ログインしていません。

#26 2015年05月03日 21:53:40

びんびん
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

ちょうろうのくせに人をよびすてで呼ぶな。つつしみとかいうが自分の言動をつつしんだらどうだ。よの人間ならギャンギャンいうぞ。

#27 2015年05月04日 23:42:59

にりん
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

歌が好きなやつらは発音悪い話ししてるもんがいると発声につかあわせようとする。まったくうざい!女におおい。ちかよらないほうが身のためだな。好きじゃない人間。

#28 2015年05月04日 23:58:31

黒すき
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

黒いスーツに黒っぽいシャツ着てるもんはあまりいないな。カラーシャツ好きなんだよな。シルクなスタイル禁止かよ

#29 2015年06月10日 15:46:25

kazu
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

突然に失礼します。 以前からずっと気になっていた出来事があります。
十年以上前のことですが、悪霊の攻撃を受けた時期があります。
夜中に 霊が見える 金縛り などです。
しかし最終的には日中に家の中で首を絞められる事態となりました。
死んでしまうと思い声にならない祈りを神にささげます。
すると瞬時(1秒位)に来訪者が現れ、その瞬間 霊が離れていきました。
その後2度と影響を受けることがなくなりました。
これは助けられたと確信しているのですが、このような経験はjw以外のクリスチャンでも
経験されているのでしょうか? 純粋な疑問です

※一応ですがこれまでの精神状態は健康です。

#30 2015年06月10日 18:16:00

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

kazuさん、こんにちは。はじめまして。

私は、若いころ、JWと研究する前から金縛りの経験がありました。

10代後半、英会話の誘いに乗って「モルモン」に行っていました。
やがて、JWの特開者と研究をするようになり、「モルモン」と掛け持ちしていました。

両方に同じ「質問」をして、答えてもらうという方式で1年半ほど続きました。
ある日、「モルモン経」(聖書を補足するという聖典)を前にして
「これが異教の本なら捨てなければならないな~」と考えていると
突然目の前が暗くなり、遠くから竜巻がやってきて
その中に巻き込まれたかのような気分と恐怖感にさいなまれました。
やはり、司会者に教えられていたように「エホバ」の名を心の中で唱えながら祈りました。
しばらくして、それはまるで「嵐が去っていくように」去って行きました。
その後、すぐに「モルモン経」は処分し、その後金縛りに会うこともなくなりました。

実は、私もずっと、その経験もあり「JWの教えは『真理』」と思い込んでいました。
しかし、いろいろ調べてみると、そういった経験はJW以外でもあるようです。

聖書によると、「悪霊の働き」ということになっていますが、
それがどんな作用で起こるのか、超常現象か、体や思いが関係しているのかは不明です。
いろいろな背景・宗教の方に起こる....ということを考えると、
JWだけを神が奇跡によって助けているとは考えられないと思います。

パウロも信仰は「理性による」(ローマ12:1)と書いています。

オフライン

#31 2015年06月10日 18:47:37

カレブ
Administrator

Re: とりあえず書き込み用

kazuさん

ちょっと調べてみました。

Googleで「金縛り イエス様」で検索するといろいろ出てきました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%8 … B%E3%82%8A

「イエスの名をとなえると」なおるそうです。

続いて「金縛り アラー」を英文で検索しました。
https://www.google.co.jp/search?q=sleep+paralysis+allah

あまり読む時間ないですが、
こちらは アラーが助けてくれるようです。

上記の点はあまり 参考にならないかもしれませんが。

ささらほーさらさんも言われているように
「JW以外でもよくある」
というの答えです。

オフライン

#32 2015年06月10日 22:39:44

もんもん
メンバー

Re: とりあえず書き込み用

金縛りは、身体現象としても、説明できますので、悪霊と関係があるというのは、宗教の側のたんなる言い分だと思いますよ。僕も若いときに、経験がありますが、金縛りは、疲れているときに生じやすかった記憶があります。また、聖書とか神とかは、関係がなく、社会人になると、頻度が減ったりしました。

金縛りが、心霊現象と結びついているというのは、ひとつの迷信だと思われます。

オフライン

#33 2015年06月10日 23:20:12

kazu
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

ささほーらさん カレブさん もんもんさん
実体験をもとに、あるいはネットで探して下さり感謝いたします。

話す機会がないだけで、そのような経験をされた方も意外と多いのだと
感じました。

カレブさんが教えてくれたサイトで 首を絞められた (チャン薫)
という方の経験が載ってますが、わたしの場合とよく似ております。
わたしの場合は腕力で対抗すると余計に絞め上げられ窒息した状況でした。

いずれにしてもどんな宗教の方でも神に救われたというような経験がある事。
またはもんもんさんが言われたように 身体的、精神的理由から金縛り&何かが見えるという状況もある
ということも理解できます。

しかし身体に危害を加えられる件に関しましては、精神的、身体的な理由だけでは説明できかねるかとも思います。
かつてのJWの友達で 同じく攻撃された際の両手の指の跡が何年立っても消えないという方がいらっしゃいました。
かつてわたしの周りでそのような事件が続発した時期がありました。

#34 2015年06月11日 06:50:50

sk
メンバー

Re: とりあえず書き込み用

おはようございます、

kazuさん


イエスは悪霊に付かれた多くの人々を癒されました。
彼らは目に見えませんが現実に存在します。

そして、人々を騙し、苦しめ、利用します。

宗教、政治、経済活動、その他この世の背後にある霊は彼らのものですよね。

汚れた霊は真理を妨げるベールのように働いたり、神への不従順を助長するために働いています。

コリント第二 4:3-4
3 そこで,もしわたしたちの宣明する良いたよりに事実上ベールが掛けられているとすれば,それは滅びゆく人たちの間でベールが掛けられているのであり,4 その人たちの間にあって,この事物の体制の神が不信者の思いをくらまし,神の像であるキリストについての栄光ある良いたよりの光明が輝きわたらないようにしているのです。

エフェソス 2:2
2 あなた方は,この世の事物の体制にしたがい,また空中の権威の支配者,不従順の子らのうちにいま働いている霊にしたがって,一時はそうした[罪]のうちを歩んでいました。




一方神もみ使いたちも目に見えませんが現実に存在します。
神の霊も、み使いたちも、人々の益のためにやはり強力に働いています。

神は人を益することにおいて、善人と悪人を差別するでしょうか。
聖書は神は良いことを行って恵みの雨と太陽の光を全ての人に差別なく与えていると言われています。

マタイ 5:45
45 . . . [父]は邪悪な者の上にも善良な者の上にもご自分の太陽を昇らせ,義なる者の上にも不義なる者の上にも雨を降らせてくださるのです。



また、神の霊は全地に送り出されているとも言われています。
神の前では全ての人は裸ですべて神に知られており、全ての人はこの方に対していい開きをすることになるとも書かれています。

啓示 5:6
6 するとわたしは,み座と四つの生き物との真ん中に,また長老たちの真ん中に,ほふられたかのような子羊が立っているのを見た。それには七つの角と七つの目があり,その[目]は,全地に送り出された神の七つの霊を表わしている。

ヘブライ 4:13
13 そして,[神]のみ前に明らかでない創造物は一つもなく,すべてのものはその目に裸で,あらわにされており,この方に対してわたしたちは言い開きをしなければなりません。


悪霊であれ、その他の危険であれ、人は危機に陥ったときに、苦しいときの神頼みをします。それは人が神の象に創られており、本能的に神を求める傾向があるからだと思います。神の霊は人が発するそのようなシグナルに瞬時に応じるでしょう。

誰かが苦しんで助けを求めて心を神に向けるとき、神を正確に知っているかどうかによって、悪霊に苦しめられている人を助けたり助けなかったりは、すべての人の命の源である天の父はしないと思います。



もし天の父の保護や監視がなければ、悪霊たちは、今以上にしたい放題のことをするでしょう。

人は本能的に、神(全人類の保護者)へ助けを求め、神の霊も、またみ使いたちもその必要に応じて助けに入るでしょう。


人はいろいろな経験を通して心を神や真理に向け最終的にすべての人が真の神を知るようになります。

啓示 5:13
13 そして,天と地と地の下と海の上とにいるあらゆる被造物,およびそこにあるすべてのものがこう言うのが聞こえた。「み座に座しておられる方と子羊とに,祝福と誉れと栄光と偉力が限りなく永久にありますように」。

編集者 sk (2015年06月11日 17:32:36)

オフライン

#35 2015年06月11日 10:33:40

kazu
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

skさん おはようございます。
忙しい中での書き込みありがとうございます。

以前からskさんの書き込みを見させていただいておりましたが、
聖書の理解と用い方 そして論理的な話し方に驚いておりました。
jw長老でもskさんほどの理解をもっている方はなかなかいないのではと
感じます。
skさんが言われた
「誰かが苦しんで助けを求めて心を神に向けるとき、神を正確に知っているかどうかによって、悪霊に苦しめられている人を助けたり助けなかったりは、すべての人の命の源である天の父はしないと思います」
というのは全くそのとうりだと感じます。

十年来の疑問が解けてきた気がします。

本当に感謝いたします。

#36 2015年06月16日 22:14:06

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

sk兄弟への質問

例えば、それが他の宗派、カトリック・プロテスタント・モルモンあるいは、
まったく聖書とは無関係の信仰を持つ方であっても....助けるだろう....と言う意味でしょうか?

オフライン

#37 2015年06月16日 22:16:15

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

sk兄弟、質問投げかけておきながらごめんなさい。

私は明朝5:00から仕事ですので、今日はもう休みます。
また、明日。
今後共よろしくお願いいたします。

オフライン

#38 2015年06月17日 06:21:56

sk
メンバー

Re: とりあえず書き込み用

おはようございます、


ささらほーさら姉妹


ホモの件、ご理解いただきありがとうございます。



悪霊の件について、

この件は、ここで話し合いましょう。
ホモ軍団のトピックに書いた同じコメントをここに張り付けます。



姉妹も親としてご自分の子を差別しなかったと思います。
子供が危機におちいり助けを求めているとき、神を信じる子だけを助けましたか。
それとも、親としてどの子ににも同じように瞬時に行動されたでしょうか。



神はすべてをご存知で、その必要に応じて親切、公正に働いていると思います。
ですから、すべての生き物は神の親切のうちに生きています。
同時に、原因と結果の不変の原則も働いています。

マタイ 10:29
29 すずめ二羽はわずかな価の硬貨ひとつで売っているではありませんか。それでも,あなた方の父の[知ること]なくしては,その一羽も地面に落ちません


ガラテア 6:7-8
7 惑わされてはなりません。神は侮られるような方ではありません。何であれ,人は自分のまいているもの,それをまた刈り取ることになるのです。8 自分の肉のためにまいている者は自分の肉から腐敗を刈り取り,霊のためにまいている者は霊から永遠の命を刈り取ることになるからです。



この件についての姉妹の意見を聞かさせてください。

編集者 sk (2015年06月17日 17:17:59)

オフライン

#39 2015年06月17日 18:18:04

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

sk兄弟、みなさん、こんにちは。


sk さんの発言:

姉妹も親としてご自分の子を差別しなかったと思います。
子供が危機におちいり助けを求めているとき、神を信じる子だけを助けましたか。
それとも、親としてどの子ににも同じように瞬時に行動されたでしょうか。

神はすべてをご存知で、その必要に応じて親切、公正に働いていると思います。
ですから、すべての生き物は神の親切のうちに生きています。
同時に、原因と結果の不変の原則も働いています。


はい、おっしゃりたいことはわかります。
聖書に則った理解では、そうなのだと思います。
イエスの言動に体現されていたような、
寛容と慈愛に満ちた方が「聖書」の神であるなら
その弱っている者、苦痛に喘ぐ者を助けたいと願い
瞬時に行動されることは可能であることはわかります。
でも、現実には(差別とは思いませんが)、いつもいつも公平に助けられているとも思えないようです。



sk さんの発言:

神は人を益することにおいて、善人と悪人を差別するでしょうか。
誰かが苦しんで助けを求めて心を神に向けるとき、神を正確に知っているかどうかによって、悪霊に苦しめられている人を助けたり助けなかったりは、すべての人の命の源である天の父はしないと思います。

・この神を正確に知る....とはどの程度なのでしょうか?
何故なら、自分では「私は神を正確に知っている」と自認していても、それが、実際に正確に知っているという証明にはなりません。では、どの程度までの認知度、信仰なら助けていただけるのでしょうか?
聖書の神なら良いのでしょうか?
誠実な方でも、仏教徒や聖書を読んだことすらない、所謂「土着の」信仰しか知らない人ならどうなのでしょうか?


・また、神は常にそのような悪霊の影響下にある者を助けるわけではありません。
(現に、未だに黒魔術などにより犠牲となり命さえ落としている者がいます。彼らはその時、瞬時に助けを求めなかったでしょうか?
   http://www.afpbb.com/articles/-/3050282)

・また、聖書の神と無関係な所でも多くの「除霊」が実際になされていますが、それも背後にエホバの霊の働きがあるのでしょうか?
(私が20代の時に、大変感受性の強いHさんと研究をしたことがあります。研究中に、地震でもないのに、襖がずっとカタカタと鳴っていることがありました。彼女は今でもJWです。
彼女の叔母さんという方は「いたこ」「霊媒師」のような力のある方だそうです。H姉妹のお子さんがケガをしても、遠くからそれを察知して電話をかけてきていました。
さて、そのH姉妹は10代の時にお父さんを亡くされました。どうしてもお父さんに会いたかった彼女は、友人の〇〇さんから自分の信仰している「〇光」ならお父さんを呼び出すことができるという話しを聞いて、その支部へ出かけて行きました。彼女を前にして、その支部の幹部の方が霊を呼び出したところ、物凄い強力な霊が来たそうです。彼女は寒くて寒くてガタガタ震え出したそうです。冬でもないのに、ストーブというストーブを集めて温めてもダメだったので、慌ててその幹部の人が除霊しようとしました。それでも全く霊は離れず、結局もっと「お偉い」人をけっこう離れた場所から呼び寄せ、やっと霊が離れたそうです。
その場合、やって来た霊はサタンの仲間だとして、その霊を去らせたのは他の霊なのでしょうか?聖書の神なのでしょうか?)

・こんな例もあります。
私が交わっていた会衆の(当時の)主宰監督S兄弟の経験です。
隣りの会衆で、ある女の子に突然異常行動が始まり(金縛り・高熱・叫び声など)、調べたところリサイクルショップで購入したドレッサーの元の持ち主が新興宗教に熱心であったことがわかりました。神権家族だった彼女のお父さんがハンマーでドレッサーを壊して燃やそうとしたところ、ドレッサーはビクともせず逆にお父さんがケガをしてしまったそうです。お母さんの連絡で長老を呼び、祈ってから同じようにハンマーを振りおろしましたがダメでした。それで隣りの会衆のS兄弟に一報が入り、結局6人くらいの長老たちが集まり、みんで祈ってからS兄弟が代表でハンマーを振り下ろしたところ、やっと鏡も木材の部分も粉々になったそうです。そして、女の子の奇行もなくなりました。
元々のドレッサーの持ち主も、その女の子の家族や長老たちも....結局は神の真の崇拝者ではなかったわけですが、その場合でも神は助けを瞬時に差し伸べられたのでしょうか?

私の周りには何故かこのような方が多かったのですが、それぞれの立場、それぞれの信仰....みんな神が助けたとは思えないのですが....。
実際に「エクソシスト」という職業もあります。

目に見えない者の力や影響は否定しません(いろいろな経験を通して)。ただ、それが聖書の言うところの「聖霊」と「悪霊」なのかは今は結論は出したくないと思っています。
実際、いろいろの例を検討してみると、それら全てが悪霊の影響かと言えば、ちょっと不確定だと思えます。
また、それらが癒されたからと言って(しかも、助けたり助けなかったりしているし)神が介入している証拠にもならないような気がするのです。

オフライン

#40 2015年06月17日 21:12:26

sk
メンバー

Re: とりあえず書き込み用

こんばんは、姉妹


興味深い経験ですね。


でも、すべて神はご存知でしょう。

悪霊たちの攻撃、欺き、また個人の信仰、神秘主義への関心、また悪霊とつながる原因などいろいろな要素が関係していますので結果に違いが生じると思います。


神があることが生じることを許したとしても、神は無関心と言えないと思います。
すべてはリセットされるので、被る害はその何倍にも償われる保証があります。
仮に死んだとしても、死そのものは苦痛からの開放と将来の復活を意味していますので神の側の親切の表れと思います。

サタンや悪霊、事故、戦争、殺人の犠牲になった人々を神が知らないことはありません。それらの犠牲者たちはすべて愛ある神の思いの中に保護されており、将来の命と公正の回復の時を待っています。


ですから、ある場合神の助けが顕在で無いからといって神の関心や助けを疑う理由にはならないと思います。


サタンや悪霊たちの欺きについては、彼らは光の天使に偽装するといわれています。


悪霊たちも個性をもった邪悪なものたちであり、その凶悪さに違いがあるでしょう。個々の状況はそれぞれ結果を誘引する原因によりさまざまでしょう。ですから、すべてを一律に結論づけることはできませんが、以下の点は事実と思います。


神は、すべてを把握している。
神は人々の苦痛の叫びに無関心ではない。
体を殺しても、その後何も出来なものを恐れる必要はない。

サタンと悪霊たちにはそれ相応の裁きが望む。

死は苦痛からの開放であり、将来の命の保証を伴っている。

生きていて神の救出を経験した人は、神に心を向けるようになる。




人は死ぬとき、また極限状態に陥ったとき、脳からエンドルフィンという麻薬物質が出て痛みや恐怖はなくなり幸福感につつまれるようです。それは、愛ある神が人体に組み込んでくださっている助けと言えます。

ですから、意識を失うとき、また死ぬとき、おそらく恐怖や苦痛は無いでしょう。

中村仁一先生もそのように書いています。
エンドルフィンについてネットで調べてください。


恐怖や殺人は、神が意図したものではありません。
それは、サタンにより持ち込まれたものであり、サタンとその胤(サタンに倣う霊や人間たち)は自らまいたものを刈り取ることになるでしょう。


真の神を知っている人は悪霊を恐れる理由はありません。
何時でも神に助けを求めることができます。

神を知らない人でさえ、窮地に陥ると神に助けを求めます。
神は、それぞれの状況にふさわしく応じていると思います。
神の介入の詳細を説明できる人などいないでしょうし、またその必要もないと思います。


聖書中に明らかにされている神の性質と神の悪の扱い方、悪霊たちの実状などから、各自が生じた状況を自分なりに理解また納得すれば良いと思います。

それが各自の神への信仰であり、自分で得心していればよいものであり、他から批判されたり、裁かれたりするようなものではないと思います。




悪霊についての聖書の記述


ペテロ第二 2:4
4 まさに神が,罪をおかしたみ使いたちを罰することを差し控えず,彼らをタルタロスに投げ込んで,裁きのために留め置かれた者として濃密な闇の坑に引き渡されたのであれば,


ヤコブ 2:19
19 あなたは,ただひとりの神がおられることを信じているというのですね。なるほどそれはりっぱです。ですが,悪霊たちも信じておののいているのです。


マタイ 8:29
29 ところが,見よ,彼らが絶叫してこう言った。「神の子よ,わたしたちはあなたと何のかかわりがあるのですか。わたしたちを責め苦に遭わせようとして,定められた時よりも前にここに来たのですか」。


マルコ 9:25
25 その時イエスは,群衆が一緒になって[自分たち]のほうに走り寄って来るのに気づき,その汚れた霊を叱りつけて,「口のきけない耳しいの霊よ,わたしはお前に命じる。この[子]から出て,もう入ってはならない」と言われた。26 すると,それは叫び声を上げ,何度もけいれんを起こしてから出て行った。そして,[子供]は死んだようになったので,大半の者たちは,「彼は死んだ!」と言うのであった。27 しかし,イエスがその手を取って起こすと,彼は起き上がった。28 それで,[イエス]がある家に入られてから,弟子たちがそっと彼に尋ねた,「なぜわたしたちはそれを追い出せなかったのでしょうか」。29 すると[イエス]は彼らに言われた,「この種のものは祈りによらなければどうしても出ません」。


使徒 19:11-19
11 そして神はパウロの手を通して異常なまでの力ある業を行ないつづけられた。12 そのため,ただ布切れや前掛けを彼の体から取って患っている人のところに持って行くだけで,疾患は去り,邪悪な霊たちは出るのであった。13 ところが,悪霊払いをする放浪のユダヤ人のある者たちも,邪悪な霊につかれた人たちに対して主イエスの名をとなえることを手がけ,「パウロの宣べ伝えるイエスによってお前たちに厳粛に言い渡す」と言うようになった。14 ところで,ユダヤ人の祭司長でスケワという人の七人の息子がおり,これを行なっていた。15 しかし,邪悪な霊は答えて彼らに言った,「わたしはイエスを知っているし,パウロとも面識がある。だが,お前たちはだれなのだ」。16 そうして,邪悪な霊のいる男が彼らに躍りかかり,彼らを次々に抑えつけて打ち負かしたので,彼らは傷ついたまま裸でその家から逃げて行った。17 このことは,エフェソスに住むユダヤ人にもギリシャ人にも,みんなに知れ渡った。そして,恐れが彼らすべてに臨み,主イエスの名は大いなるものとされていった。18 また,信者となった者の多くがやって来ては告白をし,自分の行なってきたことをあらわに告げるのであった。19 実際,魔術を行なっていたかなり大勢の者が自分たちの本を持ち寄って,みんなの前で燃やした。そして,それらの値を計算してみると,合わせて銀五万枚になることが分かった。20 このようにして,エホバの言葉は力強く伸張し,また行き渡っていった。



上記の聖句から分かることは、

サタン、悪霊たちの罪は確定しており、彼らは刑の執行のために留置された状態で、将来の処刑に恐れおののいています。

西暦1世紀当時、イエスや使徒たちは悪霊から人々を開放しました。

なかには、強力に抵抗する悪霊もいました。

また、神の力によらず悪霊払いをしている者たちもいました。




それで、神の介入に関しては、悪霊による犯罪も、人間による犯罪、偶然の事故、その他と基本的には同じとみなすことができる思います。



アダムの罪のために、不完全な人類は神からの保証された命を持っていません。
それで、今の時期の命の質は最低です。いずれ死ぬことになっています。
加えて犯罪や不正の犠牲者となる人々もいます。

それらの不都合は神が意図したのでも望んでいるのでもありません。
人々が苦しむ悪の存在を神は大いなる辛抱を働かせて耐えねばならない状況にありますが、神は既に人類の救いを達成なさっておられ、すべてのものの回復に向かってことは進んでいます。ですから神は人々の苦しみに無関心ではありません。



悪霊からの攻撃であれ、犯罪であれ、偶然の事故であれ、さまざまな危機的な状況を奇跡的に切り抜けた人々の経験はいくらでもあります。そのような個人的な敬虔をした人たちは、心を神に向けているでしょう。

マタイ 7:9-11
9 実際,あなた方のうち自分の子からパンを求められるのはだれでしょうか―その人は石を渡したりはしないではありませんか。10 あるいは,[子]は魚を求めるかもしれません―その人は蛇を渡したりはしないではありませんか。11 それで,あなた方が,邪悪な者でありながら,自分の子供たちに良い贈り物を与えることを知っているのであれば,まして天におられるあなた方の父は,ご自分に求めている者に良いものを与えてくださるのです。



やがて、すべての人は神が意図された命を回復するでしょう。
サタンの愚行が招いた悪は取り除かれます。

編集者 sk (2015年06月17日 21:56:26)

オフライン

#41 2015年06月18日 06:41:00

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

おはようございます。


ご丁寧な返信ありがとうございます。

sk さんの発言:

聖書中に明らかにされている神の性質と神の悪の扱い方、悪霊たちの実状などから、各自が生じた状況を自分なりに理解また納得すれば良いと思います。それが各自の神への信仰であり、自分で得心していればよいものであり、他から批判されたり、裁かれたりするようなものではないと思います。

そうかも知れませんね。


全体としては、以下のJWの見解とほぼ同じと理解してよろしいでしょうか?

【2000/4/1 P8~11】
神の聖霊はまた,クリスチャンにとって,サタンと悪霊たち,邪悪な事物の体制,および堕落した肉の罪深い傾向と戦うための助けにもなっています。どうしてそのような戦いができるのでしょうか。使徒パウロはこう答えています。「自分に力を与えてくださる方のおかげで,わたしは一切の事に対して強くなっているのです」。(フィリピ 4:13)聖霊は,試練や誘惑を取り除くわけではないかもしれません。しかし,それに耐えるよう助けてくれます。神の霊に頼れば,どんな問題や苦難にも対処できる『普通を超えた力』を受けることができます。―コリント第二 4:7。コリント第一 10:13。
すべての証拠を考慮するとき,神の聖霊が今日も働いていることに疑問の余地はありません。エホバの霊は,僕たちに活力を与えて神の壮大な目的について証しさせています。聖霊は,引き続き霊的な光のきらめきを明らかにし,わたしたちの信仰を強化し,創造者に忠節であり続けるよう助けています。わたしたちは本当に感謝することができます。神は常にご自分の約束を守り,今日もご自分の忠実な僕たちに聖霊を与えておられるのです。



【2009/1/1 P30「祈りが聞かれない場合があるのは何故ですか?」】
神は,願いを聞き入れることがわたしたちにとって最善の益となるかどうかを,わたしたちよりもよくご存じです。エホバは,聖書に記されているご自分の愛に富む目的と調和して,いつもわたしたちのためになる仕方で祈りに答えてくださるのです。

オフライン

#42 2015年06月18日 07:18:09

sk
メンバー

Re: とりあえず書き込み用

おはようございます。



神の霊の働き、神の愛ある目的のうちにすべての人がまもられている事実を「も塔」が「も塔」信者だけに限定していないならそういえます。


しかし、「も塔」JWたちは霊の実は特別だと言っていますね。
わたしは、これは間違いであると思っています。


神の聖霊が生み出す実は、信者、未信者に関係なく神の象を持つすべての人が生み出せるものと思います。


神の霊は電波のような力であり、神の象をもつすべての人はその電波のレシーバーであると思います。この点で、JWだけが特別とは思っていません。


だれでも、神の霊を受けて霊の実を生み出せます。
親切や信仰においてJWより優れている人たちはたくさんいます。

同じように、すべての人は神の愛ある目的のうちに保護されています。

編集者 sk (2015年06月18日 07:19:44)

オフライン

#43 2015年06月18日 07:35:00

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

なるほど、そうですね。


sk さんの発言:

だれでも、神の霊を受けて霊の実を生み出せます。
親切や信仰においてJWより優れている人たちはたくさんいます。

同じように、すべての人は神の愛ある目的のうちに保護されています。

そうであって欲しいと心から思います。
お忙しい中、ありがとうございました。

オフライン

#44 2015年06月18日 12:39:37

follia
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

ささらほーさらさん。

はじめまして。

私は若い頃、
悪霊に憑かれ
部屋のテレビやオーディオが
勝手に切れたりし、
遊びに来た友人が
怖がったり 、


別の友人は、
若い男女を私の部屋で見て(霊?)
私の友人だと、
思ったそうです。

結局、
心配した友人が、
知り合いの仏教系の人に
除霊の方法を教えてもらい、
素人ではありましたが、
治った事があります。

そういった経験があり、
サタンを知る前に、
何か、目に見えない力を
信じていました。
あと、除霊の方法は、
素人でも出来たので
真剣さとか、本人達の気合い?
で、なんとかなる場合も
あるのか、
これも、仏教系に惑わすサタンの
欺きだったのかは、
分かりませんが。




研究生の時、妊娠し、
アフリカかどこかの赤ちゃんが、
悪霊により、
首を捻られ死んだという記事を
読み(あまり覚えていませんが)
怖くなり、研究を辞めた
事があります。



数年後再開したのですが、
信仰を公にする毎に、
金縛り(後にも先にもこの時期
だけの経験です)
を、経験しました。



お聞きしたい事があるのですが、
お話しにあったH姉妹は、
バプテスマ後も、
悪霊の影響があったのでしょうか?

神権家族の娘さんは、
バプテスマを受けられていたのでしょうか?

今私は、
バプテスマを邪魔する事で、
真の宗教だと信じるように、
サタンに欺かれたのだと結論を
出していますが。

私も、
あらゆる可能性を考え
本当の事が知りたいです。

#45 2015年06月18日 13:43:10

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

follia姉妹、こんにちは。
はじめまして


私も

follia さんの発言:

バプテスマを邪魔する事で、
真の宗教だと信じるように、
サタンに欺かれたのだと結論を
出していますが。

と考えたことがあります。
実のところ、真相はわかりません。


follia さんの発言:

お話しにあったH姉妹は、
バプテスマ後も、
悪霊の影響があったのでしょうか?

神権家族の娘さんは、
バプテスマを受けられていたのでしょうか?

H姉妹は非常に「生真面目」「神経質」な方でした。
しかも、ご主人も同じような方でした。
彼女が2人の娘さんにも聖書から教えようとしたところ
ご主人はハンストを決行なさいました。
朝も夜も(昼食だけ会社で召し上がっていたようです)、とにかくH姉妹の作った物は食べない....
結果的に彼女は十二指腸潰瘍ができてしまい、
潰瘍からの出血もあり、研究を一時ストップしました。

バプテスマの時にも高熱を出してしまい、
バプテスマ後、すぐに帰宅されました。

私は引っ越しが多く、その後何年もの間お会いすることはなかったのですが、
2年半くらい前にしばらくぶりにお会いしました。
すっかり痩せてしまい、今は彼女専用の区域カードをもらって
できるときに近所の奉仕だけをしているそうです。
狭心症という診断だそうです。

バプテスマの頃には「霊による影響」(と思われるもの)は
ありませんでしたが、そんな感じで非常に過敏な方です。


神権家族の娘さんについては、
その当時バプテスマを受けていたかどうかは伺っていません。
この話しをしてくださった長老も全く別の土地の方です。

あまり、参考にもならないでごめんなさい。


ところで、全く別の会衆にこんな姉妹がおられます。
ある日、野外奉仕に出ていた時、突然後ろからその姉妹が
「ささらほーさら姉妹止まって!」と声を掛けられました。
「姉妹の前に悪霊がいる」と言うのです。
結局、道の反対側を通って奉仕を続けました。

その姉妹は、私の研究(不活発者)の参加をしてくださった時も
その方がキッチンに行かれている間に
「この家には悪霊が留まっているわ。あのぬいぐるみが怪しい」と言うのです。
帰り際に、彼女はその研究生にまでその件を話してしまい
(そのぬいぐるみは、出産祝いにお姉さんがくださったものでした)
怒った研究生は援助を断ってしまわれました。

この方もいつもどこか具合が悪い方で、
「長老たちがご自分を阻害している」というのが口癖でした。


また、これはI兄弟から伺った話です。
ある時RBCの奉仕が終わり、
ひとりの兄弟を車の助手席に乗せたそうです。
一旦開けた窓を閉めようとしたところ、その兄弟が
「待ってください。まだ僕の霊が入っていませんから」
とおっしゃったそうです。
I兄弟がしばらくキョトンとしていると
「あ、入って来ました。閉めてもいいですよ」と言われたそうです。
怖くて何も聞かないまま帰って来た、と当時話しておられました。
20年も前の話しです。


こんな話しはたくさんあります。
JWの内部でも、また無宗教の方にも、そうでない方の周辺でも、世界中のあちらこちらで....。
こういった例は、ネット上にもたくさん溢れています。
でも、結論は出せないのだろうと思います。
私たちは、人間の知覚範囲でしか真相を知ることができません。

だからこそ、宗教・信仰・神などが生み出されてきたのかも知れませんし
実際に、人知を超えたところに見えない存在があるのかも知れません。


いずれにしても、JWの間違いは別の面で歴然としていますので
そちらをお調べになった方がいいかも知れません。

オフライン

#46 2015年06月18日 15:00:36

follia
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

ささらほーさらさん。

ありがとうございます。
私はもう、姉妹ではないのです。

3年前に自滅しました。
ネット情報無しで、
輸血の事が原因で、限界に達しました。

2年程彷徨い、
私にとっては、禁断だったネットを
覗いた次第です。

色々調べても
自分の経験を説明出来ず、
悶々と、また恐れても
いましたが、
現在は、マインドコントロール
されやすい自分を自覚しつつ、
現実を生きています。

結論したと言いましたが、
区切りをつけた感じです。
ずっと考えていくと思います。

誰に相談出来る話でもないので
ありがとうございました。


カレブさん、
いろいろ学ばせて頂いてます。
ありがとうございます。

#47 2015年06月18日 15:13:46

ささらほーさら
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

folliaさん、私はまだ彷徨っています。


組織を離れられたのですね。
良かったですね。

私は、いろいろ事情があって
まだ我慢して留まっています。
行きたくない集会にもたまに行きます。
今日も割り当てのお相手があるので出かけて行きます。
一方で多方面から調べ直しています。

いろんな方の経験や意見に接することができますし、
親切なカレブさんのご好意に甘えさせていただき
けっこうここに来ています。

時々覗いたりご意見を投稿されるといいですよ。
お元気でお過ごしください。

編集者 ささらほーさら (2015年06月18日 15:14:06)

オフライン

#48 2015年06月18日 22:25:16

ks
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

sk さんの発言:

ホモの件、ご理解いただきありがとうございます。

自分には理解を求めていて、他人への理解は示さないsk。

ここに書き込んでいる人の多くは自分の意見を曲げないが、理解は示している。
同意はできなくとも理解を示すことが、

sk さんの発言:

建設的

な話し合いをするには必要だろうが、それをしないsk。

#49 2015年06月30日 23:59:46

あんず
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

どのスレッドがいいのか迷ったので、こちらに失礼します。
少々沈んでいますので、ネガティブ思考で申し訳ありません。
覚醒している現役JWの方々は、どのような考えやポジションでとどまっているのでしょうか?やはりとどまり続けるのは辛いでしょうか。
私自身は現役の時には様々な苦悩で追い詰められ、排斥されたらされたで苦しんでいます。一時期復帰を目指すも見込みは限りなく不可能な状態だと思われます←委員会の時に、正直にこれが嫌!と話しましたし(-_-;)
奇跡的に数年かけて戻ったところで、今度はJWで言う背教で排斥される確率が高いでしょう。姉妹達に対するより、長老に対して率直に話すほうでしたので。加えて、不器用で要領が悪いです。
どうしても、信者でない家族とJWである家族との狭間で苦しくてたまりません。
どんな角度からでも、どんな立場の方からでも、ちょっとしたアドバイスをいただきたいのです。切羽つまってます(涙)
自分の立ち位置が完全にぶれています。
書きなぐり失礼しました。

#50 2015年07月01日 01:41:28

あんず
ゲストユーザー

Re: とりあえず書き込み用

取り乱しました…
流してくださいませ

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。

Board footer