ログインしていません。

返信

メッセージを書いて送信してください。
オプション

戻る

トピックレビュー(最新表示)

ラハム
2018年09月22日 18:13:56

これもほぼJWのことですね。
医師を苦悩させ退職に追い込むとは…。
JWは自分の良心をしきりに主張します。
医師の良心を考慮したことがあるのでしょうか。
もし、あす突然統治体が輸血拒否は聖書的根拠がない、と発表したら、
現役の皆さんは、それでも、これまでの良心に忠実でありたいから、
断固として輸血拒否を貫くでしょうか。

もし、それでも輸血拒否を貫徹したらまっとうなJWとして
エホバとイエスからお褒めの言葉をいただけるでしょう。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20 … 2/?from=yh

ラハム
2018年09月22日 18:02:55

これはほぼJWのことですね。
輸血を拒否する宗教はJW以外聞いたことがありませんので。
現役の皆さんは心して読んでいただきたいです…。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2018 … midr-sctch

ささらほーさら
2018年08月24日 11:04:24
ラハム さんの発言:

60代と推測していますが、耳の性能が落ちてくるのは悲しいものですね。
聴力も大切にしたいと思います…。

上記、同感です。


いずれにしても「統治体」が自らの権威を高めようとしてきたのは事実です(; ・`д・´)。

ラハム
2018年08月24日 10:59:35
ささらほーさら さんの発言:

「思慮深い奴隷~、彼ら支えよう」を「統治体、彼らを讃えよう」
という風に誤って記憶してしまったのではとわたしも思います。

ささらさん、コメントありがとうございます。
わたしは自分の書き込みを読んでみて気づいたことがあります。
「支えよう」という発音「ささえよう」ですが、
「讃えよう」の発音「たたえよう」の母音と同じなので
ささえよう、が、たたえように聞こえてしまったかもしれないと思いました。
漢字表記で見れば明らかに異なっているのですが、
耳で聞く場合同じような発音に聞こえることはけっこうあります。
組織は最近解釈を変更して、思慮深い奴隷=統治体にしました。
それで、その姉妹の認識がぐちゃぐちゃになったかもと思います。
わたしと同じ世代ぐらいの方のようですから、
60代と推測していますが、耳の性能が落ちてくるのは悲しいものですね。
聴力も大切にしたいと思います…。

ささらほーさら
2018年08月23日 19:54:25

ラハムさん、こんばんは。


ラハム さんの発言:

「統治体、彼らを讃えよう」などということばを
果たして含めるだろうかととっても疑問に思いました。

さすがにそれはないと思います。
「統治体」という言葉を使っている歌詞もなかったように思います。
「思慮深い奴隷~、彼ら支えよう」を「統治体、彼らを讃えよう」という風に誤って記憶してしまったのではとわたしも思います。

ラハム
2018年08月23日 17:27:31

脱塔後JWについて聞かされる悪い評判はほとんど信じられるようになりました。
しかしながら最近、それってほんとうだろうか、
悪い評判のJW組織でもそこまでしてしまったら非常にまずいと
思うような話を読むことになったのです。
どこに書こうかとちょっと思案していたのですが、
そんなこともあるんだということを皆さんに知ってもらいたくて、
なじみの掲示板にしてみました。

ブログで「魔物の子・元JW1世」というのがあります。
URLは https://ameblo.jp/lilac39/ です。

全部読み切っていませんが、
この方は元姉妹で、わたしとほぼ同世代のようです。
JW歴はわたしより先輩のようです。
家族に障害者もいるそうでエピソードを読んでいると
非常に共感できるところが多いのです。
また、出席された大会での出来事を読んでいて、
わたしも同じ大会に出席していたことを思い出せます。
とても共感できるのでこれからも楽しみにしているのです。

ところがブログ・最近の記事の「78<組織に対する認識>」の中に、

>さて、2009年ごろだったか?新しく賛美の歌ががらりと変わった。
>その中にイエスがらい病人に示された哀れみについて歌ったものがあり、
>1番の歌詞は好きだったのだが、2番目の歌詞に「統治体、彼らを讃えよう」
>というくだりがあった。
>讃えられるべき存在は神だけではないか?と不信に思い、
>その歌詞の部分は嫌悪し歌わなかった。

という一説があったのです。
わたしも統治体のやり方は嫌悪しているし、
世の中で最も信頼できないものの一つだとも考えています。
しかしながら、偶像崇拝を嫌悪しているJWが賛美の歌の中に
「統治体、彼らを讃えよう」などということばを
果たして含めるだろうかととっても疑問に思いました。

そこで、倉庫に行きごそごそ探してみると、
『「エホバに歌う」-歌詞のみ・大文字版』を発見しました。
このころはもう集会参加はしていませんでしたが、
記念式に出席したとき、もらったものだと思います。
目次を見たところ84番の歌は「わたしはそう望みます」があり、
ブログの内容にあっているようです。
二番の歌詞は

神の良い備え 思慮深い奴隷 彼ら助け支えよう
救いを広めて 苦しむ人には 優しさ示して
心からこう言おう 「わたしはそう望む」

この本の見開きを見るとたしかに2009年発行を確認できますので、
おそらくこの賛美の歌に収録されていると思いますが、
ほかの歌の本をお持ちなら確認してもらいたいです。
別の本に収録されているかもしれません。

それにしても「統治体を讃えよう」などという歌詞が出てきたら、
つまずく人が多数出現して脱塔しやすくなったと思います。
そうしたことがあれば、面白いのにと思うのですが、
わたしの本では確認できませんでした。

人間というのは思い込みや勘違いがあるものです。
組織にいて苦い思いをたくさんさせられると
どうしても勘違いが悪い方向に引きずられるのかもしれません。

仮にそのようであったとしても、
統治体は神の上に自分を高めているようですから、
その姉妹の述べていることは正しいと思います…。

てつてつ
2018年08月06日 11:33:40

知りませんでしたラハムさんありがとうございました

ラハム
2018年08月06日 09:32:12

てつてつさんが「とりあえず書き込み用」で紹介された
「十字架か杭か」は下記のURLから閲覧、ダウンロードできます。
脱塔用資料としてここに記録しておきます。

http://1st.jwtc.info/uploads/photos/62.pdf

ラハム
2018年07月16日 14:50:15

草刈牧師は事情があって、JWに対し逆伝道を試みています。
わたしたちからすると「逆証言」というところでしょう。
そのとき話題にすることを話してくださいました。
1.新約聖書には神の名前が本文には表れないこと。
2.BC607年の根拠について。
3.神の経路の聖書的な根拠。
以上のようなことをJW側に説明を求めて、
それが聖書的に間違っていることをお話しするそうです。
きちんと説明できるJWもいるようですが、
たいていは返事に窮するそうです。

逆証言が効を奏して脱塔に導くことができた人もいるのですが、
その人から「夢を覚まさないでほしかった」と
言われたこともあったそうです。

現実より夢のほうがよかったということは
誰にでもありそうですね。
人間の心情や気持ちって非常に複雑です。
人を助けるのはほんとうに難しいことだと思いました。

カルト宗教にいる人は出たいのだけれど、
どうしてよいのかわからない場合と、
出るべき理由がわからない場合と二通りあるような気がします。
理由がわかれば出ようと努力するかもしれません。
現在はネットが発達してJWに関しても多くの情報があります。
他の人の脱塔を直接助けることはほとんどできないでしょう。
研究生になるときも同じことを言われていたと思います。
自分で調べて、自分で納得して脱塔しましょう。
一緒に脱塔する仲間がいればもっといいです。
わたしたちも応援していますから…。

ラハム
2018年07月07日 15:31:26

千葉キリスト教界でのJWについての勉強会ですが、
次回は8月17日(金)に開催されると聞いています。
期日が近くなったら直接問い合わせることをおすすめします。
時間は午前10:00からです。

ラハム
2018年06月28日 17:13:57

報告が遅くなりましたが、先月17日JWの脱塔をサポートしている
千葉の稲毛にある教会に行ってきました。
大野教会に引き続いて二つ目になりました。
大野教会で知り合った
カルトを研究している大学院生に案内してもらったのです。
三か月に一度神戸在住の草刈牧師をお招きして
勉強会や相談会が開かれています。
草刈牧師から~兄弟と呼ばれてびっくりした次第です。
JW以外の人からそう呼ばれることはありませんでしたから…。
また、新鮮だったのはその教会の牧師先生の奥様が、
食前の祈りを出席者全員の前でささげたことです。
JWでしたら特別なことがない限り女性が公の場所で祈ることはありません。

出席者は、もとJW、JWの研究生だった方や家族にJWがいる人です。
皆さんはとても真剣にJWの脱塔のサポートについて勉強していました。
大野教会が遠すぎて出席するのが難しいのでしたら、
ぜひ、こちらの方へいらしてみませんか…。
https://www.alliancechurchchiba.jp

Tak
2018年06月01日 15:44:17
1,000時間奉仕者 さんの発言:

もちろんお題の「世代」についての赤裸々な断言の数々も読み放題。開き直ったんでしょうか(笑)

「真理の光はいよいよ明るさを増してきました。」と言いたいのかもしれません。まぶしすぎてよく分かりません。

ラハム
2018年06月01日 11:10:07

1,000時間奉仕者さん、新規の情報ありがとうございました。
たしかにものみの塔や目ざめよは1970年までさかのぼれました。
試みに1989年1月1日号のものみの塔を見てみましたが、
わたしたちがよく話題にするところは改変されていませんでした。
ただ、年初めに掲載されていた各支部の統計は
製本を見るよう表示されています。
本文がネット上で見られることはありがたいですが、
やっぱり印刷物は必要だなあと思いました…。

1,000時間奉仕者
2018年05月30日 20:49:29

1999年より以前発行の出版物は WOL(オンライン・ライブラリ、日々の聖句とか見るやつ)では検索できなかったのですが、この度ぐっと遡って1970年までの資料がネットで見られるようになりました(英語版は「塔」1950年モノまで踏み込めるようです)。

後ろめたいところでもあって古い出版物は新人さんたちに見られたくないんだな、と訝っていましたが、ずいぶんと出血大サービスしてくれたものです。

もちろんお題の「世代」についての赤裸々な断言の数々も読み放題。開き直ったんでしょうか(笑)

ラハム
2018年05月30日 17:19:07

わたしが現役だったころ王国会館第二会場には
図書棚があって、過去のものみの塔出版物がずらりと並んでいました。
古いものは1960年代の王国奉仕もあり、閲覧できました。
王国奉仕は「御国」奉仕と言われていたころのものです。
協会の提案で百科事典や辞書なども置くよう言われていたと思います。
また、CD-ROMのワッチタワーライブラリーが出始めて
間もないころでしたから、コンピューターも設置されました。
あと、自由にコピーできるようコピー機もあったわけです。

現在では西暦2000年より前の出版物は
処分するよう連絡があったそうですから、それら古いものは
廃棄されてしまったかもしれません。

それから10年以上の歳月が過ぎ、
相模大野にある大野キリスト教会の
JW関係の集まりに出席するようなりました。
JWの後遺症もあり、
最初は教会に足を踏み入れることを躊躇していたのです。
この教会は一階のロビーに図書棚があります。
もちろん、ものみの塔の出版物はありませんが、
なぜか一冊「啓示の書」の赤い書籍はあったのです。
ここにはものみの塔の教えが間違いであることを暴露している
本はけっこうたくさんありました。当然ですが…。

さて、この書棚を見て驚いたことがありました。
教会ですから、JWでいう世の出版物があるのは当然ですが、
なんと、イスラム教の本や進化論擁護の本まで設置されているのです。
例えば、リチャードドーキンスだったでしょうか、
「盲目の時計職人」などですね。
聖書注解書はありませんでしたが、
タイトルからして聖書を擁護する本はたくさん並べられています。

もし、王国会館の図書に他の宗教の説明書や
進化論支持の本を置こうなどとしたら、
火を見るより明らかな結果が待ち受けているでしょう。
でも、その教会ではそのようなことが平気でなされています。

友人とどうしてそのような本が並べられているのだろうと
話し合ったところ、肯定的な意見と否定的な意見を
自由に閲覧して、自分なりに判断できるようにするためだろうと
いうことになりました。公平性を保つというところでしょうか。

それで、情報統制をして組織に不都合な情報を見聞きさせずに
信者をマインドコントロールで縛っているJW組織には
ぜひ見習ってほしいものだと思いました。

でも、無理でしょうね。
彼らが蔑んでいる世の教会のほうが
公平性を保とうとしているのはまことに残念なことです…。

Board footer