ログインしていません。

返信

メッセージを書いて送信してください。
オプション

戻る

トピックレビュー(最新表示)

ラハム
2017年09月22日 09:41:00

#668の続きです。
第三章 「神学プロレゴメナ」について
「聖書解釈の歴史と世界観の変遷」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rCof7ulhkIYYqz3s

ラハム
2017年09月16日 15:26:09

#662の続きです。
第三章 「神学プロレゴメナ」について
「歴史を批判的に検討し全体像を描く」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rC3qK7NOxw7SxkeP

鬼太郎
2017年09月09日 22:20:04

ありがとうございます。
その回答で納得です。
これからもよろしくお願いします。

てつてつ
2017年09月09日 22:06:18

鬼太郎さん こんにちは

質問の件は irisさんの 宗教団体と救いの360の書き込みの件だと思いますが
自分はirisお母さんのさんのいつものぶっとんだトンデモ理論だと思っていますのでコメントできません cry

鬼太郎
2017年09月09日 13:08:25

てつてつさん ご指摘に感謝します
ついでながら、てつてつさんに教えていただきたいことがあります。
『心の中で思い出す』といったことを『客観的な観察にもとづく事実』と表現するとしたら、
それは正しいですか、間違いですか?
論理的ですか、非論理的ですか?
思考回路 精神状態はまともですか?
是非教えて下さい

てつてつ
2017年09月09日 12:42:13

鬼太郎さんこんにちは
聖書の記述が事実か否か、といった論議がなくなってきたのは中沢さんのせいではなくカレブさんその他のかたの科学や歴史に基づいた論議のおかげで大洪水はなかったと決着ついているからだと思います

決して中沢さんを軽く見ているわけではありません

鬼太郎
2017年09月08日 19:14:58

中澤先生の記事の影響のせいか、、、、、
以前はノアの洪水が事実だったか否か、といった論議が活発でしが、、、
個人的な感覚として、最近は、この掲示板で聖書の記述が事実か否か、といった論議はなくなってきたようです、、、。

ラハム
2017年09月08日 16:06:22

#659の続きです。
第三章 「神学プロレゴメナ」について
「哲学的な前提に基づいた聖書理解」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rCtFdgsV_D89UpqZ

ラハム
2017年09月08日 16:00:54

聖書を物語として読むことを知り、
しばらくしてからすべての記録が物語であり、
歴史を正確に記述して記録することが
不可能であることに気づきました。

一例として自分史があります。
わたしは40歳を過ぎてから30年以上前、
施設で生活していた7年近くのことを
原稿用紙で320枚以上書いたことがあります。
誠実さを込めて正確な記述になるよう挑戦したのです。
それから10年以上経過して、
当時の事情を知っている関係者と話し合うチャンスがあり、
確認してみるとわたしの思い込みや
間違いも多々記述されていたことがわかりました。
7歳からの記憶をたどったのですが、
幼いこともあって、名称が不明のことや、
起きた出来事の意味もわからないことがありました。

重要だと思うことは、その施設でわたしの身に
起きていたことと同時進行で生じた出来事は多くあり、
ひとりの人間の能力では把握しきれないということです。
だから、自分に起きた出来事を思い出し、
何を記述するのか取捨選択する必要がどうしてもあります。

個人に関することでも正確に記録することは
不可能なのですから、まして世界の歴史などは
とうてい不可能なことでしょう。

ですから、伝えたいということを
物語にして残すほうが優れていると思いました。
最近のわたしは、ニュースでも報道番組でも、
伝達者が伝えたいという情報を取捨選択して、
物語風に伝えていると考えるようになりました。
けっきょく出来事のすべては伝えられないので、
それぞれの人が必要だと判断したことを
情報媒体を用いて記録する以外にないのだろうと思います。

たぶん、聖書もそのようなものでしょう…。

実に、イエスの行われた事はほかにも多くあるが、
仮にそれが事細かに記されたとすれば、
世界そのものといえども、その書かれた巻き物を
収めることはできないであろうと思う。
-ヨハネ21:35

鬼太郎
2017年09月04日 13:11:44

士農工商が身分の序列と学んだはずが、最近では単なる職業分類だった、、と知ってショックでした。
有名な西郷隆盛の画像が、実は別人のものだったり、、、、。
歴史とは、その程度のものですね。

ラハム
2017年09月04日 09:42:51

#654の続きです。
第三章 「神学プロレゴメナ」について
「神のような中立的な視点で観察?」です。
どうぞお楽しみください。
https://1drv.ms/b/s!AvwG6dj2GBi7rCxNpwdQ87oJZh1j

聖書そのものを何の前提も持たず客観的に読むことは
果たして可能だろうかという内容です。

てつてつ
2017年09月03日 09:50:45

ラハムさんありがとうございますこれからも色んな書き込みよろしくお願いいたします

ラハム
2017年09月03日 09:28:33

鬼太郎さんの意見もてつてつさんの意見も
両方とも正論だと思います。
わたしとしては、自分も含めて元JWたちは
組織の聖書解釈で凝り固まってきましたので、
ほかにも様々な理解の仕方があるんだということを
知ってほしかったのです。

そのうえで、聖書に関して自分なりの理解と
信仰を持てるようになれれば、
それはそれでよいことではないでしょうか。
聖書との関わり方を考察するということです。

組織団体に関係するようになると
どうしてもカルト的になることが避けられないようですから、
個人で勉強するほうがいいとわたしは思います…。

てつてつ
2017年09月03日 07:40:26

鬼太郎 さん 書き込みありがとうございます

反響が少ないのは、投稿しようがないからです。
あまりにも正論のため、また自身のJW時代の解釈や学びの無意味さを実感するためです

反響が少ないのは たぶんこの書き込みを閲覧している人の多くがあまりそこまで関心ないからじゃないかとおもいます ちがってたらすみません
自分はNTライトはまだよく知らないのですが 基本聖書の記述は歴史的事実としてではなく 神様が人間に教訓を与えるための物語というとらえかたかなと思うのですが
ちょっと自分には納得できないです 悪いたとえで申し訳ありませんがラッセルが1914年にイエスの再臨があるといっていたもののみえなかったので 天でみえないかたちで王となったみたいないいかたにきこえます
つまり 聖書は神様の導きによって書かれた本という結論が先にあって ノアの大洪水や出エジプトその他の記述が歴史的な事実ではないということが明らかになると 神様が人間に教訓を与えるためにかかれたものだという 表現に変わったんじゃないかなと感じます

でも自分はとりあえずラハムさんの上げたものは全部よんでいますので 怒らないでくださいね

鬼太郎
2017年08月29日 11:42:36

NTライトも中澤先生も、学者として最高の謙虚さを持たれていますね。
ラハム兄弟 是非引き続き投稿されて下さい。
反響が少ないのは、投稿しようがないからです。
あまりにも正論のため、また自身のJW時代の解釈や学びの無意味さを実感するためです。
振り返れば、研究生時代からJW現役時代まで、二十年以上に渡って、
旧約聖書の物語にJW流の予言解釈をこじつけて、それを真に受けて聖書に書き込んだものです。
なんだか、、、自分がアホに見えてしまいます。

反論すれば自身が恥をかくだけですから、、、。
さらに、中澤先生がご自身の教派を批判し、NTライトを勧めているため、文句をつけようがないのです。

Board footer