりしたことはあるものの、「婚」を意識した目で会話をするとどうしても会話が「弾む」ものではない、ということが分かったところで「お時間でーす」の声が。やっぱこの手のアプローチは向いてませんね、私 (^^;)。やめやめ。

誕生日祝いの男女別反応の違いですか……考えたこともありませんでした。さすが親経験者は違うゎ……。

「孤高の信者」がときに高く評価される大人の世界と違って、女子たちは「つるんでナンボ」の世界でしたね、確かに。対抗して会衆内によっぽど仲良くいつもいつもつるんでいる同世代の成員が多くいない限り、(誕生日であれ何であれ)世間のイベントに無関心でいられる女の子は珍しいと思います。本当に長く付き合える親交関係はそういうものだけでつながってはいないとはいえ、すでに十代でそれが分かる学生は少数派です。

誕生日問題は今、本当に当落線上にあるんじゃないかと思います。いま晩の集会で討議している「支配」の本でも最近、「クリスマス、十字架、誕生日、イースター、バレンタイン、年末年始の行事をJWたちがいかに暴いて避けてきたか」を強調した部分が扱われましたが、「また余計なことを……」と呪わしく読んでいました。

バビロン的な慣行からいかにして逃れてきたかを際立たせる節の数々なのですが、雑誌の一記事ならともかく、集会のプログラムで討議してしまってから「すいませーん、◯◯と△△については問題ないってことが新たな理解によって明らかになりましたから、ここんとこ削除!ってことでどうかヨロシク!」みたいな訂正がオンライン更新で追加として載るのはマズくね?と個人的に踏んでいます。いやぁ、ネットって便利ですね (^^♪)

#98 2017年04月10日 17:13:13

聖書についての質問
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

JWの重要教義、エルサレム陥落=紀元前607年説の根拠を教えてよと言う呼びかけに対して、無理もないけど、現役JWのSORAさんは沈黙を守り続けています。

このスレッドは「誕生日」という比較的軽い話題だったせいか、現役JWのSORAさんが参加し、JWだって普通の人と同じで、子どもの誕生を祝うよ、ただし誕生会は、統治体の指導の下、各自の良心に基づいた、自由な判断の結果として、誰もしないけどね、みたいな事を書いてくださいました。ところが、「JW=ほとんど北朝鮮人民」説をカレブさんに言われだした頃から、有効な反論ができないせいもあってか、かなり感情的になっていたようで、#77で「鬼の首を取ったかのように607年、607年と繰り返しますが、考古学的なものは判断に幅が出て当然です。あなたが引用していない、JW側を裏付ける研究者も世界には多数います。」という、世界の考古学に挑戦状をたたきつける爆弾発言をして、その後、予想通り、沈黙という経過をたどっています。

こういってはなんだけど、末端のJWに神秘的で、難しい教義の根拠を聞いても答えられませんよ。質問がある場合は、やはり、神様の地上での代理人、神様に代わって信者にありがたい教えを伝える統治体に尋ねるべきですよ。

実は、エルサレム陥落の年について、統治体に手紙を書いたイギリス人男性(信者歴27年)がいます。彼は、エルサレム陥落の年について、8か月間、徹底的に調べ、大英博物館にも問い合わせた結果、どうしても紀元前607年を支持する証拠が得られなかったので、思い余って、調査結果を添えて統治体に質問の手紙を書いたらしいの。まじめな人ですね。
返事は、
http://www.jwfiles.com/wt_honesty/607v5 … g_body.htm
にあります。
日付は2000年6月3日となっています。
返事を読んで、手紙を出した人は大いに失望。紀元前607年を正しいとする何の証拠も書かれていなかったから。

返事の内容を簡単に紹介しましょう。
重要なのは3段落目です。より確実な年代はバビロンが滅びた紀元前539年だと主張。さらに、ユダヤ人がエルサレムに戻ったのは、その2年後の紀元前537年。その年がエルサレム荒廃の70年の終わりの年。そうすると、エルサレム荒廃が始まったのは紀元前537年の70年前の紀元前607年になるというものです。
付けたし的に、紀元前586年説の主要な根拠となっているのはプトレマイオスの記録だとし、それはロバート・ニュートンが否定的な評価をしているもので、信用できないものだと主張しています。(これは事実誤認だし、反論になっていない。信者だったら、少し情けなくなるね)

4段落目では、一般的な歴史の年代と聖書からの年代で違いがあった場合、聖書を信じるか、不完全で断片的な世俗の歴史書のどちらを信じるかという問題なのだと主張。JWは聖書に基づいた年代を基本的なものとして選び、世俗の歴史は単に助言的なものと見なすべきと主張しています。

5段落目では、エホバが、忠実で思慮深い奴隷を通して、更なる詳細を明らかにされるのを待ちましょう、というようなことを書いている。

6段落目では、長老とコンタクトを維持してくださいといい、ヤコブ5:14.15「あなた方の中に病気の人がいますか。その人は会衆の年長者たちを自分のところに呼びなさい。(略)」を引用し、この手紙はあなたの会衆の長老にも送ると言います。


つまり、JWの偉い人たちでも、自分たち「独自の聖書解釈」以外に紀元前607年という年代の根拠はないということね。今まで言っていた以上の根拠はないけど、世間の人がなんと言おうとも、俺たちのことを信じろよな、これ以上つべこべ言うと、おたくの長老に連絡して排斥するぞ、そんな感じの、JWの体質をよく表しているお返事ですね。

でもね、自分たちの解釈は聖書に基づいているから正しいのだと言う主張は成り立たないの。4つの数字(前539年、2年間、前537年、70年間)から前607年が出てくるのだけれど、聖書的根拠がありそうなのは、たった一つ。70年間だけ。エレミヤの言っていた70年間です。計算の起点となっている前539は一般の歴史家が導き出した数字ね。それに2を加える。バビロンからエルサレムに戻るまで2年間かかるでしょうという根拠の乏しいいい加減な数字ね。それで前537が出てきて、後は70年さかのぼると前607と言うもの。バビロン陥落の年を、一般の歴史家が言う前539とするなら、エルサレム陥落の年もなぜそうしないの?最初から前607と言う数字があって、あとは適当に数字を操作しました、ということでしょうね。

#99 2017年04月10日 17:40:40

SMG
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

昔、

ドキドキプリキュアで学びました。
この台詞は忘れられません。

「一つの命が生まれてくるのは『奇跡』なんだよ。あなたも 私も 亜久理ちゃんもその節目の日をお祝いしたいと思うのは 至極当然のことなんだよ!」

実の親がテメェかわいさにそれを否定するということは ただただ得体のしれない人間にいいように吹き込まれて自分勝手に思い込むだけ思い込んで漠然と信じてるあったこともないわけのわからないやつのために 我が子の存在を否定するということなんだよ。

それはいいことだと思うか?
「命日の方を大事にしろ」なんて 先祖崇拝を否定する教理からも明らかに矛盾していると言わざるを得ない。

#100 2017年04月10日 20:27:16

てつてつ
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

聖書の質問さん 大変興味深い手紙の紹介ありがとうございました

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer