ログインしていません。

返信

メッセージを書いて送信してください。
オプション

戻る

トピックレビュー(最新表示)

アノニマス
2022年01月21日 07:34:46

四七それであなたに言うが、この女は多く愛したから、その多くの罪はゆるされているのである。少しだけゆるされた者は、少しだけしか愛さない」。四八そして女に、「あなたの罪はゆるされた」と言われた。ルカ7;47-48

一七そこで彼は本心に立ちかえって言った、『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。一八立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。一九もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇人のひとり同様にしてください』。二〇そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。二一むすこは父に言った、『父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたのむすこと呼ばれる資格はありません』。二二しかし父は僕たちに言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。二三また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。二四このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴がはじまった。ルカ15;17-24

五イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。六そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。七人々はみな、これを見てつぶやき、「彼は罪人の家にはいって客となった」と言った。八ザアカイは立って主に言った、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立てをしていましたら、それを四倍にして返します」。九イエスは彼に言われた、「きょう、救がこの家にきた。この人もアブラハムの子なのだから。一〇人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。ルカ19;5-9

アノニマス
2021年12月17日 06:41:46

もう1つ、ひれ伏すとは上の権威に従順になることでもあると思うのです。イエスの足は福音を意味するので福音を愛して神に従順になるという意味があると考えます。個人的意見です。

アノニマス
2021年12月16日 22:49:36

五角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛などの、もろもろの楽器の音を聞く時は、ひれ伏してネブカデネザル王の立てた金の像を拝まなければならない。ダニエル3;5

八次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて九言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。マタイ4;8

ひれ伏すことは崇拝することだと思います。

アノニマス
2021年12月16日 00:07:06

四五あなたはわたしに接吻をしてくれなかったが、彼女はわたしが家にはいった時から、わたしの足に接吻をしてやまなかった。ルカ7;45

接吻で迎える客とはどんな人でしょう。よく知っている人、愛する人ではないでしょうか。罪の女はイエスの足に接吻しました。足に接吻に何か込められた意味があるのかネット検索すると”崇拝”と出ました。足に接吻しようとするとひれ伏す状態になります。

アノニマス
2021年12月06日 10:20:36

彼女の目には涙、水がいっぱいです。水と土が混ざった粘土ではなく目が純一です。神についての知識を持つ女は、イエスの言葉が知識と一致していると解ったのだと思います。イエスが待ち望んだメシアであると見分けたのです。

アノニマス
2021年12月06日 10:04:26

一幾日かたって、イエスがまたカペナウムにお帰りになったとき、家におられるといううわさが立ったので、二多くの人々が集まってきて、もはや戸口のあたりまでも、すきまが無いほどになった。そして、イエスは御言を彼らに語っておられた。マルコ2;1-2

イエスがパリサイ人シモンの家にいると大勢の人が集まって来たと想像できます。罪の女もその一人です。私は姦婬の女と罪の女は同一人物と思うのでずっとイエスを探していたと考えます。
イエスは外にいる人々にも聞こえるように御言葉を語りそれが罪の女の心に入っていきます。

アノニマス
2021年11月24日 05:42:12

人の体は汚れた霊の家になってしまったり神が住まう神殿にもなります。

イエスは人の心の中を見通す力を持っておられでルカ7:45の"家"は罪の女の体、心の中のことです。

アノニマス
2021年11月21日 16:49:25

11:24汚れた霊が人から出ると、休み場を求めて水の無い所を歩きまわるが、見つからないので、出てきた元の家に帰ろうと言って、 11:25帰って見ると、その家はそうじがしてある上、飾りつけがしてあった。 11:26そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を引き連れてきて中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人の後の状態は初めよりももっと悪くなるのである」 ルカ

2:19イエスは彼らに答えて言われた、「この神殿をこわしたら、わたしは三日のうちに、それを起すであろう」。 2:20そこで、ユダヤ人たちは言った、「この神殿を建てるのには、四十六年もかかっています。それだのに、あなたは三日のうちに、それを建てるのですか」。 2:21イエスは自分のからだである神殿のことを言われたのである。マタイ

2:6ところが、そこに幾人かの律法学者がすわっていて、心の中で論じた、 2:7「この人は、なぜあんなことを言うのか。それは神をけがすことだ。神ひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるか」。 2:8イエスは、彼らが内心このように論じているのを、自分の心ですぐ見ぬいて、「なぜ、あなたがたは心の中でそんなことを論じているのか。マルコ

アノニマス
2021年11月05日 14:30:35

三八また、神がつかわされた者を信じないから、神の御言はあなたがたのうちにとどまっていない。ヨハネ5:38

あなたがたは神の畑であり、神の建物である。コリント第一3:9

イエスが神の言葉で罪の女が建物とすると?

アノニマス
2021年10月28日 23:48:00

彼女はわたしが家にはいった時から、わたしの足に接吻をしてやまなかった。

ルカ7;37ー38では罪の女は後からパリサイ人シモンの家にやってきたのです。イエスは先に食卓についてよこになっていました。
さて、イエスの言葉が間違ってはいないとするとどんな状況でしょうか。

アノニマス
2021年10月21日 15:43:27

四四それから女の方に振り向いて、シモンに言われた、「この女を見ないか。わたしがあなたの家にはいってきた時に、あなたは足を洗う水をくれなかった。ところが、この女は涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でふいてくれた。四五あなたはわたしに接吻をしてくれなかったが、彼女はわたしが家にはいった時から、わたしの足に接吻をしてやまなかった。四六あなたはわたしの頭に油を塗ってくれなかったが、彼女はわたしの足に香油を塗ってくれた。四七それであなたに言うが、この女は多く愛したから、その多くの罪はゆるされているのである。少しだけゆるされた者は、少しだけしか愛さない」。ルカ7;44-47

この場面で、つじつまが合わないところがあります。どこかわかりますか?

アノニマス
2021年10月15日 05:00:54

聖書は神の一貫したルールで書かれている書物。人の側の思いで読むと二種のはかりがあることになります。

神に着くことで認知的不協和を防ぐことができるのです。

アノニマス
2021年10月15日 04:42:04

神を愛することは第一の戒め、おきてで必ず守らなくてはならないルールです。

五あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。六ただ、疑わないで、信仰をもって願い求めなさい。疑う人は、風の吹くままに揺れ動く海の波に似ている。七そういう人は、主から何かをいただけるもののように思うべきではない。八そんな人間は、二心の者であって、そのすべての行動に安定がない。ヤコブの手紙1;5-8

一三あなたの袋に大小二種の重り石を入れておいてはならない。一四あなたの家に大小二種のますをおいてはならない。一五不足のない正しい重り石を持ち、また不足のない正しいますを持たなければならない。そうすればあなたの神、主が賜わる地で、あなたは長く命を保つことができるであろう。一六すべてこのような不正をする者を、あなたの神、主が憎まれるからである。申命記25;13-16

一〇互に違った二種のはかり、二種のますは、ひとしく主に憎まれる。箴言20;10

アノニマス
2021年10月13日 16:52:45

二三戒めはともしびである、教は光である、教訓の懲しめは命の道である。箴言6;23

おきてはともしび、律法は光、懲らしめの戒めは命の道だからである。jw訳

あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。詩編119;105

アノニマス
2021年10月13日 16:31:18

六わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。出エジプト20;6

一〇わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には恵みを施して千代に至るであろう。申命記5;10

Board footer