ログインしていません。

#76 2016年01月19日 11:41:33

どうする?どうするんだよ!
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

瑠璃さんこんにちは。すっかり占領した形になっておりすみません。
ラハムさんもおっしゃってましたが、解決できない、しなくてもいいことというのがあるのだ、と受け入れる納得するというのが生活のバランスを整える方法の一つかもしれませんね。
私は少し、こんにちは、akameさんに質問したいのですが、絶対的な解釈ができない手紙、聖書を神が人類に与えた理由は、理解しなくてもいいというメッセージだとおっしゃってますけれど、akameさんは今までに、相手が絶対に解釈できない理解不能な手紙を他人に出したことはおありなのでしょうか?あと、聖書の神には愛が感じられないとおっしゃりながら、同時に聖書には人が霊になるととることができる記述が多数ある、転生するともいっておられ、聖書を支持しているのかいないのかはっきりわかりません。妄想はすきなのですが、文章読み取りは上手にできませんので平易な説明をお願いいたします。

#77 2016年01月19日 14:13:48

akame
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

どうする?さん、

悪いですが、
支持するのか、しないのか、では答えられません。

私は聖書に関しては、全否定も全肯定もしません。多種多様な内容なので、個々の内容を是々非々で考えます。また、これまでもし••••ならと、仮定して述べています。

聖書の神に関する印象は良くありません。理由はフォーラム立てさせていただいたトピックに詳しく述べてありますから、読んで頂き参考にしてください。

転生はそれほどありませんが、死後の魂についての解釈が可能な聖句がかなりありますから、また機会を作りましょう。

#78 2016年01月19日 14:25:36

akame
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

WTの聖書解釈はかなり偏っており、その縛りから解かれるなら多様な解釈ができる箇所がかなりある、と感じています。

#79 2016年01月19日 14:40:01

どうする?どうするんだよ!
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

akameさん、仮定のお話に大変失礼いたしました。丁寧にお答えいただきありがとうございます。

#80 2016年01月19日 16:14:03

ラハム
メンバー

Re: 創世記についての疑問

わたしは生まれたときからの障害者です。
兄弟はとても多くて10人いますが、
わたしだけが障害者として生まれたのです。
ですから、なぜ、自分だけが障害者として生まれ、
ハンディを背負って生きなければならないのかという疑問を抱き、
悩ませられるようになったのです。

誰に聞いてもはっきりしたことはわかりません。
JWになる前かかわっていた宗教では「前世の因縁だ」ということでした。
要するに現在生まれてくる前の前世で大きな罪を犯したというのです。
わたしは当惑しましたし、非常に苦痛を感じることになりました。
わたしは前世で犯した大きな罪の記憶が全くないからです。
自分が犯した記憶がないのに罰だけ受けるなんて理不尽だったのです。
その理由をどうしても知りたかったのです。

そうした多感な高校生だったころJWと出会うことになりました。
わたしの気持ちとしてはアダムから受け継いだ罪の影響で、
障害者になったわけで、自分には直接責任がないことを知り、
大きな安心感を得ることになりました。
そのような経験もJW入信する大きなきっかけでした。

でも、JWを離れてあるときふっと気が付いたのです。
中学生のとき、数学の授業で連立二元一次方程式の例題を勉強していて、
答えがマイナスになってしまい「解なし」というのが正解になったのです。
何を何個買いいくつが適正かという問題でした。
だから、答えがマイナスではありえないことだからです。

このことが理解できたのは50ごろですから、
答えがないという答えは遠い昔から習っていたんだということに
強いショックと新鮮さを覚えました。

世の中には白か黒かだけでなく灰色の答えもあります。
甲乙つけなくてどちらでもいいことだって。
正解は人の数ほどあるものだって存在するでしょう。
聖書の解釈だって人の数ほどになるかもしれません。
JWが軽蔑しているキリスト教世界の書物にも
まったく異なる見解があらわされていることもあります。
JWを離れて、正解などないことを探していたんだという事実に気が付き、
自分が強く追い求めていた疑問も正解がなく、
正解を知ることもなく、答えがなくてもいいのかもしれない、
ということに気が付いたとき、大きな呪縛から解放され、
大きな安ど感がわたしを覆ってくれるようになったのです。

答えがあるのなら知りたい気持ちはあるのですが、
そのような事情ですから、JWであったときより幸福になったと思います。

オフライン

#81 2016年01月19日 17:05:10

akame
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

ラハムさん、

ご体験参考になりました。

私見ですが、転生と罪は殆ど関係がないと思います。何であれ罪を強調する信仰は、ある種の脅し、おそらく宗教的詭弁でしょう。

また、死後の状態は画一的ではなく、転生もひとつの状態にすぎないと考えています。

様々な信仰を体験した結果もあり、理由はとても書ききれません。最近目が悪く。

人は外見的な成功、見栄えなどではなく、魂として輝くとき自分と他の方を幸せにできます。

ラハムさんにはそのような力を感じました。ありがとうございます。

#82 2016年01月19日 17:54:06

どうする?どうするんだよ!
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

ラハムさんこんにちは。ご自分のプライベートを書いてくださり、ありがとうございます。
JWの大会に行くと、車椅子の方々用のスペースが設けられています。障がいのあるお子さんの手をとっておいでになる年配の方もおみかけします。私の親戚にも、生まれつきの障がいがある者がおりますし、一見わからなくてもよくよく聞けば、子供の頃からの慢性病を抱えるかたなどもおられました。
WTが崩壊するのはもう時間の問題です。しかし、そうなった時にあの方たちがつきつけられる絶望には計り知れないものがあります。残酷すぎます。私はそうなる前に、望みはまだあることを証明できたらと願っています。誤解しないでください、取って代わる別な偽りを提示しようということでは無いのです。聖書には何かあります。たまにホテルに泊まると、自死防止なのか聖書を部屋に置いてあることがあります。自死を思いとどまらせる何かがあると、思うところがあるオーナーなのでしょう。
死にたくない、病気も怪我も老化もひもじいのも苦しいのも痛いのも、永遠にサヨナラ家族もいやだよ、これは人類共通の願いです。本能で共通に願うということには訳が、なにかがあるのです。
生まれながらに重い罪、軽い罪なんて絶対にありません。答えがない数式はあるかも知れませんが、それは最近作り出しに成功したマイナス物質のようなものなのかも知れず、それでも少なくとも私は、人類の幸せを願い求めることを諦めたくありません。だからこそ、WTの偽善が、宗教の偽善が早く暴かれることを強く望み、神を、その教えを明らかにする努力をみんなで力を合わせて精査していけたらと想っています。
タタヤンさんという方にも、都市伝説程度の話だよってアドバイスいただきながら諦め良くないですけど、もう少し粘ってみます。

#83 2016年01月22日 00:51:09

どうする?どうするんだよ!
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

こんばんは。
前からの続きでもう少し考察を書かせていただきます。
イエス、そして使徒たちが行った癒しの業についてです。私が気になっておりましたのは、死者を蘇らせる、盲人や病人を癒す、などはあるのに若返りの業をほどこした記録は無いということです。ラザロは死後3日経っていて、腐敗が始まっていましたが、復活した時は死ぬ直前の状態でした。もし私だったら「せっかくならもっとピチピチギャルにしてほしかったわ。」とちらり思ってしまったかも知れません。老衰で死にかけたお年寄りを若返らせたとか、熟女の顔のシワを若返らせて消したとか、無いのです。WTの教理では、JWクリスチャンがハルマゲドンを生きて通過する時は、老若男女が助かり、老人は若返ると教えています。
JWクリスチャンであるとか、その他の宗派のクリスチャンだとか、仏教だろうがヒンズー、無神論者であろうが関係なしに、地球リセットのタイミングの時には老化が始まる前の年齢の人たち(お肌の曲がり角よりずっと若い未成年前後位、内臓の機能が落ちて肌に現れるまで時間差がありますし)や子供たちは無条件で全員生き残るのではないかと思っています。そして癒しの業によって老化が始まる直後のアダムたちの状態まで回復し、千年弱で寿命を終え、すぐに完全に産まれ直した女性の子宮に命を移されて完全になって産まれてくるのかな、だからイエスの統治は千年なのかなぁと、うっすら考えてみました。
私は元伝道者でJWを辞めており、神と聖書には興味を持ち続けていまして、色々な解釈を考え(=妄想)が好きなのです。神、聖書、宗教組織は必ずセットになっているとは考えていません。

#84 2016年01月22日 12:22:59

どうする?どうするんだよ!
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

JWの伝道者でも集会参加者でもなくなっていて、全く離れている今の私ですが、手元にある新世界訳日本語版聖書を金銭の要求なくいただけたり、考察の下地となった親切な研究司会者に多くの時間をとって理解を助けていただいたことのおかげだということには、素直に感謝しています。
イエスの表象物にあずかる記念式についてですが、王国会館に集まって油注がれた方たちだけが口にする、現スタイルは本当に聖書と合っているのかなと思うところがあります。
WT教理の綻びや偽預言者な過去実績や会衆内の性犯罪隠蔽の裁判ざたなど、神の唯一の経路組織って本当に?呆れられて神に嫌われていませんか?な現状を考えると、WT組織の油注がれた幹部の皆さんは、ただの思い込みの激しいおじさま集団でしかない、とも言えてしまう訳です。その幹部の方がたが表象物にあずかることには全く価値がないことになってしまいます。
イエスの時の記録からすると、当時、各家族で行われていた過ぎ越しの食事を、いつも行動を共にしているいつもの仲間と摂ったあと、そこにいるみんなに表象物を口にさせました。過ぎ越しの食事が、表象物にシフトしただけなのではないでしょうか。戦時中に牢獄に入れられた油注がれた方が、個人的に記念式を行った体験談からしても、各家庭でイエスに感謝しながら子供たちもみんなで表象物にあずかるのが自然な感じがするのは私だけでしょうか。2015年に表象物にあずかった方々が1000人も増えたのは、聖書を読んで考えるところがおありだったのかな、と感じました。144000人は、その中から人間にはわからないところで神が取り分けておられるのではないでしょうか。使徒たちはイエスご自身でスカウトしましたし。
だからといって、私は他の方の意見も仰がずに自分だけで決めて勝手に自分の家で記念式って、できません、していません。こんな話、JW現役のクリスチャンの誰とどこで話せるものでしょうか。困っています。記念式をしている他の宗派の方でも。パプテスマは、その候補者集めが目的なのかしら、、。

#85 2016年01月24日 15:05:29

√(ルート、旧どうする?どうするんだよ!)
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

こんにちは。ご覧になっておられましたら、瑠璃さんに提案があります。
このスレッドのテーマの他に、次々と疑問が浮かんでくる、と仰っていましたが、それらも幾つかここに書き込んでおいても良いかもしれません。瑠璃さんの物の見方は純粋でストレートな素直さがあると感じます。瑠璃さんの持っておられる疑問たちは、きっと多くの方にも共通の物なはずです。ひとまず書き込んでおけば、読んで考えて答えてくださる方々があって、多くの人の目に触れることには大いに意義があると思います。もしご面倒でなかったらですので、いかがでしょうか。
私ごとですが、HNを変えました。改めまして宜しくお願い致します。

#86 2016年01月24日 15:26:08

ルート
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

すみません訂正です。トピックです。

#87 2016年02月08日 05:17:08

主権問題は「造」られた?
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

創世記絡みの疑問はたくさん湧いてきますよね。

最近疑問に思うのは、

「エバ創造後何故すぐに生殖が行われなかった(?)のか」という点です。

蛇に唆されるまでにはかなりの時間的余裕がある筈です。

その期間に妊娠しないというのは、

①蛇の誘惑がエバの創造後とてつもなく短い期間に発生した。(下手すれば数時間後)
②性行為はしたが運悪く妊娠しなかった。(この場合も誘惑が短期間で起きたことを示す)
③性行為はしたが妊娠しない作りになっていた。(神の意志)
④そもそも生殖器が無かった(神の意志)
⑤そもそも性行為を知らんかった(他の動物を観察しているはずなのでこれはあり得ない)
⑥そもそも性行為をしようと思わなかった(これも神意により性欲を抑えられていたことを意味する)

平たく申し上げますと、

★「エバが罪を犯した「後」に妊娠したのは偶然か否か」★

ということです。

考えてみてください。もし罪を犯す前に妊娠していたら、少なくとも完全な人間が一人、世に誕生したことになります。

「完全な人間が妊娠中に罪を犯した場合でも」「罪が引き継がれる」というのなら話は別ですが、しかし、少なくとも創世期の記述では罪を犯したかなり後に妊娠したことが確定していますのでこの場合は考えても無駄だと思います。
ただ普通に考えて、完全な遺伝子を引き継いだ胎児が生育途中から親の影響で不完全になる、ということは考えにくいです。(イエスが処女の胎に移されたのも、同様の理由によるものでしょう)

で、完全な人間がもし叛逆前に誕生(受胎)していたなら・・
歴史は大きく変わっていたと思われます。
「主権問題」「忠誠問題」も今のような形で提起されていたことは無いと思われます。
あるいは問題自体が無かったかもしれません。
まぁサタンが3人(かそれ以上)とも誘惑に成功していた可能性もありますが。

以上より、「蛇の誘惑前に人類の生殖能力が意図的に止められていたのだとしたら、その理由は何か?」という疑問が湧くわけです。

「主権問題を確実に発生させる為」のものと考えられるのでは?

#88 2016年02月08日 05:27:59

主権問題は「造」られた?
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

因みにこれを論ずるには、

サタン発生の時期が関係してくると思います。
①人類創造の前にすでにサタンが発生していた。
②アダムの創造後にサタンが発生した
③タイミングよくエバの創造後サタンが溜めこんでいた反抗心を露呈、及び主権問題を思いつき、初犯に及ぶ(叛逆)。→子孫を作る前にエバの誘惑に直行。

普通に考えて①ですが、
③であれば全てのつじつまが合うとも言えます。

「サタンの初犯=人類を唆す事」という図式でしょうか。

#89 2016年02月08日 07:47:20

主権問題は偶発の所産か
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

JW的には、
万物・宇宙創成から今に至るまで、
究極にして最重要とされる現在進行中のイベントは「主権問題」と言えます。
律法やメシヤ誕生、贖いの教理その他全てはこれに付随するものと考えます。

「主権問題」(忠誠の問題)
これの起源が偶然によるものか否か

・・

現状、「意図されたものではない」「偶然発生した叛逆を「渡りに船」で利用」とされていますが、これら了見を確実に肯定する証拠は見出されていないというのが正確な答えだと思います。

「神は愛であるからそんなことはされるはずはない」とも言えますが、一転して「神と創造物に痛みは伴うもののこれも深い愛ゆえに施された施策である」と表現すれば済むことです。

万物の始原とされる「進化論」を「意図無き偶然の所産の積み重ね」として否定するのであれば、全ての苦しみや不和の根源とされる「主権問題」についても同じ物差しで語られるべきではないでしょうか?
つまり、
これほど需要で高度な宇宙的・歴史的イベントのきっかけを「意図無き偶然」だとするのは、(全知全能の神が存在するにもかかわらず)、生命の誕生を「意図無き偶然」とする進化論と何も変わらない短絡だと思うのですが如何でしょうか。

あるいは本当に(主権問題始原に係る)全てが偶然の可能性もありますが。
現実は小説より奇なり・・的な。

#90 2016年02月14日 00:28:32

ルート
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

こんばんは。
『主権問題、造られ、偶発の所産?』さんのを読ませていただきました。(お名前が安定していないのはどうしてですか?別々の方ですか?)
サタンは、完全な人間を騙すのに、エバが成熟した完全な女性に「教育され整う」頃合いを、それと同時にアダムとエバが生殖、子作りを行う直前を見計らっていたと思います。身体だけ大人の女性で、頭の中が何もインプットされていないなら、子育てに不適格だからです。アダムもエバも創造されてから教育された期間があったはずです。そして完全な人間を3人騙すより、2人騙す方がリスクも労力も最小限で済みます。
サタンは、自分の滅びを少しでも先に延ばすために今の世が1年でも長く続くように必死でしょう。はた迷惑の極みです。み使いの自分が反逆を表明してすぐに滅ぼされないために、時間稼ぎで人間を巻き込んだのかも知れません。
それとは別にもしかしたら、この宇宙を、地球を作り上げたのはサタンの可能性はないのでしょうか。「は?頭おかしいんじゃない?この人ヤバッ!」はい、ご意見は十分承知の上の仮説です。神は直接御子イエスを創った。イエスはみ使いたちと霊者の世界を創った。イエスも神に倣って自分が創ったみ使いに別世界を創らせた。人間一人一人に自由にしてもよいテリトリーが許されるのなら、み使いにもあるはずです。その中で、サタンが創った物質宇宙の、更に地球の出来がすこぶる良かった。創ったものは神に献上する。それをサタンは密かに嫌がった。「ワタシガツクッタモノハワタシノモノダ」。という感じで、、。イエスの千年統治後に神に献上されるんですよね。もちろん妄想ですよ、妄想。
進化論か創造論かは、フォーラムのドーキンズのところに書こうかどうか迷っているのですが、宇宙の始まりと生命の始まりがハッキリと解明されるまでは、始まりが進化か創造かどちらも、五十歩百歩の状態が延々と続くものだと思います。
(ヨハネのブログさんが、最新記事でカレブさん名指しで創造論を展開されておりますし)

#91 2016年02月14日 02:30:16

野の花
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

コメントをされてるjwtruth さんがこのように言っておられます。

>1. 進化論による弊害

子孫繁栄のためなら強姦さえも許容されるべきとの動物的で野蛮なイデオロギーが人類に受け入れられてしまいます。

++++++++++++++++++

ではロトの父娘は神の目的のために近親相姦で子供を設けました。
これこそ動物的で野蛮で生理的な嫌悪感を抱くのではないでしょうか。
キモすぎます。


また本文記事で牙をもつライオンはそのように神にデザインされたとありますが洪水前は草食動物だったのと違いました?

草食ならあの歯の形は不自然とは思わないんですかね。

突っ込みどころ満載の記事でございました。

#92 2016年02月14日 06:25:27

さやか666
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

私も楽しく読ませていただきました

なんといいますか

ずいぶんと懐かしく感じました

進化について、敢えて『あのような』

説明・取り上げ方をする方がいる限り

キリスト教原理主義の需要は絶えないですね



いつか

アメリカにある創造博物館に行ってみたいな

#93 2016年02月14日 08:28:55

ささらほーさら
メンバー

Re: 創世記についての疑問

おはようございます。

jwtruth  さんの発言:

>1. 進化論による弊害

子孫繁栄のためなら強姦さえも許容されるべきとの動物的で野蛮なイデオロギーが人類に受け入れられてしまいます。

未だに、そういった洗脳教育が功を奏しているのですね・・・(´;ω;`)ウッ…

強姦さえも許容されるべきとの動物的で野蛮なイデオロギー・・・これを助長してきたのは
むしろ、宗教なんですけどね~~~。


進化論者が野蛮なイデオロギーを助長するという統計や事実はありません。

戦争という野蛮な行為を取り上げてみると
進化論が原因で起きた戦争など聞いた事がないはず・・・。
逆に、宗教や思想が原因で起きた戦争は、歴史上膨大な数に上るんですよ。
犠牲者の数も、また然りです。
宗教が原因で犠牲になった人の数は
政治的な思想が原因で犠牲になった人の数を遥かに上回ります。

それに、進化論者が集まって暴動を起こしたり
その考え方故に戦争に至ったという記録は・・・たぶん、ひとつも無いですよ。

それって、ドーキンスも書いていたけど
宗教(取り分け聖書教育)の盲点のひとつです。
例えば、友人のひとりも
「聖書は世界の倫理観にとってなくてはならないものなのでは?
JWは性道徳に関して、清い基準を維持するために貢献してきたのでは?」
って言っていました。
ところが、性的虐待の数やその対処の仕方をみると
組織も、ひとりひとりの内奥の部分にも
高い倫理観が根付いていないことを示してます。

野蛮な人は、宗教を持っていても野蛮だし
高潔な人は、進化論者でも高潔ですよ。

jwtruth さんやJWの主張は「絵に描いた餅」のようです。
理想は語っていますが、事実に基づいていないので実体がありません

編集者 ささらほーさら (2016年02月14日 10:01:56)

オフライン

#94 2016年02月14日 08:52:50

通りすがり
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

ライオンもそうですが、例えば恐竜の卵の化石が存在すること自体、完全に楽園説を否定する決定的証拠です。

もし、かつて地球に、愛に満ちた神による平穏豊かな争いなき動物たちのパラダイスが本当にあったのなら、どうして卵の化石が見つかるのでしょうか。また、生まれたての、あるいはまだ幼い動物たちの化石が見つかるのはなぜでしょうか?

また、骨に噛み傷のある動物たちの化石や、焼け死んだ化石もあります。

それらは生まれることさえ許されなかった、成長することさえままならなかったことの証拠です。

化石の証拠は、どの地層にも幼い動物たちの死骸が含まれており、平穏無事な地上の楽園など存在しなかったことを雄弁に示しています。

それは大洪水によるものだという考えは全く当てはまりません。そうだとすればその地層には水害による特徴的な痕跡がみとめられてしかるべきだからです。火山灰層に閉じ込められた幼い動物たちのことはどう説明するのでしょうか? それらはすべてアダムの反逆後に生じたと強弁するのでしょうか? わずか数千年でそんなに地層が積み重なりますか? 骨の成分がすべて抜け、岩石の成分に置き換わって骨の形の石になりますか?(「化石」とはそういう意味で石になったものです。)

希望や妄想がないと生きていけない人にとっては「楽園」は必要なものかもしれません。しかし、地球の真実を誠実に理解しようとする人たちもいるわけですし、その希望を日々押し付け回るのは良くない、と思いませんか?

「真理」は、実は身の回りし手近なところにいっぱいころがっていて、それらを見れば氷塊するものです。ただし、しっかり目を覚ましていれば、です。

#95 2016年02月14日 08:59:47

ささらほーさら
メンバー

Re: 創世記についての疑問

あ、それからですね。

強い動物(ライオン、クジラなど)は、
あまり交尾をしませんし多くの子孫を設けません。
一方、弱い動物(うさぎ、ねずみなど)は、
頻繁に交尾をしますし、多くの子を設けます。

人間は、どちらでしょうか?
頭脳的には強い部類に入るかも知れませんが
文明が崩れたら、はたしてどうなのでしょうね・・・?


いずれにしても
子孫繁栄のためなら強姦さえも・・・
この命題は誤りです。

子孫が欲しくて強姦する人はほぼいません。
むしろ、レイプは屈折した支配欲の現われであり
何らかの自尊心の欠如の現われです。

ですから、進化論を取り入れること=子孫繁栄のために強姦を容認する
という式そのものが成り立ちません。

オフライン

#96 2016年02月14日 09:56:25

akame
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

私の創造論ではささらさん、さやかさん、通りすがりさん、ツッコミ全てクリアーです。笑

それはさておき、ヨハネのブログは本当に開かれたところでしょうか?

#97 2016年02月14日 11:49:49

野の花
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

(ヨハネのブログより引用)

>キリンの首が長いのは、地面の上の草を食べるのには、不便です。キリンは、地面の上の草を食べるのに、非常に不格好な姿勢を取ります

>象は、牙が邪魔になるので、鼻で口に食物を運ばなければなりません。 (引用ここまで)

では愛のある創造者がいるなら どういう理由で食物を得るためにキリンに不格好な姿勢をとらせたり 象に邪魔な牙をつけたりしたのでしょう?

不親切じゃないですか?

象が他の個体から攻撃を受ける場合の有利な武器は 多くの場合 あの太くて重い足です。

#98 2016年02月14日 15:09:05

akame
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

野の花さん

>ロトの父娘. その他


お見事、その通りです。

#99 2016年02月18日 12:13:17

ルート
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

こんにちは。
そういえば、創世記5章をみると、皆さん子供を持った年齢はかなりご高齢ですよね。ノアは500歳以降でセム、ハム、ヤペテの父になっていますし。子作りに関してもそうですが現在の私たちと随分と違ったようですね。
聖書の楽園と食性の解釈について書きます。
創世記1:30には・・・・・その内に魂としての命を持つすべてのものに、あらゆる緑の草木を食物として与えた・・・。とありますので、アダムたちが反逆して楽園(地球の一部地域)を出されるまでは、人も動物も楽園だけに住み、植物だけ食していたようですね。
ノアの大洪水後は、創世記9:3生きている動く生き物はすべてあなた方のための食物としてよい。緑の草木の場合のように、わたしはそれを皆あなた方に確かに与える。
“すべて”“皆”とありますので、それまでは“動く生き物すべて”を食物としていなかった、とは考えられないでしょうか。楽園から出されて不完全になった時点で、体質が変わりました。それからノア大洪水までは、神聖な生き物の羊などごく限られた生き物の肉は食べることが許されていたかもしれません。反逆により地が呪われてその産出する野菜、穀物の栄養価も落ちて、肉食が許された。だからアベルは羊飼いになり、その最も脂ののった羊を神に献上したということが記録されているのかも知れません。ノアの大洪水後になって、神聖な生き物以外の“動く生き物すべて”を食べることが許可されて現在に至っているのか。
ルート式地球のでき方です。(妄想が無ければ仮定も立てられず、仮定がなければ研究されず、研究されなければ実証されず、実証されなければ確定されません。そのおかげで今の社会の恩恵があります。妄想って方向を間違えなければ悪いものでは無いと思うのですが、、。)綿アメを作る時のような感じだったということはないのでしょうか。
まず地球は丸くなく太い筒状で、非常にゆっくり公転、自転し、いちにちがおよそ八億年(半日が4億年)、太陽側は全体的に温暖で生物が発生して棲み、反対側は氷河状態で無生物状態で、その氷河世界に近い地域には毛の長いマンモスなどがいた。温暖化氷河期を何度か繰り返す。海は北と南に分かれている。そして、大陸はベルト状にひと続きで超巨大大陸。恐竜がいた世界も大量の宇宙土砂(外の水の内側で)を綿アメのように上層に巻き込みながら氷河世界に突入。大陸部は積み重なり地球は丸くなっていく。重力も変化していく。巨大生物は生きにくくなっていく。だからいろんな生物の化石が層状になっている。だんだんと公転も自転もスピードを上げていき、巻き込むべき宇宙土砂もなくなり、引き締まっていく。45億年くらい経つと今とあまり変わらない形態と時間軸になる。1年365日+時々うるう年、いちにちが24時間。この間にある時点では、地軸が東西と南北が入れ替わるように突然四半転。東西にのびていた大陸の氷河世界に近い部分だった寒い地域の辺りが急に南極北極に等しくなる。あまりに急だったため急速凍結したマンモスなどがいた。ベルト状にひと続きだった大陸も衝撃でひび割れて隆起したりし、少し全体が膨張して深い海溝もできる。(内部はマントルだから)、ユーラシア、アフリカ大陸部と、南北アメリカ大陸部、オーストラリア、各島々に分かれる。南北にあった海が氷も融けて太平洋、大西洋となる。上空から水も一部地域に一気に落ち込み、局所的大洪水が起きたかも知れない。人類もどこかで発生か創造かされて存在し始める。なんちゃって。
アダムとエバの血液型は、二人共“ABO”型だったかも知れません。
ダイヤモンドのでき方を考えてみると、物凄い圧力と年月をかけてできあがるものですが、今では人工ダイヤモンドが造られています。つけものなんかもおもりをかけて真空にしたりして、早く作れたりしますし、ミイラになってしまう条件も状況によって違います。小説ガリレオシリーズは発想が凄いです。時間軸や重力、圧力などの変化や影響力は必ずしも一定だったとは今時点で言い切ることはもしかしてできないかもしれません。
宇宙と生命のはじまりを創ったとされる神が、死が予め設定されているからこそ精一杯生きよ死は敵ではないのだ、とする神なのか、愛と救いの神だ死は敵だと言いながら死なせるなんて酷いよ、な神なのか、今後の解釈がどのように展開していくのかはわかりません。宗教が争いを生むのか、争いのために宗教を利用しているのかどうなのでしょう。
ただ1つ目の前にある現実は、『人は皆平等に死ぬ』ということ。
世界には、科学者も宗教学者も哲学者もいます。いろんな人がいて面白いですよね。
私は『びっくりドンキー』の、目玉焼きのせハンバーグが大好きです。恐竜の卵はぐりとぐらの絵本のよりずっと大きいのかな。楽園では食べられないから私みたいなのはアウトでしょうか、、、。

#100 2016年02月18日 14:06:21

ルート
ゲストユーザー

Re: 創世記についての疑問

追加です。
創世記1:9水は一つの場所にあつめられて乾いた陸地が現れるように、の形態は、海も陸もUの字、所々に内海や入江などがあるイメージです。

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer