ログインしていません。

#1 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年02月02日 00:48:19

卓郎さん

こんばんは。#327のirisです。
卓郎さんは人間の欲望には醜いのと醜くないのがあると思いませんか?

健康にすごしたいという欲望は、人間として当然の欲望です。そのために医学的知識を用いて、衛生的な環境を整えたり治療方法を開発したりして病気の予防と治療をすることは、学問の正当な活用法です。

政治的な素養もないのに世界の王になりたいという欲望は、醜い欲望です。そのために医学的知識を用いて、麻酔薬を大量投与したり神経毒を散布したりして人を死なせるのは、学問の歪んだ活用法(悪用ともいう)です。

違いがおわかりでしょうか?

#2 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年01月29日 01:17:29

ジョエルさん

人間の声だけで奏でられる無伴奏のハーモニーは、教会でとても大切にされてきました。
今の日本では、教会で聞くことはあまりありませんが、合唱団で歌った16世紀頃の曲などは、独特の美しさがあり楽しかったです。
コンクールの課題曲にもありましたが、普通の曲とは違い、あまり歌詞を検討せずに仕上げた記憶があります。

数学は数式などの美しさを大切にするところがありますね。数学の美しさ自体に価値があるとする感覚は、素人ながらなんとなくわかるような気がします。

#3 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年01月29日 00:40:41

ジョエルさん、コメントありがとうございます。

合唱か何かをなさっていたのでしょうか?
最近は各国語のミサが推奨され、普段は日本語しか使われないので、日本の教会でラテン語の聖歌を歌える信徒は聖歌隊くらいになってしまいました。
私も教会や修道院で歌うことより、一般の合唱団で歌うことのほうが多かったです。

どんな学問も、人間の醜い欲望のために歪んだかたちで利用されたら、悲惨な結果を生むことになりますね。特に政治的に悪用された場合は被害も甚大なものになります。
物理学も、医学も、神学も…

#4 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年01月27日 19:37:49

萬燈さん、コメントありがとうございます。

ラテン語の式文を紹介してくださりありがとうございます。合唱や声楽に親しんでおられる方なら、同じ歌詞を歌ったことがあると思います。

萬燈 さんの発言:

この栄光の賛歌、20年前に初めてカトリック教会に行ったときに、思わず涙が流れた賛歌です。。。
特に、

主なるおんひとり子、イエズス・キリストよ。
神なる主、神の子羊、父のみ子よ。

のところでしょうかね。
キリストを神と告白するのは、初めてなのに懐かしい、そんな思い出があります。

信仰には理屈でないところがありますね。
出会ったときの懐かしさ、私にも記憶があります。信仰がほんとうに自分のものになるのは、初恋の人と結婚するようなものかもしれません。

最近驚いたのは、コーランの美しい響きに感動してムスリマになった方のこと。
日本人がイスラム教に改宗するのには、キリスト教よりもずっとずっといろいろな壁があるように思いますが、それほどの出会いだったのでしょう。

「今おられ、かつておられ、やがて来られる方(ヨハネの黙示録1章8節)」に出会った私たちと同じように…

#5 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年01月26日 10:55:08

研修会は2世の中高生が対象だったようです。この団体は「自然尊重・自然順応の教えに従い、医薬に依存しない健康や、自然農法による安全・安心な食を基にした信仰生活を重んじております」とのこと。子どもの意識がなくなったり、呼吸が止まったりしても、救急車を呼ぶのではなく団体の指導者に連絡して「浄霊」で対処したことを「素晴らしい」と考える人たち。ここにも無責任な宗教団体のせいで適切な医療を受けられない子どもたちがいることに憤りを感じます。

ワクチン接種を勧めていなかったことに多少は責任を感じたのか、団体は謝罪文を掲載し「浄霊奇蹟体験談」も一時的に引っ込めました。でも浄霊がウリのこの団体、「浄霊医術こそが科学で医学が非科学」と言うくらいですから、喜んで飛び付く人がいる限りは変わらないでしょう。関連する団体では医療ネグレクトによる死亡例も出ているようですが、そちらは気にならないのでしょうね。

少なくとも「浄霊こそ科学」と信じ込まずにすむ程度の科学的知識は、高校までに全員に身に付けさせるべきです。自分たちの命を守るための知識ですから。

#6 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年01月26日 10:48:44

三重県津市の「ミロクコミュニティ救世神教」の研修会に参加した人たちが麻疹(はしか)に集団感染し、ニュースになっています。信仰上の理由でワクチン接種をしていない人が多かったため、感染が拡大したとみられています。

三重県内の参加者29人のうち24人が感染し、家族や学校で接触した人にも感染が拡大しているそうです。三重県外の参加者からも拡がり、感染者は46人にのぼっているとか。

麻疹は死ぬ病気です。麻疹ワクチンより麻疹そのもののほうが間違いなく危険!!!
この掲示板でも、ワクチン拒否を推奨していた方がいらっしゃいましたが、ワクチン拒否は子どもの命を危険にさらす可能性が高いということをしっかり認識していただきたいものです。

#7 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2019年01月26日 01:08:16

萬燈さん、動画の御紹介ありがとうございました。
主の降誕から1か月経ち、すっかり時期外れになっても、まだちょこっとしか動画を拝見できていなくて cry

バチカンのミサを初めて見ました。入堂のときに、会衆がこぞってスマホで撮影していたのにはびっくりしました。でもパパさま(ローマ教皇)がいらしたら、日本の信者たちもミサ中にスマホ撮影しちゃうのかな。警護の人らしい人たちが一緒に入堂して来られたのもバチカンならではと思いました。そういえば11月下旬にパパさまが来日されると報道されていますね。広島・長崎の市長らからの要請で、被爆地を訪問されるほか、東日本大震災の被災地も訪問されるとか。

ミサの始まりに、子どもたちがお花をささげていましたが、振り袖姿の子もいましたね。言語は違っても、ミサの式次第は同じ。世界中どこに行っても、いつもどおりの御ミサにあずかれるのは嬉しいなと思いました。

残りの動画もぼちぼち拝見したいと思います。ありがとうございました。

#8 Re: 総合フォーラム » とりあえず書き込み用 » 2019年01月26日 00:25:45

てつてつさん、よいお仕事をなさいましたね。
ほんとうにおめでとうございます。

#9 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年12月25日 02:05:50

今日はクリスマス。

最近人気の“チコちゃんに叱られる!”でも取り上げられていましたが、昔の暦では日没から1日が始まりました。今でいう24日の日没から25日の日没までがクリスマス当日ということになります。
今でもカトリック教会の典礼では日没から1日が始まります。御降誕(クリスマス)も御復活(イースター)も、日没後に御ミサが始まり、世の光であるキリストをろうそくの光とともに迎えるのです。

イエスの誕生日はわかっていません。
しかし、私たちを闇から光へ移してくださったキリストを記念して、日が長くなる冬至に合わせてイエスの誕生を祝う習慣が受け継がれています。

キリストを信じるみなさんにも、そうでないみなさんにも、幸せがきますように…

#10 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年12月25日 01:26:06

私たちの生きるこの世の現実には、辛いことや苦しいことがたくさんあります。
何の落ち度もないのに、病気や障害を抱えて生きる子ども。子どもの苦しみに寄り添うしかない家族。信頼する親からの虐待に苦しむ子ども…

そんなとき、ヤハウェでもイエスでも、阿弥陀さまでもお薬師さんでも、救いとなる物語を信じることができたら、それが今を生きる力になるかもしれない。物語を信じる力は、ヒトだけに授けられた素晴らしい能力です。

#11 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年12月24日 18:02:06

ラハムさんコメントありがとうございます。

長い年月にわたり聖書に親しんでこられ、今も学び続けておられるラハムさん、その真摯な姿勢には頭が下がる思いです。これからも一緒に学ばせていただきたいです。

聖書協会共同訳は今月発行されたばかりで、私はまだ読んでいません。
カトリックの典礼では新共同訳を使っていますが、今後は聖書協会共同訳に変わっていくのかしら?
訳が変わると、違和感があるかもしれません。ことばには力がありますからね。
私の好きな聖句も、文語訳が好きなもの、新共同訳が好きなもの、新改訳が好きなものといろいろです。

外国語ができる方は、いろいろな言語で読み比べるのも一興ですね。

#12 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年12月24日 13:01:39

それから、引用されているのはものみの塔の新世界訳のようですが、他にもいろいろな訳がありますから、聖書そのものを読み比べるのも面白いですよ。

最近では聖書協会共同訳という新訳が出たようです。

#13 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年12月24日 12:53:27

アノニマスさん、聖書通読なさったのですね。
聖書は全体として容易に読めるものではありませんから、努力されたのですね。

聖書の解釈はほんとうに難しいのです。なにしろ旧約聖書は古代ユダヤ民族のために書かれたものですから、その時代背景を理解しなくてはなりません。新約聖書もキリストを信じる人たちがそれぞれ自分の信念を表明していますから、矛盾するところがたくさんあります。また、聖書を読む人の立場によっても解釈は違ってきます。

キリスト教の中でも宗派によって解釈の違うところがありますし、信仰を前提としない読み方もあります。聖書の解釈に唯一の正解はないと私は思っています。いろいろな立場の人の意見を参考に、自分なりの解釈を見つけるしかありません。

聖書を大切に思われるのなら、是非いろいろな立場の人の参考書を読み比べてみてください。聖書の世界がもっと面白くなりますよ。

#14 Re: 総合フォーラム » アブラハムの神の限界 » 2018年12月21日 01:44:21

三太郎さん、こんばんは。

三太郎 さんの発言:

言いたかったのは、ダイヤモンド博士は大量虐殺の抑止力として中央政府の存在を挙げていましたので、族長制と推測される縄文社会より、クニとして成立していた弥生社会の方が、大きな争いが多かったのは何故なのかということです。

中央政府が率先して大量虐殺を主導することもありますからね。
無法状態よりはマシということかと思います。

三太郎 さんの発言:

それにしても、人間が虐殺に走る大きな要因としての“us vs them”の背後に、動物から引き継いだ獣性があるというのはどうなのかなと思いました。ゼロではないと思いますが。おそらく民俗学者の大半は反論するのではないでしょうか。

賤民を差別することには「穢れ」の観念が影響していると思いますが、残虐な行為そのものはやはり三太郎さんのおっしゃる“獣性”によるものと私は思います。

「人間と進化は関係ない!!」とお考えの方には大変お気の毒ですが、中枢神経系の基本的な構成は脊椎動物に共通です。
ですから、私たちヒトも脊椎動物の一種として、お魚さんやカエルさん、はたまたスズメさんやお猿さんと同じ原始的な脳に支配されています。

原始的な脳の一部である扁桃体は、快・不快などの判断を行い、情動を引き起こします。
例えば、敵に気づいた瞬間に恐怖や嫌悪を感じ、即座に逃避行動や攻撃行動に移るのは、扁桃体の働きによるのです。

普通は「人間らしい」行動をするように働く前頭前野(最も高度に進化した新しい脳の領域)が扁桃体の働きを抑え込んでいるので、嫌な奴に出会ったからといって、いきなり殴りかかったりはしません。

しかし、前頭前野はストレスに弱く、不安が高まったりすると働かなくなって、扁桃体が暴走するままになってしまいます。

美作騒擾の16年前の渋染一揆では、地域の民衆が被差別部落民と共闘して差別を撤廃させています。このときには地域の民衆にいくらか余裕があり、前頭前野が「穢れ」を越える人間らしさを発揮させたのでしょう。

一方、美作騒擾のときは「旧来の身分的特権喪失にかわる経済的措置が講じられず、人々は貧困を余儀なくされた」とありますので、生活の苦しさと自分たちの地位を脅かされることへの不安から扁桃体が暴走し、残虐な事件を起こしたと考えることができます。

人々を操るのに最も効果的な方法のひとつは、不安を煽ることでしょう。不安が高まると人間らしさを生み出す前頭前野の機能が低下し、普通の判断や思考ができなくなります。
美作騒擾の際も、筆保卯太郎らが白装束の男を登場させ、人々の不安を高めることに成功しています。

哀しいかな人間の精神は肉の奴隷なのですね…

#15 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年12月20日 12:49:39

アノニマスさん、書き込みありがとうございます。

私も初めて聖書を手にしたのは中学生のときでした。お小遣いを貯めて買ったのです。
聖書入門の本を手がかりに、読みやすいところだけを読んだような気がします。

苦しいときに聖書のことばが支えとなったこともありました。
けれど聖書はやはり、はるか昔の外国の古典。解釈にはきちんとした知識が必要なのだと、大人になってから感じています。

#16 Re: 総合フォーラム » アブラハムの神の限界 » 2018年12月15日 11:24:32

三太郎さん、こんにちは。

私はこのシリーズを見たのは前回が初めてでした。もっと前から見たかったです。

弥生時代に稲作が始まって貧富の差が生まれた…とはるか昔の中学時代に習った気がします。
動物も獲物をめぐって縄張り争いをしますが、農耕・牧畜の生活になって良い土地がより重要になり、戦闘も激しくなっていったのかも。

聖書でも「乳と蜜の流れる土地」が神さまの約束であり、奪い合いの対象でしたね。

#17 Re: 総合フォーラム » アブラハムの神の限界 » 2018年12月08日 17:12:25

みなさまこんばんは。

昨日たまたまテレビで、ダイアモンド博士の“ヒトの秘密”という番組を見ました。

昨日のテーマは集団虐殺でした。ナチスとか、ポル・ポト政権とか、集団虐殺の例はたくさんありますよね。
私は旧約聖書で自慢気に語られる虐殺を思い出してしまいました。この掲示板でよく話題になっていましたからね。

ダイアモンド博士の意見では、この残虐な行為は人間が動物から進化する中で引き継いできたものではないかということです。進化を否定しているはずの旧約聖書に、動物から引き継いだ習性を自慢気に記録しているのかもと思ったら、可笑しくなっちゃいました。

集団虐殺は、“us vs them”(我々対彼ら)という考え方が影響しているのだそうです。自分たちのグループさえよければOK!
某トランプさんとか、某○○さんとかが大好きな考え方では…?

現代人は「汝殺すなかれ」というルールを知っているから、殺人に対する罪悪感によって虐殺にブレーキがかかるというお話もありました。でも旧約の虐殺物語では“them”は殺してはいけない相手ではないのですよね。
同種であるヒト同士の殺し合い。動物の習性そのものに見えます。

#18 Re: 総合フォーラム » とりあえず書き込み用 » 2018年11月11日 01:28:28

てつてつさんお知らせありがとうございます。
フランズさんは丁寧に書かれていますね。

ものみの塔の主張には医学的にも聖書的にも根拠がなく、単なる思いつきにすぎません。人の命を奪い遺された人々を苦しめる、理不尽な思いつきです。
輸血を受けることに罪悪感を抱く必要などありません。みなさんが不必要な恐れから解放され、自由を手にすることができますように。

#19 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年10月24日 08:19:07

ケタミンは悪夢を見ますので、寝覚めは悪いですよ。
ものみの塔の物語も麻酔薬のように、現実を直視する辛さを忘れさせてくれますが、さてその寝覚めは…

#20 Re: 親睦・相談 » 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~ » 2018年10月15日 17:59:26

相談者さま、ラッピーさま、コメントありがとうございます。

ラッピーさま

日本のカトリック信者は人口の0.3%(長崎県では4%以上)ですし、自分がカトリックであることを積極的に話す人はあまりいません。
ですから、日本では一般の人が実際のカトリックに触れる機会は少なく、エホバの証人にとってのカトリックも“出版物に登場する敵役”でしかないのが普通ではないかと思います。

ダルクでは、アメリカで作られた依存症からの回復プログラムが使われています。このプログラムを日本に取り入れたのがカトリックの神父たちで、各地のダルクの活動は教会でもよく紹介されています。

私はいくつかのキリスト教会を渡り歩いたあと、カトリックに落ち着きました。今のカトリックのおおらかなところが私には合うようです。
今では忙しくてほとんどミサには行きませんが、いつも見守られ導かれていることを感謝しながらすごせることは、悪くないと思っています。

私はJW同窓生ではありませんので、なるべくこのトピックにはお邪魔しないようにしております。
また他のトピックででも、お話しできますことを楽しみにしております。

#21 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年10月12日 23:12:46

みなさまこんばんは。
暑かったり寒かったりおかしな陽気です。
体調を崩されてはいないでしょうか?

同窓会でネラン神父の話題になっています。こちら

ラッピー さんの発言:

そんな風に本好きの人は大抵キリスト教文化に触れますから、キリスト教に強い興味を持つ大人になり、結婚して主婦になると、JW製造コースにハマるわけです。
(中略)
まあJWになって30年くらいになりますが、私の考えていたのとは全く違うキリスト教だと解るのにかなり時間がかかりました。開拓したりハマってましたからね。

ラッピーさんのように、文学をきっかけにキリスト教に興味をもつ方は多いと思います。
私も本格的にキリスト教にハマったのは小説がきっかけでした。

日本では、ものみの塔はキリスト教や聖書の知名度を利用して、「全く違う」自分たちの教えに興味をもたせ、信じこませます。末端の証人たちの責任ではありませんが、詐欺のようなものだと私は感じます。

ラッピー さんの発言:

遠藤周作も読みました。でもカトリックはとても敷居が高い感じだし、なんか「踏み絵」とかさせられそうで、入ろうという気にはならなかったです。

遠藤周作はいわば“カトリック2世”であり、12歳で洗礼を受けた頃を振り返って「合わない洋服を着せられたようだった」と書いています。
昭和10年のことですから、その頃のカトリックは掟や教義が中心で、裁く教会であり、今よりもっと日本人に合わなかったことでしょう。
今でも日本人に合うとは思いませんが、踏み絵のような息苦しさはなくなってきています。

遠藤周作はカトリック信徒の立場から、日本人に合うキリスト教を探求し続けました。カトリック教会の中には賛否両論がありますが、「深い河」などはキリスト教に興味のある日本人にとってはとても面白いと思います。

#22 Re: 総合フォーラム » 宗教なんていらない ~「真の宗教」は存在するのか » 2018年09月23日 21:45:15

みなさまこんばんは。

てつてつさんお仕事お疲れさまです。
立派な技術をお持ちで、あちこちでひっぱりだこのてつてつさん。
お仕事で世の中に貢献するだけでなく、御自分の経験を生かして悩めるエホバの証人の皆さんに手を差し伸べ、支援していらっしゃることは素晴らしいと思います。

涼しくなり体調を崩しやすい季節です。
てつてつさんもみなさまも、御自愛くださいね。

#23 Re: 総合フォーラム » 輸血拒否に関する議論 » 2018年09月23日 08:58:21

同窓会・脱塔分室のコメントから。

ラハム さんの発言:

これもほぼJWのことですね。
医師を苦悩させ退職に追い込むとは…。
JWは自分の良心をしきりに主張します。
医師の良心を考慮したことがあるのでしょうか。(後略)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20 … 2/?from=yh

この医師は、御自分のエホバの証人としての立場を貫いたために退職されたようですね。
医師でありながら、自身の宗教的信条のために新生児の輸血を妨害すれば、職場にいられなくなっても仕方ないと思います。患児の親戚だとはいえ、医師としての立場よりも、証人としての立場を優先するということですからね。

この医師も親戚の子どもの命について、あるいは自分の立場について、苦悩したかも知れません。エホバの証人でなければ、そのような苦悩は必要ないわけで、お気の毒ではあります。

しかし、子どもの治療を担当する医師の苦悩は、無輸血を要求して当然と考えているエホバの証人の皆さんには、到底わかっていただけないのではないかと思います。

子どもの救命のために必死になって治療に取り組んでいるときに、しかも猶予のない緊急時に、突如として理解不能な理由で妨害される。子どもの命に責任を感じている医師にとって、これほど理不尽なことはありません。輸血を拒否する親ひとりのために、多大な時間と労力が浪費されるだけでなく、医師には計り知れない精神的負担がかかるのです。

わかる人は言われなくてもわかる、わからない人は言われてもわからない、のかも知れませんが。

#24 Re: 総合フォーラム » とりあえず書き込み用 » 2018年09月08日 11:24:54

患児の親とケンカしても何もいいことはありません。親の思いを尊重しつつ、子どもの利益を守るのが小児科の役割。
最終的には子どもを親から保護するために引き離すこともありますが、それによって親自身がホッとする場合もあるものです。

組織の眼を気にして輸血を拒否せざるを得ない親の中にも、そういう人はいると思いますよ。
子どもの命は助かる、組織には言い訳できる(私は反対したけど、親権がなくなったから輸血を止められなかった)ってね。

非常事態に直面した家族をたくさん診ていると、人間について学ぶことがたくさんあります。

#25 Re: 総合フォーラム » とりあえず書き込み用 » 2018年09月08日 09:34:05

北海道で被災した皆さま、お見舞い申し上げます。自然の力は人間の想像を超えますね。

停電は今日中には解消する見込みだそうですが、週明けからは計画停電の可能性もあるとか。
それぞれいろいろな御苦労がおありと思いますが、どうぞ御自愛ください。
早く平穏な日常に戻ることができますように。

Board footer