ログインしていません。

#476 2017年01月20日 14:26:43

iris
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

海外奉仕さん

クリスチャンとして退化したくないとお考えのようですが、
クリスチャンとはどのような人間だと思われますか?

マザー・テレサの言葉にこんなものがあります。
「福音について話すところは集会所なんかではありません。
ほうきを持ってどなたかの家のお掃除をしなさい。
お話はそれで十分なのです」

身近な人に対し、心を込めて親切に接すること。
それがキリストの命令であり、御自身と隣人の救いとなるのではないでしょうか。

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。
わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、
皆が知るようになる。」ヨハネによる福音書13章34~35節

編集者 iris (2017年01月20日 17:57:46)

オフライン

#477 2017年01月21日 00:45:37

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

>JWから脱塔したときに、クリスチャンとして退化したくない(by 海外奉仕さん #475)

いや、何か分かりますよ、そういう発想。今すぐには良い説明が思い浮かばないんですが、私が三流JWとしてでもいいから会衆内にそれなりに残りたい、というのと「退化したくない」とこだわりたいところは多分、根っこのところは同じです。

うまい説明をひねり出しますので、しばらくお待ちください。

#478 2017年01月22日 22:46:51

てつてつ
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

海外奉仕さん こんにちは

では本来あるべき野外奉仕とはどのようなものでしょうか。キリストは神のご意志を伝えるようにクリスチャンに指示しました。したがって、私たちは聖書の希望に関して伝えそしてキリストの贖いと神の思いについて伝えるべきなんですよね。

元統治体のレイモンドフランズさんは 2冊目の クリスチャンの自由の7章で エホバの証人が家から家へ伝道して回るのは聖書の教えではないと述べています ので あんまり気負わなくてもいいとおもいます海外奉仕さんの肩に世界中の人の命がかかっているわけではないですから 口コミ程度でいいかもしれません


7章

エホバの証人の指導者による家から家への証についての教えは、主に使徒行伝5:42と20:20のような文に基づいている。ものみの塔聖書冊子協会の新世界訳では、 『そして毎日、寺院で、そして家から家へと、彼らはイエス・キリストついての良い知らせを宣言し伝え続けた。

私(聖パウロ)は、利益を上げたり、公的に家から家への宣教をしたりすることを、あなたに伝えることを控えたりはしなかった。

その推論は、家から家への活動、つまり隣り合った家のドアか次のドアへと連続して行き 、事前の招待なしで一般的には深く知り合うことなく人を訪れることを示す。その推論は聖書的な活動となるのか?



新世界訳が最初に出版されたとき、 ものみの塔協会は、「家から家へ」の語源となったギリシャ語のフレーズ『カトイコン』(kat'oikon)に特に注目した。前置詞kata(文字通り意味は「〜に従って」)は、ここでは分配的な意味で使われていることが強調された。 その理由から、「家から家へ」の言葉は、ドアからドアまでと同じ感覚を持っていると言われている。つまり、通りに沿ってあるドアから隣のドアに向かうという意味である。

この主張は、さらなる考察と熟考の上で成立しない。まず、分配は連続と同意ではない。医師が往診で家から家へ行くことができるように、ある地域の家から別の地域の家に行くことでひとつの家からもう一方の家に行くことができる。それは明らかに、連続した戸別訪問を必要としない。

前置詞 kataを配分的な意味で正確に用いられるためには「家から家へ」と訳す必要があるとする主張自体、事実上新世界訳聖書自体によって打破される。


新世界訳の聖書、使徒行伝5:42にある「家から家に」に翻訳されたものと同じ単語(kat'oikon)が2:42にも引用されていることに気づいている証人は多くない。下記は、ものみの塔協会の王国行間逐語訳の聖書に見られるこれらの節で、右の欄には新世界訳聖書が綴られている。



左の欄の逐語訳が示す通り、 kata が同様の配分的な意味を持って両方の文に現れる。それでも言行録2:46の中では「家から家へ」ではなく「個人の家々で」と訳されている。それはなぜか。

使徒たちが通り沿いに建つ家から次の家へと渡り歩いて食事を取っていると考えることは非論理的である。ものみの塔協会は「家から家へ」(ここでいう戸別活動)という訳が疑問を呼ぶことをおそれた。先に述べたように、そういった翻訳のすり替えがあることや、もみの塔協会がその点に着目されること、もしくは公にすることを恐れていることを、多くの証人たちは気づいていない。


使徒行伝20:20では、「家」または「家庭」の言葉が複数形「kat'oikous」という形になって再び登場します。また同様に、ギリシア語がどのように訳されるかは、翻訳者の意思次第ということになる。新世界訳、フレッド・フランズの主な翻訳者がこれを認識したことは、新世界翻訳の大家族版に見られるように、この節にある次のような脚注に示されている。「 『家から家へ』のカトイコン(または複数形のkat'oikous)の翻訳は間違っているわけではない。それは完全に適切な翻訳であり 、使徒行伝2:46を含む他の多くの訳においてでさえも見つけられる。

これらの節の中で「家から家へ」という訳、または「個人の家々で」の訳のどちらが用いられるかは、一翻訳者の意思でしかない。問題は、それを正しい意にしようとすることだ。使徒たち、すなわち初期のキリスト教徒たちが他人の家を訪問したのは明らかであるが、現在のエホバの証人が行っているような戸別の活動に取り組んでいたかは明白にされてはいない。そのように主張されたこともあった可能性はあるが、決定的な証拠はないことが事実である。

注釈しておきたいのは、ものみの塔がそういった聖句を使うのは、真のキリスト教徒とイエス・キリストが取った方法として神の知識を広め、戸別活動だったと示すためだけではない。彼らの主張に用いられた聖句は別にマタイ10:9から14にある。その節でイエスは、教えを説く為に使徒を送り出す際、つぎのような指示を出している。

去るまでは、そこに留まりなさい。家に入るときは、家のものに挨拶をしなさい。そしてその家がふさわしいなら、その家にあなたの願う平和を訪れさせるのです。その家がふさわしくないとする時には、その平和をあなたのもとへ返させなさい。あなたを迎え入れず、あなたの言葉を聞き入れないときには、その家またはその街を去る時にあなたの足の塵を振り払うのです。

ものみの塔の出版物の中では、「そこ(街や村)でふさわしい人を探し出し」の表現が絶えず強調される。これは、良い知らせを受け入れられる人を見つけるために戸別に歩くことを象徴した。「去るまでそこに留まりなさい」(11節)という文脈に見られれる言葉には注目されない。ものみの塔出版物でこうした文節が論じられることがほとんどないのは、イエスがここで語っていたのが戸別の証しについてでなく、宿を手に入れることについてであることを明白にしているからである。

こうした議論の多くは、少なくとも一度は統治体の会議に取り上げられていた。その背景にある事象は次の通りである。
1972年に「王国伝道と使徒育成のための組織」という新しいマニュアルが計画された際、私は「あなたの神への奉仕」と題された章を含む三分の一のマニュアル準備を命じられた。エホバの証人としての人生を通して、統治体にいた間も、1980年に辞任した後も、私は戸別訪問活動を積極的に行い続けた。文字通り、その間数万軒を訪れ、活発な交わりのあった43年間、毎週活発に参加するように努めた。そうした活動をしなかった例外的な月は非常に少なかった。


1972年までにはその活動に真摯に取り組み続けたが、ドアから次のドアに歩くことが良い知らせを宣明するキリスト教徒独自の方法であるとする見解を聖書が立証しているという確信を、もはや持てなくなってしまった。キリスト教徒たちは、他者と良い知らせを共有する責任があり、それは明白で否めない事実だ。割り当てられたマニュアルの文章の中で、私は誰もが読んでわかるような形で明瞭にその責任を提示した。しかし私は、それを行うための特定の方法を記す聖句を見出すことができなかった。

以下は原文です

The teaching of the leadership of Jehova’s Witnesses about house-to-house witnessing is based largely on such texts as Acts 5:42, and 20:20. In the Watch Tower Society’s New World Translation these read:
And every day in the temple and from house to house they continued without letup teaching and declaring the good news about the Christ, Jesus.

While I [Paul] did not hold back from telling you any of the things that were profitable nor from teaching you publicly and from house to house.

The deduction is made that from house to house indicates door-to-door activity, going consecutively from one door to the next, one door after the other, visiting people without previous invitation and generally without previous acquaintance. Does that deduction necessarily follow?

When the New World Translation was first published, the
Watch Tower Society focused considerable attention on the original Greek phrase (kat'oikon) from which the rendering from house to house comes. It was emphasized that the preposition kata (literally meaning according to) is here used in a distributive sense.
So, it was claimed that the phrase from house to house has the same sense as from door to door, that is, of going from one door to the next door along a street.

The claim does not hold up under examination and thought. In the first place, distributive is not the same as consecutive. A person can go from house to house by going from a home in one area to a home in another area, just as a doctor making house calls might go from home to home. It does not at all require the idea of consecutive door-to-door visitation.

Any claim that the use of the preposition kata in the distributive sense requires the rendering from house to house in order to be correct and accurate, is, in fact, exploded by the New World Translation itself.

Few Witnesses realize that the identical phrase (kat'oikon) translated from house to house in the New World Translation rendering of Acts, chapter five, verse 42, also occurs in chapter two, verse 46. Below are presentations of these verses as found in the Watch Tower Society Kingdom Interlinear Translation, which contains the New World Translation in its right-hand column:

As the left-hand interlinear portion shows, the same phrase, with the same distributive sense of kata appears in both texts. Yet in Acts 2:46, the rendering is not from house to house but in private homes. Why?

Because it is illogical to think that the disciples taking meals was done by going from one house to the next on down the street, and since the Watch Tower Society wishes that particular sense to attach to the phrase from house to house (in support of its door-to-door activity), it does not want to raise probable questions by using the rendering house to house here. As stated, most Witnesses do not realize this switching of renderings and the Watch Tower Society prefers not to call attention to it or address it openly.

In Acts 20:20, the phrase appears again, although the word for house or homes is here in the plural (kat'oikous): Again it is simply a translator’s decision how this Greek phrase will be rendered. That the principal translator of the New World Translation, Fred Franz, recognized this is shown by the footnote to this verse as found in a large family style edition of the New World Translation. The footnote reads:It is not that translating katoikon (or kat'oikous) as from house to house is wrong. It is a perfectly proper translation and is found in many other translations, even at Acts 2:46.

Whether the rendering from house to house or in private homes is used in either of these texts is nothing more than a translator’s choice. What is wrong is to try to make the phrase convey a meaning that is not actually there. That the apostles and other early Christians visited people in their private homes is clear. That they engaged in door-to-door activity as done by Jehovah’s Witnesses today is definitely not clear. It may be claimed, but it is a claim with absolutely no supporting proof.


Not that the Watch Tower Society uses only these texts in its effort to present door-to-door witnessing as the truly Christian and Christ-like way to spread knowledge of Gods Word. Another Scripture portion often employed in their arguments is Matthew 10:9-14, in which Jesus gave these instructions on sending out his apostles to preach:



and stay there until you leave. When you are entering into the house, greet the household; and if the house is deserving, let the peace you wish it come upon it; but if it is not deserving, let the peace from you return upon you. Wherever anyone does not take you in or listen to your words, on going out of that house or that city shake the dust off your feet.



In Watch Tower publications, emphasis is consistently placed on the expression Search out who in it [the city or village] is deserving. This is then portrayed as signifying going from door to door to find persons receptive to the good news. Attention is not directed to the words found in the context which say (verse 11): Stay there until you
leave. These words are almost never discussed in Watch Tower publications because they make evident that Jesus was here talking, not about door-to-door witnessing, but about obtaining lodging.

Many of these issues came up for discussion by the Governing Body on more than one occasion. The background for this was as follows:
In 1972, when a new organizational manual titled Organization for Kingdom-Preaching and Disciple-Making was developed, I was assigned to prepare one-third of the manual, including the chapter titled Your Service to God. Throughout my life as one of Jehovah’s Witnesses I had been active in door-to-door visitation and I continued to be while on the Governing Body and after my resignation in 1980. I endeavored to share in that activity every month of my forty-three years of active association, visiting literally tens of thousands of homes in that time. Any month that I did not engage in that work was a rare exception.

But by 1972, although continuing active in that work, I was no longer convinced that the Scriptures supported the view I had long held, namely, that going from door to door was the distinctively Christian way of declaring the good news. That Christians had a responsibility to share the good news with others was clearly evident, undeniable. And in writing the assigned chapter of the manual I presented that responsibility clearly, as anyone can see by reading the chapter. But I could see nothing in Scripture that ordained a certain method for doing this.

編集者 てつてつ (2017年01月23日 09:30:55)

オフライン

#479 2017年01月22日 23:21:19

KAO
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

ここの#58も参考になさってください。「家から家へと渡り歩くな」という命令もありますので・・・

#480 2017年01月22日 23:26:57

てつてつ
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

・・・で、コンコルダンスをどんな風に使うかというと、用語統計をとるだけでも書物ごとの思想傾向が分かって面白いですが、例えばエホバの証人が大好きな使徒5:42「家から家へとたゆみなく教え」(新共同訳では「家々で絶えず教え」)ですが、コンコルダンスで「家」あるいは「家々」を含むテキストを順に当たっていくと、ルカ10章7節に「家から家へと渡り歩くな」(新共同訳)(新世界訳では「家から家へと移って行ってはなりません」)に当たります。この段落は、新共同訳で「七十二人を派遣する」というタイトルが付してあるように、なんと宣教活動に出るにあたっての注意事項として述べられている箇所です。
こういった例に見られるように、組織は極々限られた聖句にのみフォーカスすることで、他の箇所に目を向けることはありません。こうやってエホバの証人が「耳タコ」なほど使う用語を別な文脈で当たっていくと、色々と面白い発見があるのではないでしょうか。

KAOさん ありがとうございます 完全に忘れてました cry

オフライン

#481 2017年02月22日 23:27:00

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

「脱塔」という単語に久しぶりに反応してしまいました。

TBSテレビで坂上忍をMCに据えた「好きか嫌いか言う時間」というトークショーが月曜日に放映されています(私、けっこう好きです♡)

https://www.youtube.com/watch?v=7K-LqEovnBY

2/20(月)のお題の一つは「北朝鮮」でした。韓国では「脱北美女トークバラエティ」という実にエグい番組が人気を博しているそうです。21世紀に入ったあと脱北してきた人々のうち、見栄えのする若いお嬢さんたちを選んでヒナ壇に並べてインタビューしていくという結構ヤバい番組です。

一人は、一般市民に宣伝カーからウグイス嬢(いや、例のおばさんアナウンサー)よろしくスピーカーで、政府のプロパガンダを喋り続ける仕事をしていたとか。「あんだけプロパガンダをがなった翌日、ワタシ脱北しちゃったんだけどね (>_<)」とかテヘペロしている美人を見て、気楽に大笑いできなくなりました。

ヤメ JW そっくりじゃん! 情報統制も立派な建物も貧乏生活も……

興味のある方は上記URLをどうぞ。

#482 2017年02月23日 13:29:02

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

いまでこそものみの塔の教えを振り捨て、
脱出することを「脱塔」と表現していますが、
わたしがJWICに書き込みを始めたころ、
「霊的脱北者」と北朝鮮をもじって表現していた人もいました。
言いえて妙、ぴったりの表現だと今でも思います…。

オフライン

#483 2017年02月24日 10:46:13

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

最近知り合うことになった脱塔者は
二児の母親で20代半ば珍しく一世の現役JWでした。
彼女が脱塔を考えるようになったのは年金問題だったそうです。
自分の母親と同じ年くらいの女性JWが
彼女に向かい「年金に入っておけばよかった」とつぶやきました。
いろいろなところで時々話題になっていることですが、
多くのJWは自分が年金をもらうような年齢にならないうちに
ハルマゲドンが到来し、楽園になると信じ込まされているので、
年金に加入しないか免除の申請をしています。
開拓奉仕やべテル奉仕などしていては、
掛け金を支払えるような収入を得られないでしょう。
その脱塔を考えるようになった女性は
「なんだ年金にも入っていないのか」と思ったそうです。
多くの場合年金は高齢になってから給付を受ける
と浅い知識しか持っていない人が多いです。
JWでなくてもそのような人は多いのが現状です。

実のところ高齢に達する前でも、事故や病気などで
障害が固定され年金の給付を受ける資格を認定されれば、
受給者になることがあります。
決して高齢者になったときにだけ有効というわけではありません。
実際、学生などそのような取り決めを知らないで、
加入せず障害者になって、無収入というケースが多かったのです。
高齢になったJWで無加入者は多いでしょう。
最後は生活保護を受けることになります。

偽預言をあてにするあまり将来の見通しを誤ったわけです。
そのつけを組織でなく政府に追わせる
宗教にこれ以上かかわるのは身の破滅を招くことになるでしょう。

編集者 ラハム (2017年03月03日 06:15:42)

オフライン

#484 2017年03月01日 08:02:49

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

中野っちさんのブログからの転載です。
説明がなければどこぞのアメリカ生まれの
キリスト教かと思ってしまうところですね…。
-以下、引用です。

イスラム教過激派の教えです。

自分が属している宗教と類似点があるか、調べてみましょう。

情報ソース http://avoidjw.org/2015/02/jihad-jehovahs-witnesses/

イスラム教過激派

霊的な指導者の元、イデオロギーを広めるための
プロパガンダが用いられ、多くの信者が誘導される

神からの導きがある、と説く

絶対服従を要求する

他の宗派の人たちを改宗させる

世の中に抵抗することは、聖なる奉仕であり、神のご意思である、と説く

外界と隔離された生活をする。外の世界はサタンに支配されている、と説く

結婚相手は同じ信仰を持った人とだけしか許されない

高等教育を強く否定する

組織の権力構造に従うよう、強く促される。
ローカルなレベルの長であっても、神と同じであると見なされる

信仰に逆らうことを言ってはならない。
信仰に疑念を抱く者は死に処せられる。

子供にイデオロギーを教えて育てる。外の世界は邪悪であり、
やがて滅ぼされると教える。

指導者は神の代弁者である、と唱える

救世主を待ち望んでいる。

男性優位の社会である。

女性は従属する立場である。

女性は結婚前の性交渉を厳しく禁じられる。

イデオロギーを守るためには、
間違った情報を与えて敵を誤導しても良い、とされる。

オフライン

#485 2017年03月03日 01:36:15

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

>実のところ高齢に達する前でも、事故や病気などで障害が固定され、年金の給付を受ける資格を認定されれば、受給者になることがあります。

ラハムさんほど重度のハンデを負わなくても、若いうちに年金のお世話になる可能性は少なからぬ人々にあります。

私はわけあって障害者手帳を持つ身となり障害者年金「受給者」になってしまった身分の者ですが、初めて認定が下りて受け取れる権利のあるはずの年金額を聞いて腰を抜かしました。数千万円の額に上るのです(実際は「時効消滅」という制度のせいでその満額を受け取ることはできなかったのですが、それでもバカにならない金額の遡及年金を正当に受け取ることができました)

本来、年金を受け取る側に回ることはハッピーでも何でもないことではありますが、高校卒から生真面目に国の制度に従ってキチンキチンと毎月(当時は¥8,000/月でも開拓者には安くはなかった)保険料を収めていたおかげで、障害を抱えた状態で新たに職を探したり、ありついたとしても毎月十分とはいえない額の賃金しか得られない職場だったりしてもメチャクチャ焦ったりはしない程度の補助金を国から支給してもらえる……これはカエサルに感謝感謝、ですよ。

とかく若い人々は自分が受給者になるのは40~50年先だと決めつける傾向が強いですが、ラハムさんの指摘はすべての人が重く受け止めるべきです。下手すりゃ明日、年金を「受ける側」に回る可能性があるのですから。掛ける側ではなく、ね。

あなた、あなたですよ!

#486 2017年03月03日 19:41:00

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

エホバは荒野をさまよっているイスラエル人に
天からマナを降らせて養ってくださいました。
現代のJWにマナは降ってきません。
お金も降らせてはくれないのです。
自助努力を要求されているのでしょう…。

統治体もお金集めに必死の努力をしています。
お金が降ってこないことも
湧いて出ないことも知っているのです。
もちろん、自前で印刷できません。
組織の誇る印刷設備をもってもです。
まったく皮肉ですが…。
全能者エホバもさすがにお金は降らせてくれません。

初代ものみの塔会長ラッセルは
「山々の銀と金は我がものである」という方が
必要な資金を供給されないときは出版を中止するときである、と、
明言しています。ついにその時が迫っている兆候があります。

現役JWの皆さん、
統治体のお金集めの方法を学びましょう。
統治体はJWの見倣うべき信仰の模範ですから…。

編集者 ラハム (2017年03月03日 19:44:31)

オフライン

#487 2017年03月03日 22:26:19

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

>「山々の銀と金は我がものである」という方が必要な資金を供給されないときは出版を中止するときである

…うん、もしかすると私はラッセル兄弟のこの潔さに憧れて、いろんなややこしい疑惑をもハネつけて現状に留まっているのかもしれません。

そして「山々のオーナー」が出資するのをやめようとしている今、出版が ―― ひいては運営そのものが中止されたとしても驚いてはいけないのだと思います。

総合フォーラムの「ベテル奉仕者たちアレコレ」で最近書いたこととダブりますが、海老名ベテルの「静けさ」をじかに目の当たりにして、さすがに私も気持ちがそそーっと冷めていくのを感じました。とにかく「人がいない」。以前は地域大会前とかの「発表文書繁忙期」みたいなワイワイガヤガヤした時期もあったのでしょうが、現在の地区大会の発表出版物は “ブツ” ではなく3日間とも「配信開始のお知らせ」で済ませてしまうので、もはや大会前に人手が必要になって「臨時バイト募集」をかけなくてはならないという場面すらなくなってしまったようです。要するに「人は要らない」。

新しいプロジェクトが生じたらその都度、招集をかければいいし、コミューター、リモート、コンサル登録奉仕者が確保できれば彼らに海老名に来てもらう必要すらない(=「神の家」に住まわせるコストが不要)

大食堂で食事を囲むのは毎回ローテーションで100人前後、それ以外の400人は朝のプログラムの配信を見ながら自室で食べる。ハウスキーピングサービスは廃止されたので部屋に戻ったら各自でお掃除。晩ご飯もパントリーから食材をピックアップして、自室の電子レンジとボータブルIHコンロで自炊。

ほんとに「人が要らない=いない」方向で物事が進んでいます。1990年制作のVHSビデオに映っていたブルックリンや農場で楽し気に働くベテル奉仕者たちの姿はもうありません。だって畑で作るより買った方がずっと安上がりだから。

世の中全般がどんどん自動化・無人化していく流れにあるのは知っていますが、その時流にJWがホイホイ乗っかってどうするよ? 月並みな言葉ですが「活気」を感じられなくなった団体に魅力を感じる人々は少ないと思います。そして肝心の資金もジリ貧になるのは時間の問題でしょう。

大きなお世話かもしれませんが、何十年もベテル奉仕をしてきた重鎮の兄弟姉妹たちが続々と働けない・動けない年齢に入っていった時どんな扱いを受けるのか、お察しします……

#488 2017年03月08日 22:07:39

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

年金 ➡ 転じて生活保護(公的扶助)について:

例の「好き嫌い」の番組で、「生活保護当事者=受給者 & 支給する窓口担当者」たちが発言を求められる回を見ました。ネットスラングで受給者のことを「生保=ナマポ」とか蔑むような安易な分析ではなく、普段の月給プラス一万円・二万円レベルの上乗せ(こういう人々も受給者と呼ぶ)で何とか食いつないでいる切実なケースから、よく知られた「働けるのにそれを拒んで怠けて無所得 ➡ 生活できないから受給」みたいなけしからんタイプまで、実にグサグサと胸に突き刺さる討論です。

中でも最も痛かったのは、自筆のルポを時おり出版社に持ち込んで原稿料を受け取りながら月平均¥120,000の保護費を「きちんと正規の手続き」を経て受給しているフリーライターの30代男性。自身が受給者であるというコネを生かして「生活保護者の実態」的な内容の記事に持ち込んでは、採用されるたびにいくばくかの収入を得て(例えば¥30,000で売れれば)それをきちんと行政に申告し、その月は120,000-30,000=¥90,000の支給額で我慢する。彼のその月の収入は12万のまま。

本人も認める通りまだ若いし病気じゃないし、もっと稼ぎのいい仕事に就こうと思えばできないわけじゃない(これを「能力の不活用」と呼ぶそうです)けれど、「私はライターであり続けたい。そのために合法的に活用できる制度があるからそれを利用しているだけです」と彼は言います。

……ここまで読んで、皆さん何を連想しましたか? そう、もっと稼ごうと思えばできなくはないが、私は全時間奉仕者であり続けたい。だからこの単価の職×このくらいの時間しか労働に費やせない。でもこの金額じゃ生活には困るから行政さん、生活保護費を支給して下さい。私は日本国民です。憲法で定められた「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を有します、申請権があります……

スタジオにいた博識のロシア人が意味深なコメントを残しました:彼はべつに悪いことをしているわけじゃない。いわば日本は彼の夢を応援してくれる制度を備えた国だ。その制度を彼は正当に活用しているだけ。日本政府が法整備して目指した結果がこのライターのような人物なのだ。高度成長を経た結果、日本はこんな余裕を持った素晴らしい国にたどり着けたんじゃないのか……

実に理路整然とした文句のつけようがない指摘です。が! 真っ当なJWとして生きていきたい伝道者がこの説明に素直に納得するとは到底思えません。

>「なんだ年金にも入っていないのか」と思ったそうです(by ラハムさん #483)

今や国民年金を満額受け取れたとしても、生活保護支給額を大きく下回る金額になり果ててしまいましたが、額はこの際、問題ではありません。「夢」を追って自分のやりたいことを追い求めた結果、生活に困窮してしまった。内容はJWの全時間奉仕者だったり、フリーライターだったり、売れないお笑い芸人や劇団員やスポーツ選手だったりする。で、生活が苦しくなった場合、あなたならどうする?

日本には「生活保護」という“素晴らしいシステム”があり、書類を不備なく虚偽なく整えれば住んでいる自治体が受理してくれて、翌月から¥150,000前後のおカネが支給されるらしい。活用する? 所得税ろくろく収めてないけど? 長年、年金・健康保険料チャラにしてもらってるけど?

エホバの名に向く非難の視線を考えたら、私にはできません。アラフィフに達していたとしても、選択肢に残ったのがペイの悪いキツい仕事だったとしても、必死で保険料収めます。「カエサルのものはカエサルに」返せるうちは返そうとします…たとえバックされる金額がしょぼいものであったとしても。

#489 2017年03月09日 01:32:04

鬼太郎
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

ここで蛇足として投稿します。
そのライターの方のことです。ライター です。ここが彼の強み そして役人の弱みです
つまり、役所としては『働けるなら、もう少し働いて保護を止めることは考えませんか?』と
言いたいはずです。しかし、弱みがあります。彼はライターです。
例えば、ICレコーダーで録音されたり、スマートフォンで動画を取られて、それをライターとして
『保護を打ち切ろうとする冷酷な役人 暴言 脅迫 脅し云々』の記事を書くことも可能。
他の生活保護のメンバーからも取材して一大キャンペーンも可能です。
そんな立場の彼は別格に扱われているはずです。こんなこと、彼も言わないでしょうね。

オンライン

#490 2017年03月09日 12:44:08

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

なるほど、「別格」扱いか……一理ありますね。

このテの “仕事” をしている申請者にうっかりした応対をしたら、あとで何書かれて世論の集中砲火を浴びるか分からないからビビってる、というわけか……。

開拓者という無給ボランティアをしたいので支給してくれ、という申請者は……彼ほど強くはありませんよね (*_*)

#491 2017年03月09日 18:19:07

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

わたしの知りうる限り全時間奉仕をしていて、
生活保護で生活資金を補っている人はいませんでした。
みなさん、働く時間を削って奉仕していたので
低収入の状態を甘んじていました。
はじめてそのような生活の仕方があるのを知ったとき、
すごいなあと思いましたよ…。
ただ、知り合ったJWでわたしと同じ脳性まひの
独身男性は生活保護で正規開拓をしていました。
重度で賃金をもらえる仕事はできなかったのです。
中には開拓できても、仕事ができないのは変だという
意見もあったのです。奉仕時間は仕事と違い
能率は要求されませんでしたし、
手紙を書くなど自分なりの仕方でよかったのです。
仕事をしないことは変だと主張する人は、
わたしたちに可能な仕事を提供はしてくれないのです。
世の人でもそうした人はいますが、
JWの中で思いやりと理解ないことにがっかりしたものです…。

オフライン

#492 2017年03月09日 23:48:43

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

>わたしの知りうる限り全時間奉仕をしていて、生活保護で生活資金を補っている人はいませんでした。

そう、そこなんですよ。

私は個人的にここのサイト、肯定的に読んでいるんですが、ナマポ(生活保護受給)について言及したコメントの中に「十分元気で働けるのに、選んだ世俗の仕事のペイが悪くて生活が維持できず、福祉の世話になっている開拓者がいる」かのように発言しているのが混じっていて、そこがモヤモヤしていたんです。

私もちゃんと個人的に知っている現役開拓者の中に自治体からの生活保護受給者はいません。ただ、自らの稼ぎが芳しくないので実家の親が見かねていくばくかの援助をしている若手、はたくさん知っています。それはそのご家族の判断ですから、我々が外からどうのこうの言う筋合いはありません(印象は悪いですが)

芸術家・ライター・アスリート・棋士・芸能界の何か……そういった特殊で成功の保証がない職業を目指す人々は高校や大学を中退し、貧乏暮らしをしながらきついアルバイトで日々を賄い、時には親兄弟を頼って借金をしてまで「夢」を追う。

そしてある年齢に達して「もう限界だ」と悟った時、大部分は潔く足を洗って正業に就き、福祉には頼らない(手にする金額が生活保護を大きく下回るとしても)。だって自分で覚悟して選んだ道だから。もちろん例外はいますが。

たぶん問題になるのは、古くから(特開を含む)開拓奉仕に明け暮れ、年金の制度を無視して(面倒がらずにキチンと納付免除申請をしてればゼロにはならないが「無意味だ」と考えてか)何の手続きもせずに古稀を越えて、はて?まだ事物の体制は続いてるぞ、どうしたものかしらん?……みたいなケースに限られていると思うんですよね。

で、生活保護制度のJW版が「時間を考慮された特開者」とか、「決議に基づく○○姉妹のための会衆基金からの支出」とか、「任地で最晩年を迎えて帰る故国もない宣教者を介護するベテルの設備」とかになるのでしょう。国の福祉にこそ頼ってはいませんが、「災いを見て身を隠す」ことを怠った結果、ならなくてもよかったはずの会衆の皆さんのお荷物になっちゃった。

以前どこかで書きましたが、ウチの死んだ父親の「要するにキミらは壮大な互助会を形成しようとしているんだね」という痛いコトバが身に染みます(苦)

#493 2017年03月10日 18:29:29

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

年金は一円も掛け金を支払わずに受給できるのです。
1,000時間奉仕者さんの言われる通りなのです。
ただし、掛け金支払い免除を申請する必要があります。
事情によって支払い免除が認められれば、
免除期間も加入していたとみなされます。
もちろん、掛け金を支払ってきた人たちより
ぐっと少額にはなるのですが、受給できる制度です。
たぶん、政府の説明の仕方にも問題があると思うのですが、
こうした制度だということをJWも含めて
知っている人が少ない現状があります。

わたしの知っている範囲ですが、
現在の年金制度が発足したのが昭和36年ごろで、
家族で高齢者もいっしょに生活するのが当然の時代でした。
だから、生活費というよりは経済的な意味で、
家族のお荷物にならない程度の
収入を確保するためだったそうです。
だから、国民年金はいまでも少額ですね。
わたしが受給している障害基礎年金でも生活できません。
少額すぎて家賃も賄えないかもしれないのです。

厳密に言うと年金加入は「義務」ではないと思います。
でも、日本国憲法に保証されている
「最低限度の文化的な生活を保証する」ということで、
生活維持の保証を「権利」として生活保護を申請するなら、
年金の受給の取り決めにも従って、
法的に必要な手続きをすべきでしょうね。

わたしの父は未信者でしたが、あるとき
「君は『権利』を主張するけれど、『義務』は行わない」と
知り合いから言われたことがあったと、話してくれました。
そうとうショックだったようです。

キリストは、
「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに返しなさい」
と教えてくださいました。
自分は神を代表するエホバの証人だと信じているのなら
この聖句を意味深長に考慮するべきではないでしょうか…。

編集者 ラハム (2017年03月10日 18:36:46)

オフライン

#494 2017年03月11日 00:31:22

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

>「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに返しなさい」と教えてくださいました

至言です。

おっしゃる通り「厳密に言うと年金加入は『義務』ではない」です。所得税のように月給が振り込まれる際には前もって天引きされていたり、買い物する時には¥108.-になっている「税」とは違います。

でも私は社会科で年金の基本的構造を普通に習ったとき、これは事実上の税金だな、と思いました。医療を受ける時、本当はベラボーな金額が発生しているにもかかわらず10%しか払わずに済んでいる(私が在学中は社保=父の勤務先の健康保険証では一割負担だった)のは、ひとえに父が保険料を強制的に天引きされているから。

もし父の扶養を離れて一人でやっていくとすればそれを自分で払うことになる。しかも窓口で支払う金額は3倍。でも健康保険料ぜんぜん払わないよりマシ。十割払うとすれば開拓奉仕なんて破綻するに決まっている。JWしてれば病気やケガをしないで済むなんて保証ないのだから。

年金だって同じこと。毎月¥8,000はイタいけど、それは自分の将来のためというよりは、今のお年寄りを養うため、そしていつ来るか分からない自らの「災いの日」のため(私は思いもかけぬ若さで自らのために納付したことになってしまったが)。

ラハムさんの言葉どおり、日本政府の説明というか教育というか、は片手落ちなところがありますが、大学受験勉強ほど難解な内容ではありません。また、真面目に何十年も保険料を納めてきたのにスズメの涙ほどしか受け取れない、という問題は厳然としてあります。

が! やはり「年金=税」と考えるべきです。トランプに交代してオバマの努力がチャラになってしまい、国としてのアメリカでは健康保険制度を準備してくれないそうですから、自らと自らの家族の健康を考え、輸血なしで受けられる治療方法のバリエーションを広げるべく?保険に入っておくのはマストです。

日本も似たようなものです。生活保護制度もありますが、それをアテにした生活設計をしていてどのツラ下げて家々を訪ねられましょうや?

#495 2017年03月14日 18:09:44

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

なんだか、福祉の生活保護講座、年金講座のようになってきました。
でも、現役組、覚醒組、脱塔組にもいつ必要になるかわかりません。
どこかで話しましたが、20年ぐらい前紹介で付き合った
女性JWは年金の必要性に気が付き、40歳ぐらいでしたが、
掛け金を支払い始めたといっていました。
彼女が現在どうしているのかわかりませんが、
生き延びていれば掛け金が生きてくるでしょうね…。

と思えば、わたしのアパートの二階に住んでいた女性は、
もうじき年金を受けられるところまで来ていたのですが、
一銭ももらうことなく病死してしまったのです。
彼女は未信者でした。30年以上掛け金を支払ったと思います。
でも、田舎に帰ったら年金では生活できないから、
玉の輿に乗りたいと何度も言っていました。
だれか、お金持ちで老人でもいいから自分をもらってくれないかと
たぶん、本音でしょうね、生きるために、そう言っていたのです。
長いこと掛け金を支払い一銭ももらえなかったので
さぞ、無念だっただろうとわたしは思ってしまいます。

しかし、彼女が支払った掛け金は無駄だったでしょうか。
彼女が受給できないことだけ考えれば、無駄という表現もありです。
でも、1,000時間奉仕者さんが述べているとおりですね…。
もし、一つの会衆で困窮している人の生活費すべてを
捻出することになれば…。
あるいは、ひと家族の中で困窮している
親や兄弟のために生活費を捻出することになれば…。
そうとうな負担が生じるでしょう。共倒れも…。

集めた掛け金を政府が配分しているので、
払うほうには多額に感じても
実際は軽い負担になっていると思うのです。

わたしたちが認識したいのは、自分が支払った
年金の掛け金や税金などは、自分と自分の家族、霊的な仲間を
養っていることに貢献しているということです。

奉仕に明け暮れて、もしもの場合を考えていない
現役の皆さんは、じっくり黙想することをおすすめします。

オフライン

#496 2017年03月20日 16:57:38

ラハム
メンバー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

現役であっても、脱塔考慮中であっても、
脱塔した後であっても、
生活保護受給の必要が生じるかもしれません。
何かの拍子に人間関係が崩れるようなことが生じ、
あるいは失業するかもしれないからです。
脱塔するということは慣れ親しんできた人間関係が
失われることを覚悟する必要があるからです。
仕事面でも巻き込まれる場合もあるのです。

生活保護を受給することは決して恥ずかしいことではありません。
やむを得ない事情で困窮してしまう人を援助するために
日本国政府が定めている法律だからです。
最近知り合ったJWでない友人は住む家があります。
それは土地・家屋を相続しているからです。
土地・家屋は彼と彼の肉親の兄弟たちの所有物です。
そのような状況で日々の糧を得るための貯金のような
費用が底をついたら、生活保護を受給できるのでしょうか。
これは、前から疑問だったことです。

そこで、福祉事務所に行く用事ができたついでに、
担当者に質問することにしました。
その回答は事情にもよるけれど、
受給できるというものだったのです。
担当者としては土地がある場合、売却するよう
説明するということでした。
ここで、相続人が幾人もいて、
売却する同意が得られない場合、どうすればいいですか、
と、現実に生じる問題を聞きました。
その場合も相談に応じるので、
ぜひ、相談に来てほしいということでした。

一方、受給者が65歳以上の場合、
土地を担保にして生活資金を受給できるというものです。
担保にした土地は受給者亡き後、売却されて、
受給された生活資金は政府に戻されるようです。

以前は、住所不定で住居が定まっていないと
生活保護費は受給できませんでした。
また、持ち家があると受給できないと思い込んでいる
場合もあったようですが、柔軟な対応に変化したようです。

最初から受給できないとあきらめないで、
福祉事務所で聞くべきでしょうね。
わたしは現在受給する必要はありませんが、
将来的には必要になるかもしれません。

脱塔する際、どうしても必要であれば
政府の助けも活用なさってください…。
上位の権威は「あなたの益のための神の奉仕者であり」
「神の公僕」であるとパウロも述べてくれているからです。
(ローマ13:4,6)

オフライン

#497 2017年03月21日 21:20:46

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 元・エホバの証人同窓会・脱塔分室~JWからの脱塔指南します~

>脱塔する際、どうしても必要であれば政府の助けも活用なさってください…。

グサっとくる一文です。というのも、私もとある貧しい伝道者に付き添って役所に出向いたことがあるからです。まだ高卒直後、自分の生活基盤もおぼつかない(しかし責任はない)若いころ。

親類縁者がいなくて貧しくて病気がちでちょっとメンタルにも支障がある兄弟。ペーペーの私にできることなど送迎と相談窓口同席くらいなものです。

我々の住んでいた自治体はそれほど不親切なところではなく(また時期もバブルの残り香がするような行財政も厳しくなかった時代)、そばで見ている限りでは窓口職員とのやり取りはそれほど難航してはいなかったと思います。

大変だったのは「書類」。具合が悪くて働けないから申請に来ているのに、拷問のように大量の書類を書かなければならないのです。係員の目の前で、という条件付きで私が代筆するのを許してくれました。それでも「あれが足りない」「この証明書が必要」と言われる度にあっちの窓口、こっちの建物…とかけずりまわりました。初めての経験だったので無我夢中で、気がついたら閉庁時間まぎわ。

だからといって、これだからお役所は……などとは感じませんでした。むしろ公金を支給してもらうためには誰からもどこからも文句のつけられようがない手続きを踏まなければいけないのだ、ということが骨身に沁みました。

現在はあれほど面倒なペーパーワークを要求されることはない、と聞いています(ただし、自治体によりけりですが)。近年、保護費支給を却下された例を非難するニュースが目立つため、窓口も無下には追い返したりしない傾向にあるとか。

悲しいかな、というか脱力したのは、その兄弟、その後まもなく集会に来なくなり、やがて遠方に引越してしまったことでした。もう亡くなっておられるはずのお歳です。

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer