ログインしていません。

#101 2017年04月10日 21:43:28

ジョエル
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

聖書についての質問 さんの発言:

計算の起点となっている前539は一般の歴史家が導き出した数字ね。それに2を加える。

バビロン陥落の年を、一般の歴史家が言う前539とするなら、エルサレム陥落の年もなぜそうしないの?最初から前607と言う数字があって、あとは適当に数字を操作しました、ということでしょうね。

そういうことですよね。

聖書には西暦で何年に起きたとは書いてないから、西暦で年代を特定したいなら歴史と比較するしかない。聖書には607も586も539も出てこないんだから。同じ一般の歴史から導かれるBC539は「pivotal date」だけど、BC586はBC539に比べて信頼性が低いよ(3段落目)は聖書じゃなく、歴史証拠を調べないと言えない話ですよね。


でも調べてもそんな話は出てこないどころか、この人はそこを調べに調べた上で、むしろBC586の方がBC539より証拠が豊富だと結論した。だからWTもこの返信で2回も認めているように、一般の歴史家も「generally」にBC586を特定しているんですが、BC539との違いは何なのか。

その質問には答えずに嚙み合わない従来の独自説を繰り返すだけで、長老は答えられなかったから手紙を送ったのに、この返信は長老に送るから長老から「霊的な援助」を受けてくださいとか、話の逸らしっぷりが笑えます。


WTも知らない、歴史証拠に基づいてBC607を主張する「secular historian」がいたら教えてほしかったのですが。

#102 2017年04月11日 09:02:45

ささらほーさら
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

saraさんもそうですが、skさん、Chimeraさん、サーティさん、youngmaskさん・・・熱心さは認めますが、みなさんグラつく足場に立たれているようで・・・読んでも信仰の助けにはならないような気がするのですが、そう感じるのはわたしだけでしょうか?

オフライン

#103 2017年04月11日 14:31:42

1,000時間奉仕者
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

ここのトピックを立ててくださった「クリスチャンのりんご」さん、
盛り上がってますよ、ご意見をどうぞ。

#104 2017年04月11日 16:20:15

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

JWを何十年も続けていると必然的に
非JWの人々とも人間関係を持つようになります。
それで何かの拍子に自分の誕生日を知られてしまい、
親切な人は「誕生日をお祝いしよう」などと
申し出てくれることもありました。

わたしは30代中ごろまで命を保ち生き続けていることの
困難さの意味がよくわからなかったのです。
というのか、自分のうちに命のあることの意味を
感覚として感じることがありませんでした。
でも、あるとき自分には体内時計があって、
それはさらさらと音もなく落ち続けるような
命の持ち時間の砂時計があることに気づかされたのです。

聖書には「人は自分の死ぬことを知っている」
と書かれていますが、若くて元気だったわたしは
なんて当たり前のことが書いてあるんだろう、
当たり前すぎてばかばかしいと思っていました。
ところが、命の砂時計が減り続けているのを
感じるようになった途端、その聖句の真実味が
わたしに迫ってくるようになったのです。
それ以来、脳裏から自分の死が迫っているんだという
意識が芽生えて消えることはなくなってしまいました。
寿命というのか命の持ち時間というのか、
日を追って少なくなるつつあるのです。

それで、JWとして誕生日を祝うことはできませんので、
誕生日まで生き続けることができたことを祝う、
あるいは喜ぶ日にしようと決めたのです。
誕生日を祝ってはいけないとする
聖書解釈にはそうとう無理があります。
でも、おおやけに誕生祝をしていることを
仲間に知られるわけにもいかないと考えていました。

だから、自分の誕生日になるとおいしいものと
ちょっと贅沢なお酒を買ってきて、
一人で生き延びたことを祝って喜んでいました。
こんなことをこっそりしていたのを思い出しました。

きょう、実は誕生日です。
きのうは、友人たちが大勢祝ってくれました。
プレゼントもあったのです。
JWを離れて自由を謳歌できるのは素晴らしいです…。

オフライン

#105 2017年04月11日 16:50:16

ささらほーさら
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

Happy birthday ラハムさん*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

オフライン

#106 2017年04月11日 17:18:25

てつてつ
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

聖書には「人は自分の死ぬことを知っている」
と書かれていますが、若くて元気だったわたしは
なんて当たり前のことが書いてあるんだろう、
当たり前すぎてばかばかしいと思っていました。
ところが、命の砂時計が減り続けているのを
感じるようになった途端、その聖句の真実味が
わたしに迫ってくるようになったのです。
それ以来、脳裏から自分の死が迫っているんだという
意識が芽生えて消えることはなくなってしまいました。
寿命というのか命の持ち時間というのか、
日を追って少なくなるつつあるのです。

ホント自分もかなり残り少なくなってきました 最近ひしひし感じます

お誕生日おめでとうございます kiss

オフライン

#107 2017年04月11日 18:00:21

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

ささらさん、てつてつさんありがとうございます。
最近はもうちょっと頑張れるかなって感じています。
これからもコメントよろしくお願いしますね…。

オフライン

#108 2017年04月11日 18:27:45

SMG
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

もし神様っていうやつが本当にいるのなら、自分の犯した失敗や罪とまっすぐに向き合う人間を決して悪いようにはしないはずです。
開き直って屁理屈こいたり、何かのせいにするような奴が自分の失敗や罪とまっすぐ向き合ってるわけがないです。

それを再確認する節目の日でもあるのに それを否定するならその人は死ぬまでガキのままでしょう。

#109 2017年04月11日 19:30:42

SMG
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

ラハムさん 少し遅くなりましたが、

Feliz cumpleaños!
Joyeux anniversaire!
お誕生日おめでとうございます!

#110 2017年04月11日 20:06:11

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

SMGさん、どうもありがとう。
記念式に誘われていましたが、雨天の理由で行きませんでした。
みなさんのご返事を読んでいて目から雨降りました。
おびただしく苦しかったこと、思い出してね…。
みなさんといっしょにもうちょっと生きようと思います…。
これからも生き続ける力を分けてください…。

オフライン

#111 2017年04月11日 20:34:21

鬼太郎
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

ラハムさん お誕生日おめでとう。
JW時代には言えなかった、このお祝いの言葉、いいですね。
是非、来年も再来年も、その翌年も、、、、、
いつか将来WT組織が倒れるまで、、その時は共に祝いましょう。

編集者 鬼太郎 (2017年04月11日 20:35:18)

オフライン

#112 2017年04月11日 21:06:30

SMG
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

実は 私も誘われていたんですよ。
ロシアのことについて問い詰めまくりました。
やっぱり言ってました。
「今度こそ大患難は近い」って
ひょっとしたらと思っていたけど 案の定でした。

・・・・今更ですが
あなたも同じだと思いますが、テーマの誕生日はもちろん
正月、春節、豆まき、ひな祭り、夏祭り、感謝祭、収穫祭、ハロウィン、クリスマスなど日本のあらゆる行事も身内の葬儀も全部禁じられていました。
当時は金がかかるからと開き直っていました。

学校に行くのは 自分たちの教えを開拓するための場以外の何ものでもありませんでした。自分の教えを理解することが前提で学校に行ってました。
受け入れてくれた人もいまして、本の善意で目覚めよとものみの塔をあげました。
数週間後、他の保護者から
「うちの子が他の生徒から宗教勧誘を受けて変になった。お前か!うちの子をそそのかしたのは!」
とPTAに小冊子と聖書を叩きつけられて、苦情が来て呼び出されて、そりゃもう私と母親は担任や他の保護者からエラい大目玉喰らいました。私の善意を踏みにじられた気分でいっぱいでした。小1の時です。当時は自分たちの教えを受け入れない者は全部敵に見えました。まさに四面八面十六面楚歌の飽和状態。
「もう知らん。こんな素晴らしい教えを理解できないバカ共の溜まり場なんて、行ってやるもんか!」って
私も母親も当時は「よくぞ言った!そう思うんならもう学校行かなくていいよ」そう言って私の味方でした。私は母親との一致のもと 隣の県に引っ越して、そのまま地元の学校にも行きませんでした。


これからも罪を背負って生きていきますよ。

#113 2017年04月11日 21:40:36

SMG
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

今の私なら、幼くて愚かだった私自身に つくづく腹が立ちます。
あの恐ろしい鉄格子のような世界の正体に 幼かった私は気づくことができませんでした。
たぶらかされた母親にいいように刷り込まれてただ熱病に駆られたように何も考えずに、偽りの信仰の洗礼を受けてしまったのです。
私自身 もともと敬虔な信者というわけではなかった、洗礼の儀式の直前で恥を忍んで謝ってでも断るという選択肢もあったはず。
"私は エホバの証人にはなりません。楽園にはいきません。すいません" とね。
でも幼さゆえの欲望と好奇心に突き動かされた私たちは 愚かにも偽りの宗教の懐に飛び込んでいったのです。
思いもよらぬ運命がその先に待ち受けていることなど知る由もなく ね。
今でもまだ 当時の自分自身を赦せずにいます。

排斥後、あの組織における恐ろしい話をたくさん聞きました。良心の危機も読みました。
子供たちが、親をはじめとする大人たちの手によって身も心も侵されていたのだと、
特に女の子が大勢姦された 統治体はロレックスを愛で、高級マンションで豪勢に暮らしている。それが事実だと知った時は本当にショックでした。

でもそれが自分自身が歩んできた人生とは全然結び付けられず、その意味では安心していたのです。
私は正式な信者というわけではなかったし、何も知らなかったし、何も悪くない。だから私に罪も非もない。
そう開き直って安心していました。

しかし、別の会衆に移った長老に 姦された廉で警察に逮捕されたと聞いたのです。

その時ですようやく気付けたのは。
小学生の時 もしもあの子たちをあの恐ろしい世界の虜にしていたらと思うと
それは鳥肌が立って 心も体も 心底 罪の意識で焼かれる思いがします。
私も数年前までそんな風に家々を回ってはたくさんの若い人たちを何人も騙して 彼らの人生や家庭を破滅させたんですから。
当時自分は幼かった未熟だったなどということは何の言い訳にもならない。
あの時 目をちゃんと見開いてさえいれば 真実に気づけたのだと・・・・。
これからも 罪を背負って生きていきますよ。
あのインチキ宗教組織が自分が息絶えるかロシアのように日本でも最高裁で解散命令が言い渡されるまで被害者団体に寄付し続けることが私の償いだからです。

#114 2017年04月12日 00:06:13

moon
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

ラハムさん

お誕生日おめでとうございます。
多くの方からお祝いの言葉や贈り物、おいしい物とお酒、幸せですね。
来年も再来年も続くよう私も願っています。


soraさん

今日はイエスの記念式でしたけど厳かさはみじんもありませんでした。
パンとぶどう酒を誰も食べたり飲んだりせず、
リハーサル通りに進行して「ホッとした」という空気と
イエスのこの記念を告げ知らせるのではなく、「エホバがイエスを遣わしてくださった」
ことを重点にしていました。

こういった式に出るよりも子どもや友人のの誕生日を祝う
心からの「おめでとう!」や、一日一日を過ごしてきて今年も一年生きられた
という実感と感謝の方がはるかに心身に沁みますし、幸福感がありますヨ。

#115 2017年04月12日 06:17:40

てつてつ
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

SMGさん こんにちは 二世だったから大変だったんですね cry

これからも 罪を背負って生きていきますよ。
あのインチキ宗教組織が自分が息絶えるかロシアのように日本でも最高裁で解散命令が言い渡されるまで被害者団体に寄付し続けることが私の償いだからです

自分も一人でも現役証人の方が真実に気づいてくれればと思いやってます でもあんまり自分を責めすぎないでくださいね

オフライン

#116 2017年04月12日 18:07:05

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

鬼太郎さん、moonさん、温もりのあるお祝いありがとう。
この一年、なんとか生き延びることができました。
皆さんからお祝いのお言葉をいただいて、
「誕生日、おめでとう」というのは
「誕生日を無事迎えられてよかったですね。
また、来年も無事にこの日を迎えられますように」という、
祈りにも似た祝辞なのだと気付きました…。

オフライン

#117 2017年04月12日 23:04:14

iris
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

ラハムさん、遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
重荷を負いながらも、一歩一歩ていねいに歩んでこられた積み重ねの日々に敬意を表します。
大勢のお友達に囲まれて、素敵なお誕生日をすごされたこと、本当によかったですね。
この一年も、素敵な毎日をすごされますように。

オフライン

#118 2017年04月12日 23:12:38

iris
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

私たちの生きる時間は、私たちの命そのものです。
何に時間を使うかは、何に命を使うかと同じことです。
命を大切にすごしたいですね。

オフライン

#119 2017年04月12日 23:19:51

iris
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

SMGさん、幼かった御自分をあまり責めないでくださいね。
幼い子どもには保護してくれる人が必要ですし、保護者に従うことこそが生きる術なのです。

被害者を、次の被害者を生む加害者にしてしまう、組織の仕組みこそが責められるべきです。

オフライン

#120 2017年04月13日 14:40:27

ラハム
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

irisさん、お祝いのお言葉ありがとうございます。
脱塔後、その言葉を素直に聞けるようになりました。
「時は金なり」と昔から聞かされていましたが、
自分の命の持ち時間に制限のあることに気づいてから、
「時は命なり」と考えるようになり、
自分の時間と他の人の時間を大切に扱うようになりました。
人として与えられている時間こそ貴重な宝であり資産です。

オフライン

#121 2017年04月14日 16:03:51

クリスチャンのりんご
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

私の書き込みが、これほど反響を及ぼすとは思っていませんでした。皆様の書き込みに感謝いたします。

#122 2017年04月15日 06:26:00

てつてつ
メンバー

Re: 聖書と誕生日について

クリスチャンのりんごさん こんにちは 別にりんごさんのせいではなく Soraさんが現れてかたよった書き込みをされたので ちょっと炎上しただけだと思いますので 気になさらないで またどんどん書き込んでくださいね kiss

編集者 てつてつ (2017年04月15日 06:26:14)

オフライン

#123 2017年05月04日 19:08:34

通りすがり
ゲストユーザー

Re: 聖書と誕生日について

Soraさんとよく似た主張をされているブログがあります。
おそらく別人でしょうが、このような考え方をする人がいることを知っておいても損はないと思います。

http://ameblo.jp/coco115777/

#124 2017年05月04日 21:17:47

カレブ
Administrator

Re: 聖書と誕生日について

通りすがり さんの発言:

Soraさんとよく似た主張をされているブログがあります。
おそらく別人でしょうが、このような考え方をする人がいることを知っておいても損はないと思います。

http://ameblo.jp/coco115777/

ざっと読んでみましたが
どのあたりを「Soraさんとよく似た主張」と言われているのかわかりませんでした。

「このような考え方をする人」の「このような考え方」とは
どこを指していますか?

最新の「本音トーク 2017-05-03 20:32:14」のブログ記事ですか?

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer