ログインしていません。

返信

メッセージを書いて送信してください。
オプション

戻る

トピックレビュー(最新表示)

ラハム
2017年05月01日 17:50:28

統治体の「おじさん」でなく「おじいさん」に見えます。
統治体でなく「頭痴態」のほうがぴったりだと思います。
エレミヤ書の解説おもしろいです。
もっとほかの聖句も説明を聞きたいなあ…。
期待していますね…。

聖書についての質問
2017年05月01日 17:14:24

JWのみなさん、ロシアの裁判、残念でしたね。この裁判のために、統治体のおじさんたちにいわれて、手紙を大量に送りつけるという、一種のテロ行為(もし電子メールを一時に大量に送りつければ、サイバーテロとなります。)まで行ったようですが、そのかいもなく禁教と財産没収という結果。

日頃から聖書研究に励んでいる統治体のおじさんたちは、この裁判がどうなるかをあらかじめ聖書から読み取っていたことをご存知でしたか。さすが統治体のおじさん。

統治体のおじさんたちが、「裁判」と言えば、まず思い出すのが次の聖句なのです。エレミヤ書5章 28-29節。「世代」と言えば出エジプト記1章6節みたいだけどね。JWの誇る新世界訳は、日本語がぎこちなく読みづらいので、新共同訳で我慢してね。

エレミヤ書5章 28-29節(新共同訳)
彼らは太って、色つやもよく/その悪事には限りがない。みなしごの訴えを取り上げず、助けもせず/貧しい者を正しく裁くこともしない。 これらのことを、わたしが罰せずに/いられようか、と主は言われる。このような民に対し、わたしは必ずその悪に報いる。

統治体のおじさんに代わって、エレミヤの予言を解説しましょう。
「彼らは太って、色つやもよく/その悪事には限りがない。」  これは説明するまでもなく、JWの統治体のことをエレミヤが予言していた部分です。統治体のおじさんの体型まで正確に予言しているなんて、恐るべしエレミヤ。
「みなしごの訴えを取り上げず、助けもせず/貧しい者を正しく裁くこともしない。」  これは説明するまでもなく、JWの児童の性的虐待の組織的隠蔽とJW内の不当な排斥処分のことを言っています。恐るべしエレミヤ。
「このような民に対し、わたしは必ずその悪に報いる。」  これは説明するまでもなく、一連の裁判で負け続け、巨額の賠償金を請求されたり、財産を没収されたりすることを意味しています。旧約聖書の神様は、指導者層と一般国民を区別したりしません。指導者が悪ければ、国民が罰を受けて、ぶち殺されるのが旧約聖書のルールです(ダビデの例を参照)。そんな訳で、統治体のおじさんは「太って、色つやもよく」のままですが、「民」である普通のJWは、王国会館の売却と執拗な寄付要請でやせて、色つやも悪くなるでしょうという予言です。予言は100%成就しています。恐るべしエレミヤ。

JW流の文脈も時代背景も無視した聖書解説いかがでしたか。そんなわけで聖書の予言は100%当たります。聖書は偉大なり。

1,000時間奉仕者
2017年04月25日 18:56:43

>25年前の事件も同じ
勉強不足ですみません、どの件でしょうか?

>やばくなったから排斥
「輸血させた」から排斥? 「させなかった」から排斥?

「させなかった」からなのなら、その排斥の根拠は何?
させなかったんでしょ? ならバッチリじゃん?

オンラインメディアのURL、もしくはショット写真か何かあれば添付してください。

SMG
2017年04月24日 11:28:01

組織の教えを忠実に守った信者でさえ、やばくなったらトカゲのしっぽ切りのように切り捨てる。

事故に遭った我が子を輸血を拒否して死なせ、病院に警察に通報されて逮捕されたあと、やばくなったから排斥。

25年前の事件も同じ。夫も妻も保護責任者遺棄致死と傷害罪で実刑を食らった後、排斥。
長老の教えを忠実に守ったが末の行き過ぎた事故だったというのに、彼が所属していた会衆は仲間内で「組織の教えは正しいけどあの家族がやりすぎたんだ」
長老に至っては「不幸な事件が起きた。今後、Aさんの家には二度と近づかないように」
最後の別れを兼ねたエールを送りにわざわざ拘置所までご足労していただいた一番仲が良かった信者にも
「なんで指示を守らない!Aには二度と近づいてはいけません!」と怒られる始末。

おそらく今回のロシアのケースでも 組織の金だけ守ってロシアの信者をトカゲのしっぽ切りのように切り捨てようって組織や統治体の魂胆は丸見え。
金だけ死守して救命ボートにしがみつく我が子の手を斧で切り落とすようなこと平気でする悪魔のような輩。
担保の土地と融資額が釣り合わないからといわれ、一方的に打ち切られた不景気な町工場と何も変わりません。
「お前ら人間じゃねぇ!!」

さやか666
2017年04月23日 11:46:10

インターネットの発達した時代に

「地下活動を行います」とか

バカバカしい



子ども達が巻き込まれませんように

Soh.k0701
2017年04月23日 09:37:03

今こそ、先回りしてヨーロッパ人権裁判所に自発的にパブリックコメントをメールすべきときだと思います。
http://appform.echr.coe.int/echrrequest … px?lang=gb

要するに、家族を無視して師弟関係や会衆の権力関係のほうを重視させていること、意見を持つ人や本当に助けを必要としている人を“みだりな人”として排斥し、人権を侵害するどころか、孤立させるように仕向け、あいさつはおろか、連絡さえ取れないように規律しているわけですから。福岡でも今でもこうしたことが日常的に行われており、みな苦しんでいます。

このような組織を“平和的”として欧州人権裁判所がいわば“お墨付き”を与えてしまうと、世界中の悲劇が繰り返されるのです。

おそらく、忌避の被害者が声をあげない限り、忌避・排斥による人権侵害の実態を、欧州人権裁判所自身が知らないまま、となり、誤った判断につながってしまうと思われます。

そもそも、聖書で言われているコリント第一の“排斥”は、何十年も執拗に有効とされるようなものではなく、コリント第一が書かれてから、次に第二が書かれるまでの間しか経過しておらず(つまりこんな重罪人でも1年程度)、これを根拠に何十年も(実質的に)子孫何代にも忌避を続けることは、書かれていることを明らかに超えており、それこそ“神”の裁きの対象となる“人を裁く者”の罪にあたります。

単に“うっとうしい”人を“うみ”(雑菌の集まり: 人間扱いしていない!)とみなして助けることもなく排除してきたニセの“牧者”たちはこれから、法的にも金銭的にも精神的にも、膨大な代償を支払わされる時代を経験させられるでしょう! 統治体や支部が守ってくれるなど、幻想もいいところなのです。

あおい
2017年04月22日 22:25:16

Yahoo!ニュースのコメント、本当に擁護派が多いです。
でも、エホバの証人とは第三者の立場だったら確かに無害かなーとは思います。
ただ身内が関係者だったり、もし自分の家族子供が、なにも知らずに引き込まれたりしたら、悲惨だと絶対に言えます。

SMG
2017年04月22日 13:51:32

>ハルマゲドンは来ませんから老後の心配をしましょう。

強いて言うなら 人ひとりひとりの死こそが ハルマゲドンというべきだと思います。

禁令になっても続けると思います。それで逮捕されて投獄されても彼らが喜ぶのならそれでいいです。
刑務所には彼らの居場所があります。

SMG
2017年04月22日 08:49:58

私の家に教えに来た人 イタリア系の「モルリッシーモ」さんが言ってました。
「今度こそ大患難は近い」って 本当だよ。

ささらほーさら
2017年04月22日 08:26:29

テロや北朝鮮の核問題などを織り交ぜて
今度こそ「『終わりの日』が間近!」とか言ってそうですよね。

Arexandrite
2017年04月22日 06:22:52

今日、ある人と話していて、その人がエホバの証人と知らずに宗教の話をしていました。
そして彼がエホバの証人だと言うので…ロシアの話をして、これからどうするのかしら?と聞いたら。地下活動でちゃんとやっていくと言っていました。
やっぱりそうだろうと思ってたけど、結構他人事みたいで、何かがっかりしました。

ゴン太
2017年04月21日 23:35:06

祝!
これで多くの人がJWについて知ることとなりましたね。

1492784850_jw_news1.jpg

1492784939_jw_news2.jpg

元僕
2017年04月21日 22:22:52

ヤフーのニュースに対するみんなのコメントを読んでいると、エホバの証人擁護する声が圧倒的に多いですねー。
過激主義だとするロシアの判断が理解できないという意見が多いです。
確かに、平和主義ですよね。私の周りもいい人たちばかりでした。
聖書の道徳的な基準のいい面をしっかり教えていますからね。

ただ、やはり行き過ぎた、間違った聖書解釈、教理面がその人の人生を変えてしまうところまで強制力を持たせてしまっているところが問題ですね。

元僕
2017年04月21日 21:56:00

現役僕こと元僕です。今後は元僕として投稿します。
ヤフーニュース出ていましたね。日本にもはっきりとした情報が発信されたらいいですね。
協会のサイトでは裁判内容について詳しい部分は述べられないので、一般のニュースでもっと取り上げてほしいところです。

ラハム
2017年04月21日 20:27:17

それは快挙だ…初めて見ました…。

Board footer