ログインしていません。

#1 2015年07月22日 02:03:46

akame
ゲストユーザー

人生の一駒

オックスフォード大学の数理物理学者、ホーキング博士と並ぶ
ロジャー・ペンローズは次のように述べている。

「人間の脳で起こる情報処理には量子力学が深く関わっている。
意識が生まれるのは脳内ではない」

オランダの心臓外科医ピム・ファン・ロンメルは、次のように述べている。

「人間の意識は肉体には存在していない。
意識と肉体を繋ぐ役割が脳である。
脳は受信装置に過ぎず、意識は時空を超えた特別な場所に存在している」


「ある体験から」

その人はずいぶん頑張ったが

いよいよ、臨終間際となり

意識不明となる。

周りや医師が大きな声で名を呼んでも

全く無反応である。

しかし私には幾度も経験があり

秘策の電話をかけ

その人が一番気にかけていた人の

声を届ける。

その瞬間 意識が帰り

顔をほころばせた。



人は心で生きている。





「救い」

お食べ

見ず知らずのおばさんが
ニコニコしながら
おにぎりを差し出す

母親の無償の愛を
思い出す

涙がながれる

なんとありがたいことだった
ことか





正気になり
真とおりになって
普通の感情から
自分の至りなさを悲しむとき
救いがある

悪癖を悪と思わない
弱い者の痛みを思いやれない
集団に生まれ
重罪を犯した者を
厳罰に処するのは
人間界の常識だが
しかしそこには
真の癒しや救いはなく
あるのは虚しさだけだ

永遠の処罰を解く
聖典や宗教も
虚しい犬の遠吠えに等しい
神の勝利を揚々と歌うも
実は敗北の歌なのだ

救いがたきを救い
助けがたきを助けてこそ
神の力であり
どんな子も
神のこどもだったことに
気づく力を持っている

それには時にひとつの生涯を
越える体験が必要となる

良く観察すると
人は様々な異なる課題を
抱え生まれているのがわかる
一派一絡げで
解決できる問題など無い



長所短所
そもそも
性格や個性は
わずか数年の体験や遺伝では
説明できない
親や周りの環境にも拘らない
異なるものを見せることが
少なくない

鳶が鷹を産むレベルを
遥かに凌駕
周りの思惑に因らない
学習の課題を抱えながら

蛾から蝶
カラスから白鳥が
今日も育つ

#2 2015年07月22日 10:01:27

ロスタイム疑惑
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

akameさんへ

多忙につき、真理はどこにスレッドを放置してしまって申し訳なく思っています。

こちらの書き込み内容が、わたしの思う事実をみごとに語ってくれていたので、それだけどうしてもお伝えしたくて。

”脳は受信機”

これ、つい最近何かで読みました。
「すべての記憶を収めるには、脳はあまりに小さすぎる」とありました。

とても納得です。

今、真理のパズルがあんまりバシバシはまるので、気持ちがよくて仕方がないです。そしてakameさんの書き込みがやけにシンクロするのも偶然ではないのだと思います。

休憩時間に書き込みを読むのを楽しみにしております。

#3 2015年07月22日 11:06:53

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

ロスタイム疑惑さん

私も日頃は多忙なのですが、事情で最近時間ができたので書くことが出来ています。

また忙しくなりそうですが、まあボチボチ行こうと思います。よろしくお願いします。

#4 2015年07月22日 19:39:57

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

ここは少し別スレ同部屋対決を観ましょう。互いに得意な土俵への引っ張り合いでしょうけれど、プライド捨てたガチの取り組みが観たいものです。

#5 2015年07月22日 21:32:42

鬼太郎
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

なんだか、興味深いですね。
今後の展開が楽しみです。

#6 2015年07月22日 22:14:31

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

鬼太郎 さんの発言:

なんだか、興味深いですね。
今後の展開が楽しみです。


同じ根本主義でもバランスが微妙に異なりますね。最後は誘導する説明解釈(ここが実はキモ)が必須なのは同じですが、より執拗、粘着性に秀でた方が有利でしょう。

私も聖句合戦は以前徹夜しながら、いろいろやりましたが、体力勝負です。今無理です、と言いますか、無駄です。

結局は人は、その時に信じたいものしか信じません。それから私もですが、プライドは容易には捨てられません。堂々巡りをしてしまい

余程のこと、生死に関わるぐらいの経験しないと、単なる文字のやりとりでは人は変わりません。

そうではあっても、この度は「筋金入り」の方たちなので見ものです。

#7 2015年07月22日 23:06:38

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

議論以前の問題があったようですね。

#8 2015年07月22日 23:27:08

さやか666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

akameさんって何者?! って最近思っています

#1 考えていたらなんだか 気が遠くなりました


#6「誘導する説明解釈」についてもその通りなんですが タネ明かししちゃうと 面白さ半減かも(笑)

#9 2015年07月22日 23:33:18

さやか666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

#1
救いがたきを救い
助けがたきを助けてこそ

#10 2015年07月22日 23:53:48

さやか666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

今日 歯医者に行ってきました これも立派な「人生の一駒」だと思うのですが

歯医者のテレビで高校野球の試合シーンがニュースで流れていていました

男の子も女の子も 一生懸命で その あまりに眩しい 青春っぷりに私は嫉妬を覚えましたとさ

歯医者でスリッパをはいてボーっとしている自分 人生の一コマ、

そういえば夏休みの時期も 炎天下 空調のきいた王国会館でもいつもボーっとしてたな 一コマどころじゃないぞ

寝ようっと

#11 2015年07月23日 02:11:43

けろけろ
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

さやかさん

歯医者の待合でそんなことを考えるなんて・・・えらいなぁ。

私は歯医者苦手で、待合では脂汗が出ます。

「栄光は君に輝く」を聞くたびに涙が出るのですが、どうしてかはわかりません。

昔、まだ幼かった頃に読んだ手塚治虫の「火の鳥」の中で
進化したナメクジ(多分)が滅びるとき「どうして私たちは生まれてきたのか」みたいなことを
神様に問いかけて「お前たちの祖先はそんなことを考えたりしなかった。ただ、生きて死んでいった」
と、これも多分言っていたと思うのですが

神様も神様じゃなくて火の鳥の血をなめて とりあえず死ななくなった主人公でしたね。

人は心で生きている

って当たり前のこと?に変な解釈つけるから
めんどくさいことがいっぱい出てくるように思いますが、
そこらへんどうなんでしょうakameさん。

#12 2015年07月23日 05:56:47

さやか 666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

栄光は君に輝く(笑)

わたしも聴くと ネガティブな思いが込み上げてきます

どうしてなんだろ

#13 2015年07月23日 06:42:35

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

栄光に輝く

眩しい青春

ただひたすら白球を追う

なんてことに縁がなかった私には、甲子園なんて眩しすぎて妬ましくて目眩がします。

今は幸せなのですが、

#14 2015年07月23日 08:00:42

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

さやか666 さんの発言:

#1
救いがたきを救い
助けがたきを助けてこそ

先日LINEで子供から写真が送られてきました。

孫が通う保育園の写真で、数人の子たちがイキイキしています。小さな子がより小さな子見守る顔には既に風格さえあります。

同じことに反応したのか、一斉に口を広げて笑っています。

皆んなすでに個性があり可愛くて面白くて思わず笑ってしまいました。

それからふと昔読んだ本を思い出しました。

#15 2015年07月23日 12:10:31

さやか 666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

破顔一笑 素晴らしい

何て素敵なワンシーンなのでしょう‼

いいな~ カワイイお孫さん

#16 2015年07月23日 13:20:30

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

さやか 666 さんの発言:

破顔一笑 素晴らしい

何て素敵なワンシーンなのでしょう‼

いいな~ カワイイお孫さん

羨ましいですか?

特定の組織や信条から離れてからと言うもの、本当に手放しで笑えたり、他の子と遊ばせたり、とにかく今を楽しむようになりましたね。

#17 2015年07月23日 17:16:49

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

で、何の話でしたっけ?

まあ良いか!笑

#18 2015年07月23日 22:38:29

さやか666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

交わっていた会衆の経験です(ごく詳細な点は説明致しません)

王国会館前の道路が車道なのですが狭い道で 周辺には住宅が多くまた小さなお店やガス工事屋さんなんかがありました

道を挟んだ斜め向かいには町では割りと人気のある内科があり やさしい感じの60代後半くらい?の夫婦と息子さんがお住まいでした

さて 会衆には神権家族の娘さんがいました 生まれながらのjwでAちゃんといいます

20代ですが 精神を患い 集会中に倒れそうになる時は事前に車に向かい 駐車している車の中

で寝て過ごし、集会後 家族と一緒に帰るのを習慣としていました。

ある日曜日  車にたどり着く前に誰もいない駐車場で倒れちゃいました。

それを発見した近所の主婦の方が自宅へ連れ帰ったのか 内科の先生の所に行ったのか定かではありませんが意識がもどるまで一緒にいてくれたらしく そのあと ほぼ集会が終わりかけたころに 主婦の方と先生に連れ添われてAちゃんが王国会館に戻ってきました、家族の方の「目が行き届かなくて申し訳ない、親切にして下さってありがとう」といった声が玄関から聞こえてきました。

まあ ここまでなら ちょっとしたアクシデントと人情の話で終わりなのですが続きがあります

集会後 長老団が地元の評判を気にしたのか あらためて一人の長老とAちゃん家族と共に計5人 あいさつに行くことになったそうです

ちなみに はたから見ていてAちゃんは まだ調子悪そうに見えました

主婦の方の家ではなく病院にあいさつに行ったのですが 息子さん先生(JW嫌いっぽい)とお父さん先生が対応されて 会話の中で息子さんが「厳しい体罰、今も推奨していますか?」と質問されたそうで 長老は即「虐待をおこなう人の居場所はクリスチャン会衆内にはありません。なぜなら・・・etc」と会衆で道徳的な清さを求められることや排斥制度を簡単に説明したそうです。


長老の説明にお父さん先生が気分を害され「追い出してどうするつもりなんですか そういうどうしようもない方々に対応するのがあなた方の社会的使命ではないのですか!! 私もいつまでこの仕事ができるかは分からないが地域のために頑張りたいと思っている だからご近所のあなた方にも もっと真剣に取り組んでいただきたい」

ちょっと先生の声が大きかったのか Aちゃんの具合がまた悪くなり 話合い終了となったそうです。


  実際のニュアンスがどうだったか (もっと穏やかな話合いだったのかも知れません)気になりますが 王国会館に帰ってきた長老が顔も耳も真っ赤にして涙目で帰ってきたのが印象的でした。

私としては伝えたいことは特にありません

ただ、(救いがたきを救い 助けがたきを助けてこそ)という フレーズにしても

(神の勝利を揚々と歌うも実は敗北の歌なのだ)というフレーズにしても

今の私には刺激が強かったみたいです

何の話だっけ?

#19 2015年07月23日 23:04:36

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

さやかさん、珍しく長文で、しかも興味深いお話しをありがとうございます。

トピック名とはちょっと離れてしまうかも知れませんが、
さやかさんのお話しで思い出したことがあります。

ある会衆で、集会の後に(わたしは幼い子供連れだったので気が付かなかった)
1人の姉妹が具合が悪くなりました。
心臓病を患っていらしたそうです。
KHに残っている人は半分くらいでした。

突然救急車のサイレンが近づき、KHの前で止まると救急隊員が入口に。
ところが、長老や僕の兄弟はその隊員たちを押し出して何やら外で話しています。
(その頃やっとわたしもその姉妹が発作を起こしたことに気が付いた)
結局、しばらくしてから数人の兄弟が入ってきてその姉妹を支えながら出て行きました。
その間に何と救急車は、KHから少し離れた場所に移されていて、姉妹はそこまで歩かされたのです。

年配の姉妹に後から聞いたのですが、その後、119番した兄弟は長老からお叱りを受けたそうです。
理由は
・勝手に救急車を呼んだ
・サイレンを鳴らさないように依頼しなかった
・救急車を停める場所をKHから離れた場所に指定しなかった
などだったそうです。

そういえば、大会などでも「勝手に呼ぶな。まず案内に相談」とか言われますよね。

その姉妹、発作がある程度おさまっていたので良かったですが、
命の危険があるとき、そんな対応で良いのかと考えた一齣でした。

※東日本大震災の時、全員が助かった小学校は「てんでんこ」(その時、最善と思える各自の判断によって逃げる)でしたよね。

編集者 ささらほーさら (2015年07月23日 23:05:31)

オフライン

#20 2015年07月23日 23:23:05

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

救い難きをポイとはしない、できない医師ならではの言葉に長老も返す言葉がなかったのでしょう。

宗教の持っている意義は心の救いであるはずです。人間は単純に善悪で分けられる存在ではかりません。しかし聖書は啓示など見ても結局は黒か白で完結しようとしています。

熱心な聖書信奉者ほど、白黒付けられない人の微妙な悩みには冷たい官僚的な対応しかできない、手かせを嵌めたようにならざるを得ないと感じます。

#21 2015年07月23日 23:24:22

さやか 666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

酷いですね

それって何かしらの法に触れないのかしら?

ムカムカ~~

#22 2015年07月23日 23:26:01

さやか 666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

↑ささらほーさらさんへのレスでした

#23 2015年07月23日 23:28:23

さやか 666
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

あ 医者はポイできない立場なんですね

こころざしの違いかな

お父さん先生は大声で怒るようなキャラの先生じゃないんだけどね

#24 2015年07月23日 23:40:51

akame
ゲストユーザー

Re: 人生の一駒

ヨハネ3:16. 36 を読んでください。

聖書によれば、どんなに情が深く慈愛に富んでも、イエスに信仰がないなら神から滅ぼされて終わり、です。

#25 2015年07月24日 00:28:05

silentlambs
メンバー

Re: 人生の一駒

さやか666さん、akameさん、けろけろさん、ささらほーさらさん

地域によって違うとは思いますが、集会中に体調が悪くなった人は「第3会場」に移動させられます。取り決めでしょうか?

「第3会場」は物置部屋という構造上、人目につかないようになっています。
http://www.jwstudy.com/bbs/viewtopic.php?pid=5376#p5376

心筋梗塞でも脳卒中でも「第3会場」で終了時間まで待機だと思います。猛暑のKH室内熱中症にご注意ください。
あ、私たちの仕事がまたひとつ増えてしまいましたね。「第3会場」に招待されている私たちが119番通報します! 
すでにブラック認定されてズタボロ削除ですから、「長老からお叱りを受け」ても「みだりな振る舞い」と言われても平気です。救急搬送まで精一杯の努力をさせていただきます。こんな者もいると知っておいてください。

編集者 silentlambs (2015年07月24日 14:29:19)

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer