ログインしていません。

#1 2016年12月11日 20:58:33

伊佐利安
ゲストユーザー

エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

皆さんこんにちは、標記のタイトルで新規スレッドを立てさせていただきました。

協会の数々の人権侵害行為に義憤を感じ、法的措置を持って対抗したいと思っております。

「急いては事をし損じる」と言いますから、焦らずゆっくりと物事を進めていきたいと考えております。どうぞ皆様、忌憚のない意見、そしてまた資料等のご提供などの協力をお願いいたします。

#2 2016年12月11日 21:49:15

祥子
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

http://www.nichibenren.or.jp/activity/h … itate.html

訴訟ではなく『人権救済申立て』ですので、
ご希望に沿わない場合はスルーしてください。

#3 2016年12月11日 22:21:41

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

祥子さんはじめまして、コメントありがとうございます。

弁護士会への人権救済申し立てについては訴訟提起の前の段階として活用することを考えていました。この他に、法務省人権擁護局に対して人権侵害相談をすることもできますね。

http://www.moj.go.jp/content/001137351.pdf

私も詳細については知らないので、これから法務省と弁護士会に問い合わせをしようと思っています。問い合わせに対する回答もこのスレッドにアップしていく予定です。

恐らくやり方としては、人権擁護局への救済申し立て→ものみの塔協会への勧告→改善されない→弁護士会への救済申し立て→勧告→改善されない→訴訟提起となっていくと思います。

#4 2016年12月11日 22:47:34

祥子
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

http://www.nichibenren.or.jp/contact/co … flict.html
『紛争解決センター(ADR)』

伊佐利安さん
提訴前の話し合いを求めるなら『紛争解決センター(ADR)』はいかがでしょうか?
『人権救済申立』も『紛争解決センター』も法的拘束力がありませんから、相手方が応じなければそれまでです。しかし、次の段階である提訴後、相手方が弁護士会の呼び出しに応じなかったとの事実を法廷で示すことができます。
聖書的手順では当事者間の話し合いから始めるのが相応しいと思います。但し、当事者の心の重荷になる場合、どうか、この情報を忘れてください。

#5 2016年12月11日 23:27:31

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

祥子さん、私はもう少し戦略的に考えていて、一連の流れは協会に圧力をかけるために行うためのものなのです。協会と話し合いをしても相手は絶対に応じませんので、あまり意味はありません。

最終的な目的は、排斥・断絶に伴う忌避を公式にやめさせることであり、裁判を提起し勝訴判決(或いはこちらの言い分を認めた和解の締結)によってのみしかこれを達成することはできません。

また、副次的な効果として、西暦前607年エルサレム陥落説の完全論破、これに伴う1914年の王国設立説及びこれに続く統治体がイエス・キリストに任命されたとの主張を崩すことを狙っています。

要は、イエス・キリストが、「あなた方はみな兄弟です。」、「指導者と呼ばれてはなりません。」とおっしゃられたのですから、一信者或いは数人の信者が他の信者の上に絶対的な権能をふるうようなことを止めさせたいのです。もちろんこれは、長老が愛に基づいて不品行を行う者を懲らしめることを否定するものではありません。ただし、王国会館や公式の場以外での完全無視などの人権侵害行為はやめさせなければなりません。

この最終目標を達成することは相手の急所を刺すことになりますから、協会の激しい反応が予想されます。念入りに準備しなければなりません。できれば国際的に連帯して、大人数で同時に行動を起こしたいと思っています。

協会からこのスレがマークされることも念頭に置いて、皆さんとこういった形で少しずつ議論を深めていきたいと考えています。

#6 2016年12月12日 18:15:54

祥子
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

伊佐利安 さんの発言:

祥子さん、私はもう少し戦略的に考えていて、一連の流れは協会に圧力をかけるために行うためのものなのです。協会と話し合いをしても相手は絶対に応じませんので、あまり意味はありません。

最終的な目的は、排斥・断絶に伴う忌避を公式にやめさせることであり、裁判を提起し勝訴判決(或いはこちらの言い分を認めた和解の締結)によってのみしかこれを達成することはできません。

伊佐利安さん
スレタイトルが「人権侵害救済」となっていたため、虐待や忌避等人権侵害よる精神的、身体的、物理的な被害に対する救済だと思い違いしてしまいました。被害者の救済が目的かと私が勝手に考えていただけです。心からお詫び申し上げます。
伊佐利安さんのご意向に沿えられず申し訳ございませんでした。またご縁がありましたら、よろしくお願い致します。

#7 2016年12月12日 18:31:48

鬼太郎
メンバー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

未信者夫からの 精神的な苦痛に対する慰謝料請求(会衆や日本支部に対して )の民事訴訟は如何でしょうか?
特に、未信者で未成年の子供対するJW教育は、親権の侵害であり、輸血拒否で最悪の事態を招くことも
あるわけですから、心配で精神的な不安と恐れで迷惑を被っているため、その苦痛に対する慰謝料請求を数百人単位で集団訴訟に発展させればマスコミも取り上げます。

オフライン

#8 2016年12月12日 21:38:15

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

祥子さん、そんなに恐縮されなくても結構ですよ。どんどん意見交換してまいりましょう。これからもよろしくお願いいたします。
私の意図するところは、協会の行為によって傷付いた人たちがいるということを協会に認識させることです。特に、エルサレムの崩壊を西暦前607年とすることに異議を唱えた者や児童性虐待の被害者に対する口封じをやめさせたいのです。できれば世界中の現・元証人たちと連携を取って集団訴訟を展開したいと思っています。どうか、皆様からのご協力を賜ることができますよう、よろしくお願いいたします。

#9 2016年12月12日 21:46:46

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

鬼太郎さん、ありがとうございます。未信者の配偶者にも加わってもらうことは気付いていませんでした。ただ、ご指摘の部分が法律上の不法行為となるかどうかは検討の必要があると思います。排斥処置は協会が組織として被害者に対して直接的に行う行為ですから、行為と精神的損害との間の因果関係は比較的簡単に認定されるものと思いますが、未信者に対して協会は直接何らかの行為を為すわけではありませんので、夫婦間で解決されるべき問題だとされてしまうかもしません。
しかし、マスコミや行政、また政治家などにこのような問題が発生していることを伝えるのは意味があることかもしれませんね。

#10 2016年12月12日 22:14:56

鬼太郎
メンバー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

海外で、JWの排斥処分を違法とした判決があれば、ある程度の勝算はあると思いますが、、、、?
如何でしょうか?
つまり、宗教団体が信者を破門にするのは自由、他の信者が破門された元信者を無視するのも、
信仰の問題として介入されない可能性が高いはずです。
特に入信の際に、排斥や断絶処分を承知しているはずのため、難しいはずです。
信仰の自由、結社の自由等に対抗するとすれば、『社会通念を逸脱する』ような部分を探しかありません。

また、国内でも宗教活動を事由とした離婚イコールJW というほど司法の世界では有名ですから、
この辺から切り口も捨てがたいと思います。
できれば、マスコミが取り上げて、世間の注目が集まれば、新たな展開もあると思います。

オフライン

#11 2016年12月12日 22:21:56

祥子
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

鬼太郎 さんの発言:

未信者夫からの 精神的な苦痛に対する慰謝料請求(会衆や日本支部に対して )の民事訴訟は如何でしょうか?
特に、未信者で未成年の子供対するJW教育は、親権の侵害であり、輸血拒否で最悪の事態を招くこともあるわけですから、

伊佐利安 さんの発言:

ただ、ご指摘の部分が法律上の不法行為となるかどうかは検討の必要があると思います。

http://www.gov-online.go.jp/useful/arti … 203/1.html
民法が改正されました。
「4.最長2年間、親権を制限できる『親権停止』の制度を創設」をお読みください。

申立てができる人は、子、子の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、検察官、児童相談所長、等です。また、裁判長は職権で弁護士を手続代理人に選任できます。
これは審判の手続ですので、このスレの民事訴訟とは違う方法となります。ご検討いただけますようお願い申し上げます。

#12 2016年12月12日 22:32:37

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

そうですね。国内と海外での事例研究もしなければならないと思います。
私の考えているのは、こちらに非がないにもかかわらず排斥処分を被ったという事例に対して、協会の不法行為が問えないかというものです。会社に解雇された労働者が不当解雇を訴える裁判をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。
したがって、自分は組織の中に残りたかったのにもかかわらず、組織の誤りを指摘したところ不当に排斥されてしまい、仲間から忌避され精神的苦痛を感じている、というような感じになります。
切り口はいろいろあるでしょうから、このスレで皆さんと議論させていただき、収斂させていきたいと考えております。

#13 2016年12月12日 22:42:35

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

祥子さん、ありがとうございます。
このスレは慰謝料請求裁判について議論するものですので、子供の親権問題については対象にならないかと思いました。しかし、ご指摘の民法改正により、エホバの証人の子供に対する親権停止措置が今後増えると予想できますね。民事裁判では主要事実の主張に加えて、間接事実や「事情」といったものも主張に加えられることが多々あります。鬼太郎さんが指摘された未信者の配偶者が感じる精神的苦痛、過度の宗教活動が離婚の原因となる、またエホバの証人の子に対する親権停止措置が頻繁に取られているといった事例を被告(協会)に対する不利な事実として主張できるかもしれません。

#14 2016年12月12日 23:28:42

鬼太郎
メンバー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

非が無いのに排斥処分となった事例ですか、、、、。
性的な不道徳や背教ではなく、事実無根での排斥処分とか?

できれば、可能な範囲で具体的な内容を教えていただけますか?

オフライン

#15 2016年12月12日 23:45:15

めぐママ
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

はじめまして、親族に、医療関係者がいたので、国立大学付属病院など、?会病院など三ヶ所?で、輸血をしないで受け入れてと、お願いした事がありました。いづれも、院長、副院長で、迷惑かけました。マニュアルを作成してくれたけど、子供には適応しないということになりました。今となっては、子供を犠牲にしなかった、と安堵してます。

裁判、にはいろいろ手続き、費用もかかります。

文科相に、こども、若者達の将来、命を守るということで、危険なカルト指定して欲しいと、要望書を作成して提出する、とマスコミに注目してもらうのはどうでしょうか?

教育を受けさせず、開拓を励ましたのは、事実で、大会のテープなど、証拠があるでしょう。
定職につけてないから、税金も年金も払ってない方達、困っている、国の将来を担う、子供から、教育の機会を奪った事実は歴然としてます。

こういう趣旨で、若者達の将来を守る為の活動してます。というなら、要望書に賛同して署名して下さる方、集まります。何十万人の署名と、共に文科相へ、という、鳴り物入りで、注目を浴びるだけでも、かなり知名度が上がっていいと思います。海外での活動にも、関心が向きます。

教育関係者、医療関係者、協力して下さる方多いですよ。
ママさん、おばちゃんパワー、マンパワーですよ。

じっくり、各方面に相談して、意外だけど、公明党の、大臣人間味のある方でしたよ。

#16 2016年12月13日 00:25:54

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

鬼太郎さん、事例としては北海道広島会衆の大量排斥事件や、最近特に話題になっている児童性虐待の被害者が被害を長老に訴えたところ逆に排斥されてしまった、というものがありますね。他にも、長老の職を削除された方が異議を申し立てたところ、反抗的であるとみなされて排斥されてしまったという事例もあります。この方は、組織内でかなりの特権を得ておられたようで、ブログを読まれた方もお多いのではないでしょうか。

協会は組織に対して不満や異議を述べる者に対して高圧的な態度で服従を求め、聞かない者は背教者であるとレッテル貼りして排斥するということを繰り返しています。これは北朝鮮や旧ソ連、東ヨーロッパ諸国のような独裁主義国家と同じやり方です。また、中世の異端審問とも同じですし、イエス・キリストご自身も当時の宗教指導者の権威(本当はそんなものは持っていなかったのは、今の統治体と同じ)に挑戦したとみなされて処刑されたわけです。そのような人権無視の宗教裁判が21世紀においても未だになされているのです。協会は自分たちが行うことはすべて神に是認されていると考えているようですが、間違っている部分は正すべきです。重大な被害が発生しているのですから、すぐに正すべきだと思うのですが、今までどこからもそういった声が上がってこないのを不思議に思っていました。私が今回このスレッドを立ち上げたのもそういった理由からです。

#17 2016年12月13日 00:40:34

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

めぐママさん、はじめまして。コメントありがとうございます。署名集め、いいですねぇ。是非やりたいです。
ただ、日本は信教の自由を守りすぎている部分があって、行政が宗教団体に立ち入って何かをするということには極端に腰が引けている部分があります。あのオウムでさえ未だに破防法が適用されないくらいですから。それに、有名なお寺や神社が宗教活動に伴う収入とは関係のないものすごい額の商業的収入を得ていながら課税されていないということもあります。カルト指定となるともっと難しいと思います。
しかしながら、これまで協会が信者に強要と言って差し支えないほど押し付けてきた非常識な指導は、これに従わない者に対する排斥の根拠ともなってきたでしょうから、人権侵害が起こる原因を説明するための補助的情報として当局に提供できるでしょうね。政治家なんかも巻き込みながらじっくりやっていきたいです。

#18 2016年12月13日 01:00:28

めぐママ
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

お返事ありがとうございます。
破防法を適用、出来るか、は、いいんですよ。日本人も、頑張らなきゃいけないんです。子供達は、宝、世間の皆が守る、虐め、虐待が、これ程問題視されているのに、JWの組織は、隠微な暗黙の了解があって、わたくしも以前、子供のムチについて、虐待では?今なら通報されます。と言った事があり、   姉妹、その話はもうしないように、昔のことだから、と言われ、ムッとしました。様々なブログを読んで、悲しすぎて、ムカつきました。

事実を、公表することで、ハドウホウを、打ち込めるのです。


政治家とな、コンタクトとか、マスコミ関係者の事、また、お伝えします。とりあえず、おやすみなさい。

#19 2016年12月13日 01:24:27

祥子
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhap … 053236.pdf

「平成 25 年度において申立てされた親権停止の事例等」の「児童相談所長による親権制限に係る審判の申立て」において公開されている「事例1」はエホバの証人でしょうか?

伊佐利安さんが目的とする慰謝料請求裁判についての議論ではなく申し訳ないのですが、児童相談所長が動いている事実は評価できると思います。お取り計らいの程どうか宜しくお願い申し上げます。

#20 2016年12月13日 01:33:25

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

めぐママさん、がんばりましょう!!
私も子供の頃はよく鞭を受けました。母はもう亡くなっているのですが、生きていたら思考停止状態を叱ってやりたいです。波動砲ぶっ放したいですね。時が来たら沖田艦長よろしく「撃てーい!」と言ってやりますよ。
それまでどれくらい準備に時間がかかるかわかりませんが、少しずつやっていきたいです。ご協力よろしくお願いします。

#21 2016年12月13日 01:37:45

伊佐利安
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

祥子さん、情報提供ありがとうございます。
事例1はエホバの証人関係だと思います。当時少し話題になっていた記憶があります。
慰謝料請求裁判と直接関係はありませんが、被告に対する不利な事実として主張できるかもしれません。

#22 2016年12月13日 10:19:49

鬼太郎
メンバー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

伊佐利安さん 例えば信者に対する暴力的な制裁、監禁、ストーカー行為ならば刑事罰の対象となるでしょう。しかし、宗教団体が信者を 分派分裂 背教等で排斥処分にする、それも入信時点で、つまりバプテスマの討議で、その種の処分があるのを前提として入信したわけですから、裁判所としては簡単に判断を下せないと思います。
金沢文庫は読みましたが、支部サイドでは、別の観点と論点から、例えば分派分裂を扇動した等で
排斥処分とした、というふうに正当化するはずです。

真田丸 ではないですが、本丸の前に外堀を埋める作戦も同時並行に立てていくことを提案します。

オフライン

#23 2016年12月13日 11:28:57

めぐママ
ゲストユーザー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

伊佐利安さん、#5の所の方法で、鬼太郎さんの、本丸の前に外堀を、、、のご意見もいいと思います。

サンヘドリン、エビーナ、がここをチェックしていると思いますので、別スレッドの、てつてつさん、太多哲成さんに連絡して、わたくしにつないでください。
電話します。

中野さん、ショウタンさんどちらかに、返信した事があります。
彼等の白髪を安らかにシェオールに下らせてはならない!   と。

本丸は、ブルックリンから、森の中、リゾート地へと。

#24 2016年12月13日 13:44:38

鬼太郎
メンバー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

1914年論破もよいですが、、、、
別トピで ノアの洪水に関して論じています。
特に科学的な実証事実として、氷床のデータは、血の教理戒律を完全に崩壊させるものです。
JWは、真理とは事実であることを前提としていますから、、。

オフライン

#25 2016年12月13日 17:32:07

ラハム
メンバー

Re: エホバの証人人権侵害救済訴訟提起準備スレ

祥子 さんの発言:

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhap … 053236.pdf

「平成 25 年度において申立てされた親権停止の事例等」の「児童相談所長による親権制限に係る審判の申立て」において公開されている「事例1」はエホバの証人でしょうか?

最上段の記述はたしかにエホバの証人でしょう。
わたしが脱塔してから献血に行ったとき、
採血しようとしている女医に
「輸血してはいけない宗教にいました」と告げたところ、
ただちに、その宗教がなんであるかわかりましたから…。
公に知られている限り、
信者にも信者の子どもにも輸血を拒むのは
エホバの証人以外いないと思います。
少なくてもわたしは聞いたことがありませんので…。

オンライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer