ログインしていません。

#26 2015年06月06日 13:20:58

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: 2世の目

こんにちは。

でもね、1,000時間奉仕者兄弟、塔が「巧妙」に「両刀使い」だったことも確かなのです。

30年ほど前の地域大会(現地区大会)では、
確かに「今子供を設けることは相応しいか?」とか
「それは知恵の道か?」みたいなプログラムがあって
とにかく「今は目前に『終わりが迫っている』から良く考えろ」というか
「子供なんか生んだり育てたりしている時じゃないだろ!」みたいな扱いだったのです。
さすがに「サタンの仕業」とは言いませんでしたが....。

そのプログラムの後、
出産してそう日が経っていない姉妹や出産間近い姉妹が
その話しの後、泣いていたのでよく覚えています。

そして、その頃生まれた子供たちが
例の酒鬼薔薇聖斗と同じ年代だったので
後々姉妹たちが「やっぱりエホバの導きに間違いはないわね」
な~んていう話しが出たりしていました。

でも、結局「終わり」が来ないので、み~んな「過去」のことになりました。

オフライン

#27 2015年06月06日 15:46:17

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 2世の目

へぇ、30年前(around'85)ですか……
件の研究記事(88)がギリギリ入ってるかどうかの
微妙な時期ですね。

私は40年前の大会の記憶がかすかに残っている世代ですが
講演内であからさまに諌めているのは覚えていません。
(単にプログラムを聞き逃しただけかもしれない)
地区大会の話はほぼ全部、読み上げスピーチですから、
土地の差、講演者の差ではなさそうですね。

ただ、「こんな時代に妊娠するなんて…!」みたいに
姉妹たち(自らも子ども有)から言われて
憤然と詩編127:3で反撃した姉妹の話は聞きました。
よく辛抱なさったなーと感服しました。

#28 2015年06月09日 01:12:26

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

ささらほーら様、みなさん、こんばんは

ささらほーら様のコメントを見て思い出しました!
確かに、大会でそのような内容のプログラムがありましたね。
古いマイコン兄弟姉妹は、もうすぐ楽園が来るのだから、サタンの世で子どもを作る必要はないと今でも考えている人がいます。
約20年前の大会での事。30代後半の姉妹が私達家族の近くに座っていました。
私達家族から声を掛けた訳ではありませんが、その姉妹が近づいて来られ、たわいもない世間話を私の母と始めました。
その姉妹は母に、今、私達夫婦はとても落ち込んでいる。その理由は子どもができたから。子どもができるなんて、時と予見しえない事が起きるとはこういう事ですね。子どもなんて、、、と泣きながら話しておられました。
夫婦なら当然子どもができてもおかしくない訳で、それは時と予見しえない事なのでしょうか?子どもなんて、、、本当なら喜ぶべき事を泣くほど落ち込む。おかしいと思いませんか?
最近は子どもを持つという、当然の選択をする夫婦が増え、大会会場でも小さな子ども達が見られるようになってきたと聞いています。
しかし、少し上の年代の夫婦は子どもが欲しくても欲しいと言えず、我慢した人達がたくさんいるのは事実です。
今だに連絡を取り合う一組の夫婦には子どもがいません。今から子どもを作るには年齢という壁もあります。その夫婦は子どものいる夫婦を見ると辛くてたまらないと言います。私達も、周りのエホバの証人の目を気にせず、サタンと言われても子どもを持てば良かったと後悔しています。
子どもができたと泣く人、子どもを持つという選択をすればよかったのにと後悔し苦しむ人。
エホバは愛の神、幸せの神だと教えているのに、なぜこのような事になるのでしょうか?

独身を強要された兄弟姉妹も大勢います。
40代を目前にした姉妹から、これから自分はどうなるのか?どうしたらいいのか?考えると不安でたまらないと言われた事があります。
開拓でまともな職についていない、頼れる夫もいない、不安なのは当然です。
しかし、私と一緒にこの姉妹の話を聞いていた長老は、姉妹には信仰がないのか!エホバは何と言っておられますか?エホバを信頼していないのか!姉妹に同情ややさしい言葉をかけるのではなく、不信仰と決めつけ、傷を癒すどころか塩をすり込んでいました。
結婚を真剣に考えお付き合いを始めた若い2人を不道徳者のように扱い、無理やり別れさせたという例もあります。理由は若さの盛りを過ぎていないのに、異性と付き合うのは不道徳な考え方だ。
2人は付き添いを付けて会っていました。エホバの証人の教え通り、真面目な?お付き合いをしていました。それでも不道徳な考え方?長老の頭の中が不道徳だから妄想を膨らませたのでしょうか。
無理やり別れさせられた姉妹は今も独身です。精神的に不安定で、薬を服用し続けています。

結婚しても、独身でも、この宗教は人を不幸にする。私から見た2世の目です。

私は幸せなエホバの証人ですと言われる方を私は否定し、無理やり覚醒して下さいとは思っていませんので、反論のある方はスルーして下さい。

#29 2015年06月09日 08:35:51

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 2世の目

なるほど、やっぱり私がプログラム中に寝てたんですね (^^;)

今でもハッキリ覚えているシーンがあります。

もう10年以上前のことですが、野外奉仕の合間に十数人がおしゃべりしている時、皆が知っている他会衆のある「兄弟が近々結婚するんだって」という他愛もないことに話が及ぶと、
司会者の長老が「また一人、”自分の身に患難を招く” ようなことをする人が現れた」とせせら笑いました。

その時は私も近い考え方をする傾向があったので「皆の前でそんなこと言って大丈夫か?」ぐらいに捉えていました(私も同罪ですね)。

時は流れて10年後、彼のムスコ兄弟が20代半ばで結婚しました。
例の件を覚えていた私がその長老に「ムスコくん、結婚したいと言い出してビックリしたんじゃないですか?」と尋ねると、「いや、あの子が必要の大きな会衆に出かけるにあたって、”結婚を考え始めたら準備しておくべきこと” を話して聞かせたからね」とシレっと言いのけたんです。

大抵のことには怒らない私が「憎悪」を感じた数少ない例の一つです。

#30 2015年06月09日 21:25:37

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 2世の目

昔1970年代ですが、、、
1975年にハルマゲドン到来を信じていた多くの開拓者夫婦がいました。
その中の一組、なんと妻が妊娠したのを知って、、、堕胎しました。
クレージーそのものでした。
彼らは1980年代時点で長老夫妻として開拓を続けていました。
これでは狂信者と言われても仕方ないですね。

#31 2015年06月10日 18:14:48

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

鬼太郎様

堕胎ですか‼︎クレージー過ぎますね。
堕胎は禁止のはずですが、開拓&長老夫婦として残れたんですね。
当時は堕胎もオッケーだったという事でしょうか。
タバコもクリスマスも現在は禁止ですが、昔はオッケーだったのと同じなんでしょうか。
終わりが来る、明日にでも来ると宣伝しています。
私は幼い時に、あなたは中学校に通う事はありませんよ。終わりが来ますからね〜、と言われましたが、中学校どころか今や中年です。
ある姉妹は、年金に加入するのは義務ですから、年金を納めてくださいと言われました。
当然ですよね、国民の義務ですから。
しかし、姉妹の答えは「楽園がすぐに来ます!ですから私は年金を受け取る事はありません!楽園が来たら広々とした土地と立派な家が私には与えられるんですよ。ずーっと向こう、境界線が見えないくらいに広い土地でお金の心配もなく永遠に生きるんです。ですから、私は年金を支払う義務はありません!」
役所の人はこの姉妹をどう思ったでしょうね。きっとクレージーな人だと思った事でしょう。
年金を払わなかったこの姉妹は現在生活保護を受給しています。善良な国民の税金を搾取して生活し、奉仕と集会が命!なんだかなぁ、と思います。
年金だけでなく、生命保険に加入しなかった人たちも過去にはいました。
生命保険=不信仰
だそうです。現在はこのような考え方はしませんから、保険に加入している人が大半ですが…、昔は意味がわからない終わりがすぐ来る来ると、本当にクレージーですね。

次回、時間がある時に2世が見た、聞いた巡回について書きたいと思います。
そういえば、2世というと児童虐待かというほどムチをされた人が多いと思いますが、このトピックにはその経験があまり見られませんね。
思い出したくもない経験ですから、当然かもしれませんね。

#32 2015年06月10日 20:46:33

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 2世の目

ムチの話とは微妙に違いますが……

終戦間際の沖縄。
まもなく米軍が上陸してくる。
民間人たちは壕の中に隠れて
息を潜めてやり過ごす。

一緒に連れてきた赤ん坊が
じれてグズリ出す。
グループのリーダーの男が
赤子を取りあげ刺し殺して言う、
「黙らせないからだ。
見つかっちまうだろ!」

なすすべもない母親……。

沖縄戦を語る時によく取り上げられるエピソードです。

「ん、どっかで身近に聞いたことあるな……どこでだっけ?」

……私が幼少時、夜の集会中に泣き止まない子の母親に、古株の姉妹が言ってたセリフに似てました――この先、禁令が敷かれて迫害者たちから隠れなくちゃならなくなった時、すぐに泣き止むようにしつけとかないと、会衆を危険にさらすじゃないの!――

あのころ、「そうか、そうだよねー」とか考えてた自分が恐ろしい。

#33 2015年06月10日 21:31:18

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 2世の目

ともかく過去のJWの歴史は、、消し去りたいことが多いですよね。
いずれは、輸血禁止も過去の話としてしまうのでしょうね。

#34 2015年06月14日 18:41:13

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

こんにちは、
私が見た、2世から見た巡回について書きたいと思います。
私は幼少時代から成人するまで組織におり、神権家族の子どもでした。
私の記憶に残るのは、流石は聖書の規準にあった素晴らしい巡回…はいませんね。
反対に流石はこの組織の巡回!と言える人は多くいました。その中から何人かご紹介したいと思います。
まずは、
妻は美人でした。姫のようだと言われていました。しかし、姫はワガママし放題、言い放題。
まず、宿舎の部屋に自分が観る専用のテレビを置くこと。冷暖房完備は当たり前。気にいらない事を言われた、気にいらない人がいる会衆には行かない。夫だけでそれらの会衆には行きます。夫は妻を注意するどころか、巡回の妻は負担が大きくて大変なんです。私の妻は繊細なので、、、そんな繊細な姫は一般信者様の寄付やもてなしを受ける必要はありませんから、さっさと巡回辞めればいいのにと言われていました。しかし、夫は私の父のお財布が大好きだったようで、招待もしていないのに家に来ていました。父と一緒に買い物に行っては、一般信者が買わないような⚪︎⚪︎牛などをカゴいっぱいに入れて、父に会計という特権をくれていましたね。うれしそうに会計をしている父からすれば、きっと特権だったのでしょう。
結局、妻が繊細すぎて心が疲れたからと、数年後に辞めましたが、最初から断りなさい!皆さんに失礼なだけです。
次は、元エホバの証人の方がブログに実名で書いている巡回。この方の武勇伝はあまりにも多いので、色々な話しを知っている方も多いでしょう。私の会衆にもこの巡回がまわっていました。自称首切りの⚪︎⚪︎。宿舎は自らこの家と指定する。それ以外の方が提供を申し出ても断固拒否。食事招待も気に行った家を指定。貧素な食事が出る家には行かないというか、行きたくないという事でしょう。私の家は食事招待に入っていなかったのですが、訪問中に急に日曜日の夕食よろしくね。友人も連れて行くからと言われ、返事も聞かず。そして、日曜日の夜、よく分からない韓国人の友人を何人も連れてやって来ました。食べて飲んで、私達家族には全然分からない話しを楽しんで帰って行きました。私の家は居酒屋さん?連れてきた分からない人の一人は我が家に来た2週間後に排斥になったと後から聞きました。2週間後という事は、我が家に来た時には既に決まっていたはずですよね。どうしてその人を連れて来たのやら…。その後も、次は⚪︎⚪︎のレストランに行きたいから、予約しておいてくれ、次は⚪︎⚪︎が食べたいから用意しておいてくれ。巡回様のお好みにあった食事をご用意できるのは特権。妻はいつも地味を通り越し、汚い色の洋服を好んで来ていました。自分の妻の服装を姉妹達は模範とするようにと言い、ピンクのカーディガンを着ていた姉妹の夫は長老の推薦を拒否。理由は、派手な色の服を着る妻を持つ兄弟は長老にふさわしくないから。自分の妻に見習わない姉妹は反抗的。あなたの不細工な妻にはその汚い色の洋服はよくお似合いですよ、はいはい。聖書の規準を当てはめた素晴らしい巡回ですね。
次は、食事招待をする人達から事前にメニューを提出させてメニューチェックする巡回。気にいらないメニューは考え直しを言い渡す。必ず決まった野菜のサラダ、岩塩、オリーブオイルとレモンを用意しておく事。デザートはデパートか老舗で買って来る事。その辺の洋菓子店やスーパーで買ったデザートは召し上がりません。巡回ですから、安い物は食べませんよ!口が肥えていますから。外食の場合、ファミレス禁止。高いお店限定で、時にはレストランを指定する。食べさせてもらってるという感謝はありませんね。
最後は、今は無い地域。巡回と一緒にやってきた地域の妻が凄い。自分の言う事は絶対正しい!私は偉い!崇めろ!という態度と言動。奉仕の足をさせていただいた時の事、「地域って損なのよね〜、巡回の時はあれが欲しい、これが欲しいと言えばすぐ備えてもらえるけど、地域って会衆の人とあまりかかわれないでしょう。だから、欲しい物がすぐ手に入らないのよね〜」
一般信者のお金を何だと思っているか、よく分かる言葉ですね。

めざしとごはんがあれば十分です。そんな巡回が昔はいたと聞いた事があります。
残念ながら、私は出会えませんでしたが…。

特権が欲しいと望む方は、巡回にたくさん貢ぎ物をするのが早道だと思います。私が出会った巡回はお金が大好き、貢ぎ物が大好きな方ばかりでしたからね。

#35 2015年06月15日 13:23:22

音響部門
メンバー

Re: 2世の目

はじめまして  匿名希望さん。

もしかしてわがまま巡回はS,Mでしょうか?   私の交わっていた会衆にも何度か来られました。
宿舎は確か自分の王国会館で済ませていましたね。  食事の材料費を出すという謎の割り当てがありました。

野外奉仕の集まりも長い・・・・・ 15分で区域にむかうどころか30分近く話していましたね・・・・・
巡回訪問中の野外奉仕の集まりは近くの公民館を借りておこなったのですが、のどが痛いから声が出ない。  音響設備を用意するように。と前日に言われ、どでかいラジカセとマイクで音響を用意したのもなつかしいです。

基本奉仕は出ずに、集まり後は行方不明になり、お昼の食事前になぜか戻ってきていました。

突っ込みどころ満載の巡回ですね。

オフライン

#36 2015年06月15日 18:19:00

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

音響部門様

はい、ビンゴです!音響部門様の会衆も振り回されましたか‼︎その方の話はつきませんよね〜笑

#37 2015年06月15日 19:35:03

音響部門
メンバー

Re: 2世の目

私は昨年JWを辞めた2世です。 開拓、僕と忙しくしていましたが、色々あり審理委員会にかけられ排斥となりました。(不道徳ではないですよ)

阪神間の会衆や組織にはかなり深く接していましたので、S、Mの話は懐かしく感じます。




でも巡回の中には個人的には良い方もいました。特にK兄弟は。 今は九州にいるようですが。

そういえば先日久しぶりに関西に戻ってきて、阪急伊丹駅で降りると見たことある方が公の証言をしていました。

開拓者学校の教訓者にもなられた方でした。      そういえば宝塚のJWは今どうしているのでしょうか。
元特会のY兄弟夫妻(妻は天然でした) HLCで会衆の調整者のF兄弟、パソコンなどは使えないF兄弟、わけありの元特会? K夫妻(とにかく注解が長い、 意味が分からない・・・)

懐かしいです。

オフライン

#38 2015年06月15日 23:30:09

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

音響部門様

深く入り込んでおられたなら、私では知り得ないような数々の2世が見た⚪︎⚪︎がおありでしょうね。
また、審理委員会、排斥、大変だった事と思います。お察ししますと安易に言えませんが、組織から完全に離れる事ができた事が、音響部門様の新しい人生のチャンスになるよう心から願っています。
2世で、世の教育を受けていないと、一般社会では戸惑うことが数々あります。
そんな事は常識ですよ!会社で何度言われたでしょう。しかし、その常識が分からない。何度も恥ずかし思いをしました。学歴の無さに悔しさを感じたり、時には高卒である事を小馬鹿にされたりする事も…。実力社会、自分の腕一本で食べていけるような能力は私には無かったので…。社会って辛い、大変だ、エホバの証人として育った自分には無理なのかと感じました。
しかし、今では、そんな話も笑い話にできるようになりました。なんとか頑張っています。
笑い話にできるから、このトピに書き込みができるのかもしれませんね。

トピのお題から話がそれてしまいました。
話題を戻して下さい。
失礼しました。

#39 2015年06月16日 14:43:44

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 2世の目

私は上の方々ほどスゴい?巡回監督に当たったことはありませんが、会衆の一般的な成員から見れば「変人」と呼べなくもない兄弟たちなら心当たりがあります。

面白いのは、彼らが行なっても特別、問題視されないのに対し、会衆のヒラの成員(もしくはシモベ風情?)がマネすると途端に叱責の対象になる、というところでしょうか。バッジがモノを言う日本では(世間でも)珍しいことではないんだけど……

ところで、長老団の中のある兄弟、もしくは担当している巡回監督のことを「チクりたい!」時はどこにどう通告するのが確実なのでしょうか? ベテルにいきなり電話かけても相手にされないのは分かり切っています(そんなことしたら奉仕部門が当該会衆を調べ出して、主宰監督がトバッチリを受けることになりそうです、っていうか一度、似たような経験をしたことがあります(汗)。

だいぶ前になりますが、ブルンジ(アフリカ)で迫害がひどくなった時、当時の主宰監督の音頭でブルンジ政府に抗議の手紙を送ろう!という無謀なイベントがありました。他会衆でもやってたのかな?

原文は英語の達者な姉妹が作文して、それを手書きで綴って、それぞれが封筒に入れて送る、という原始的な手法でした。現代なら「ブログを炎上させる」に相当するかもしれません。

戻って、

旅行する奉仕者の振舞が目に余る場合、支部にそれぞれ個別の封書・ハガキで海老名宛に抗議文を送ったら効果ありませんかね? 一度に何十通も届けば、それなりの影響がでるかも……とか期待したことがあります。

ある会衆の合併話が持ち上がった時のことを聞きました。

このケースでは合併とともに、現有KHの解体・撤去も予定されていました。
そのKHは、RBCが活動し始める前に建てた、いわば手作り会館だったので、そのことに配慮?した主宰監督が「集会後にアンケートを取ります。この(撤去の)決定について皆さんが思うところを無記名で書いてください」とステージから発表します。
一同、「????」となった時、一人の”空気読めないKY”な成員が挙手して質問します:「そのアンケートの結果、否定的な意見が多く集まったら、この合併話はひっくり返るのですか?」と。

絶句する主宰。

集会後、その質問者のもとには「よくぞ尋ねてくれた、自分たちも同じことを訊きたかった」という姉妹たちが続々と集まります。
ま(当然ですが)撤回などされるはずもなくそのKHは更地になり、現在はその痕跡もとどめていない……というオチでした。

日本でも「内部告発者をどう守るか」という法的レベルの論議が交わされているそうで。
”愚かな民主主義”じゃない神の民はどのように守られ、救出されるんでしょうか?

#40 2015年06月16日 15:03:58

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 2世の目

元巡回監督達がべテルから特別に、かつ内密に任命されて旅行する監督ウォッチャーとして
支部に報告していたものですが、、、。
最近は、この取決めも無くなったのかな?

#41 2015年06月16日 21:28:21

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 2世の目

某最悪の会衆に関しての事例、、、
元べテル奉仕者も含めて複数の兄弟達が連名で支部に手紙を書き事情を訴えました。
その結果は、、、
名を連ねた兄弟達は特権はく奪、その後は僕も長老にも任命されないブラックリストに
なりました。

#42 2015年10月24日 22:54:56

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

別トピで話している内容が、2世の目のトピだと思うようになり、久しぶりにこちらのトピに書き込みしたいと思います。
元2世、脱組織をしたいけどできずに悩みながら組織に残っている2世の方が、こちらの掲示板に書き込みをしたり、閲覧しておられると思います。
元2世の方の書き込みがもっと多く、このトピは盛り上がるかと思っていましたが、思っていたほどの盛り上がっていないように感じます。
よく考えてみると、それは当然かもしれません。思い出したくもない、忘れたくても忘れられない記憶の数々です。
以前、1世でJのブロガーさんがよく使われる言葉「覚醒」した女性の方が自分の経験や組織で感じた?を書いておられました。結構閲覧者がいたようでした。コメントもその方に賛同したり、応援するような物ばかり。しかし、その方が1世の目から見た2世についてブログにかいた時の反応はとても厳しいものでした。簡単に言えば1世に2世の苦しみがわかる訳ない!勝手に語るな!的な感じの反応です。私は記憶がある時には既にJの中にいた、神権家族の中で育った元2世です。元2世から見ても、そのブログに対する反応は驚くほど。結局、そのブロガーさんは2世の方に謝罪の言葉を最後にブログをやめてしまいました。
2世の経験してきた事は、苦しむとか、苦痛とか、そんな言葉では言いあらわせないものなのだと、改めて感じました。言いあらわせない、思い出したくないのですから、このトピに書き込みが少ないのは当然です。
私は今、何とか世の中で生きています。ここに書き込みができるという理由は、何とか生きていれているからかもしれません。
書き込みできるまでになれたから、少しづつ、私の見た2世の目を書き込みしたいと思います。

鬼太郎さんへ
鬼太郎さんのご提案でこのトピを思い出しました。
でも、正直、炎上は避けたいですが…。


私の書いた内容と感じ方が違う方もいらっしゃるかもしれません。人によって、経験した時の反応は様々だと思って見ていただけたらと思います。1世の方のブログの反応は、私はそこまで言わなくても?この人は1世だから?2世から見ても本気でこわかったです。

#43 2015年10月24日 23:50:14

カレブ
Administrator

Re: 2世の目

匿名希望さん

書き込みありがとうございます。
二世の立場からの率直な意見大歓迎です。
わたしもここ数年、ずっと課題のように考えている内容でもあります。

同じ物事でも1世2世でずいぶん感じ方が違うというのはたびたび感じます。

いろいろ考えて感じたのは
基本的には1世の多くの人は2世の置かれた状況を
理解するのは難しいということです。
JWの組織の中というのは北朝鮮の支配下のようなもので
本音など言えません。ましては弱い立場におかれた
子供が本音など言えるはずがありません。

二世の間でも現役時代に本音はやはり本音で語り合うことは
できなかったと思うのですが、しかし学校時代の大変さとか
会衆の中での圧力とか、ある程度は共通に経験しているので
言葉にしなくても分かり合える部分が
あるのだと思います。

元JW1世の立場になった人は
恐らく現役時代には「二世って恵まれた立場」という
概念でしか見ていなかったと思います。

やはり共感するためには時間が必要です。
そして情報を得ることです。
それでもやはり思いをリセットするには
時間がかかると思います。

そういう意味でも二世の人たちが
自分の経験をネットで語っているのは
とても貴重なことだと思います。

それは親世代の人が熟考する糧になります。
それは今後三世を育てる二世にも必要な情報なのではないかなとも思います。
というのは、二世でも三世を育てるときに自分の記憶を修正してしまっている
場合もあるので、やはり必要だと思います。

昨日たまたまサム・ハリスという研究者の動画を見てて
面白いなと思ったのが
人は群衆というものよりも「一人の人」に注目したほうが
同情心が出るという話でした。

実験で孤児に対する寄付を募るときに
1人の男の子か女の子を写真に乗せて寄付を募るほうが
複数の子供たちを写真に乗せるより、人々の
寄付への意欲が高まったというものでした。

つまり一人の人に注目したほうが
同情心が得れる場合があるということです。

それは難民となった群衆を映すより
海でおぼれ死んだ難民の男の子一人の
写真が多くの同情を得れるのと同じです。

2世が経験を語るのは貴重なことだと思います。
特に 幼いころにバプテスマを受けた人が
家族から忌避されているような状況とか
組織内の人にも考えさせるだけではなく
一般社会にも問題を理解させるのに必要な
情報であると思います。

オンライン

#44 2015年10月25日 00:21:58

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 2世の目

一世のJWの中には、友人のT兄弟のように単純に『二世は恵まれている』と決め込み、高卒後は開拓奉仕から特開かべテル奉仕を目標にすることが当然だと『励ます』タイプもいます。
Tは別の会衆に移転してから長老になりましたが、二世に厳しい
その種の兄弟達は、親や会衆・巡回監督からも『会衆の子供達をよく励ましている立派な兄弟』と評価
されるものです。そのため、余計なお世話的な励ましが倍増するものです。
まぁ、、迷惑だったと思います。
かといって、僕みたいに『ハルマゲドンが先になったら 生活は?』などと考えて、励ますことに及び腰
のタイプは評価されないものです。
結局のところ、組織がバカならおなじようにバカにならないと、、
組織が無責任なら同じように無責任にならないと、、、特権は与えられません。

#45 2015年10月25日 00:43:16

カレブ
Administrator

Re: 2世の目

鬼太郎さん こんばんは。
わたしが思うに、現役JWが「二世は恵まれている」と考えるのは
理解できる点だと思います。というのは
それは「この組織こそ真理であり命である」という前提があれば
当然そうなるだろうと思うのです。

それで
問題になるのは元JWになった後なのですが、

もしその人が「この組織は偽りである」という立場になったら
以前の「二世は恵まれている」の考えの基盤になっていた
大前提が崩れていると思うのです。

たぶん元二世が元一世の発言に厳しく反応するときは
その大前提の部分が崩れているはずなのに
以前のJW時代の感覚で語っているように思えるときなのかな
と思うことがありました。

しかし、これも
WTは間違いという共通認識ができても
聖書教育は良いものだと考える立場の人なのかによっても
「二世は恵まれている」という感覚が継続するのか
差が出てくるのかなとも思いました。

オンライン

#46 2015年10月25日 00:45:00

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 2世の目

つまり、、、JW二世は組織のシステムの最大の犠牲者です。
仮にJW開拓~長老一直線であっても、組織から離れてしまっても、いずれにしても
幼い頃に選択の余地がない、いわば強制洗脳されたわけですから、、。
カレブさんの提案通り、個々のケースを取り上げるとよりよく理解できると思います。
特に、主婦の研究生で幼い子供達にJW教育をしようとしているケースでは警告となりますから、、。

#47 2015年10月25日 01:05:17

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

1世から見える組織と2世から見える組織は全く違うと思います。
「恵まれている」
頻繁に1世の方々から言われましたね。
「何が?あなたバカですか?」
と、私は正直思っていました。両親がいますから、思っていても口に出せず、皆さんご存知の模範的なJスマイルをしておきます。私はJスマイル、上手だったなぁ(笑

まず幼い頃に私が2世で困った経験を書きたいと思います。
私は幼稚園に通わせてもらえませんでした。近所に幼稚園があり、地域の子どもたちはその幼稚園に通っていました。母は幼稚園に通わせようと考えたそうですが、研究司会者から「幼稚園に入れるなんて!サタンの子になる」と言われ、父は長老から子どもを幼稚園に入れたら特権はとらえられないと思ってくださいと言われ、断念。幼稚園=サタンですか‼︎特権は無理ですか‼︎
断念の一番の理由は、父が特権を早く欲しがったからだと思います。
幼稚園に通わないので、親に連れられ奉仕に出かける。帰って来ても、近所に住む子はサタンだから遊んではいけません。友だちはJのみから選びなさい。私の年代は子どもは多かったのですが、Jの子どもはお互いを比較され、ランク付けされる世界。友だちなんて選びたくないし、何故幼い頃からいびつな人間関係の中に押し込まれるのか。テレビも人気の番組はほぼサタンだと言われて観る許可されず。
そんな私も小学校に入学する時が来る。小学校では既に幼稚園や保育園からの人間関係ができあがっています。そこに割り込むように入っていかなければいけません。でも、いびつな人間関係の中にいた私は、どうすれば友だちが作れるのか?その方法がまずわからない。会話も通っていた幼稚園などの話しやテレビの話しを皆んなしているけど、私にはどちらもわからない。
「おはよう」と誰に声を掛けていいかすら?でした。加えて、小学校に入ると証言を強制されます。私の小学校では、毎月クラスでお誕生日会、七夕集会、運動会の応援、クリスマス集会があり、その度に「参加できません」と証言に行かされます。
周りの子どもから見れば、変な宗教の家の子。
6年間も証言させられるんですよ!1世の皆さんに分かりますか!信仰なんて全くないのに、親がJだという理由で皆んなと同じ事ができない。変な宗教の家の子と見られる事がどれほど辛いか分かりますか?
2世の中には、友だちなんて簡単に作れたよ。証言に行っても学校側が親切にしてくれた。そんな方もいるかもしれません。
でも、私は友だちの作り方すら分かりませんでした。学校はJの考えに寛容ではなかったので、毎月行われるお誕生日会では黒板の前に立たされ2時間。七夕集会やクリスマス集会は学校全体行事だったので、体育館で行われましたが4時間グランドピアノの前に立たされました。(今なら教育委員会が許しませんね)
全生徒からの視線が辛かった。(書いていたらフラッシュバックでわめきたい気持ちになりますね)
辛さに耐えても、親も会衆の1世からほめられる事はありません。「エホバの子は当然でしょ!辛い?サタンだわ〜」という反応。なら、あなた方が私のかわりに証言しなさいよ。黒板やグランドピアノの前に立たされなさい。
大人が会社でこんな事を何年間も耐えろといわれて、耐えられますかね。
ここを閲覧している親の皆さん、あなたは子どものかわりに耐えましたか?2世で3世の親になろうという人は、自分と同じ経験を本気で自分の子どもにさせたいと思いますか?

書いていてあまりにもムカつくので、今回はここまでにします。中途半端ですいません。

#48 2015年10月25日 01:48:33

カレブ
Administrator

Re: 2世の目

匿名希望さん
子供時代の大変な様子を書き込んで下さりありがとうございます。
昔は今以上に学校での理解も得られず、さらにJWの中では厳しいしつけとあり
大変なところを通り抜けとこられたんですね。

時代は変わってきているのかもしれないですが
今のJWの子供たちの状況も心配です。

>ここを閲覧している親の皆さん、あなたは子どものかわりに耐えましたか?
>2世で3世の親になろうという人は、自分と同じ経験を本気で自分の子どもにさせたいと思いますか?

アメリカなどJWの歴史があるところで、1世2世の違いがあまり論じられることがないのは
子育て世代が2世や3世になっているからかなと思うことがあります。

日本でも今「子育て」世代が二世に移ってきていると思います。
そんな中、子供への圧力が減って
大人になって自分で決める道と割り切れるようになるのか、
それとも昔とほとんど変わらないのか
気になるところです。

昔と大きく違うところは
昔はとにかく、すぐにハルマゲドンが来るという勢いが
あったのだと思うのですが、
今はさすがに二世が三世を育てるとき
昔のような勢いというのが減っているのではないかと
感じます。

オンライン

#49 2015年10月25日 08:33:02

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

昔出会った可笑しなJの話しなら笑いで書き込みできるのに、自分の子ども時代の経験を書くと、こんなにムカつくのかぁ、と正直驚きました。
2世の目の書き込みが少ない、そりゃそうだ。

それでも書き込みしていきたいと思います。(両親がまだ現役マイコンなので、身バレしない程度にですが…。あんなに辛い目にあわされても、両親を完全に切れない。両親とな絆とか愛とかではないのですが…。)
さてさて、続きを書きます。小学校で大変の一言ではすまない思いをさせられる。あくまで、させられるです。信仰の強制ですからね。
親に証言したくないと言った事があります。何故証言したくないのか?ちゃんと理由を聞いて、気持ちを分かって欲しがったのですが、私の親の取った行動は「親の言う事が聞けないのか!誰に食べさせてもらってるんだ!サタンはいらないから出て行け!」そう言って、ランドセルや教科書、少しの洋服を玄関から放り出し、私は顔を思い切り叩かれて家から放り出されました。小学生が家から追い出されたらら、それは死ねというに等しい事です。
夜中まで、玄関の隅に座っている時の気持ち。「どうして自分はJの両親の家に産まれたのか?普通の家の子になりたい。Jは自分の人生をメチャクチャにする。自分で食べられるようになったら絶対にJなんかやめる」
小学生がこんな事、普通思いますか?暴力と育児放棄するという脅し。ありえないですね。
鞭なんていつもの事。聖書的に見て戒めが必要だからなら、両親はマイコンだから仕方ない行動かもしれませんが、自分の機嫌の良し悪しでも聖書を持ち出し鞭をする。読んでいる1世の親だった方、あなたもそうなのではないですか?聖書、聖書と言って自分が行った鞭を正当化しようなんて、ありえませんよ。まだマイコンで、本気でハルマゲドンや楽園を信じているなら、あなたは通過も入る事も無いと思います。児童虐待をしたあなたは、エホバに何といい開きをするのですか?
まだ片親だけがJなら子どもは逃げ場があるかもしれません。集会に行きたくないと未信者の親に言えるかもしれません。(それでもきっと辛く大変ですよね)
今回も中途半端ですが、ここまでにします。

#50 2015年10月25日 12:44:13

匿名希望
ゲストユーザー

Re: 2世の目

↑読み返してみて、感情的になり過ぎ、誤字の多さ。読みにくい文章になっていますね。申し訳ないなぁと思います。
もう少し、冷静になってから続きを書きたいと思います。

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer